FC2ブログ

イギリス・ライダルマウント

2013/06/20 (5日目) 続き

15:10 ダブコテージからすぐのライダル・マウントへやってきました。急な坂の上にあり、大型観光バスで上がっていくのはちょっと大変、な場所です。ダブコテージが手狭になったので、ここへ越し、亡くなるまでの37年間ワーズワースが住んだ家です。

ライダル・マウント


今回のツアーでは観光はお庭のみ。1時間の自由散策となりました。家も追加で2ポンド弱払うと入れますが、写真撮影は禁止なので、お庭を楽しみたいと思います。庭先から家の中を覗いたら、こんな感じ。広々として素敵な住まいです。

ライダル・マウントの家の中を覗き見


先ほどまで降っていた雨もほとんどあがったようです。お庭は広いようなので、まずは家の正面のあたりへ足を踏み入れました。このあたりだけでもかなり広いので、家が小さく見えるほどですね。

ライダル・マウント・ガーデン


家の横の方にある広いお庭は、山側から散策することにします。一番上と思われSloping Terraceと名前のついた道を歩きます。庭というより、裏山って感じです。
サマーハウスと名のついた石の建造物はど田舎のバスの停留所を連想する囲いにしか見えませんでした。

Sloping Terrace


一番上の道を選んだのは、グループの皆がほとんど下の方から行った、後半下りながら散策できるから楽だろうという思惑と共に、高いところからなら眺めがいいだろうと期待したのですが、まったくの山の中、という感じです。下のお庭は見えません。

ライダルマウントガーデン


奥までいってから下の方へと降りていきます。一番下の端まで行くと、ベンチがぽつんと置いてあります。ここから木々の間にライダル湖が見えます。なんでも湖水地方で最も小さい湖だそうです。

庭のベンチからライダル湖を眺める


広い庭の一角にはこんな小屋も。この庭、ワーズワース自身が設計したそうですが、この小屋は何に使ったんでしょうか・・・。地図にはクローケー用芝地とあったので、用具などを閉まったのかもしれません。

ライダル・マウント・ガーデンの小屋


庭といっても前半ほとんど山みたいなところばかりを見て、雑草のようなものしか見ていませんでした。イギリスの庭園というと、手入れされたバラなどの花、というイメージですが、庭にもいろいろ種類がありここは風景式庭園というくくりのようです。花はさり気ない状態で咲いています。

ライダル・マウントの庭にさり気なく咲く花


一応、庭中央付近に設けられた歩道沿いには花も意識的に植えられていますが、バラのような派手なものは見当たりません。想像していたお庭とはちょっと違うようですが、長く楽しむにはいいお庭だと思いました。

いろんな花の咲くライダル・マウント・ガーデン


お花の種類にはまったく興味がないので、さっぱりわかりませんが、近くを歩いていた方がこれは何あれは何と教えてくれました。もっとも聞いた側から反対側へ抜けていくという感じですが・・・。いろんな種類がちょっとずつ咲いています。

野草のような花が咲くライダル・マウント・ガーデン


庭の隅の方へ行くと作業小屋もありました。これだけ庭が広いと、自然っぽい庭といっても手入れは大変そうです。お花なんかは多少植え替えたりもするんでしょうしね。

ピーターズ・ガーデンの作業小屋


隅の方でちょっと変わった植物を発見しました。この中央付近に写っている葉っぱ、実はかなりデカイんです。私の背丈よりちょっと高いくらいだったので、ゆうに160cmはあるということですね。

巨大植物


写真は一定の近距離で撮ることが多いので、庭の感じが伝わりにくかったと思いますが、庭の中央付近で野草のような花が咲いている一角は、こんな感じです。いかにもイギリスらしいです。

ライダル・マウント・ガーデンの花の道


更に広さがよくわからなかったと思いますが、庭中央付近はこんな感じ。周りのうっそうとした木々もすべて庭で、右側には山の斜面が続きます。湖はここから見えませんが、つきあたりの方、庭の下あたりからはちらっと見える程度です。

ライダル・マウント・ガーデン


16:10 私のように庭だけ見たり、さらに家の中も見学した人もいれば、チケット売り場の横の小さなカフェスペースでお茶をしていた人まで皆それぞれに1時間を過ごしたようです。幸い雨はあがりましたが、晴れてたらもっときれいな庭に見えたかも知れません。高低差があるので体力に合わせて見学する必要がありますね。

次回はボウネス散策をレポートします♪
(キルギスのイシク・クル湖畔からの更新でした)

イギリス・ボウネスオンウィンダミア

2013/06/20 (5日目) 続き 

16:45 朝遊覧船に乗ったボウネスに戻ってきました。夕食までの時間つぶし、18:00までフリータイムです。湖水地方といえばワーズワースの他に、ピーター・ラビットの作者ビアトリクス・ポターが有名です。ということで、「ビアトリクス・ポターの世界」にまずやってきました。

ビアトリクス・ポターの世界


「ビアトリクス・ポターの世界」というのは、展示館と言えばいいでしょうか。小さな屋内テーマパークです。入場料は値上がりしていて6.95ポンド。ピーター・ラビットは知っていても、お話は読んだことがないので、ショップなどを覗くだけにしておきます。

ピーター・ラビット


ショップ前にあるかわいい仕掛け時計が17:00をお知らせします。それにしても、ここは日本人観光客だらけ、この町にいる日本人観光客の多数が集まっているかのようです。トイレを無料で使えるという理由もあるかも知れません。

ビアトリクス・ポターの世界の仕掛け時計


併設のティールームのある大通り沿いの入り口から入ったのですが、こちらが正面玄関だったのかな。イギリスらしく、ピーター・ラビットの植え込みです。多肉植物が張り付いていて、ちょっと気持悪いような肌ですね。

ビアトリクス・ポターの世界の入り口


「ビアトリクス・ポターの世界」を出たら、町の上を目指して素敵な町並みを散策します。石造りの家々が続き、通り沿いいはいろんなお店が並びます。

ボウネス・オン・ウィンダミアの町並み


町の上の方まであがってくるとお店もまばらになり、特に見るものもないのですが、町並み自体がとても素敵で、ついついあっちこっちとカメラを向けたくなります。

ボウネスの素敵な石造りの家


振り返ると町並みの向こうにちらっとだけウィンダミア湖が見えます。集合場所は湖畔の駐車場なので、戻り道ではお店を覗きながら帰ることにしました。

ボウネスの坂道とウィンダミア湖


わき道へ目をやると住宅街のようです。2階建て+屋根裏部屋のアパートが並んでいます。ぱっと見、周りの立派な家などから比べると、日本で言えば安アパートって感じかなと思いました。

ボウネスのアパート


1本裏側の道です。先ほどのアパートの裏側でしょう。物置小屋のような小さな家がくっついています。お庭もないし、1軒も小さいようだし、昔からの長屋って雰囲気です。イギリスは階級社会、ちらっと格差を見たような気がしました。

ボウネスの裏道


戻り道ではスーパー2件をはしごしてお買い物です。お菓子とかビールとか・・・。最近はビールをお土産に持って帰ることが多くなりました。

ボウネスのスーパーマーケット


桟橋沿いの駐車場へ戻ります。湖畔にはもう観光客はあまりいません。白鳥やカモたちものんびりしています。観光客が多いときは、媚売って、人間の周りを歩き回ったりしていましたが、もうお休みモードのようですね。

ウィンダミア湖の湖畔


18:05 DNR@RST
ボウネスの坂の上Perestord'sというレストランにて夕食です。さっき歩いてここまで来たのにな・・・。雰囲気はなかなかですが、従業員が少ないのに、日本人団体客をいくつも入れて大変そうでした。ジンジャービール、1瓶3.6ポンドを試しに飲んでみましたが、ビールと思えない味で一口でギブアップでした。どうもジンジャーが嫌いみたいです。

ボウネスのレストラン


20:05 ランカスターのホリディインに帰着しました。

次回はランカスター水路橋をレポートします♪
(キルギスのビシケクからの更新でした)

イギリス・ランカスター運河水路橋

2013/06/21 (6日目)

7:30 ちょっと早めに朝食を食べ、ホテル出発前に朝のお散歩に出かけます。ホリディインランカスターに連泊だったので、他のPAXから近くに運河があると聞いてちょっと行ってみる気になりました。レストランから直接、ホテルの玄関と反対側へ出て、細い道を左方向へ進みます。時々右手に川が見えるくらいで、不安になるくらい何もありません。

ホリディインランカスターの裏にある静かな散策路


ひたすらまっすぐに10分ほど歩くと立派な橋が見えてきました。水道橋があるとは聞いていたのですが、こんな立派なものとは思っていなかったので、さっそく来てよかったと納得します。

水道橋


川沿いの木々で全景が見難かったのですが、橋をくぐると全容が見えます。かなり堅固な作りです。

ランカスター水路橋


ここで引き返そうかと思ったら、奥に上へ上がれる階段を見つけました。これは行ってみない手はありません。

水路橋の上へ上がる階段は奥の方に


階段を上がりきってびっくり、そこは運河でした。下の道沿いの川が運河だと思っていたので、ちょっと驚きましたが、思いがけずイギリスらしい風景に出会えて感激です。

ランカスター運河


ということで先ほどの橋は水道橋というか運河橋というか水路橋だったのです。せっかくなので橋を渡ってみることにしました。

水路橋の上を流れる運河


橋を渡ったところに水上バスの停留所がありました。本数は少ないようですが、日中はここを水上バスサービスが通っているわけですね。観光客相手なのか地元の生活の足なのかわかりません。少なくともこのバス停の周りは数件の民家以外何にもありません。

水上バスサービス


水辺にはなんだか見たこともない鳥がいたりします。遠いですが、大きめのペンギンサイズの鳥です。他にも見慣れない水鳥がのびのびしています。

珍しい水鳥


こちらはバス停から先にいったところにある、橋の上の橋みたいな感じです。上は道路になっていて、車がときどき走っています。

橋の上の橋


その道路の先にあるのはこんな牧草地。立体的に、いろんな要素が折り重なっている不思議な場所でした。

牧草地帯


その橋の上の橋から見た景色です。先の水路が狭まったところが橋になっている部分です。ナロウボートが通り過ぎる姿なんか見れたら最高でしたが、そう簡単にはボートは通ってくれませんでした。

ランカスター運河


水路脇には簡単なパネルで、水路橋や運河の紹介が書いてありました。ゆっくり読んでいる暇はないので、拾い読み。そろそろホテルへ戻らないと置いていかれちゃいます。

運河と水路橋の説明パネル


拾い読みの情報を元にすると、橋は202メートル、5つのアーチからなるもので、1797年構築のようです。お金が足りなくなった云々という話があるようですが、なかなか立派な橋ですよね。

立派な水路橋


水路の向こう側にも通路があるのですが、どうやって渡るのやら?
高所恐怖症で橋の端を歩けないのですが、運河に落ちるわけにもいかないので、恐る恐る、けれど、残り時間を考え急ぎ足で戻ります。

水路には落ちないように


やっと下を覗ける場所に立ってから下を見ると、下の川はずいぶん大きな川です。ルーン川というのかな。思いがけない朝の散策になり、大満足。これ、ツアーに組み込んだら喜ばれるんじゃないかなと思いました。橋の見学をあわせて往復40分でした。ホリディインランカスターはツアーで利用されることが多いようなので、泊る方にはオススメです。

舗装された道路で来れるランカスター運河水路橋


次回はウェッジウッドビジターセンターをレポートします♪
(カザフスタンのアルマトイ空港からの更新でした。これから帰国します。)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR