フランス・カルカッソンヌ(ラ・シテ)

2013/02/28 (4日目) 続き

17:10 アルルから途中休憩を挟み、3時間弱、城塞都市カルカッソンヌに到着です。昨年と同じく城壁内のホテルに宿泊のため、城壁に囲まれた地区ラ・シテのナルボンヌ門前でバスを降り、歩いてホテルへ向かいます。

カルカッソンヌのナルボンヌ門


ナルボンヌ門からコンタル城へ続く坂道は目抜き通りとなっていて、お土産屋などが並び観光地といった風情です。フランスでも指折りの人気観光地ですが、この時期は空いていて、今開いているお店ももうすぐ閉店です。

カルカッソンヌのナルボンヌ門からコンタル城への道


朝からオランジュ、ポン・デュ・ガール、アルルと観光してきて疲れきっているシニアの方たちも最後の力を振り絞るかのように坂道を上がります。幸い小さな町ですし、ホテルまでせいぜい5分ちょっと、雰囲気を楽しみながら坂を上るとそこにはコンタル城があります。残念ながら冬季は17:00までの入場なのでもう門が閉まっています。

コンタル城入り口


17:20 Arr HTL
カルカッソンヌの城壁内にあるベストウェスタンドンジョン。昨年も同じホテルに泊まりました。城壁内にあるので観光にとても便利なホテルです。

ベストウエスタンドンジョン


今年割り当てられた部屋はフロント部分の上階、3階にあるRoom.7。昨年の部屋のひとつ上階にあたります。コーヒーセット、ミニバー有り。Wi-Fiは無料(id/pwはフロントで)。

ベストウエスタンドンジョンの7号室


部屋の窓からは城壁や塔の一部と、下の町サン・ルイ地区が遥かに見えます。たぶんかなり眺望のいい部屋のひとつです。団体だと奥にあるモダンな棟の部屋をあてがわれることもあるようです。

ベストウエスタンドンジョン7号室からの眺め


元々のパンフレットではカルカッソンヌ観光は翌日の朝の予定でしたが、最終日程表が来た時には一部順序が入れ替わり、着いた夕方の観光に変更になっていました。これでは去年と同じです。そこで私は、今回はどうしても、下の町に行ってカルカッソンヌのラ・シテの全景を見たいと思いました。しかもすぐに日がくれるので急がないといけません。

17:45集合の観光をキャンセルし、一人で下のサン・ルイ地区へ行ってきますので母を頼みます、と添乗員さんに断りを入れます。母には観光の後フリータイムになると思うけど城壁の間を歩くなり町を歩くなりしても、城壁に囲まれているから安心して楽しんで、と言い残して、17:30一足先にホテルを出ます。

サン・ルイ地区に行くといいながら、すぐに向かったのはラ・シテのサン・ナゼール・バジリカ聖堂です。ここは18:00には閉まってしまうのでホテルから近いしちょっと寄ってから城壁を出ることにしました。

サン・ナゼール・バジリカ聖堂外観


11~12世紀の建造で、13世紀に改修されているため、入口付近がロマネスク様式、内陣はゴシックという教会です。内陣のステンドグラスが見事だったのを思い出し、もう一度見たかったのです。この写真の他にきれいなバラ窓のステンドグラスも必見です。

サン・ナゼール・バジリカ聖堂のステンドグラス


サン・ナゼール・バジリカ聖堂の外側も見て周ります。ゴシックの部分はなかなか見ごたえがあります。そして、サン・ナゼール・バジリカ聖堂の裏側には大劇場がありますが、門の柵越しにちらっとしか見えませんでした。

サン・ナゼール・バジリカ聖堂の裏側と大劇場


聖堂の裏側あたりにある城壁です。カルカッソンヌは城壁が二重になっていますが、内側の部分に当たります。城壁の上の通路を歩くことができるそうですが、冬季は17:00で閉まっています。仮に開いていても高所恐怖症の私はかなり躊躇うことになるでしょう。それに、高台で風が強いので、高所恐怖症でなくても多少怖い思いをするに違いありません。

サン・ナゼール・バジリカ聖堂裏の城壁


聖堂の表側に戻ってきました。カルカッソンヌのラ・シテは町全体が石畳の町で、車も業務用のもののみなので、本当に中世の雰囲気をよく残しています。この左手は高級ホテルです。

カルカッソンヌの町の雰囲気


城壁の外に出るオード門の方へ戻ります。ラ・シテには入ってきたナルボンヌ門の他にホテルの近くにオード門という出入り口があります。現在では他にも小さな出入り口はありますが、メインは2つだけで、サン・ルイへ行くいはオード門を遣います。ここは城壁内で一番私が気に入っている場所です。奥にはコンタル城が見えます。

カルカッソンヌのラ・シテのコンタル城が見えるお気に入りスポット


さて、城壁を出ます。まずは二重の城壁の間に出て、すぐに下へ下る方の道を進みます。城壁の間はこのように幅の狭いところもあればすごく広いところもあります。

オード門付近カルカッソンヌの二重の城壁の間


そして、カルカッソンヌでの一番のお気に入りスポットです。オード門から出てすぐ、サン・ルイ地区へ下っていく道の途中です。城壁と城壁に張り付くコンタル城がきれいに見えます。

オード門付近から見るカルカッソンヌ


ラ・シテからの道を下りきるとコンタル城を下から眺めることができます。
コンタル城は1130年に築かれた軍事建築の傑作と言われるお城です。天気がイマイチなので、今日は夕焼けは無理そうです。

ラ・シテの下から見上げるコンタル城


次回はサン・ルイ地区をレポートします♪

フランス・カルカッソンヌ(サン・ルイ)

2013/02/28 (4日目) 続き

17:50 オード門からラ・シテを出てほんの5分、旧橋ポン・ヴィユーが見えてきました。昨年はせっかく門を出て坂を下ったのに遅い時間だったため薄暗い道がどこに通じているかわからず引き返してしまいましたが、かなり近くに橋がありました。

カルカッソンヌのオード川にかかるポン・ヴィユー


ポン・ヴィユーを渡ります。歩行者専用の橋ですが、橋というよりただの道のような感じです。

ポン・ヴィユーを渡りサン・ルイ地区へ


しかし振り向くと高台にラ・シテが見えます。城壁には52も塔があるので、遠くから見ると全体がお城のようです。

ポン・ヴィユーから見るカルカッソンヌのラ・シテ


あるガイドブックには、新橋のたもとあたりから見るのが一番と書いてあったので、新橋ポン・ヌフまで回ってきました。先ほど渡ったポン・ヴィユーとオード川、カルカッソンヌのラ・シテの全景が納まります。昨年見たかった景色を見ることができ、大満足です。

ポン・ヌフから見るカルカッソンヌのラ・シテ全景


せっかくサン・ルイ地区まで降りてきたので、下の町を散策することにしました。帰る頃にはライトアップされたカルカッソンヌを見ることができるだろうし一石二鳥です。まずは、ポン・ヌフの先にある広いガンベッタ広場を横切ります。

カルカッソンヌのガンベッタ広場


地図を見ながらサン・ルイの中心、カルノ広場を目指します。狭い道の続く町の中を歩き、ぱっと視界が開けました。ここがカルノ広場に違いありません。南仏の雰囲気は消え、パリあたりの街中にいる雰囲気です。綺麗な噴水があり、素敵なカフェなどに囲まれた広場でした。

カルカッソンヌのサン・ルイ地区の中心、カルノ広場


このサン・ルイ地区は、市内を二分するように流れるオード川を挟んで対岸に13世紀に作られた町で、道が碁盤の目状態に配置されています。どの道も同じくらい狭く、まっすぐで、どこを歩いているかわかりにくいです。目印となるサン・ヴァンサン教会の塔を頼りに教会まで行きましたが、入場時間は過ぎていました。

サン・ルイ地区は碁盤の目状態の町


時計を見て、そろそろいい頃かな、と踵を返します。せっかくなので、13~14世紀にかけて建造されたもうひとつの教会、サン・ミッシェル大聖堂に寄りました。ここも入場時間が過ぎていましたが、入り口近くの礼拝堂付近にだけ入れたのでちょっとだけお邪魔して出てきました。綺麗に修復されたばかりのようです。

カルカッソンヌのサン・ミッシェル大聖堂


町の南側にある大通りから橋を目指すことにします。大通りへの出口には門がありました。サン・ルイ地区は旧市街というにはモダンな感じがする町でしたが、フランスらしさを感じる町でした。

カルカッソンヌのサン・ルイ地区


大通りはまるで公園、というくらいに広い通りでした。季節柄なのか、人があまりにも少ないのにはちょっと驚きましたが、のんびり散策を楽しむことができました。

カルカッソンヌのサン・ルイ地区の大通り


ポン・ヌフに戻ってきました。ライトアップは始まっていましたが、ぼうっとピンクに見える程度です。少し粘っていましたが、これはもっと遅い時間の方が綺麗なんだろうと諦めます。

ポン・ヌフから見るカルカッソンヌのラ・シテ全景のライトアップ


来た時同様、古い方の橋ポン・ヴィユーを渡ります。あっという間に暗くなってきて、夜景のようになって来ました。19:00ちょっと前です。今度はライトアップの灯りが弱すぎるように感じますが、町の中世の雰囲気を思うとちょうどいいくらいに思えてきました。

ポン・ヴィユーから見るカルカッソンヌのラ・シテのライトアップ


オード門に戻ってくる頃には19:00を回っていました。一番のお気に入りスポットは夜景も素晴らしいです。それにしても、朝からいくつもの町を歩き回ってきた足には、この坂は堪えます・・・。

オード門外からのカルカッソンヌの夜景


さて、夕食は19:30で、直接お店に行きますと言ってあるので、残り時間は夜のカルカッソンヌ・ラ・シテを散策することにしました。母やグループの人たちに会うかなと思いましたが、あちこち歩けど、誰一人歩いていません。昨年もそうでしたが、日が落ちると気持ち悪いくらい閑散としています。

夜のカルカッソンヌのラ・シテは人気が全くない


冬季休業中の店も多く、17:00過ぎに賑わっていたお店も全部閉まっていて、天然の肝試しという様相です。街角の井戸からは今にも何かが出てきそうです。

夜のカルカッソンヌのラ・シテの街角


次回はカルカッソンヌの最終レポートです♪

フランス・カルカッソンヌ(ラ・シテ②)

2013/02/28 (4日目) 続き

夕食まで残り15分、ナルボネーズ門の夜景を見に行くことにしました。ラ・シテは二重の城壁と52の塔で囲まれていますが、ナルボネーズ門あたりが一番見通しがいい場所です。ここへきてやっと人影が見えました。城壁の間を散歩しているようです。

カルカッソンヌの夜、城壁の間を散歩


ナルボネーズ門を出て、美しくライトアップされたカルカッソンヌの写真を撮ります。城壁が二重だからこその美しいシルエットですね。それにしても同じツアーの人が誰も町の中を歩いていないのにはちょっと驚きました。朝からいくつもの町を歩いて余程お疲れなのでしょうが、夜景を見ないのはもったいないです。

カルカッソンヌの夜景ナルボネーズ門


ラ・シテの真ん中あたりにあるレストランが集まる広場へやってきました。営業している店も少ないようで、ここも人の気配がありません。

カルカッソンヌの夜、レストランが集う広場


19:30 昨年と同じオーベルジュ・ダム・カルカスで食事なので、ちょうどの時間にレストラン前に来ましたが、まだグループは来ていないようです。宿泊しているベストウェスタンドンジョンからは歩いて1,2分です。このホテルを使うときはだいたいこのレストランと決まっているみたいです。

オーベルジュ・ダム・カルカス


まずは前菜。すごいボリュームのあるサラダです。17:30から一人で2時間歩き通しで、後半は夕食のアルコールをおいしく頂くため水も控えめにしていたので、この瞬間はたまりません。
お店の名前のついたカクテルダムカルカス(7ユーロ)とビール(4ユーロ)を注文しました。

オーベルジュ・ダム・カルカスでの食事


メインは去年は名物料理のカスレでしたが、別の町で食べる予定があるのでこの日はポークです。このレストランは取り分け式ですがとにかく大量に出します。塩気が足りなく、母が塩ないかしら、と近くのキャンドルを振ろうとしたときは顔から火が出そうでした。

オーベルジュ・ダム・カルカスのボリュームあるメインディッシュ


フランスの食事はゆっくりサーブされることが多く、おしゃべりを楽しみながら頂くことが多いのですが、この日の話題は、ルフトハンザのビジネスクラス。半数の人がスリッパとアメニティがあることに気付いていなかったことがわかりました。母のことをいろいろ恥ずかしいと書きましたが、歳をとると普通の観察力なども落ちてくるようです。

さて、食後はライトアップを見に行きませんかと添乗員さんが声をかけますが、みなさんお疲れなのかあまり乗り気じゃありません。せっかくカルカッソンヌに来て、泊まっているのに夜景を見ずに帰るなんてもったいない、絶対後悔させないから行きましょうと周囲に声をかけます。5分も歩かずに幻想的な風景が見れるのです。結局数人が一緒に行くことになりました。

カルカッソンヌのライトアップされた城壁


さらに、ここまで来たんだから私は下の橋まで行きますよ。さっきも行ってきたから近いことはわかっています。たった10分ですよと坂を下り始めます。旧橋から全景のライトアップを見て、皆のテンションが上がり半ば無理に誘ってよかったと思いました。しかし問題は写真です。遠くのライトアップされた被写体を撮るのはなかなか大変です。カメラを固定しないとブレてしまいます。

旧橋から見るカルカッソンヌのラ・シテ全景の夜景


ホテルに戻ったのは22:00。部屋の窓からの夜景もなかなかでした。朝から相当歩いたので、既に足は筋肉痛です。もう時差ぼけが吹っ飛ぶくらい爆睡できそうです。

ホテルベストウエスタンドンジョンから見るカルカッソンヌの夜景


2013/03/01 (5日目)

7:00前くらいに荷物を出して朝食へ行きます。8:00出発までまだ30分あるので、食後にちょっと散歩してくる、と言うと周囲は唖然としていました。でも、今回まだ城壁の間を歩いていないので最後に一周したいと思ったのです。

オード門の辺りから時計周りで歩き始めます。まだ朝早いので誰もいません。
カルカッソンヌは紀元前6~3世紀ごろには既に砦が築かれた交通の要衝と言える場所です。フランスではカルカッソンヌを見てから死ねと言われるほどの人気観光地ですが、それも頷ける存在だと私も思います。

早朝の城壁の間一周散歩


城壁は全長3㎞あります。6~13世紀にかけて造られたもので、両側を高い城壁に囲まれた景色は圧巻です。途中、コンタル城の中庭のような所に入れる入り口が見えます。ここから入ると町の中心にも出られます。

内側の城壁といくつかある城壁内への入り口のひとつ


外側の城壁は、ところどころ城壁の際を歩けるようなところもあり、城壁の外の景色を眺めるのも楽しみのひとつです。ただし、城壁沿いに造られた高い通路は時々ぷっつり途切れて、上ったところまで戻らないと降りられないところもあるので要注意です。

外側の城壁の間からカルカッソンヌの町を見下ろす


城壁の外は場所によって景色がいろいろです。こちらはブドウ畑が広がる風景です。
ラ・シテ自体が高台に作られているので、あちこちで城壁の外を覗くといろんな景色を楽しめます。

カルカッソンヌの外に広がるブドウ畑


さて、もうすぐ一周です。城壁の間は1mくらいのところもあれば、20mくらいあると思われるところもあり様々です。カルカッソンヌに来たら是非一周することをオススメします。一周は20分くらい。この日はジョギングのお兄さんとしか会いませんでしたが、私が一周する間に反対周りの彼に4回すれ違いました。最後は挨拶する仲になりました。

絶対オススメのカルカッソンヌ城壁一周


8:00 カルカッソンヌを出発し、アルビへ向かいます。

次回はアルビをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR