イギリス・L&H鉄道蒸気機関車乗車体験

2013/06/20 (5日目) 続き

11:15 遊覧船はウィンダミア湖の南端レイクサイドに到着です。町があるのかと思っていたらどうやら停泊所があるだけのようです。ここからL&H鉄道の蒸気機関車に乗りますが、駅のホームは船の停泊所と一体化していて、列車が停まっているのが見えます。

レイクサイド停泊所


下船したら、そのまま流れるように機関車の前に移動し、予約されている車両に乗り込みます。車内はレトロなボックスタイプの客席で、雰囲気たっぷり。シートの座り心地が思いのほかよかったです。

L&H鉄道レトロな車内


11:25 レイクサイドを蒸気機関車が発車します。発車まで時間がなかったし、最後尾の車両だったので、蒸気機関車かどうかは乗ってる側にはわかりません。ハバースウェイトまでの15分くらいの乗車になります。車窓からは最初は湖もちょっと見えます。

蒸気機関車に乗車し車窓を楽しむ


そのうち山というか森の中へと入っていきます。緑がいっぱいで、空気がいい感じです。

列車で森林浴


途中には駅もあります。ほとんど乗降客はいません。
ウィンダミア湖のクルーズとセットになっていて、団体観光客が利用者のほとんどを占めているようです。

途中駅


緑の切れ間から見えるのも緑ばかり。線路脇にはわらびと思われるシダ植物で埋め尽くされた状態です。なんだかおいしそうに見えてきました。

わらびだらけの車窓


後半では小さな町も通ります。カーブになって初めて蒸気機関車に乗っている確証が得られました。こういう時は列車最後尾に乗ると、乗っている列車そのものを撮ることができるのでいいですね。

かわいい町を通るL&H鉄道


11:40 終点ハバースウェイトに到着です。ここの駅舎にはトイレやお土産屋などもあります。

終点ハバースウェイト


列車を降りたら、バス出発まで20分フリータイム、さっそく蒸気機関車の顔を見なくちゃとホームの端まで行きます。いました、機関車トーマス!
終点なので、折り返すために切り離し作業を行っていました。

機関車トーマス


実はわざわざ先頭車両まで行かなくても、折り返し運転のため、待っていれば先ほどの最後部に連結されるのでした。そして、新しいお客さんを乗せて機関車トーマスはレイクサイドへと出発していきました。みんな写真取りまくりで記念撮影は順番待ちっぽい感じでしたが、十分時間があるので、最後にはきれいな写真が撮れます。

レイクサイドへ出発


12:00 トーマスを見送って、私たちも待ち構えていたバスに乗り、移動します。この駅も周辺は特になにもありません。要するに、今回は湖のクルーズと蒸気機関車は観光のために乗ったのであって、移動はまったく兼ねていないものでした。でも乗り物乗るのはテンションあがりますよね!景色もいいし、満足度高い観光です。

ハバースウェイト駅


湖水地方の美しい景色、湖や、牧草地を眺めながら、ウィンダミア、アンブルサイド、グラスミアとときどきすごく素敵な町並みを通っての移動となって、この周辺は車窓観光がばかにできません。

湖水地方の美しい牧草地


12:50 グラスミアの外れにあるTravellers RestにてLunchです。牧草地の中を走る道にぽつんとある素敵なレストランです。

Travellers rest


イギリスではレストランで、飲み物はバーカウンターへ行って注文し、その場で支払って、席へ持っていくのが一般的です(席で頼んでも可)。カウンターで頼んだ方が早いしチップもいりません。ビールが得意じゃない私はここでストロングボウを注文。シードルに似たアップルサイダーですが、シードルよりすっきりで好きです。

バーカウンター


ここの食事、メインはマス料理でおいしかったのですが、それより印象的だったのは、最初の皿、マッシュルームガーリッククリームがけトーストといった所でしょうか。写真的には地味な料理ですが、すごくおいしくて気に入りました。

絶品ガーリッククリームがけトースト

次回はグラスミアをレポートします♪

中央アジアへの一歩を踏み出します!

イギリスの旅レポートの途中ですが、今日から久しぶりに旅に出ます!
行き先は、カザフスタン、キルギスです。

中央アジアはもちろんのこと、初スタン、です。
普通はウズベキスタンにまず行く人が多いようですが、根がひねくれているので、行き易い所は後回しにして、カザフスタン・キルギスのツアーを選びました。

中央アジアは歴史的にはそんなに興味がないのですが、手付かずの自然が残っているということで、以前から行ってみたいとずっと思っていました。ですが、今まで候補にすらしてこなかったのは、衛生面特に、トイレの心配です。

実は今回ツアーを申し込んだときはトイレ問題をすっかり忘れていて、いざ催行が決まり、案内が送られてきたら、「移動中は基本青空トイレになります」って書いてあって、やばい忘れてた、と観念した次第です。(女性の日にあたらなくて良かった・・・)

今回はユーラシア旅行社の9日間のツアーに一人参加します。
キャリアはアシアナ航空です。

いつも通り、ノートPCを持って歩きますが、Internet接続事情はあまり期待できません。繋げられたら、イギリスの旅レポートの続きを更新し、旅の速報はtwitterで報告する予定です。
keentravelerをフォローしましょう

今回は一人参加なので、いつも以上にいろいろ気をつけた上で楽しんで来たいと思います。
それでは行って来ます!

イギリス・グラスミア

2013/06/20 (5日目) 続き

14:00 ロマン派詩人ワーズワースゆかりの村、グラスミアに到着です。村の入り口にある駐車場でバスを降り、歩いて村の中心へと向かいます。周囲は小高い山々に囲まれ緑一色。天気は崩れる一方、今にも雨が降り出しそうです。

湖水地方の景色


14:40までのフリータイム散策になりますが、村の中心の見所まで添乗員が案内してくれます。石造りの素敵な家並みが続きます。観光客が立ち寄りそうなお店も多く、ちょっと高原リゾートっぽい雰囲気です。

グラスミアの町並み


村の真ん中あたりを川が流れます。川沿いのカフェでのんびりするのは時間がないと無理なので、ちょっとうらやましく感じたりします。

グラスミアを流れる川


橋のたもとに位置するセント・オズワルド教会の墓地にやってきました。ワーズワースのお墓です。一族のお墓があり、同名の親族がいるためどれがワーズワースのお墓かわからずにいたら、後から来たグループの添乗員さんの説明でわかりました。好きな詩人ってわけでもないし、生年月日や没年を覚えているわけじゃないですからね。

ウィリアム・ワーズワースのお墓


自分たちのグループを追いかけると、教会の裏にあるジンジャーブレッド・ショップにいました。有名なお店で、1854年創業、秘伝レシピのジンジャーブレッドを売っていて小さなお店の前に大行列です。味見に買った人が一口分けてくれましたが、うーん、私の口には合いませんでした。

ジンジャーブレッド・ショップ


添乗員の案内はここまでということで、ジンジャーブレッド・ショップの横にあったWordsworth Daffodil Gardenという庭へぶらりと入りました。小さな庭で、奥ににはワーズワースの詩が刻んだ石碑があります。有名なスイセンの詩らしいですが、うとい私は知らないのでふーん、で終わりです。さきほど渡った石橋が奥に見えて素敵な場所です。

Wordsworth Daffodil Garden  ワーズワースのスイセンの庭


さらに村の奥の方へ足を伸ばします。同じような石造りの家が並んでいますが、多くはホテルやレストランとして使われているようです。

グラスミアの町並み


ぶらぶらあてもなく歩いているとどうやら村を突き抜けてしまったようです。すぐにこんな牧草地帯に突き当たってしまいました。あちこちにフットパスが設けられているようです。そういえば、ハイキングスタイルの観光客も多いですね。

グラスミアの村の端


戻る途中で、セント・オズワルド教会へ立ち寄ります。7世紀からの歴史ある教会だそうですが、現在の建物は14世紀以降のものだそうです。

セント・オズワルド教会


中はこんな感じ、シンプルで、意外と広いです。

セント・オズワルド教会内部


駐車場へ戻ります。雨が降ってきました。牧草地帯に囲まれた小さな村、村も素敵でしたが、村から見える周辺の景色が気に入りました。天気が悪くどんよりしていてもなんだか幻想的で素敵な風景です。

グラスミア周辺の景色


14:45 グラスミアの駐車場からバスでちょこっと移動し、ダブコテージにやってきました。ワーズワースが約10年間過ごした家です。思っていたより小さい家で、庭も狭めです。観光ポイントとしてはちょっと地味な印象です。ツアーでは外観のみでした。

ダブコテージ外観


ダブコテージは幹線道路から一本入った道にありますが、道沿いはほとんどが石造りの家が並んでいて静かな佇まいです。手前の白壁の家がダブコテージです。

ダブコテージ前の道


バスに戻る途中に見たこちらのお宅。すっごく素敵です。ホテルとして使われているようです。こんな所に泊まって、昼間は周辺のフットパスを歩く、なんて旅が湖水地方にはお似合いです。ツアーで通り過ぎるだけみたいな旅だと情緒にかけますよね。

ダブコテージ近くの素敵なホテル


15:00 バスで今度はダブコテージの後に晩年ワーズワースが住んだ家ライダル・マウントへ移動です。道沿いには湖が見えます。これからお庭散策の予定なのに雨が降っていて残念な気分です。

ダブコテージからライダルマウントの間にある湖


次回はライダル・マウントをレポートします♪
(カザフスタンのシムケントからの更新でした)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR