FC2ブログ

フランス・アルビ①

2013/03/01 (5日目) 続き

10:30 カルカッソンヌから途中一回休憩を挟み、アルビに到着です。旧市街にはバスが入れないため、Lices G. Pompidouという大通りでバスを降り、歩いて観光へ向かいます。
大通りはフランスのあちこちの町にあるようなまっすぐで広い素敵な通りになっています。

アルビの大通りLices G. Pompidou


旧市街へ入ると町の雰囲気は一変。赤レンガで建てられた統一感のある建物が続きます。

赤いアルビの旧市街の赤レンガの建物


どこを向いても例外なく赤レンガの建物だらけ。でも良く見ると、ちょっとずつ時代が違うのか、とても古そうな建物もあります。木組みが残り、2階以上が張り出しています。とにかく現代に至るまで、補修しながら景観を守っているということでしょう。この町ならではの景観にテンションが上がります。

アルビ旧市街の赤レンガの建物には木組みのものも


旧市街を歩いてサント・セシル広場まで向かっているのですが、前の人を見失うと迷子になりそうなくらい、同じ光景が続きます。赤レンガの建物の1階は店舗などになっていて、中は普通のお店なのに、町の景観をまったく損ねていないのが素晴らしいです。

商店街だって赤レンガの建物


サント・セシル広場に着くと、広場の向こうにサント・セシル大聖堂がどーんっと立ちはだかっていました。想像以上にでかいです。教会というより要塞というくらいの頑丈さです。カタリ派(アルビジョワ派)の弾圧後、1282年着工、約200年かけて造られたゴシック教会は、カトリックの威信を示すために建造されたもので、壁が40mもあるんだそうです。数々の大聖堂を見てきた私から見ても最大級と言えるかも知れません。

サント・セシル大聖堂


皆でサント・セシル大聖堂の中へ入ります。外観から感じられる堅さとはうって変わって、繊細でものすごく華美といっていい内装です。内陣を仕切る壁の装飾の細かさ、美しさには圧倒されます。14世紀のフランボワイヤンゴシック様式の傑作と言われているそうです。

サント・セシル大聖堂の内部


天井や壁面も装飾でいっぱい。特に15世紀のフランドル様式の巨大なフレスコ画「最後の審判」が有名だそうです。思わず、ひえーっと言ってしまいそうな贅を尽くした造りで、目論み通り威信を示すには十分だったと言えます。巨大な権力を感じました。

サント・セシル大聖堂の内部は豪華で緻密なフレスコ画も


さて、ここからは12:00までフリータイム。せっかく大聖堂の中に入ったので、大聖堂の宝物庫と内陣に入ることにしました。セットで3ユーロ。狭い階段を上ってまず宝物庫へ上がります。すごい財宝がある、というわけではなくて古い衣装など歴史を物語るものが展示されていました。

サント・セシル大聖堂の宝物庫


内陣は建物に沿って外側には小さな礼拝堂がずらっと並んでいます。内側の司教などが座るスペース?は囲われています。とにかくどこまでも華美な内装です。

サント・セシル大聖堂の内陣


このあたりが内陣の中心スペースです。頭上に聖人の像がずらっと並んでいます。内陣の見学には実はオーディオガイドが付いているので、興味があればゆっくり聞くのもいいかも知れません。私は町の散策を楽しみたかったので、ここで母と別れ、一人町歩きをすることにしました。そろそろ一人でも楽しめるようになったでしょう。

サント・セシル大聖堂の内陣の中心


さて、サント・セシル大聖堂を出て、左へ行くと隣に大きなやはりレンガの建物があります。町のインフォメーションと、トゥールーズ・ロートレック美術館です。アルビはロートレックの生まれ故郷なのです。13世紀に建てられた司教館、ベルビー宮を使った美術館は膨大な作品が収められているそうで、ツアーの半分くらいの人はここに行くようでした。

トゥールーズ・ロートレック美術館


ですが、絵に興味があまりない私はロートレック美術館という選択肢はばっさり切り捨て、美術館を横に坂を下りて行きます。

トゥールーズ・ロートレック美術館の脇の坂道を下りタルン川へ


道なりに坂を下りるとすぐに、タルン川と川にかかる橋が見えてきました。手前がヨーロッパ最古の橋の一つと言われるポン・ヴィユー、奥は最初に降りた大通りに通じる新橋です。この辺りから川へ降りていく階段もありますが、また上ってこなくてはいけないのでオススメしません。

タルン川にかかる歴史ある橋ポン・ヴィユー


ポン・ヴィユー(旧橋)を渡ります。タルン川と対岸の町、ポン・ヌフ(新橋)が美しい景観を作り出しています。対岸の町も赤いです。

ポン・ヴィユーから対岸の町を見る


ポン・ヴィユーから見たアルビの旧市街方面です。ここから見るサント・セシル大聖堂はまるで工場か何かのようです。アルビの司教都市は2010年に世界遺産登録されていますが、まだまだ日本人には馴染みが薄く訪れるツアーも少ないようですが、ここまでだけでもオススメの町と言えます!

ポン・ヴィユーからアルビの旧市街とサント・セシル大聖堂を眺める


次回アルビの後半をレポートします♪

フランス・アルビ②

2013/03/01 (5日目) 続き

11:30 古い橋ポン・ヴィユーを渡り、新橋の方面へ歩くと広いテラスがありました。ここからアルビの旧市街を見ろと言わんばかりの場所です。先ほど渡ったポン・ヴィユーもよく見ることが出来ます。1050年頃に造られたヨーロッパ最古の橋のひとつ、川で採取される粘土を使ったレンガで造られていて、橋も町と同じ色です。

対岸のテラスからアルビ旧市街を眺める


さて、新橋までやってきました。アルビを代表する構図ではないでしょうか。逆光で町の赤さが飛んでしまっているのがちょっと残念です。

新橋から見るアルビの全景


ちょっとズームします。サント・セシル大聖堂は、塔がなければ本当に教会には見えない建物ですね。塔は78mあるそうです。アルビは川沿いの高台に作られた町で、びっしりと赤レンガの建物で埋まっています。見た目通り、赤いアルビと呼ばれるそうです。

赤いアルビの旧市街


新橋を渡り、振り返ります。川面が鏡のようにきれいです。この橋は町の出入りにバスでも通りますが、やはり自分の足で歩くとアルビの景色を堪能できるのでオススメです。(せめてポン・ヴィユーまでだけでも)

新橋と赤い町


さて、旧市街を中心へ向かって適当に歩きます。すると何だろう駅かな?という建物に遭遇。地図を見ると、市場(マルシェ)でした。生活感丸出しではなく、やはりレンガ造りというのが素敵です。

アルビのマルシェ


せっかくなので中を覗いてみました。広いスペースで買い物も楽しそうです。もうするお昼だからか人が少なかったです。それにしても、市場ですらフランスだとおしゃれに見えます。

アルビのマルシェ内部


さて、サント・セシル広場まで戻ってきましたが、まだ時間があるので、素敵な旧市街散策を続けます。サント・セシル通りへ行くと、サン・サルヴィ教会の回廊へ行く入り口がありました。さっそく入ります。この回廊はゴシックとロマネスクが入り混じったきれいなものでした。

サン・サルヴィ教会の回廊


回廊からサン・サルヴィ教会へも入り中をさくっと見学させてもらった後は、サント・セシル通りを右に曲がり、古いアルビの家が残る界隈に来ました。角の家は、ヴィエイユ・アルビの家(La maison du Vieil Alby)と言い、典型的なアルビの住宅だそうです。木組みでかなり古い(16世紀ごろ)ものと思われます。

古いアルビの家


この周辺の古い家を見ながら、近くにロートレックの生家があるはず、と探します。地図で場所を確認するとこの先のようです。もう残り時間がないので、すごい早足になってきました。

ロートレック生家への道


ありました。前の写真の突き当たりの角にあるのがロートレックの生家でした。とはいえ、別に博物館になっているわけでも何でもないので、ただロートレックの生家ですというプレートが貼ってあるだけ。そのまま残してあるということのようです。

ロートレックの生家


赤レンガの古い町並みを楽しみながら、サント・セシル広場へ戻ります。ついつい横道でシャッターを押してしまいます。本当に町全体が赤レンガでできているといっても過言ではないようです。すっかりこの町が気に入りました。

古いアルビの家並み


12:00ちょうどにサント・セシル広場のインフォメーション前に戻ってきました。皆でレストランまで歩きます。赤レンガと石畳の町はとても印象深く、何もかもが絵になるように見え、似たような写真をいっぱい撮ってしまいました。

アルビの赤レンガの建物に囲まれた石畳の道


さて、最初にバスを降りたLices G. Pompidouという大通りに出ました。皆がレストランへ向かっている後ろを歩いて行くと随分お客さんで賑わっているパン屋さんの前を通りすぎたので、思わず寄って、カヌレ1.6ユーロを2つだけ購入しました。

街角のパン屋さんでカヌレを調達


店を出たら皆がいなくてあれ?と思ったところ、レストランを間違えたということで、反対側にいました。
12:15 Lices G. Pompidou沿いにあるLE VIGANというモダンなレストランでLunchです。

アルビのレストラン


メインはカスレです。白インゲンを使った煮込みの郷土料理ですが、使う肉は地方や店によっても違います。この店では、鶏肉、ソーセージ、ハム、ベーコンと盛りだくさん。ここのカスレは水分が飛ぶまで煮込まれていました。実は私は豆が苦手なので、豆を避けて食べましたがおいしかったです。

アルビで食べた伝統料理カスレ


サービスがとても遅いので、時間がかかり13:50にアルビを出発です。豆を残した分、それも見越してさっき買っておいたカヌレをバスで頂きました。

次回は天空の町コルド・シュル・シェルをレポートします♪

ベトナムハノイへ行ってきます!

フランス旅行の旅レポートの途中ですが、今から3泊5日でベトナムへ行って来ます。
昨年もホーチミンへ行きましたが、今回はハノイベースです。

思えば、東日本大震災のあの日、ハノイ行きの飛行機に乗って、着いたら日本で地震があったと聞かされ、溢れる情報に動揺しながら観光したのがつい昨日のことのようです。

あの時気もそぞろだったのもあり、いつかまたとは思っていましたが、早くも機会がまわってきました。実は、1人でエジプト・トルコに行こうとしていたのですが、エジプト航空の減便でツアーがキャンセルになって、仲良しの旅ともさん達が企画していたベトナム旅行に合流することになったのです。

ハロン湾、ニンビン、ホアルー、ハノイ、バッチャンを観光する阪急交通社のびっくりベトナム 世界遺産ハロン湾とハノイ5日間、49,800円(燃油チャージ、諸税別)を利用します。

ハロン湾は前より長いクルーズの設定なので楽しみにしています。(写真は2011年のもの)
伝説に似合う幻想の世界

それではあっという間の短い期間ですが、行って来ます。
だいぶ旅レポートたまってしまっているので、最新状況はtwitterで!
keentravelerをフォローしましょう

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR