FC2ブログ

ホンジュラス・コパン遺跡アクロポリス東広場

2013/04/06(6日目) 続き

まだまだコパン遺跡見学は続きます。かなり暑いですが、旅の初日の蒸し暑さを思えばまだ耐えられるという気温です。

アクロポリスと呼ばれる区域の南端を神殿16を回りこむ形で歩きます。するとさらに南側、一段下がったところにたくさんの構造物が見えました。エル・セメンテリオと呼ばれる場所です。墓地という意味だそうですが、墓だけでなく王侯貴族の住居があった場所です。一般の観光客は訪れることもなく、静かなひっそりとした空気が流れていました。

コパン遺跡エル・セメンテリオ


次の見学場所は神殿16の東側にある神殿18です。ここは王朝の末期、最後の16代王ヤシュ・パサフが神殿16の完成後に建てた唯一の建造物と思われています。比較的小さな神殿ですが、見学用に造られた階段を屋根に保護されたてっぺんまで上ります。

コパン遺跡神殿18


その階段の途中に、16代王ヤシュ・パサフのお墓があります。地下へと降りる数段の階段から中を覗いてみましたが、内部の空間は大きめで、ただ墓があっただけでなく地下トンネルなどもあったみたいです。

第16代王ヤシュ・パサフの墓


神殿18の上には崩れた建物があり、無理やりのようにつなぎ合わされた石には、王の像や碑文が刻まれているということですが、未完成のパズルのようで、素人目にはなんだかさっぱりわかりませんでした。

神殿18上部


神殿18の上からは、先ほど見てきた神殿16の裏側が見えます。裏側はまったく修復されておらず、おそらく発見時に近い状態です。巨大な神殿には木が生い茂り、注意していなければのみ込まれてしまいそうです。

神殿16の裏側


神殿18の上付近からはもうひとつ素晴らしい眺めを楽しめます。コパン遺跡を囲む景色です。遺跡の東側にはコパン川があり、川は見えないくらい切り立った崖の下ですが、対岸の自然の景色を眺めることができます。暑さを忘れるくらい爽快な景色です。

アクロポリスで見るコパン遺跡周辺の景色


神殿18から続く構造物17の端まで来ると、東広場の南東の角にでます。広場をいくつかの構造物が連なって囲んでいるので、ちょっと大きめの空のプールのようです。コパン遺跡にいる観光客のほとんどがここに集まっているという感じでにぎわっていました。対角線上に見える屋根付きの建物は、ポポル・ナフ(会議場)、最盛期以降エリート達の合議で政治が行われた場所です。なお、写真右手前はコパン川に面した絶壁になっています。

コパン遺跡アクロポリスの東広場


東広場に下りて、しばし木陰で腰を休めます。それでなくても怪我人で傷が痛むのに、この上常連である熱中症患者になるわけにはいきません。遺跡に対する興味が勝っているようで、思っていたより体調がいいのは自分でも驚きました。上り下りには辛い段差の石に腰掛けてガイドの話を聞きながらあちこち目だけ向けます。奥に見えるのは神殿16、ロサリラ神殿見学のトンネルの入り口はこちらが正しい入り口のようです。

東広場から見る神殿16とロサリラ神殿見学トンネル入り口


腰掛けていた石のすぐ上には踊るジャガーと呼ばれる彫り物があります。ジャガーというよりはクマに見ますが、近くに2つほどありました。この東広場でも生贄などの儀式が行われたようです。

コパン遺跡東広場の踊るジャガー


ゆっくり休んだ後、ポポル・ナフ(会議場)、とその右の、最盛期18ウサギ王の雨の神チャックの神殿22へと向かいます。石段をまた這い上がるので体力を使います。写真は神殿前の階段ですが、階段にもマヤ文字が刻まれています。保護されていないこともあり、うっすら過ぎて何が描いてあるのかさっぱりわかりません。

コパン遺跡アクロポリスの神殿22の階段の彫刻


ポポル・ナフと最初に見学した神殿11の裏あたりが繋がっていて、実はアクロポリスは、多くの建造物がくっついているおもしろい複雑な構造であるがわかりました。増築されていったイメージでしょう。そして、ここから北側にはグラン・プラサ(大広場)を見下ろすことができます。球戯場や神聖文字の階段の神殿26(テントに覆われた部分、アクロポリスの一部)が見えます。

アクロポリスからグランぷラサ方面を見下ろす


眼下には神殿11の裏側にあたる斜面が壁のように見えます。ここにも大きな木が何本も生えていて、何かあれば崩れそうに見えます。下のステラ(石碑)とアルター(祭壇)がとても小さく見えます。アクアポリス全体が高さ37メートルの高台にあるのです。

神殿11の裏側とステラN


アクロポリスからグラン・プラサを見下ろせる場所には、当時の再現図がおいてありました。
こんな高台から王は球戯の様子を見ていたのでしょうか。かなり距離がありますね。

コパン王朝当時の様子


神殿11の北西にある斜度のある階段を下りて、さっき見下ろしたところまで下りてきました。
上から見えていたステラN、第15代カク・イップ王の立像です。小さく見えるかも知れませんが、人の背丈の2倍以上ある大きな石碑です。見事な彫刻です。

コパン遺跡神殿11北にあるステラN


次回はコパン遺跡最終回、神聖文字の階段とグラン・プラサをレポートします♪

ホンジュラス・コパン遺跡グランプラサ

2013/04/06(6日目) 続き

大きなテントに覆われた神殿26の前にやってきました。この遺跡見学のハイライトのひとつ、神聖文字の階段がある神殿です。高さ30メートル、64段に渡るマヤ文字の彫られたブロックで作られた階段は巨大で、写真に収めるのも大変です。この神殿ピラミッドもアクロポリスの一部で階段はアクロポリスへ上がる階段でもあったようです。手前はアルター(祭壇)です。

コパン遺跡神殿26神聖文字の階段


神殿26は5世紀から少なくとも7回にわたり増改築され、753年第15代カク・イップ王によって完成されたそうです。最初の写真で階段の前に立って上半身だけ写っているのが15代目王の立像ステラMです。内部のチョルシャ神殿には第12代王またはその息子が埋葬されていたそうです。

神殿26の内部構造


2200以上のマヤ文字には王朝史が刻まれているそうですが、発見時に順番を無視して積んだこともあって全部は解読されていないようです。15段目までは損傷も少なく、元通りに積まれているとのことですが、わかりやすい部分でこんな感じで、かなり薄れてしまっているのがほとんどでした。

神聖文字の階段のマヤ文字


神殿26のすぐ北西にマヤの都市には必ずあったと言われている球戯場があります。メキシコの遺跡で見たものに比べると小さいですが、保存状態は良好です。スポーツというよりは儀式として行われ、敗者は生贄になったとかいう話ですが、いろんな説があり真偽は定かではありません。

コパン遺跡球戯場


ゴムでできたボールのようなものを手を使わずに蹴ったりして、得点版に当てた?方が勝ちとかルールも細かくは特定できてないようですが、彩色石器などから王侯貴族が自ら球戯に参加していたことがわかっているそうです。ここにもコンゴウインコがモチーフとして使われています。

球戯場のコンゴウインコの得点板


最後はグレート・プラサに林立するステラなどの見学です。記念碑として立てられたステラの大半は、13代目王ワシャクラフーン・ウバーフ・カウィール(通称18ウサギ王)によって8世紀前半に建立されたものです。この13代目が最盛期で、従属国のキリグアに捕らえられ、斬首したことによりその後はコパンは衰退に向かったと思われています。

こちらはステラH、730年に立てられたもので、スカートのようなものをはいた立像です。
水の神イシチェル女神という説もありますが、トウモロコシの神の衣装を身に着けた13代王の若い頃の像とされています。

コパン遺跡ステラH


ステラには大抵、アルターと言われる祭壇がセットになって置かれています。こちらはステラ4の前のアルターですが、デザインはシンプルですが、どうやら生贄を捧げたもののようです。血が流れるための溝のようなものがあります。

生贄の祭壇


有名なステラなどの説明をした後、残り時間はフリータイムとなりました。そうは言っても、散々歩いた後だし、ゆっくり見てきたのでアクロポリスに戻ろうなどと思うこともなく、皆グラン・プラサでゆっくり写真を撮ったりして過ごします。静かな遺跡ですが、鳥の声だけが響き、聴きなれない声に上を向くときれいな黄色の尾をした鳥がいました。

尾の黄色い鳥


グラン・プラサのステラはオリジナルと思われるものには屋根がついていて、腐食から守っているようでしたが、中には屋根のついていないものもありました。
ステラF、721年に立てられたものですが、さて、本物なのかどうかわかりません。アルターは亀に見えたりして、とても芸術的です。

コパン遺跡のステラF


ステラC、730年は、最高神イッツァムナーを象徴とする典礼の杖を持っているとガイドブックにありましたが、デザインはよくわかりません。ただ赤い色がかなり残っていて、ステラも赤かったのかと実感できました。赤と白が使われたマヤの都市を想像しました。

コパン遺跡のステラC


遺跡の一番北側からグラン・プラサを眺めます。グラン・プラサはきれいに手入れされている芝生に覆われた文字通り大広場で、真ん中に小さなピラミッド(写真中央奥)があり、ステラが林立しています。神聖文字の階段にかけられた幕が見えるだけでアクアポリスは木に覆われてしまって見えません。人口2万超を誇る大都市だった当時の様子がなんとなくわかるようです。広い広場に散らばっている人たちは同じグループの人たちばかり、思っていた以上に観光客が少ないことには驚きました。

コパン遺跡グランプラザの北からの眺め


グラン・プラサからそのまま西に行くと遺跡の出入り口につきます。帰りもコンゴウインコが見送ってくれました。彼らが頭上を群れで飛ぶ姿は息を呑むほどに美しく、まるで神の使いのようでした。

飛ぶ姿が美しいコンゴウインコ


17:00、博物館を入れて3時間20分、たっぷり見学したコパン遺跡を後にします。
17:20 グアテマラとの国境、帰りは領収書見せるだけみたいな簡単な手続きで、警備の人たちとも分かれ、一路ホテルへと向かいます。

19:05 リオ・オンドのホテル、ロンガローネに到着です。フロントとレストランの向こうにプールがあります。今回水着を持ってきていましたが、怪我でそれどころじゃなくなり残念です。そもそも遺跡見学というモチベーションのために痛みが和らいでいましたが、ホテルへ着くと急に痛みが増してきます。
19:00はもう暗い時間で、写真は遺跡に行く前に寄ったときに撮ったものです。

ロンガローネのプール


宿泊棟はコテージタイプです。夜着くと迷子になりそうです。敷地が広いこともあって、Wi-Fiはフロントかレストランのみ(無料ですがそれぞれパスコード有り)でした。

ロンガローネのコテージタイプの宿泊棟


危険情報の引き上げによってホンジュラスに泊まれないこともあって、グアテマラ側のホテルに宿泊することになったようですが、ユーラシア旅行社が使うホテルの中ではかなりギリギリのランクといえます。部屋はバスタブなし、ミニバーあり、ドライヤーあり。水周りはお湯がほとんど出ないし、部屋の中外とも虫が多かったです。

ロンガローネの部屋


次回はキリグア遺跡をレポートします♪

グアテマラ・キリグア遺跡の周辺と博物館

2013/04/07(7日目)

8:00 ホテルを出発し、昨日行ったコパンと因縁深いキリグア遺跡に向かいます。キリグアはコパンから50km離れたグアテマラ東部にある遺跡で、300年頃から栄え、王朝は455年から810年と記録されています。キリグア遺跡の周りには広大なバナナ農園が広がっています。

キリグア遺跡の周辺は広大なバナナプランテーションが広がる


9:08 バナナプランテーションでPhoto Stopを取ってくれました。ドライバーさんがズンズンと畑に入っていろいろ説明してくれます。バナナは1本に絞って2又のように出てくる木を切ってしまうそうです。それにしてもあまりに広大で目のいい私にも畑の終わりは見えません。畑にはワイヤーが設置されていますが、収穫したバナナを運ぶためのものです。

広大なバナナ農園にお邪魔します


バナナは1年くらいで実がなるのだそうです。ドライバーさんがバナナの花を取ってくれました。いいのかなー、まるで自分の農地であるかのように振舞っています(政府の運営だそうです)。さて、バナナはどうやってなるのかわかりますか?

バナナの花


この写真ならわかりやすいですね。この後、ビニールをかけて大事に育てられるみたいです。
遠慮なく畑に押し入り15分ほど見学させてもらいました。お客さんの興味によって予定にない観光をしちゃうのはうれしいですね。

バナナの赤ちゃんたち


9:25 キリグア遺跡に到着です。世界遺産なのに、駐車場も小さく、併設設備も最低限です。一番最初に目に入ったのはお土産屋さん、の前で伝統の織物をする女性たち。お土産物もお手製が多いということですね。

キリグア遺跡の土産屋の前で織物をする女性たち


まずは併設の博物館に寄ります。博物館といっても、とても小さな建物でもちろん空調はありません。トイレは別棟にあり、遺跡内にはないので遺跡に向かう前に立ち寄った方がいいでしょう。

キリグア遺跡の小さな博物館


博物館にはあまり展示品はありませんでした。遺跡発掘当時のパネルなどが飾られています。

遺跡発見当時の様子など


他にはマヤ文字の説明も。写真はステラEというこの遺跡で最も有名な石碑の文字の解説です。なぜ有名かというと、マヤ遺跡の中でも最も高い石碑であるということ、またある大事件について記述されているからです。

ステラEのマヤ文字解読


こちら大事件の主人公、14代目王のカック・ティリウ・チャン・ヨバート(在位724~785、カワック・スカイ王)の紋章です。それまで従属してきたコパンに対し、738年、たくさんの石碑を建てた絶頂期の王、通称18ウサギ王を捕らえ殺害(自ら斬首?)し、独立を勝ち取ったのです。

カック・ティリウの紋章


小さな都市が大都市に奇襲をかけて王様の首だけとって勝敗をつけたのですね。そんな背景を持つキリグアの遺跡へいざ出発です。天気は快晴、高温多湿で遺跡見学としてはあまり歓迎できない状況です。

いざキリグア遺跡へ


キリグア遺跡では、コパンの影響を受けながらも独自に発達した芸術を見ることができます。見所であるグレートプラサから見学スタート。コパンと同じように広場にはステラ(石碑)やアルター(祭壇)が点在していますが、日差しや風雨からの侵食を守るため茅葺き屋根が設置されています。

大広場のステラは茅葺き屋根で保護されている


こちらステラC。カック・ティリウ王によって建立された775年の石碑です。確かにコパンのものと少し似ているような気がします。

ステラC


この石碑で重要なのは側面のマヤ文字です。ステラCはマヤの長期暦の暦元の日が刻まれています。この長期暦は1,872,000日で一巡し、新たな時代が始まります。2012年12月21日が前の時代の終わりの日だということで、世界中で大騒ぎしていたやつですね。

キリグア遺跡ステラCのマヤ長期暦の暦元が記された部分


次回はキリグア遺跡の後半をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR