キューバ・ハバナ最後の夜

2012/10/31 (6日目) 続き

17:15 ハバナのホテルに到着です。旅の最初に3連泊したホテル、オキシデンタルミラマール。今度はさらに広い部屋です。早朝発でほとんど寝れないのですが、パッキングをするには3人で使って余りある広さです。

ハバナ オキシデンタルミラマールの部屋


もうすぐ帰国ですが、ネット禁断症状が出ているので、ロビー脇のビジネスセンターへ行きます。Internetをするには日中にこのビジネスセンターでWi-Fiカードを購入しなくてはなりません。1時間で8CUC(約700円)、現地の月収の半分が1時間で消えてしまいます。ロビーでのみ接続でき、スピードはそこそこ。ログアウトして残り時間を後で使うことができます。

オキシデンタルミラマールのWi-Fiカード


18:15 最後の夕食のためにホテルを出発します。海沿いにはスタジアムのような場所もあります。もうすぐ日が暮れて何もかもが闇の中に消えゆき、キューバの光景もこれで見納めです。

ハバナにあるスタジアム


振り返ると、まさに日が沈もうとしています。この時間帯が私の一番好きな時間です。今回の旅もまずまず天候に恵まれたことを感謝です。

ハバナの海岸と夕日


フエルサ要塞の側でバスを降り、旧市街へ歩いて入ります。

ハバナ旧市街入り口


道の脇に、まるで遺跡のような囲ってある場所があり、覗き込むとたくさんの大砲が並んでいました。掘り出す途中でやめたのか、展示なのか、ちょっとわかりにくい存在です。

大砲が埋まった道端


しばし旧市街を歩きます。きれいな街並みをしっかり目に焼き付けます。ここはもっとゆっくり散策したかった街です。

ハバナ旧市街の街並み


18:45 DNR@RST
カテドラル広場にある、エル・パティオという17世紀の邸宅を改装したレストランにて最後の晩餐です。広場にもオープンエアの席が作られています。

カテドラル前のエル・パティオ


私たちは、噴水を囲むパティオ(中庭)のお席でお食事です。とてもいい雰囲気です。
最後の食事のドリンクは日本で本場の味を楽しむことが難しいモヒート(4CUC)にしました。

エル・パティオのパティオ


このレストランでも各自が、チキン、ポーク、フィッシュからメインを選択できます。
キューバの食事で印象に残った黒豆のソースともこれでお別れです。

エル・パティオのメイン


デザートは、最もキューバらしいデザート、名前を失念してしまいました。くるくる巻いたチーズにマーマレードとグァバのソースというシンプルなもの。ソースはストロベリーのような味になります。これは日本でも再現可能と思いますが、まぁ1度でいいかなという組み合わせです。

エル・パティオのデザート


20:25 レストランを後にします。すっかり暗くなったハバナの街では店の明るさがひときわ目立ちます。オープンテラスでは生演奏もあり、たくさんの観光客で賑わってとてもいい雰囲気です。

夜のカテドラル広場とエル・パティオ


2012/11/01 (7日目)

2:45 モーニングコールが鳴り、4:00にホテルを出発です。空港は近いし、道も空いているので20分で到着です。チェックイン後、隣のカウンターで25CUCの空港税を現金で払い、出国します。空港は冷房がガンガンに利いていてやたらと寒いです。

空港の免税店などお土産は、観光地に比べ、2倍近くの割高です。ちなみに、米系のユナイテッド航空との提携クレジットカードで支払いをしました。アメリカで発行されたカードは使えないけど、日本で発行されている米系の提携カードは使用OKということです。

空港内免税店


7:30 AC-1799にてハバナを立ち、トロントへ向かいます。ハバナ市街地に近い空港ですが、到着時にほとんど光が見えなかった理由は、単に電気が少ないだけじゃやっぱりなくて、人工物自体が少なかったとわかりました。また来るからね、キューバの大地に手を振ります。

ハバナの空港付近機内より撮影


2012/11/02 (8日目)

トロントで乗り継ぎ、成田に帰ってきました。トラブルを起こした客と添乗員、どちらに取り込むかで派閥争いが最後まで続いていました。アンケートにお互いの主張をこめようと一種の多数派工作です。一部の客はアンケートを出さず、後日旅行会社にクレームを入れると強行姿勢です。添乗員にとってそれがどんな影響があるか考えるといたたまれず、私はめずらしく実名で事実をきちんと書きました。その後どうなったのかわかりませんが、何の落ち度もない添乗員が辞めるなんて結末になっていない事を祈るばかりです。

ともあれ、キューバ旅行はとても楽しかったです。キューバというほとんど未知の国の実態を垣間見れました。思っていたより明るく爽やか。今後どうなるのか、心配なこともいろいろありますが、見守りつつ、遠くない未来に再訪したいと思います。

これでキューバの旅レポートはおしまいです。最後まで見てくださり感謝です♪

エアカナダ・エコノミー

今回はエアカナダの搭乗レポートです。(2012年10,11月搭乗)
飛行機の搭乗記は検索がとても多いので、シート、機内食、サービスなどの感想と、スターアライアンスゴールドの資格で利用したラウンジもご報告します。

成田-トロント便(AC-0002、AC-0001)の使用機材B777-300ER。尾翼のメイプルリーフでエア・カナダの飛行機だとすぐわかります。

エア・カナダの機体


成田ではツアーでも自動機での個人チェックイン。座席変更が可能なので、早めにチェックインするのがオススメ。エコノミーのシート配列はABC-DEG-HJKの3-3-3配列。心なしかピッチも幅も少しゆとりがあるように感じ、長距離でもそれほど苦になりませんでした。空席は少なかったです。

パーソナルTVはワイドなタイプ、イヤホンは配られますが、自前を使うよう推奨されます。配られるイヤホンは音質がかなり悪いです(乗り継ぎ便ではイヤホンが有料になりますので、手持ちがない方はもらっていくことをオススメします)。USB、AC電源付き。

エア・カナダのシートのシステム


次は機内食の紹介です。離陸後40分過ぎにドリンクサービスの後、さらに40、50分で夕食です。成田→トロント(AC-0002便)の1食目はビーフorチキンでビーフを選択。ビーフシチューはとてもやわらかくプラスティックのフォークで切れるほどですごくおいしかったです。嬉しい水ボトル付き。

エア・カナダ機内食成田→トロント1食目


離陸後7時間くらい、間食サービスで、サンドイッチとクッキーが配られます。食べ終わった頃にカップ麺も食べるかと箸を配り、チキン味のカップヌードル(US製)の普通サイズが配られます。具がミックスベジタブルのみ。サンドイッチとカップヌードル両方食べるのはきついので先にカップヌードルもあるけどと言ってほしかったです・・・。

エア・カナダの成田トロント間の間食サービス


機内食2回目は、離陸後10時間くらい、チョイスはお粥orオムレツ。後ろの方はお粥が切れてオムレツだけだったそう。お粥はササミがはいっていてとてもおいしかったです。

エア・カナダ機内食成田ートロント間2食目のお粥


帰国便トロント発成田行き(AC-0001便)も、離陸後2時間弱で1食目、ビーフorチキン。ビーフは味があまりなかったですが、パンがおいしかったです。写真はチキン。飲み物は栓を空けずに提供してくれます。

エア・カナダ機内食トロント→成田の1食目


フライトが半分過ぎたくらいで、行き同様チキンのカップヌードルとハムサンド、クッキーが配られます。到着1時間20分前に機内食2回目。卵かお粥。お粥は評判がいいのか、見た目は行きと同じものが出ました。でも塩味が薄く、しいたけの香りが強かったです。

次はトロントからの乗り継ぎ便について紹介します。

ハバナ便機材は、Embrare190、3-3配列、パーソナルTVあり、19列がExit Lowで足元が広かったです。ドリンク(アルコールもOK)は無料だけど、食べ物、イヤホン、毛布などは有料でクレジットカードによる支払いのみです。飲み物は6,7ドルとリストにはあったけれど、無料でした。機内はそれほど寒くなかったので毛布はなくてもOKと感じました。フードメニューです。

エア・カナダの有料機内食メニュー


その他エア・カナダに乗って気付いた点です。
・カナダ入国の税関書類は機内で配られます。
・成田発トロント行きは、後半結構揺れていました。
・中米への国際線乗り継ぎでは、入国後そのままゲート、セキュリティチェックはありません。
・ハバナ行きでは白紙のツーリストカードが寝ていても配布されました。本来カナダ在住者向け、日本人は領事館で事前取得することになっていますが、配布されたのを使っても実際出入国できます。

サービス面の評価ですが、まぁ普通という印象です。CAによってかなり違いがあるようにも思います。ハバナ-トロント便では、飛行機よりトナカイのソリに乗ったほうが似合いそうなサンタクロースみたいなおじさんCAが超フレンドリーで、いろいろ話しかけてくるし、トイレに行ったら便座シートまでひいてくれました(不要なサービスですが)。


さて、スターアライアンスゴールドの資格で利用したラウンジの話に移ります。
成田では提携のANAラウンジの利用になります。広いですが、いつも混んでいます。

トロントのメイプルリーフラウンジは国際線のターミナルの中央、ゲートの上階にあります。ゲートより手前です。

エア・カナダメイプルリーフラウンジ


広さは十分。インターネットは、空港のFree Wi-Fiを利用します。

トロントメイプルリーフラウンジ内の様子


シャワールームやビジネスコーナーも有ります。機能としてはいろいろそろっていて、空間にゆとりがあるという印象です。

トロントメイプルリーフラウンジ内ビジネスコーナー付近


フードはスープ2種類、サラダバー、ラビオリのようなパスタなどと、北米のキャリアとしてはまぁいい方ではないでしょうか。エア・カナダの機内食はおいしいので、味見程度、ほどほどにしておきます。

トロントメイプルリーフラウンジのフード


マイレージはユナイテッドマイレージプラスへ。ツアーでも100%加算、成田トロント間は片道6417マイルの加算でした。(プレミア会員にはプレミアボーナスも別につきます。)

次回からは北欧オーロラ旅行のレポートの予定です♪

北欧移動ありがちなトラブル・オスロ~トロムソ

今回より12月に行った北欧オーロラ旅行の旅レポートスタートです♪
(HISのツアー利用、燃油チャージ込み159,000円)

2012/12/02 (1日目)

今回行くのは、ノルウェーとデンマーク、北欧はクレジットカード社会なので現金はほとんど必要ありませんが、念のため5000円ずつ両替、300クローネずつ。(結論から言って、何でもカードで払えるので現金は不要でした。マイナー通貨の両替は特にレート悪いですし。)

12:30 SK-984成田発コペンハーゲン行きで出発です。26PAXに何故か添乗員付きです。
SASの搭乗レポートはこちら

15:35 コペンハーゲン到着です。この後オスロ行きに乗り継ぎですが、遅れているようでスカンジナビアラウンジでゆっくり休憩します。天候による遅延と言っていますが、空港付近は天気が悪いわけではないので、どこかの空港が天気悪くて機材繰りってことだと思います。

19:10 結局2時間遅れでオスロへ飛び立ちます。この時点で少し嫌な過去を思い出しました。初めて北欧に来た時、いきなり飛行機のキャンセルにあって空港で右往左往したことがありました。その日のうちに次の便に乗れたのでその後の日程に大きな影響はなかったのですが。

20:20 オスロに到着です。ここでいったん荷物をピックアップして、国内線のトロムソ行きに乗り換えですが、嫌な予感が的中しました。19:55発予定だったトロムソ行きが出てしまったというのです。次の便には十分な空席がなく、オスロに一泊することに決定しました。
なるほど2回乗り継ぎがあるし、添乗員はこのために付けていたのね、という感じです。

21:00 空港に隣接するパークインにチェックインです。他にも続々と飛行機のキャンセルで泊まることになった客が来ます。ロビーでサンドイッチとコーヒー、夕食代わりにSASが用意したものです。このサンドイッチが見かけによらずおいしかったです。

オスロのパークインのロビーで出た夕食代わりのサンドイッチ


部屋は綺麗で明るく機能的。さすが北欧という感じです。リネン類が品質良いですが、バスタブなしで、シャワーも扉がなく、飛び散りまくりました。Free Wi-Fiは部屋番号と名前でログインできます。

オスロエアポート隣接のパークイン


トロムソ3連泊のはずが、オスロに泊まることになって、オーロラチャンスが一1回減りました。まぁ、あと2回あるし、どうなることやらと思いながら寝ますが、3:00には目が覚めてしまいます。旅ともさんと深夜にビールを飲みながらの旅のスタートとなりました。

2012/12/03 (2日目)

パークインの朝食は品揃えも多く、味も良かったです。思いがけない場所に泊まることになりましたが、おいしい朝食を頂けたのでキャンセルの件は帳消し、という気分です。単純です。
北欧での飛行機キャンセルはありがちなトラブルと笑ってやり過ごすわけです。

パークインオスロの朝食


8:30 ホテルを出発します。空港ターミナルはすぐ隣なので歩くのですが、劇寒です。ホテルのロビーのスクリーンでは-18℃。これから行くトロムソは北極圏ですが、もっと暖かいので油断した格好をしていました。オスロは9:00頃が日の出です。

オスロの気温は北極圏より低い


10:30 SK-4412にてトロムソへ飛びます。本当だったら夜に移動だったので、この飛行機内からもオーロラが見えるチャンスでした。見えるのは白とグレーの世界、入り組んだフィヨルドとか山が見えるばかりです。

オスロ-トロムソ間の飛行機からの風景


12:20 やっとトロムソに到着です。気温は-2,3℃くらい、オスロの寒さを体験した後だからか暖かく感じます。空港内の地図を確認すると、トロムソが北極圏の大きくはない町であることがわかります。それでも北極圏で最大級の町です。

トロムソの地図


空港はこじんまりとしていますが、近代的でコンビニもあります。荷物待ちの間に覗いてみると、物価の高さにびっくりします。初めてではないから物価が高いことを知ってましたが、こんなに高かったっけ?と改めて感じるほどです。キオスクで売っているようなお菓子でも日本の倍以上する感じです。

トロムソ空港内のコンビニ


空港を一歩でると、そこにはまさに北極圏な風景が広がっています。光が少なく白とグレーのモノクロの世界です。

トロムソ空港前の景色


ふと左を向くと、夕焼けな感じです。12:30ですが、既に日の入り後なのです。この日のトロムソの日の出は11:01、日の入は12:06、極夜なので、実際に太陽を目にすることはないそうです。

トロムソ空港で見る夕焼け


12:40 バスで空港を出てLunchに向かいます。バスの中で現地ガイドさん(日本人学生)が、昨夜はオーロラ見れたと言います。昨夜のうちにトロムソに入れなかったことが悔やまれます。

13:00 LNC@RST
トロムソ湾の港の側にあるクラリオンコレクションホテルウィズのレストランでLunchです。
ドリンクの値段は高く、ビールは65クローネ(1000円ちょっと)、サーモンの前菜はおしゃれすぎ。おいしいですが、サーモン食べた感がありません。

クラリオンコレクションホテルレストランの前菜


メインは鱈です。これはボリュームありました。このツアーはほとんどフリータイムなので、、ついている食事は朝食を除けばこの1回だけです。

クラリオンコレクションホテルレストランのメイン料理


デザートもツアーの食事とは思えないオシャレな見栄えです。いかにも北欧らしいです。

クラリオンコレクションホテルレストランのデザート


14:05 これからトロムソ市内観光へ出発です。クラリオンホテルの前の港の景色、まだ14時だというのに、夜の風景です。これから市内観光って・・・というテンションになりますね。

トロムソ湾の港の風景


次回はトロムソ市内観光をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR