FC2ブログ

イギリス・ドーバー

2013/06/17 (2日目) 続き

13:05 ライを出てから1時間ちょっと、想定外の曲がりくねった道を通って、イギリスの海の玄関口ドーバーに到着しました。実は車酔いで、限界寸前、エチケット袋を握り締め葛藤に苦しんでいた所でした。何しろ今年の旅行は毎回こんななので、今回こそは問題ゼロを目指していたんです。もう無理という時に、すがすがしい風の吹く港に到着し、助かった、という思いです。

イギリスの海の玄関口ドーバー


海岸に近いところでバスを降ります。海の側というのは、自然とテンションが上がってきますが、このときは話は別、胃のムカムカ感を抑えながらそろそろと歩くのが精一杯でした。

ドーバーの港付近


少し歩くと丸じゃりのビーチに出ます。海岸沿いにはきれいな一連の建物、そして海岸にはほとんど人がいません。

ドーバーの海岸


ドーバーでの観光はホワイトクリフの下車観光のみとなっていて、どんな内容なんだろうと思っていましたが、この海岸からホワイトクリフを遠くから眺めるだけ、でした。え、ちょっと遠すぎませんか。目の悪い人には、あの遠くの白い崖はよく見えないと思いますけど・・・。

ドーバーの海岸と遠くに見えるホワイトクリフ


ズームするとこんな感じ。最高で114メートルもの白亜の壁です。確かに奥の方はかなり白いようです。もっと近くで見るか、フットパスを少し歩けるかと期待していたので、ちょっと裏切られた気分です。もっともこのときは体調が悪くて、そんなこともどうでもいいという感じでしたが。

ドーバーのホワイトクリフ


視線を少し左に移すと山の上には立派なお城が見えます。ドーバー城です。大陸と最も近い場所にあるだけあって、古くから重要な拠点だったのでしょう。

ドーバーの山の上のドーバー城


少しズームします。かなり堅固な造りのようですね。イギリスの鍵とも呼ばれ、難攻不落の城として国を守ってきたお城です。なんとローマの頃からの灯台や、地下にはトンネルが張り巡らされているそうです。いつかこのお城も見学してみたいですね。

堅固な要塞ドーバー城


さて、海風にさらされて若干気分が回復してきたので、海に足をつけに行きます。もはや恒例になっていて、水質に大きな問題がない限り水辺ではいつも少なくとも足だけはつけてくるようにしています。海岸は波で洗われた丸い砂利で足が埋もれやすいですが、非常にきれいに保たれています。

ドーバーの海岸はきれい


風が強く、気持ちのいい散策でした。ゴミが全然なくきれいな海岸にはびっくりするほどでした。
対岸のフランスとは最短距離で34Km、かつての国の玄関口はトンネルや空にその場を奪われ、静かで美しい場所に変わっていました。

散策にぴったりなドーバーの海岸


13:20 ドーバーを後にします。いろいろ悩んだ挙句、この先の道路状況はいいだろうと判断し、胃腸薬を飲みました。車窓で壁の近くを通ったときに、いくつかの穴が開いているのが見えました。第二次世界大戦の時には、ドーバー城の地下トンネルに海軍の司令部が置かれていたと言いますし、そういったトンネルの一部でしょうか。

トンネルもある白亜の壁


13:55 ドーバーからわずか30分足らず、カンタベリーにやってきました。カンタベリーの城壁の外、Victoria HOTELのレストランにてちょっと遅めのLunchです。

カンタベリーのビクトリアホテル


すごく素敵な内装で、どこを向いてもまるでおもちゃの家の中にいるかのような感じがします。

カンタベリーのビクトリアホテルのレストラン


メインは、ローストビーフとありましたが、(ローストビーフ、ターキー、ハム、付け合せいろいろから)好きなものを好きなだけよそってもらえるスタイルでした。飲み物は自分でバーカウンターで注文してもらってくるというパブ方式です。

おいしくなったイギリスの料理


デザートのレモンタルトが超美味でした!先ほどまでの気分の悪さはすっかり吹き飛びました。
イギリスと言えば、食事が超まずいという印象でしたが、かなり改善されていると思いました。

絶品レモンタルト


次回はカンタベリーをレポートします♪

イギリス・カンタベリー大聖堂

2013/06/17 (2日目) 続き

15:15 Lunchの後、カンタベリー旧市街を観光します。旧市街を囲む城壁は半分ほど残っていて、崩れかかった所もあるのが何ともいえません。この中は大型バスが入ることはできないので、徒歩にて観光となります。

カンタベリー城壁


城壁の内側のバスステーションでバスを降ります。この街の車の玄関口、たくさんの2階建てバスが停まっていました。この周囲は旧市街といっても割りと新しい街並みです。

カンタベリーバスステーション


セントジョージストリートから、旧市街の中心方面へと歩きます。カンタベリーは英国国教会の総本山、カンタベリー大聖堂がある巡礼地ですが、その大聖堂が街の中ならどこからでも見えると思っていたのに、見当たらないのはちょっとした驚きでした。

カンタベリーセントジョージストリート


メインストリートから狭めで人の多い道へと曲がると、突き当たりに何やら立派な門があり、ちょっとした広場があります。ここが大聖堂への門です。やっとわずかに大聖堂の塔らしきものが見えました。ここでローカルガイドとミートして、大聖堂の内部を見学します。

カンタベリークライストチャーチゲート


大聖堂への門はクライストチャーチゲートと言うようです。ここから別空間ですよ、という匂いがします。

クライストチャーチゲート


門をくぐると、そこにはカンタベリー大聖堂がどうやってその巨体を隠していたのかと思うほどの存在感で人々を迎えます。今までにもたくさんの巨大な大聖堂を見てきましたが、これもかなり大きい方です。目いっぱい下がらないと全景を入れることができませんでした。大聖堂の中では説明が禁じられているのか、外でガイドが説明をした後、内部見学含めて16:45までフリータイムとなりました。

カンタベリー大聖堂


中へ入ると指示された通り、時計回りに進みます。大聖堂の大きさに圧倒されながら、半分くらい行ったところで見落としがちな扉を外に出ます。そこは美しいグレイト・クロイスター、中庭を囲む大回廊です。実際見落とす人が多いのか、混雑している大聖堂の中に比べ、静かな時間が流れているようです。

カンタベリー大聖堂の大回廊


回廊を一周する間に出会った人は2人だけ。回廊の奥から大聖堂を見上げると、門から見たのとはまた違った美しい姿が見られます。立派な塔は見学用には開放されていないようです。

大回廊から見たカンタベリー大聖堂


大回廊から戻ると、そこにはすごい人だかりがあります。12世紀の大司教トーマス・ベケットが時の王ヘンリー2世と対立し、ここで暗殺されました。3本の剣が飾られているその場所がトーマス・ベケットが倒れた場所だったようです。彼は死後に多くの奇跡をもたらし、不治の病を治すと信じられています。

大司教トーマス・ベケット殉教の場所


殉教の場所から薄暗い地下へと下り、地下聖堂を見学します。地下は最も古い時代12世紀の造りとなっていて、確か写真撮影禁止だったと思います。順路に従い上へ戻ると、大聖堂の奥の方を見学します。とにかく天井が高く大きさにただただ圧倒されます。

カンタベリー大聖堂内部


奥の方には、司祭や王族のものと思しき立派なお墓がたくさんあります。詳しくないので、誰のものかわかりませんが、それぞれ生前の姿を模ったものなど特徴的なお墓がたくさんありました。

カンタベリー大聖堂内の立派な墓


大聖堂は巨大で柱や壁の彫刻なども美しいですが、ステンドグラスも細かい美しいものがたくさんあります。ここは最も奥の辺りです。私は以前ステンドグラスを趣味で製作していたので、全体の美しさはもちろん、技術やガラスの色などを観察してため息をもらします。

カンタベリー大聖堂のステンドグラス


中にはこんな漫画ちっくな絵付けも見られました。顔だけ見るとどうしても絵本というより漫画を思い起こします。

カンタベリー大聖堂の漫画調のステンドグラス


さて、世界遺産に登録されたカンタベリー大聖堂の見学を終えてまだ時間があるので、街歩きをします。メインストリートであるハイストリートへ出て、ウエストゲート方面へと歩きます。時折古い建物が残っていて新旧入り乱れた街並みを作っています。

カンタベリーのハイストリート


こちら写真右手の建物はかつて巡礼者の病院だったところだそうです。
6世紀には聖アウグスティヌスが布教活動を行い、12世紀に大司教トーマス・ベケットが殉教して以来、巡礼地としてずっと賑わってきた街の姿がぼんやりと頭に浮かびます。

巡礼者の病院だった建物


次回カンタベリー散策の続きをレポートします♪

イギリス・カンタベリー旧市街

2013/06/17 (2日目) 続き

16:10 カンタベリー旧市街のメインストリート、ハイストリートの名前がセントピーターストリートと変わるあたり、道を横切るように道の下をスタウア川が流れています。この景色、柵から覗き込むような形で眺めることができます。時折観光客を乗せたボートツアーが行く風景もまた素敵でした。

カンタベリー旧市街の中を流れるスタウア川


今スタウア川を見たのが、次の写真の右にある柵です。川沿いに建ついかにも古い木組みの家は、オールド・ウィーヴァーズ・ハウス。今はレストランとして使われていますが、あちこちが傾いた中世の歴史を刻んでいるかのような建物です。

オールド・ウィーヴァーズ・ハウス


メインストリートをそのまま北西に進むと、ウエストゲートの手前でブラックグリフィンというレンガのかっこいい家を発見しました。かつて巡礼者が飲食をしたところだそうです。

ブラックグリフィン


旧市街の北西の端には、街の玄関口ウエストゲートタワーが当時と変わらない姿で建っています。写真は門の外側から撮ったものです。雨予報、午前中はぐずぐずどんよりとしていた天気でしたが、すっかり晴れてきました。イギリスは雨も多いので晴れたらラッキーという感じです。

ウエスト・ゲート・タワー


ウエストゲートタワーの外側にも川が流れています。街中を横断していたスタウア川が途中枝分かれしている部分のようです。このあたりからもボートツアーが出ているようですが、そこまで時間がないのが残念です。天気がよければボートはさぞ気持ちいいことでしょう。

カンタベリー旧市街に沿って流れる川


いい景色だったので少しだけ川沿いを散策します。
街の中心部とはまた違った美しい風景で、気持ちがゆったりします。晴れてきたとはいえ、風も心地よい涼しさ、まさに丁度いい天気です。

カンタベリー旧市街ウエストゲートタワー周辺


川沿いの景色はどこまでも素敵で、ずっとこのまま歩いていってしまいたくなるような風景でした。カンタベリーへ来たら門の外も少し散策するのがオススメです。

カンタベリーの川沿いに静かな町並み


さてまだ微妙に時間があるので、世界遺産に登録されている聖アウグスティヌス修道院跡を探しに、来た道を戻り街の反対側を目指します。場所は城壁の東の外なのですが、どのガイドブックの地図も微妙にわかりにくく、それらしき所に行き着けません。結局、聖アウグスティヌス大学にたどり着いたあたりでタイムアップ、断念することにしました。この大学の奥の方に修道院跡はあるようで入り口も全然別のようでした。

聖アウグスティヌス大学


集合時間まで残り5分あまり、急いで大聖堂前の広場へと戻ります。街の東側は結構きれいに城壁が残っていました。カンタベリーは立派な教会のような建物がたくさんあるので、時間がない人ほどちゃんとした地図を現地でもらうべきだと思いました。

カンタベリー旧市街東側の城壁


16:45 大聖堂前に集まりました。ここはたくさんの観光客で溢れかえっています。そもそもフリータイムは大聖堂内見学とこの周辺でのショッピングのために取られていた時間なので、ほとんどの人たちはこの周辺でお土産などを買っていたようです。

カンタベリー大聖堂前広場


集合後、皆でハイストリートをウエストゲートの方へ歩きます。なんだ、こっちへ来る予定があったなら、フリータイムでは最初から聖アウグスティヌス修道院跡へ行きばよかった・・・。もっとも城壁の外まではいかないので、川沿いの散策をできたからよしとしようなどと思いながらグループについて歩きます。こちらの古い建物はエリザベス1世が来たときに関係者が泊まった古い宿だそうです。やっぱり傾いています。

カンタベリーの古い宿


ウエストゲートを街の内側から見た後は、ハイストリートを戻りバスステーションへと向かいます。
通りには新しい建物と古い建物がいい感じに混じっていて素敵な街を作っています。通りから少し入ったところには真新しい建物も・・・。マーロウ・シアターだそうです。

カンタベリーのマーロウシアター


17:25 バスステーションでバスに乗りカンタベリーを去ります。カンタベリーは歩いて周るのに丁度いいサイズの旧市街とその周りに見所が集まる街です。こうして地図を見ると分かりやすいですが、日本のガイドブックの地図は正確な位置がわかりにくいものばかりだったので、現地で地図を入手することをオススメします。なお街中には今回の旅で最も有利な両替レートの両替所も見かけました。

カンタベリー地図


19:30 ロンドン郊外のホテルへ戻ってきました。
19:40 ホテルで夕食です。イギリスのツアーといえば一度は味わうフィッシュ&チップス。脂っこくて、お行儀悪いですが、衣をはがして食べました。最初にイギリスに来たときはこれがおいしいと思えるほど、他の何もかもがまずかったという記憶ですが、今はこれがまずいと思えるほど他のものがおいしくなりました。

フィッシュアンドチップス


デザートのケーキです。もちろん甘いです。全員同じじゃないってのが日本とは違うところですね。

甘いチョコレートケーキ


次回はバースをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR