グアテマラ・ペテンシート

2013/04/08(8日目) 続き

16:30 ティカル遺跡から70分、爆睡している間にサンタエレナのホテルに帰ってきました。と思いきや、荷物を部屋においてまた観光に出かけます。遺跡観光で疲れてパスした人も何人かいて参加は9名に留まりましたが、16:45 徒歩にてホテルを出て、ショッピングセンター脇にある小さな船着場にやってきました。

サンタエレナのショッピングセンター裏にあるボート乗り場


17:00 ボートに乗りペテン・イッツア湖にある小さな島「ペテンシート」へ向かいます。
暑さも薄れ、風をきって進むボートに乗るのは疲れていてもなかなか気持がいいです。

ペテン・イッツァ湖をボートで進む


ボートからはフローレス島もよく見えます。フローレス島はあまり大きな島ではないので、建物ひとつひとつが数えられるような規模です。写真だと、裏に対岸が写ってしまっていて見分けにくいですが・・・。

ペテン・イッツァ湖から見るフローレス島


ボートで15分弱、本当に小さな島に到着です。ここは自然動物園になっているということですが、まさに自然がそのまま残る島です。

ペテン・イッツァ湖に浮かぶ小さな島ペテンシート


ボートを降りるとすぐ、自然動物園の入り口です。残念ながら人気だったジャガーは死んでしまって、今はいないのだそうです。

ペテンシート自然動物園


入ってすぐは、イノシシに囲まれます。群れの間を人間が通り抜けなければなりません。檻というより広い囲いの中を、見物人が通らせてもらうという感じです。

子連れのイノシシの群れの間を通る


この小さな島にはあまり動物はいませんが、鳥が結構いるようです。この子は人に慣れているのか、自分から寄ってきました。あんまり寄ってくるとちょっと怖いですね。

人によってくる大きなインコ


ここでもコンゴウインコは放し飼いです。デカイのでそれこそ怖いです。さっきのオウムみたいのだと思いますが、怒っているのか、ガーガーけたたましく鳴いているので、コンゴウインコが興奮して人に襲い掛かろうとして、さらに怖さが増しました。

おとなしくないコンゴウインコ


あっという間にだいぶ日が傾いてきました。帰る頃には夕日が見れそうです。湖では漁をしているのか小さなボートが浮いているのが見えます。なんだかほっとする光景です。湖の水もとてもきれいです。

ペテン・イッツァの夕暮れ


小さな島からつり橋で対岸に渡ります。つり橋と聞いて腰が引けましたが、高さがまったくないので、思ったほど怖くありませんでした。湖の深いところでは水深100メートルもあるとのことですが、岸辺ではたとえ落ちてもおぼれることもなさそうです。こうして振り返ると、めちゃくちゃ島が小さいことがわかります。

つり橋でつながったペテンシート


渡った先も動物園が広がっています。こちらはTucan、オオハシです。50cmくらいの鳥ですが、顔とクチバシの色がなんともきれいです。また、とてもかわいい表情をしていて、まるでおもちゃのようにも見えます。

Tucan、オオハシ


いろんな鳥類や動物がいますが、この周辺に生息しているものばかりで珍しいものが結構多いです。中には微妙なのも少なくありません。
こちらはMicoleon(ミコレオン)、キンカジュー、猿の一種。なんというか、あられもない格好です。

Micoleon(ミコレオン)、キンカジュー


こちらはOcelote、オセロ、豹ですね。やっぱりかっこいいです。

Ocelote、オセロ、豹


いろんな動物を見た後は、サンセットに合わせ、18:00 ボートに乗って戻ります。フローレス島をバックに夕日が沈む姿を眺めます。残念ながら最後は雲に隠れてしまいましたが、一日の疲れを癒すかのような光景でした。

ペテン・イッツァ湖で見るフローレス島に沈む夕日


ホテルへ戻ると、携帯電話の電池があっという間になくなっていたのに気付きました。ティカル遺跡を中心として、グアテマラでは圏外のエリアが多かったように感じます。

19:30 DNR@HTL
ホテルで夕食ですが、ユーラシア旅行社と言えば噂に聞いていたそーめんがここで登場。食事の代わりではなくて、食事の前に出てきました。タイミングとしては絶妙ですね。旅も後半だし、一日歩き回った後なので皆よろこんでいました。添乗員が日本から持ってきて現地で厨房を借りて作るので、私の中でも賛否両論です。大変だし、2,3口で十分という気もします。

ユーラシア旅行社のそーめんパーティ


次回は最後の国ベリーズに入りカハル・ペッチ遺跡をレポートします♪

ベリーズ・入国~カハルペッチ遺跡

2013/04/09(9日目)

8:00 サンタエレナのホテルを出発し、ベリーズとの国境へ向かいます。グアテマラの車窓風景とももうすぐお別れです。

グアテマラからベリーズ国境へ向かうバスからの車窓風景


国境の手前で、トイレ休憩をとり、9:50 国境に到着です。グアテマラの出国はグループでOKです。今までのニカラグアからの4カ国は協定があって楽な出入国ができましたが、ベリーズは出発前にビザを取ってきたので、別の地域に来た感覚です。公用語もスペイン語ではなく英語です。国境でニカラグアからずっと一緒だった現地ガイドさんともお別れします。

ビザがあるので、ベリーズ入国は書類不要ですが、1人ずつ並んで手続きです。さらに、いったんバスからスーツケースを下ろし、各自が持って税関を通る必要があります。でも誰も見ていなかったですけどね。

ベリーズ国境


10:30 手続きも終わり出発。ベリーズでは日本人のガイドさんが迎えてくれました。秘境を扱うテレビにも出演したことがあるちょっとした有名人です。ちなみにベリーズに住んでいる日本人はたったの17人なのだそうです。カリブ海リゾートの国、のイメージが少し崩れます。

国境を越えてすぐの左手にはシュナントゥニッチ遺跡があります。通常ベリーズで一ヶ所だけ遺跡見学をするならこちらへ行く人が多いでしょう。川に橋がなくて渡しで行くそうです。クルーズ客も立ち寄る場所で、渡しを待っている人で溢れています。

シュナントニッチ遺跡へ向かう渡し


10:50 カハル・ペッチ遺跡に到着です。何故かわかりませんが、私達のツアーはシュナントニッチではなくカハル・ペッチが組み込まれていました。高台にあり、眺めが気持いいです。

サン・イグナシオ郊外にあるカハル・ペッチ遺跡がある丘陵からの眺め


まずは駐車場横にあるミニ博物館で遺跡に関する説明を受けます。紀元前1200年くらいから人が住んでいる場所で、これから見る遺跡は貴族の住居だったと思われる部分です。
こちら遺跡で見つかった人骨・・・。

カハル・ペッチ遺跡の小さな博物館にある人骨


こちらは当時の再現図でしょうか。ベリーズでの生贄の儀式は、神殿の頂上で首を切って上から転がし落とした、なんて話を聞きました。カハル・ペッチの意味は、時を刻む場所、のみのいる場所という意味だそうです。

カハル・ペッチ再現図


ミニ博物館にはちょっとだけですが、発掘品などの展示もありました。そもそもこの遺跡、1950年に発見されたばかりという、まだまだ発掘途中の遺跡なのです。

カハル・ペッチ遺跡発掘品


さて、いよいよ遺跡の見学です。ミニ博物館から少し歩くと遺跡の入り口に到着です。右奥はこの遺跡唯一のお土産屋さんです。といっても、大きくない駅のホームにあるキオスク程度のものです。穴場的な遺跡のようです。

カハル・ペッチ遺跡入り口付近


ここで遺跡の地図をチェック。実はこの遺跡に関してはガイドブックなどにあまり情報がなく、遺跡の地図が事前に入手できませんでした。いくつかの広場を取り囲むように建造物があるようです。紀元前300年から紀元後300年ごろが最も栄え、最大3万人くらいの人口だったと思われている古代都市の跡です。

カハル・ペッチ遺跡地図


一番広いPLAZA Bです。グランプラザにあたる広場でしょう。奥の建造物は去年発掘されたばかり。ひすいとか出たそうで、天文学研究のための建物だったと思われているそうです。

プラザBとピラミッド状の天文学研究の建物


上の写真の手前、PLAZA Bから入って正面にある建造物です。マヤの遺跡はどこも木々に囲まれている感じが似合っていますね。

プラザBと貴族の神殿


この遺跡はマヤアーチの保存状態がよい遺跡として有名です。マヤアーチは持ち上がり式の逆V字に作られた天井のことで、マヤ遺跡で見られるもっとも特徴的なものです。

マヤアーチの建物


遺跡の中心に位置していると思われるピラミッド状の神殿ですが、コパンなどで見たのと同じように単体で立っているのではなく、他の建造物と一体となっている感じです。

カハル・ペッチ遺跡のピラミッド状神殿


そのピラミッドを1辺としているPLAZA Aは、貴族だけの市場だったと言われています。遺跡には他に観光客がいなくてグループの貸しきり状態です。相変わらずガイディングレシーバーで話を聞きながら、皆が行かない離れた所で写真を撮ったりしています。ようやく怪我の痛みが薄らいできたようです。

カハル・ペッチ遺跡プラザA


次回カハル・ペッチ遺跡の後半をレポートします♪

ベリーズ・カハルペッチ遺跡

2013/04/09(9日目) 続き

カハルペッチ遺跡の北西の角、PLAZA Aの一角にあるトンネルのような通路です。人が一人通るのにぴったりのサイズですれ違うことはできません。グループの皆さんはもう隣の広場へ移動しているようなので、私は通路の向こうから遺跡の上を越えて隣の広場へ向かいます。

A4とA5の間のマヤアーチのトンネル


隣、というか、ピラミッドの裏側、PLAZA Eへやってきました。ここは王宮と思われてる場所です。小さな部屋がいくつもあり、声はすれどグループの誰も目に入りません。屋根も残っているし、通路や階段など複雑な構造をしている建造物群です。

プラザE、王宮


小さな広場を囲む建物には、たくさんの部屋があります。一夫多妻ということで、何人かの妻達の部屋だったようです。入ってみると、あまり広くはありません。むしろ狭い部屋に、ベンチと言われる石の台座があるだけです。椅子やベットとして使ったのでしょうね。ちなみに、本妻と妾など地位があったのか、部屋の大きさは地位に応じていろいろだったようです。

王宮の小部屋


この王宮はとにかくおもしろいです。何がって、建物としては全部繋がっていて、3階建てみたいになっているのですが、狭い通路や、階段があちこちにあって、どこがどこに通じているやらよくわからない複雑な構造をしているからです。なので、グループの人たちがたどった道もよくわからず、声のする方向へなかなか行けないという冒険心くすぐられる場所です。

カハル・ペッチ遺跡の王宮は迷路のような複雑な構造


そうは言っても外へ出られる通路は限定されているようです。やっと外へ出ると、王宮を出たところからこの建造物の塊一帯の真ん中にあるピラミッド状神殿A1に上る階段があり、皆これを上ったようです。まるで展望台にでも上るみたいな感じです。

中心にあるピラミッド神殿A1へ上がる階段


柵も何もない頂上はちょっと怖いので石にへばりつきます。生贄が首切られた場所かと思うと、へばりつくのも気持悪いですが、高所恐怖は現実の世界なので、現実が勝ちます。
神殿A2とPLAZA Bが見下ろせます。

ピラミッドの頂上から見たカハル・ペッチ遺跡


そして反対側の景色はというと、PLAZA Eと王宮です。上から見ると屋根がだいぶ残っていて、内部の複雑な構造は想像もつかないシンプルな感じです。中は迷路状態なんですけどね。

ピラミッドの頂上から見た王宮


ピラミッド型の神殿から下りて来たところで撮ったカハル・ペッチを一枚で表現するなら、という写真です。中央右の小山が神殿A1、PLAZA Aから見たときはきれいでしたが、こちらから見るとやや山化しています。左手が中が複雑な王宮です。この一帯はマヤアーチが各所で見られます。

王宮とピラミッドとマヤアーチと


上の写真のすぐ後ろにはB5という建造物があります。こちらはかつてのサウナだそうです。
といっても普通の小部屋と何が違うのか、部屋の中のベンチのような台が高いし、やっぱり狭いなという感想でした。

サウナ


で、裏側からちょっとよじ登って上からも見てみました。そういえば数日前に見たホヤデセレン遺跡のサウナと少し共通するところがあるような気がします。入り口上の小さな穴とか内部の足元の空間の狭さとか・・・。

サウナの上部から


次はPLAZA Bに面したB4という神殿です。雨乞いのための神殿だったようです。

雨乞いの神殿


よく見ると神殿の階段に顔のようなものが・・・。
雨の神様の目なのかな。

雨の神様の顔


最後は球戯場です。傾斜がなだらかです。それにしてもきれいで保存状態がいいです。
PLAZA B(グランプラサ)の東側にあります。この遺跡は規模は小さいながら、マヤ遺跡の特徴をよく残していて見ごたえがあり、見学しやすい遺跡です。

カハル・ペッチ遺跡の球戯場


こちら最初に見たPLAZA Bにある天文学研究の建造物で最近修復されたもの、の裏側です。
やっぱり裏側は未修復なのですね。でも全部きれいに修復してしまわないこのスタイルが私は好きです。

最近発掘されたピラミッド型神殿B1の裏側


他に観光客もいなくて、ゆっくり見れて、すごく楽しい遺跡でした。実はすごく暑かったけど、遺跡の隅々まで見ても1時間ちょっとという大きさが、最後までぐったりせず気持ちよく見学できた理由のひとつかも知れません。穴場的ですごくオススメの遺跡です。
12:15 カハル・ペッチ遺跡を後にします。これで今回の旅行での遺跡見学は終わりです。

次回はベリーズシティまでの移動をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR