FC2ブログ

ニカラグア・レオン②

2013/04/03 (3日目) 続き

8:25 カテドラルの北側にある小さな広場へやってきました。中央にあるのは革命記念碑です。赤と黒の旗はサンディニスタア民族解放戦線(FSLN)のもの、この名前と旗のイメージから革命的な匂いが漂います。FSLNの本拠地ということもあって、この町の周囲でも電信柱とかが赤と黒に塗られ、FSLNへの支持のしるしを表しています。

レオン革命記念碑


さて、この町の観光のメイン、カテドラル(レオン大聖堂)です。中央公園から正面写真を撮ろうとしますが、かなり距離を取らないと全景が入りません。さすが中米最大級の教会です。
2011年世界遺産(文化遺産)に登録されています。

中央公園とカテドラル(レオン大聖堂)


ずんぐりした概観ですが、地震対策のためでしょう。1747年から100年かけて建立された歴史ある教会で、近くで見ると外壁もかなり傷んでいます。

レオンカテドラルの外壁の様子


内部は広く、白を基調としたきれいな教会です。ニカラグアの教会のあちこちで見た「神輿」のようなものが飾ってあります。説明を失念しましたが、祭事でかつぐもののようで、キリスト像やマリア像を花で飾ってあって、日本の神輿のような担ぎ棒が取り付けられています。
イースターで使ったのでしょうか、花が新しいです。ここではお祭りも多いのだそうです。

レオン大聖堂の内部


こちらはこの教会で一番古いキリスト像。パナマから持ってきたという古いキリスト像でオリジナルなのだそうです。ニカラグアのキリスト教の初期からあるものなのでしょう。

パナマから運んできたという古いキリスト像


カテドラルの祭壇の脇には、ニカラグアの国民的詩人ルベン・ダリオのお墓があります。写真手前、柵がある部分です。悲しそうなライオン像が墓守をしています。

国民的詩人ルベン・ダリオの墓


このほかにもこの教会には地下にいくつかの墓所があるようで、床にある扉がいくつか開いていました。特別に予約制か何かで見学を受け付けているようでした。

カテドラル内の地下墓所への入り口


カテドラルの中を見ていると脇のドアから隣の古い建物が見えました。ニカラグアで最も古い学校なのだそうです。

カテドラル横にある古い学校


さて、この後カテドラルの塔に上らせてもらいましょうということになりましたが、危ないからダメと言われてしまったようです。正面の塔ではなく代わりに別のところに案内してくれることになりました。

教会内の奥まで行き、狭い階段や通路を通ってカテドラルの上にやってきました。大した高さではないですが、グラナダと同じで周囲に高い建物がまったくないため素晴らしい景色を眺めることができます。遠くにはサンクリストバル火山も見え、目を凝らすと煙が立ち上っているのが見えました。

カテドラルの屋根の上


ほとんどの建物は平屋、突き出て見えるのは大抵教会の塔などしかありません。遠くの山に至るまでかなりの見通しがききます。手前の大きな屋根の塊は中央市場です。火山と緑に囲まれた町、暑いですが、とても清々しい気分です。

カテドラル屋上からのレオンの景色


こんな風に何の柵もない屋根の上を歩いてくるような場所でした。長年ガイドをやっているという現地ニカラグアのガイドもここへ上ったのは初めて、と言っていました。世界遺産のカテドラルで特別な場所に入れてもらったのはいい思い出になりました。

カテドラルの屋根の上を歩く


カテドラルを出た後は、ルベンダリオ博物館(ルベン・ダリオが住んでいた家)まで行きます。博物館はまだ開いていないので概観を見てホテルへ戻ります。ここまで2時間の徒歩観光、万歩計をもっている人が1万2000歩も歩いたと言っていました。普段運動しない私なのでこの暑さの中では限界でした。

ホテルへ戻る途中、写真を撮りながら最後尾を歩いていたら、地面から突き出ていたつぶれたパイプに激突してしまい、足に激痛が走りました。豊富なお肉がダメージを受け止めましたが、ひどいあざができるだろうなと前をよく見て歩かなかったことを後悔しました。暑いとついぼんやりしてしまいがちです。

カラフルなレオンの町並を最後に楽しみながら歩いていると、いきなり現地人と思わしきおばちゃんに話しかけられました。スペイン語です。全然わからないのに、通じてないのを悟らず延々と話続けたおばちゃん。商売人のようではなかったので好きなだけしゃべらせましたが、一人で歩いていたアジア人を見つけ道案内でもしていたのでしょうか。

レオンのカラフルな町並み


ホテルでトイレ休憩の後、バスに乗り、少し離れたカルバリオ教会へ向かいます。
9:40 カルバリオ教会につきましたが、既に歩きつかれているので、概観はバスから見えるからもう降りない、という人が何人かいました。赤と白のきれいな教会でした。

カルバリオ教会


9:50 バスに戻ると、ガイドが添乗員に「もうひとつ教会見る?」と聞いているのが耳にはいりました。皆の様子をちゃんと見ていた添乗員は「もう十分」と答えていました。
日程表に乗っている所以外もかなり案内してもらいました。すごいサービス精神です。

次回はニカラグアからホンジュラスそしてエルサルバドルまでの国境越えだらけの移動をレポートします♪

ニカラグアからホンジュラスそしてエルサルバドルへの国境越え

2013/04/03 (3日目) 続き

9:50 レオンでの最後の観光となったカルバリオ教会を出て、ここからはバスでの長い移動の旅となります。1時間弱走ったところで、サンクリストバル火山がきれいに見えるポイントで路肩にバスを停めてPhoto Stopを取ってくれました。うっすら煙が出ているのが見えます。

サンクリストバル火山


何もない中走る道路は、きれいに舗装がされていて快適です。ですが、20分ほど前には検問みたいのにひっかかり数分止められました。ワイロ目的の摘発も多いらしいです。今回は中央ラインをはみ出したとかそういう理由だったらしいですが、どう処理されたかは不明です。

ニカラグアの道路事情


10:50 ガソリンスタンドにてトイレ休憩です。中米移動中は、コンビニのようなお店のついた世界中によくあるガソリンスタンドでトイレ休憩を取ることが多いです。このときは、たまたま出来立ての新しいガソリンスタンドで、まだ設備に問題があるらしくトイレで水が流せないという問題があったそうです。

ニカラグアのガソリンスタンド


さて、今日の長い移動中の道のりにはレストランとか何もない所を走るし、距離があって時間もないので、お昼はお弁当です。ということで、サンドイッチとポテトチップス、りんごにジュースが配布されました。午前中にいっぱい歩いたのでぺろっと完食です。

長い移動の日なので、お昼はお弁当


車窓はさとうきび畑が続く大自然の景色です。所々煙があがっていることもあります。焼畑とか、鹿追いとかいくつか理由があるそうです。

サトウキビ畑


12:20 やっと国境です。ここでニカラグアから出国。パスポートを預けガイドと添乗員が一括処理してくれます。待っている間に、デューティフリーがあるというので覗きに行きましたが、お酒やタバコがおいてある程度のものでした。国境のトイレはとても汚さそうでした。

ニカラグア国境で出国


ここで変った木に目が留まりました。幹とか枝から直接花が咲いて、実がなっているのです。現地ガイドに聞いたら、ヒッカロという木だそうです。

ヒッカロの木、花、実


ガイドさんがわざわざ木に登って実をとってくれました。フルーツだと言いますが、割ったらびっくり、まるで焼いて炭化したような感じです。種みたいのを粉末にして、水に溶いて砂糖などを加えて飲むのだそうです。あんまりおいしそうに見えないなぁ・・・。

ヒッカロの実の中身


出国手続きが終わるとニカラグアの現地ガイドさんとはここでお別れです。ESGですが、説明も丁寧だしサービス精神もあってすごく良い方でした。日本からの訪問を心から感謝しているという感じだったし、日本に帰ったらニカラグアの宣伝をしてほしいと一生懸命でした。ハリーさん、ありがとう、ちゃんと宣伝しましたよ。

ドライバーさんは最後までスルー、もう一人最初から同行している現地ガイドさんはベリーズに入るまで一緒だそうです。

12:40 今度はホンジュラスへ入国。これも添乗員がパスポートを集めて手続きです。今回のツアーは13PAXと人数少ないですが、皆旅行歴がすごいので、パスポートは増頁が当たり前、13人分とは思えない厚みでした。手続きは20分ほどで終わり。川を渡ってホンジュラスへ入ります。橋は日本の援助でかけられたようです。

国境の橋は日本の援助で


ホンジュラスに入るといきなり道が悪くなりました。あちこちに大きな穴が開いているので、避けて通ったりスピードを落としたり、今までのような乗り心地ではありません。路上では少年が穴を埋めてあげたんだよとアピールしてチップをもらおうとしています。車窓は山とか畑ばかりが続きます。

山と畑が続く風景


14:10 ガソリンスタンドにてトイレ休憩。

15:50 また国境です。せっかく入ったホンジュラスですが、何も観光せずにいったん出国します。太平洋側はホンジュラスの領土はざっくり100kmくらいしか幅がないのですぐに通り抜けてしまいます。ここの国境も川です。

ホンジュラスの国境の川


国境の川はよく見ると洗濯をしている人がいます。色とりどりの洗濯物が岩場に干してあります。何人分なんだろう・・・。

国境の川で洗濯


16:00 今度はエルサルバドルの入国手続きです。ここは1人1人手続きが必要とのことで、パスポートを手に持ち並びます。アナログで、かつ係官がのんびりやるので時間がかかります。なめるようにパスポートのページをめくります。どうやらニカラグアの入国のスタンプを探していた模様、中米内にもシェンゲンのような協定があるみたいです。

ニカラグアの入国スタンプが薄かったので、探すのに時間がかかっていたようです。写真右上がニカラグア入国スタンプ。派手なのは後日押されるグアテマラのもの。時間がかかったのに、エルサルバドルの入国スタンプは押されませんでした。(関係ないですが、中央付近にあるピンクのはキューバ入国スタンプです。)

中米の入国スタンプ


エルサルバドルへ入るとちょっと町っぽいところを通ります。この辺りも壁はカラフルに塗られた家が多いようです。エルサルバドルは国土が狭く人口密度が高いので、山や平原ばかりじゃなくて、普通の町という感じのところが多くこれまでと車窓の景色が全然違います。

エルサルバドルの国境付近の町


17:40 トイレ休憩を取り、この後はひたすらエルサルバドルの首都、サンサルバドルを目指します。やがて日没で暗くなると何もすることがなくて皆爆睡です。ドライバーは孤独に結構飛ばしていましたが、サンサルバドルのレストランにようやく着いたのは20:30でした。
昼は軽めで早い時間だったので、もうお腹ペコペコです。

次回はサンサルバドルをレポートします♪

エルサルバドル・サンサルバドル

2013/04/03 (3日目) 続き

20:30 DNR@RST
サン・サルバドルにあるマルゴ(Margoth)という食堂のようなレストランにてやっと夕食です。
ちょっと学食っぽい雰囲気でした。

サン・サルバドルのレストランMargoth


ここではププサというエルサルバドルの代表料理を食べます。オープンキッチンでは何人かの女性が慣れた手つきで次々にププサを作り焼いています。ププサはとうもろこしの粉で作ったトルティーヤのようなものですが、中に具が入っています。

ププサを焼いているところ


1枚にはチーズ、もう1枚にはコンビーフみたいのが入っていました。これを野菜とソースと一緒に食べるので手がべちょべちょになります。ドリンク、デザート付でたぶん10ドル程度のセット。ちなみにエルサルバドルの通貨は米ドルです。ビールは別料金2ドル。皿の奥にあるのはニカラグアでも食べたタマル(ちまき)で具には魚なども入っていました。やっぱり食感がダメで残してしまいました。

ププサとタマルのセット、エルサルバドルの大衆料理


21:40 レストランからバスで10分もないホテル、ハルディン(レアルコンフォートイン)に到着です。4階建てくらいのホテルで中心地からは少し離れているようです。ドライヤーなし、バスタブなし、リネン類の質が悪かったです。InternetはWi-Fi無料(パスコード有フロントで)。

ハルディンホテルの部屋


ミニキッチン付でレンジもあります。冷蔵庫は効きが弱いです。

ハルディンホテルはミニキッチン付


2013/04/04 (4日目)

ハルディンはホテルの設備がイマイチだったので、朝食もどうせ期待できないだろうな、と思ってレストランに行くと案の定という感じだったので、部屋でカップ蕎麦を食べます。
窓の外には隣の敷地か小さな動物たちが見えます。ちょっとしたミニ動物園みたいな感じでした。

ハルディンホテルから見える小動物たち


8:00ホテルを出発し、バスでサン・サルバドルの中心部へと向かいます。車窓からは活気のある街並みが見えます。やたらと露店の多い街です。エルサルバドルは国土の狭い国で人口670万人のうち200万人がこの首都サン・サルバドルに住んでいるということで人が多くごちゃごちゃした感じです。

サン・サルバドルの町並み


8:20 サン・サルバドルの旧市街、中心にあるバリオス広場でバスを降ります。ここから徒歩で観光です。正面には国立宮殿、1924年にスペインから贈られた像が入り口にあります。現在は宮殿としては使われていないそうです。

バリオス広場と国立宮殿


カテドラルの脇の大通りを歩きます。ここがまさに中心地ですが、イメージと違いなんとなくアジアの街角みたいな雰囲気です。この国も地震があるためか、ニカラグアほどではないにしても高層の建物はなく、せいぜい数階の建物ばかりです。

サン・サルバドルの0地点のあるメインストリート


この道には、サン・サルバドルの基準地点があります。日本橋みたいな場所です。0地点の印が道路にありました。

サン・サルバドルの0地点


ここから狭い路地を通って、モラサ広場の方へ出ます。まさにアジアの市場のようなところです。昼間だし、グループで通っているので問題ないですが、夜などはかなり治安の悪い場所だというのは空気でわかります。

アジアの市場みたいな露店の並ぶわき道


モラサ広場には中央アメリカの独立に関連した碑が立っています。中米連邦のモニュメントです。この時代の歴史にはあんまり興味がないので、話は右から左に抜けてしまいました。

モラサ広場と中米連邦モニュメント


バリオス広場に面したカテドラルです。2年くらい前まで斬新でカラフルな外観の教会だったそうですが、今は真っ白に塗り替えられています。ちょっと残念・・・。

サン・サルバドルのカテドラル・メトロポリターナ


カテドラルではまず地下に行き、ロメロ司教のお墓を見学します。貧しい人々のために尽くした英雄視されている司教だそうです。イタリア出身だったのでイタリアから取り寄せた素材などを使って作られたきれいなお墓に眠っています。

カテドラル地下のロメロ大司教のお墓


カテドラルは両サイドの祭壇のところにはきれいなステンドグラスもあり、大きくて立派な教会です。過去に大地震で度々被害にあっているそうですが、その都度修復されているそうです。

サン・サルバドルのカテドラル内部


9:30 バリオス広場からバスに乗ります。サン・サルバドルはあまり治安もよくなく、観光する場所はあまりないようです。混んだ街中を脱出し、次の観光地ホヤ・デ・セレンへと向かいます。

次回はホヤ・デ・セレン遺跡をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR