アシアナ航空・エコノミー

今回はアシアナ航空の搭乗レポートです。(2013年6月搭乗)
飛行機の搭乗レポートは評判、口コミの検索が多いので、機内食、サービス、ラウンジなどの感想について報告します。

アシアナ航空は韓国の航空会社、今年サンフランシスコで着陸に失敗した事故が記憶に新しいですが、サービスには定評のある航空会社です。仁川空港で撮った成田-ソウル仁川線の機材、B767-300。
知らないとどこの航空会社か一目でわからないデザインです。

アシアナ航空機


チェックインは団体ツアーでも個人チェックイン方式、アシアナはInternetで事前に座席指定もできますが、9人以上のグループだとできないので、当日カウンターでいい席を取るのはほぼ不可能です。往路仁川までは、OZ-0107、座席配列はAB-CDE-FGの2-3-2配列。シートにはモニターなし、AC電源やUSBなどのもありませんが、フライト時間が2時間未満の路線なので特に不便は感じません。

今回は乗継でロンドンまで利用しました。OZ-0521ソウル仁川発ロンドンヒースロー行きの機材はB777-200。座席配列はABC-DEG-HJKの3-3-3配列になります。見た目は地味な座席です。フライト時間が11時間45分もあるので、もちろん個人モニターもあります。

アシアナ航空エコノミー座席


アシアナではマイレージ上級会員用に前方の席などがキープされているので、スターアライアンスゴールドの私は当日でもいい席をもらえました。ロンドン行きでは30CのExit Lowです。ちなみに韓国語か英語が多少できることが条件です。個人モニターのスクリーンは小さめで、映画も少なく、そもそもオンデマンドではないので、利用する気が失せました。

アシアナ航空エコノミークラス個人モニター


ちなみに、長距離便ではエコノミーでも薄いスリッパがついています。後は、トイレに質のいい歯磨きセットやくしが置いてあります。(日本発着便ではなかったかも。)


次は機内食の紹介です。
成田-仁川ではわずか2時間弱のフライト時間でも機内食が出ます。チョイスはなくて、鳥のから揚げ甘酢ソースがけ、茶そば、フルーツ。何に使えというのかコチジャンがついています。

アシアナ航空成田発ソウル仁川行き機内食


帰国便も同様にチョイスはなし。ちなみにコチジャンはカートに常備されているようで、食事についている場合も、ついてない場合も追加でもらうことができます。今時は少数派になりましたが、エコノミークラスでもカトラリーがプラスティックではなくステンレス製です。

アシアナ航空ソウル仁川発成田行きエコノミークラス機内食


長距離便の機内食も紹介します。仁川からロンドンへの機内食の1食目は出発後1時間くらいで出ます。

コリアンかウェスタン(フィッシュ)。コリアンは焼肉弁当。中央のメインか?と思う皿にのっているのは、サンチュ(包菜)のセット。白菜から名前のわからない葉っぱ類がたくさんです。すごくおいしかったので、めずらしく完食しました。

アシアナ航空ソウル仁川発ロンドンヒースロー行き機内食1食目焼肉


到着3時間前に点灯、その30分後くらいに2食目です。チキンライスかパスタ。パスタをチョイスしましたが、とんかつみたいのがのっていて、全体的に味がなかったです。(塩コショウもついてなかった!)

アシアナ航空ソウル仁川発ロンドンヒースロー行き機内食2回目


フライト中盤で間食サービスとして食べやすいピザが配られました。これも結構おいしく頂けます。

アシアナ航空間食サービス


OZ-0522ロンドンヒースロー発ソウルインチョン行きの機内食も1食目がオススメ。チョイスはビーフシチューorビビンパ。ビビンパのボウルは陶器だし、日本人なら知ってる人が多いけど、食べ方の説明書もついています。これがやっぱり結構おいしいです。

アシアナ航空ロンドンヒースロー発ソウル仁川行き機内食1回目ビビンパ


2食目は到着2時間前。チキンライスorフィッシュヌードル。フィッシュヌードルの方をチョイスしましたが、味はイマイチでした。

アシアナ航空ロンドンヒースロー発ソウル仁川行き機内食2回目


サービス面については、CAは割と感じがいいし、丁寧です。特に日本発着便には日本語をしゃべれる人も多いです。自分は呼んだりしませんが、コールボタンがなるとすぐにかけつけるといった感じでした。

マイレージはアシアナはスターアライアンス加盟なので、私はUAマイレージプラスに加算です。ツアーは安いチケットを利用するので今回の予約クラスはW、70%の加算率で、成田-ソウル間は片道535マイル、ソウル-ロンドン間は3865マイルでした。

次はスターアライアンスゴールドの資格で利用した空港ラウンジの話に移ります。
成田空港ではアシアナ独自のラウンジは持っていないので、提携しているUA、ANAどちらかのラウンジ利用になります。9:00の便で朝一といっても過言ではないため、いつも混雑しているANAラウンジも誰もいなくて気持がいいです。(UAの方がゲートに近いですが、やっぱりANAの方がいいので。)

成田空港ANAラウンジ


ソウル仁川空港では、ターミナル中央の上階にあるアシアナのビジネスラウンジを利用します。

ソウル仁川空港アシアナビジネスラウンジ入り口


内部は広めで、一番奥にミールやドリンクがあります。サンドイッチ、パン、サラダ、スナック、おかゆ、カップめんなど。ラウンジの設備としては、シャワールーム、ビジネスコーナー、マッサージチェアもあります。Wi-Fiはパスワードあり(ラウンジ内掲示)。

ソウル仁川空港アシアナラウンジ


ロンドンヒースローではスタアラは余所者なのでターミナル1の利用になります。ラウンジはスターアライアンスの合同設置のようです。いろんなタイプの席があり、スナックや食べ物も思ったよりは種類があります。ビジネスコーナーもあるし、もちろんWi-Fi無料です。

ロンドンヒースロー空港スターアライアンスラウンジ


今回は観光後夜の出発だったので、ラウンジでシャワールームを利用しました。シャワールームは設置のあるラウンジは結構ありますが、数も多くはなく順番待ちだったりすることもあり今まで利用したことがありませんでした。清潔ですし、バスタオルもセットされ、シャンプーなど必要なものもついています。

ヒースロー空港スタアララウンジのシャワールーム


今回のアシアナ航空利用でロンドンまで行った際に気付いたその他の点を列挙します。
・成田-ソウル、ソウル-ロンドン、全体を通してよく揺れる路線です。
・ロンドンでの入国は10名以上のグループはファストレーンを使え、かなり時間が節約できます。
・ロンドン着時、グループ内でスーツケースの破損が6~7件もありました。
・ソウル仁川の乗継のセキュリティはかなり厳しいです。前の空港で買った液体などは廃棄になります。少しの金具にも反応する機械があり、ボディチェック率高いので通過に時間かかります。


総じてアシアナ空港の印象は、なかなかいい感じ、です。ただしツアーで利用する場合はマイレージ上級会員でない限り混んでる時は通路席などをもらうのは難しいです。機内食は韓国料理はおいしいですが、それ以外はアレ?と思う出来栄え、CAの対応がいいので、全体的にはどちらかというといい印象です。

次回からイギリスの旅レポートスタートです♪

イギリス・ライ①

今回から、6月に行ったイギリス9日間の旅レポートスタートです。燃油サーチャージ込みで220,000円、阪急交通社のツアー利用です。

2013/06/16 (1日目)

7:00成田空港集合と朝早く、なんとか前泊しないでも間に合いますが、電車遅延などがあった場合は怖いですね。朝早いと空港の銀行もまだやっていませんが、出国してからも両替所はあります。まず英ポンドの両替について書いておきたいと思います。

イギリスはもちろんクレジットカードがあちこちで使えますが、ツアーなどで訪れる際には食事時の飲み物代やちょっとした入場料などどうしても小額の現金が必要です。英ポンドの場合は、日本での両替は、TTSが仲値+10円、と手数料が高いですが、成田で両替をしておくことをオススメします(ただし少なめに)。現地空港の両替所では20円、現地街中の安いところで10円~15円が目安です。クレジットカード払いだと手数料は5円なので、買い物はクレジットカードで支払うのが賢明です。

9:00 OZ-0107にてソウル(仁川)、2時間半くらいの乗継でOZ-0521にてロンドンに向かいます。
19:25 出発が遅れたので、その分遅れてロンドンに到着。今回季節がいいこともあり、38PAXと大人数ですが、長蛇の列のイミグレでファストレーンを使って早々に入国できました。ただ、荷物の破損が6~7件もあり、手続きに待たされましたが・・・。

21:00 空港を出て、ホテルへと向かいます。ちなみに22:00頃まで明るさがあります。
21:40 デイズ ホテル ロンドン ノース(DAYS INN LONDON NORTH)に到着。郊外の道路沿いにあるサービスエリアのようなところにあるホテルです。バスタブ有り、ドライヤー有り。Wi-Fiは無料(フロントで利用方法の紙をもらう)。

デイズ ホテル ロンドン ノース(DAYS INN LONDON NORTH)の部屋


冷蔵庫はありませんが(イギリスのホテルは冷蔵庫の設置率が低い)、コーヒーポットセットがあります。フロントでは水のボトルが1ポンドで売っています。コンセントが少ないのが難点ですが、そもそもイギリスはBFタイプというあまりなじみのないプラグ、他のヨーロッパ諸国はCタイプが主流なので、プラグもマルチのもの1個しか持っていない私は結果的には同じことになります。ノートPC、デジカメ、携帯、と充電が多い私はちょっと不便です。

ポットセットとコンセント


2013/06/17 (2日目)

7:15 ホテルの朝食は時間指定がありますが、ツアー客が多く、混雑していて、食べ物の供給が追いつかない状態です。

8:30 ホテルを出発するとすぐにも牧歌的風景が広がります。快適な道路の脇は、そこかしこで黄色の菜の花の絨毯が見られます。

高速道路と菜の花


最初の観光地はロンドンの南にある港町ライ。
近づくにつれ、羊の姿が増えてきたような気がします。

ライ近郊の羊たち


10:55 ライの町に入りました。港町らしく、川には船があったりするのですが、どうしたことか川に水がありません。

ライの水の枯れた川


駅の駐車場でバス降ります。かわいい駅です。添乗員が町の中心に連れて行き簡単に案内するとのことですが、12:00集合で自由散策でもOKとのことで、早速小さな町に繰り出します。

ライ鉄道駅


イギリスでも最も美しい町のひとつと言われるライ、レンガ造りの家がどことなく品があって、そしてフランスやドイツの家と比べるとちょっぴり硬い気がするのがなんともイギリスらしいです。この季節、さりげなく玄関を飾るバラがまた素敵です。

ライのレンガ造りの家


駅からまっすぐ進むと、すぐに町の真ん中を通るハイストリートに出ます。まだ時間が早いのか開いているお店もまばら、人影もほとんどありません。右手になだらかな坂を下って行きます。

ライのハイストリート


ライは小さな町で1時間も歩けば一周してしまうような町です。わずか1時間ちょっとしかない滞在なので、基本的に脇道ももらさずできれば2度同じところを通らないように気をつけます。中世の面影を色濃く残す美しい町なので、町角のちょっとした景色が見逃せないほど素敵です。

ライのハイストリートの町角


有名なマーメイドストリートの下に出ました。小さめの玉石を敷き詰めた石畳は歩きにくいし坂を上がることになったことがちょっと恨めしかったですが、それでもこの静かで素敵な町並みは一目で気に入りました。

ライのマーメイドストリート


マーメイドストリート沿いに立つ家々はどこも素敵ですが、こちらは風格に重みすら感じます。
木骨や煙突、しっくいの壁、見事な調和です。

マーメイドストリートの家


マーメイドストリートを上りきったところにある大きな蔦のからまる建物はマーメイド・イン。なんと創業が12世紀中頃とか、ライでも最も古いホテルといわれています。

マーメイドストリートのマーメイドイン周辺


入り口側からではどんな建物か分からないので、ちょっと表側?に周らせてもらいました。素敵な木骨造りの建物です。18世紀には密輸業者達の巣窟だったそうで、いろんな町の歴史を見てきている建物なのですね。

マーメイドイン


マーメイドストリートの突き当たりはウエストストリートになっていて、そのまま上がっていくとセントメアリー教会に出ました。町は丘状になっていて、丘の上に立っている12世紀からの由緒ある教会です。

セントメアリー教会


教会の中へ入る前に、教会の裏側にあるイプラ・タワーに立ち寄ります。13世紀、フランスの侵略に備えて造られたもので、タワーというより砦といった方がいいようなずんぐりとした重厚な建物ですが、思っていたより小さいです。現在は民俗資料館として使われているそうです。立っている場所が町の裏側で、しかも高い場所でもないので、タワーといっても景色が望めるようなものではありません。セントメアリー教会の塔に上がるほうがよさそうです。

イプラ・タワー


次回ライの後半をレポートします♪

イギリス・ライ②

2013/06/17 (2日目) 続き

11:20 あまり時間もないので、この町で一番のオススメ観光スポット、セントメアリー教会へ戻ります。ウエストストリートから見たときはすごく小さい教会に見えましたが、反対側からのこの景色は堂々とした風格です。ちらっと見える塔に上るのがこの町で一番楽しみにしていたことです。

美しい町ライのセントメアリー教会


セントメアリー教会の中に入ると、思いがけずステンドグラスがきれいで見入ってしまいます。内部の見学にあまり時間を割くつもりでなかったので、ちょっと予定が狂います。

セントメアリー教会内部


教会の塔の入り口には、鍵がかかっていて、売店で入場料を払うようにとか書いてあったので、売店のおばちゃんの所へ行きます。入場料2.5ポンドを払うと、ドアの鍵を開けてくれます。狭い通路や階段を上がって上を目指します。途中の通路、ちょっとぽっちゃり気味の私は思わず横歩きです。

セントメアリー教会時計塔への狭い通路


最後に斜めになった思い扉をあけて外へ出ると、時計塔の屋上へ出ました。広くはないスペースですが、ぐるっと回れるので、360度の展望が開けていてとても気持ちがいい場所です。塔はそんなに高さはないですが、教会自体が丘の一番上なので、見晴らしは素晴らしいです。

セントメアリー教会時計塔の屋上


扉を開けると、ライの町とその奥に牧草地、と思わず感嘆のため息が出る風景が広がっています。天気がイマイチなので、空の色が悪く写真映えしませんが、それでも素敵な風景にしばし足が固まります。

セントメアリー教会から見るライの町


こちらは別の方角、マーメイドストリートなどがある方面です。こうしてみると、あれ?どこが港町という風景ですが、かつて海に囲まれた町は、15世紀頃から地形が変わり、海は遠く4キロも先へ遠のき、川も狭くなって、丘の上の町だけが残されたようです。この光景を見ずしてライを去るのは有り得ない、というくらいのオススメ絶景スポットです。

セントメアリー教会塔の上から見るライの町の風景


ところで、この塔は時計塔なのですが、その時計が現在でも動いているイギリス最古の時計、だそうです。ガイドブックによると1561年建造だとか。残念ながら塔の上からだと時計は見えませんでした。脇の飾りがちらっと見えるだけです。

セントメアリー教会の時計塔の時計の飾りと眼下の町の屋根


いつまでも塔の上にいたかったですが、時間もないので、しぶしぶ塔を下ります。再びウエストストリートの方へ出ようと教会沿いを歩きます。写真左は教会の外壁です。こうした道沿いの風景がとても素敵な町で、しょっちゅうお散歩したい気に誘われるほどです。

セントメアリー教会脇の道


自然に見える道沿いの植え込みもイギリスならでは。わざと自然な感じに手入れしているのか、偶然こうなったか素人にはわからいくらいで、見る人によってはただの雑草に見え、別の人にとっては心安らぐ庭と見えることでしょう。

イギリスらしい庭


ライの町はハイストリートを中心にたくさんのお店があり、アンティークショップが多いことでも有名です。俗っぽい観光客用のお店はなくて、落ち着いた大人の雰囲気のする町で、のんびり半日歩きたいなと思える所です。今回はお店を覗く時間はありません。

ライのハイストリート


こちらはハイストリートの中ほどから伸びるライオンストリートから見たセントメアリー教会です。先ほどあの時計の上からライを見下ろしていたのですね。

セントメアリー教会の時計塔


ハイストリートを今度は北の方へと歩きます。目指すは町の門、ランドゲートですが、その手前でまた素敵な石畳の坂道を見つけました。地図を見ると、コンデュイット・ヒルという名の道です。あちこちに絵になる風景を見つけられる町です。

コンデュイット・ヒル


町の北にあるランドゲートをくぐりました。思っていたより立派な門です。小さな町とはいえ、1時間くらいのフリータイムでこの町の端まで来る人はいないでしょう。時計を見てあせりました。12時集合なのに過ぎてる?いえいえ、こういう時計は海外ではまず信じないのが鉄則です。

ランドゲート


ランドゲートをくぐったら、集合場所の駅へと戻ります。この道沿いには古い市壁が残っています。
町の形状といい、守りの堅い町だったことがわかります。

ライの市壁


駅まで来ると、駅前に郵便局を見つけました。イギリスでは郵便局でも両替ができます。私は成田で両替しそこねていたので、1万円ここで両替をしました。町中で有利なレートの店を探すのはロンドンでも大変ですが、小さな町では選択肢はあまりありません。1万円で、成田で両替するより5ポンド分損しました。受け取る額が10%も違ってしまうので、両替は計画的にする必要があります!

ライ駅前の郵便局


駅前の無料公衆トイレを利用し、12:00ライを出発します。
短い滞在でしたが、絶対また来たい!と思えるとっても素敵な町でした。

次回はドーバーをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR