パラオ・ミルキーウェイ

2日夕刻、無事にキューバから帰国しました。ハリケーンの影響はありませんでした。
それでは、パラオの旅レポートを再開します♪


2012/09/05 (2日目)

8:35 パラオパシフィックリゾートのロビーにあるツアーデスクでOPの受付。旅行申込み時に予約したロックアイランドツアーカンパニー社主催「ロングビーチとミルキーウェイツアー」。受付時に、ロックアイランド許可証を購入します。現金払いのみ、一人50ドル。ツアー代金はクレジットカードで支払いができ、早割りで100ドルが92ドルになりちょっとお得です。

ロックアイランド許可証はその場で発行、名前を自分でカードの裏に書きます。世界遺産に登録されてから許可証の値段が上がりました。ロックアイランドのツアーに行くのには必ず携帯する必要があります。有効期間は発効日から10日間。ジェリーフィッシュレイクへ行く予定の人は100ドルのジェリーフィッシュレイク許可証を購入する必要があるので、ここに行きたいかどうかで許可証をどちらにするか最初に決める必要があります。

パラオロックアイランド許可証


ツアーに出る前に、プールサイドでビーチタオルを借りて持っていきます。
8:40 パラオパシフィックリゾートからロックアイランドツアーカンパニー社のツアーに行く人たちは、まとめてロイヤルリゾートホテルへミニバスで移動します。

8:50 ロイヤルリゾートで、他のホテルからの参加者の手続きを待ち、ツアー毎に順次出発です。ロイヤルリゾートにあるツアーデスクには売店があって、日焼け止めやビーチグッズなど、何か忘れたものを買い足すことができます。

9:10 いよいよ出航です。晴女はどこへやら、雨季のパラオの天気は不安定な感じでどんよりしています。

ロイヤルリゾート桟橋からツアー出発


ロングビーチとミルキーウェイのツアーは14PAX。日本人ガイドと、ローカルのガイド1人と船のドライバーが同行。若いカップルばかりだろうと思っていたパラオですが、実はそうでもなく、お一人参加の若い女性やおじさんもいました。ボートは速いけど、ほとんど揺れません。

ロックアイランドツアーカンパニーのボート


ドリンクはクーラーボックスいっぱいに冷えているのが飲み放題(水、烏龍茶、マンゴージュース、オレンジジュース)。天気はイマイチなものの、水は澄んでいて海はとてもきれいです。日焼しなくていいですが、写真映りが悪いのが残念です。

パラオの海


赤い壁画が残る岩を通り過ぎます。赤い線が見えるのですが、一体何の絵なのか、少し遠すぎてなんだかさっぱりわかりません。写真だと赤い線もどこだか・・・

壁画の残るロックアイランドの小島


しばらくロックアイランドを行くと、水の色が変わってきました。それに、天気もときどき晴れ間が出てくるようになりました。イメージしていたロックアイランドの景色に近づいてきてワクワクします。

透明度の高いパラオロックアイランドの海


9:35 ミルキーウェイに到着です。入り口が狭くなっているマリンレイクのひとつで、石灰の泥がたまって水がきれいな水色の乳白色になっています。パラオの海の中でも独特の青色といっていいでしょう。

ミルキーウェイの水の色は乳白色


このミルキーウェイの泥は、美白や保湿にいいと言われていて、ここで泥パックをするのがツアーの目玉のひとつです。ローカルガイドが海底の泥を取ってくれます。自分でも海底から取ろうとしたけど、2m以上深さがあって、無理でした。何しろ視界ゼロです。

ミルキーウェイの水中は何も見えない


船の上でガイドが取ってきた泥で皆で泥パックをします。頭から足のつま先までべっとりと塗りたくります。化粧やブローは全て無駄になります。事前に荷物は指定の場所へ退避させないと泥や水で後悔することに・・・。カメラは預けておくと、泥人間になったところをガイドが撮ってくれます。(誰だかわからないけど見苦しい体型の写真は掲載できません・・・)

ミルキーウェイの石灰質の泥で全身泥パック


泥パックを楽しんだら、そのまま海にバシャンと入って、泥をきれいに落とします。船上の泥掃除が終わるまで海中で待ちます。ライフベストを浮き輪代わりにつかんでいるだけでも、泳げる人でも楽ができます。

泥は元に戻す


こうして見ると入浴剤を入れたお風呂のような色です。自然にこの色があることが不思議です。

大きな入浴剤入りお風呂のよう


ミルキーウェイを後にし次はシュノーケリングポイントへ向かいます。ポイントはその日の状況などに応じて選ばれるようです。海はその場所の深さや地質などに応じて水の色を変え、いろいろな青を見せてくれます。

ミルキーウェイを去ります


次回はシュノーケリングポイント、ゲロンインサイドをレポートの予定です♪

パラオ・ゲロンインサイド

2012/09/05 (2日目) 続き

10:50 シュノーケリングポイント、ゲロン・インサイドに到着です。ゲロン島のすぐ近く、美しいサンゴ礁が見られるポイントで、ダイビングスポットでもあるそうです。
ボートの上でマスクの正しい付け方など初心者にも安心なレクチャーがちゃんとあります。

パラオ・ゲロン島


久しぶりの海なので、ライフジャケット着用で入ることにしました。そしてこれまでの教訓から、ラッシュガードの代わりに速乾性の薄いスポーツTシャツを着ます。特にライフジャケットをつけてシュノーケリングすると肩や背中が日焼でひどいことになるから予防は大事です。

ゲロン・インサイド


さて、準備万端でシュノーケルタイム。防水デジカメの出番です。透明度もよく、水中でも素人がシャッターボタン押すだけでまぁまぁの写真が撮れるではないですか。ちょっとほっとします。

サンゴのきれいなゲロン・インサイド


言われていた通り、珊瑚がきれいです。水深が5mから10mくらいあるせいか、目で見るよりも写真には全体的に青く映ってしまいます。魚はたくさんではないけど、ちらほら見かけます。

たくさんの種類のサンゴ


サンゴ礁がきれる砂地は水深が20mはありそうでしたが、主にサンゴ礁の上をシュノーケルで移動します。ガイドが説明しながら、皆をリードしてくれます。

ガイドがシュノーケリングツアーをリード


シュノーケリングで困るのは、マスクをつけてしまうと、皆同じに見えること。水中で、水着の色柄などを頼りに人を見分けるしかありません。山のように派手な色がいいかもしれませんね。それにしても、天気が曇りなのはシュノーケルにはありがたいです。

ゲロン・インサイドでシュノーケリング


サンゴ礁が広がる海底は本当にきれいです。色が写真に出ないのが残念・・・。

大きな岩のようなサンゴ


いろんなサンゴがあります。近くで見ると形がきれいなものや、岩のようなものや色も形も本当に様々です。サンゴに限らず、植物や動物の種類や名前にまったく興味がないもので、どんな種類のサンゴなのか説明できないのが残念です。

サンゴの種類は様々


こちらはキノコのように見えるサンゴ。きれいなピンクのカサが開いたような感じです。

キノコのようなサンゴ


もっとサンゴに近寄って写真を撮ってみたら、色が少しは出ました。黄色やピンク、紫といったまるでペンで塗ったような色とりどりなわけです。

近くで撮ればサンゴの色もかなり写る


慣れてきたところで、魚を追いかけます。こちらは黄色の縞のあるよく見る魚。たぶんとてもポピュラーな魚だと思いますが、名前がわかりません・・・。

よく見る魚


私の一番のお気に入りはツノダシです。実はずっとこれがエンジェルフィッシュだと勘違いしていました。だいたい2匹で泳いでいたりしてとても可愛いです。なかなか横からの姿が撮れなくてだいぶ追い掛け回してしまいました。ゴメンナサイ。

ペアで泳ぐツノダシ


流れもほとんどなく、静かでサンゴ礁のきれいな海でした。お魚はサンゴ礁をじっと見ていると、とても小さいのがサンゴ礁から顔を覗かすなど全体的にかわいい景色が楽しめるシュノーケリングになりました。約50分、パラオでの初シュノーケルは満足のうちに終わりました。

美しいさんご礁とトロピカルな魚


次回はロングビーチをレポートします♪

パラオ・ロングビーチ(オカモン島)

2012/09/05 (2日目)

11:50 ロングビーチで有名なオカモン島に到着。ここはロックアイランドのツアーの多くが、昼食や休憩に使うので、パラオに来たらほとんどの人が寄る島じゃないでしょうか。きれいな砂浜に上陸です。

ロングビーチで有名なオカモン島


ロングビーチというのは、潮が引くと向こうに見える通称おじさんアイランドとの間に砂浜の道ができるのですが、来てみてわかったこと、そう、実はロングビーチは常にビーチなわけじゃない。満月と新月の干潮のときに道ができるそうで、今はまさにその間だということ・・・で水が引ききらないのです。月の内40%くらいしか道は表れないそうです。

ビーチが洗われる確立は意外と低い


島にあがり、お弁当をもらってベンチで昼食です。このオカモン島はちょっとした設備があるのと、地理的なことから立ち寄るツアーも多いそうで、他のツアーが来ないうちに、きれいな景色を見ながらのランチタイムです。本当は、目の前に三日月のような白い道が見えるはずだったのですが・・・。

ロングビーチを見ながらランチ?


お弁当は、「アイランド焼肉」の焼肉弁当。こんな立派なお弁当が出るとは思ってなかったのでちょっとびっくり。それになかなかおいしい!

アイランド焼肉の焼肉弁当


ビーチの裏手には、テーブルと椅子が何組かあり、次々来るツアーの人たちでどんどん埋まっていきます。バーベキューの設備もあるようで、お肉やお魚を焼いているツアーもありました。島の設備といってもこの程度でもちろんお土産屋などはありません。

オカモン島の設備は簡素なもの


この島にはトイレもあります。ほとんどの島は無人島なので、トイレは基本的にありません。逆に言うとその辺全てがトイレ、ということでもあるのです・・・。一応男女の区別があります。

オカモン島のトイレ


トイレはぼっとんで、見た目は、あれ?意外ときれいじゃないと思いましたが、便器を覗いたことを後悔しました。見たこともないほど巨大なゴキブリが汚物の上を這いまわっていたのです・・・。こんな所にゆっくり座っていられません。できる限り短時間で済ますためにも水着はビキニなどのセパレートに限ります。

オカモン島のぼっとんトイレ


食後はロングビーチを歩くことにしました。いえ、ビーチじゃないですが、道になる部分はやはり浅いのです。このときは、ひざ上、腰下くらいの水位。ときどき魚も見かけるし、小さなサメもいましたが、臆病らしく近寄ると逃げてしまいました。こうして振り返ってみるとオカモン島のビーチは凄く狭いエリアなのですね。

ロングビーチから見るオカモン島


しばらくすると、ロングビーチの散策に他にも人がでてきました。おじさんアイランドまでの1/3くらいを歩いたところで戻ってきます。戦争中はこういった浅瀬を島から島へ命からがら逃げ延びた兵士も少なくなかったようです。

パラオのロングビーチ


ちなみに、おじさんアイランドとオカモン島とが完全に道で結ばれることは今はもうなくなってしまったようです。残り時間はビーチに戻りのんびりします。砂は真っ白でとてもきれいです。人の少ないところでちょっとだけ砂の採取もしました。

白い砂のビーチ


よく見ると砂上を動くものがいます。何かと思ったらヤドカリです。かなり用心深いのか、何かの気配を感じると貝にこもってしまいなかなかでてきてくれません。ペットボトルの右に緑ががかった小さい貝が見えるでしょうか。小さな小さなヤドカリさんです。

小さなヤドカリ


島は緑もいっぱいです。南国の木や花がこれでもかというほど密集して生えています。こういった緑にも心癒されます。

緑一杯の島


13:10 ロックアイランドの波に削られた島を見ながら出発です。天気がイマイチでもこの海の色なので、天気がいいときは一体どれほど美しいのか想像するだけで幸せな気分がするようです。

波に削られるロックアイランド


次回はジャーマンチャネルとパラダイスをレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR