トルコ・イスタンブール(スィルケジ周辺)

2012/08/09 (11日目)

7:30 アンカラのホテルを出発しイスタンブールへとバスで向かいます。途中3回ものトイレ休憩をとって、14:15 やっとイスタンブールの中心スィルケジ駅に到着です。ツアーによっては列車や飛行機を利用することもある区間ですが、格安のツアーではだいたいバス移動です。

オリエント急行終着駅のスィルケジ駅


スィルケジ駅はオリエント急行の終着駅だったところで、現在その駅舎の一部が改装されレストランとして営業しています。遅めのLunchをその名もオリエント・エクスプレスでいただきます。なんとプラットホームにまでテーブルがあります。

オリエント・エクスプレス


クラシックな店内では、オリエント・エクスプレス関連のグッズや写真などが飾られています。飲み物も素敵なワゴンでサービスです。おじさんはノリノリで気前のいいタイプ、私にも帽子をかぶせてくれ、お釣がないからといって飲み物代をサービスしてくれました。

オリエント・エクスプレスのドリンクワゴン


15:10 食後はイスタンブール観光です。これから行くグランドバザールは歩いていける距離ですが、バスで移動だとかなり遠回りをします。ボスポラス海峡は泳いだり遊んだりするビーチじゃないんですが、何故かおじさん達が水浴びでもしているようで、気持ち良さそうです。

ボスポラス海峡


15:35 グランドバザールに到着、70分のフリータイムです。私はここの店の人たちがあまりに観光客慣れしていて、相手するのが面倒くさいし、特にもう買い物の予定もないので、ここで1時間も時間を潰すのはやめて近くを散歩することにしました。

グランドバザールヌルオスマニエ門


イスタンブール初めてのツアーで仲良くなった方々に、どの辺りに何が売ってる、こんな感じに買い物した方がいいとか、迷子いならない秘訣とか少しばかりアドバイスして、一人足早にグランドバザールを通り抜けました。

グランドバザール内部


チャドルジュラル通りに出たところの脇道に古本街があったので、ちょっとだけ寄り道します。いろんな国の古本が売られているようです。

古本街


さて、行けるかどうかわからないけれど、行き先のターゲットをヴァレンス水道橋に設定しました。地図上の距離は片道1.5㎞くらい、ちょっと無謀です。何があっても時間半分になったら引き返す、と決めて早足で歩きます。途中のイスタンブール大学、立派な構えです。

イスタンブール大学本部


こちらはシェフザーデ・ジャミィ。イスタンブールには知らない人がみたらこれがブルーモスク?と言ってしまいそうな立派なモスクがたくさんあるので、大きなモスクだからといって街歩きのランドマークにするのは危険。少し覗かせてもらいましたが、外見の割りに質素なモスクでした。

シェフザーデ・ジャミィ


そろそろ時間と半分諦めながら、あの交差点まで行って引き返そう、そう思ったとき、目指すヴァレンス水道橋が見えました。アタテュルク通りをまたぐように立っているその水道橋は高さが20mもあります。4世紀に完成した水道橋の一部で現在は800mしか残っていません。

ヴァレンス水道橋


帰りは急いでグランドバザールに戻ります。外に出ると最初から決めてなかったので帽子も被ってなかったし、イスタンブールは湿度もあるので汗だくです。裏の小さな門からグランドバザールに入り、斜めにバザールを突き抜けようとしたらすぐに同じツアーで仲良くなったTちゃんに遭遇しました。聞けば、結構安くお買い物できたよう。数年前よりも良心的な値段設定になった感じがしました。

17:05 今度はエジプシャンバザールにやってきました。ここでも1時間近いフリータイムです。そしてまたもバザールは無視して周辺を歩くことにします。ちなみに、バザールは右の茶色い建物です。

エジプシャンバザール前


まずはガラタ橋に行き、独特の喧騒を楽しみます。ガラタ橋のふもとには名物サバサンド屋さんが並んでいます。横付けされた船の上で、サバが焼かれ、簡易なテーブルと椅子の店で食べることができます。

ガラタ橋からみたサバサンドの船


お腹の調子もイマイチだし、私は遠慮しておきましたが、こちらがそのサバサンドです。焼いたサバと野菜がバゲットにはさんであるというシンプルなもの。5TL程度だったと思いますが、ボリュームはおやつとは言えないほどのものかと・・・。街歩きの途中のLunchにオススメです。

B級グルメのサバサンド


次回はイスタンブールのレポートの続きです♪

トルコ・イスタンブール(エジプシャンバザール~古代東方博物館)

2012/08/09 (11日目) 続き

ガラタ橋から次はお気に入りのリュステムパシャジャミィへ向かいますが、タイミング悪く礼拝中だったので、エジプシャンバザール方面へ歩きます。この辺りは問屋街で、歩いているとすぐに話しかけられます。いろんな理由でどうしてもお近付きになりたい人が多いようですが、こちらもトルコ5回目、日本人のイメージを傷つけないよう適当に相手して適当にバイバイします。

エジプシャンバザール近辺の問屋街


一応エジプシャンバザールでのフリータイム中なので、バザールの中を通り抜けます。以前はもっと空いている印象でしたが、人がいっぱいです。最近は観光客も結構増えたようです。

エジプシャンバザール内


まだ時間があったので、歩いている間に遭遇した同じツアーのYちゃんと目の前のイェニ・ジャミィを見学することに。このモスクはガラタ橋のふもとにあるので、何度も前を通っていますが考えてみれば一度も中に入ったことがありませんでした。

イェニ・ジャミィ


大小たくさんのドームを持つ大きなモスクです。ちょうど礼拝の時間も終わったところで、中に入るとびっくり。ブルーモスクと勝るとも劣らない大きさとタイルの美しさにため息です。今まで一度も入ったことがなかったのが不思議に思える美しいモスクでした。

イェニ・ジャミィ内部


モスクの出口を出ると、ガラタ橋や対岸の新市街、ガラタ塔などがきれいに見えます。大きなモスクの日陰でイスタンブールの景色にしばし見入ります。

イェニ・ジャミィから見たガラタ橋


集合の前にエジプシャンバッザールの前に露天を構えていたトルコアイス屋さんを見つけます。暑い中歩き回ったので、喉もからから。値段も見ずに一番大きいカップでレモンのトルコアイスを購入してしまいました。7.5TL(約350円)。ちょっと高めでしたがすごくおいしかったです。

レモン味のドンドゥルマ


ラマダンだったのでエジプシャンバザール前の広場にはイフタール用の巨大なテントがありました。そこで集合です。イフタールとは断食のときに日没後食べる食事のこと。イスラムの国では貧しい者に富める者が喜捨することになっていて、スポンサーがいてテントに来れば誰でもタダでイフタールの食事にありつけるそうです。

トルコではラマダンは観光客にはほとんど影響がありません。断食している人も多くはなさそうだし、イスラム教徒同士でラマダンをしているかどうかを聞くのもタブーになっているほど、政教分離がされている国です。国によっては、観光客も人前で水も飲めなかったり、食事時間をずらされたり、アルコール提供なかったりといろいろ影響がありますが、トルコでは保守的な街でナイトクラブがやってないとかその程度の影響です。

新市街で中華の夕食の後、19:45 ホテルに到着です。イスタンブールに最初に入ったときに泊まったアクギュン。それも全く同じ部屋だったので、なんだか懐かしい場所に帰ってきたような気分でした。

2012/08/10 (12日目)

午前中はフリータイムです。オプショナルツアーは「ボスポラス海峡クルーズとリュステムパシャモスク観光」8,000円。私はもちろん参加しませんが。OPに行かない人は、11:10ホテル出発か、11:30エジプシャンバザール前でピックアップとなりました。

朝食のときにAちゃんと顔を合わせ、一緒にトラムで街に出ようということになりました。
8:20 ホテルを出て目の前にメトロのトプカプ・ウルバトルという駅があるのですが、乗り継ぎを嫌い、テオドシウスの城壁を見ながらトラムのトプカプ駅を目指します。10分ほど歩いてトラムの通るミルレット通りに出ました。

トプカプ駅周辺のミルレット通りとテオドシウスの城壁


近くの駅まで行くとそこはトプカプ駅ではなくパザールテッケという駅でした。駅にある自動販売機でジェトンという切符代わりのトークンを購入します。2TL(100円弱)、お札でも購入できます。

ジェトンの自動販売機


このおもちゃみたいなジェトンを自動改札機に入れて駅に入場します。どこで降りても2TLということです。

ジェトンでトラムに乗車


これがトラム。新しい車両が多いです。そして、東京の地下鉄ほどじゃないですが、途中かなり混雑してきます。イスラムの国でこんなに男性にくっついちゃっていいのかなっていうくらいです。途中止まりのトラムだったようですが、親切な周りの人が教えてくれました。

きれいなトラム


30分近くトラムに乗って、ギュルハネ駅で下車します。ホテルから街中まではかなり時間かかりました。私は考古学博物館、Aちゃんはトプカプ宮殿のハレムに行くということで、目的地が近いので一緒に歩きます。トプカプ宮殿の城壁をくぐり坂道を登ります。

ギュルハネ駅近くのトプカプ宮殿の城壁


坂の途中に、考古学博物館があります。ここでAちゃんと別れ、一人博物館へ。入場料は10TL(460円)、同じ敷地内にある古代東方博物館と装飾タイル博物館との共通券になっています(チケットを通すのは最初の門一ヶ所のみで各館ではチェックなし)。

国立考古学博物館入り口


まずは入り口すぐの建物、古代東方博物館に入ります。実はこの博物館が私のメインターゲットです。古代ヒッタイトやアッシリアの状態のよい展示物が多いです。写真はバビロンのイシュタル門、バビロニアのネブカドネザル王の時代のもので、色がとてもきれいです。

バビロンのイシュタール門


エジプトのミイラや棺などもあるし、古代オリエントの遺物がゴロゴロと転がっているという感じです。エジプトの考古学博物館もそうですが、価値の高い遺物がガラスケースどころかロープも張られずに置かれていることもあって、ワクワクすると同時に少し拍子抜けもします。

古代エジプト、アッシリア、ヒッタイトなどの遺物がどっさり


この博物館で一番見たかったのはこちら、カデシュの条約の粘土板です。わずか20cmくらいの小さなものでした。ヒッタイトのハットゥシリ3世とエジプトのラムセス2世の間で交わされた世界で最初の平和条約と言われ、当時の国際語アッカド語で書かれています。1906年、ハットゥシャのビュユックカレ(大城塞)で発見、エジプト側の条約文はカルナック神殿で発見されています。紀元前1269年の歴史が両国のサイドから検証されるというのはスゴイです。

カディシュの条約の粘土板


時間がないので、30分ほどで見学を終わらせましたが、古代オリエント好きの私としては一度じっくり見たいものばかりでした。日本語の説明やパンフはありませんが、日本語のオーディオガイドはあったようです。時間があれば借りると理解の助けになるでしょうね。

次回は考古学博物館~リュステムパシャジャミィをレポートの予定です♪

トルコ・イスタンブール(考古学博物館~リュステムパシャモスク)

2012/08/10 (12日目) 続き

9:35 考古学博物館へ移動します。建物の外には巨大な石棺が並んでいます。古代東方美術館を目的に来たけど、そもそもこちらが本館、中の収蔵品にも期待が持てそうです。

国立考古学博物館外観


グランドフロアの奥の方から見ようと部屋に入るとそこは真っ暗。誰もいない広くて暗い部屋に、よく見るといろんな種類の棺がたくさん・・・。あまりに不気味で恐怖を覚え、思わず後ずさりしそうになりました。目が慣れたところで気を取り直し、ひときわきれいな棺に近づきます。紀元前5世紀のリキアの石棺、レリーフが見事です。

リキアの石棺


こちらはガイドブックに必見と書かれているアレキサンダー大王の石棺。アレキサンダー大王自身のものではなく、古代フェニキア王家の墓地で発見された紀元前4世紀のシドン(レバノン)の統治者のものと考えられているようです。

アレキサンダー大王の石棺


よく見ると、石棺の屋根の部分に特に色が残っています。近くに復元したレリーフがありましたが、かなりカラフルな色のどぎついレリーフだったようです。紀元前のものというと色などそんなになかったように思いますが、エジプトやギリシャの文明もそうですが、かなり色にあふれた世界だったようです。

もともとはカラフルなレリーフ


考古学博物館はやたらと広く、不気味なほど人がいません。延々と続く棺や、床下に骸骨まである展示は実はかなり怖くてゆっくり見るというより足早に通り過ぎるという感じでした。

暗い棺のエリアから抜け出し、ギリシャ・ローマ時代の彫像のエリアなどに移動します。建物の一部が修復中で、展示場所も移動していたり、順路が一方通行だったりするようです。こちらはオケアヌス像、エフェソスで発見された海の神の大理石像です。

海の紙オケアノスの像


こちらはベルガマのペルガモン遺跡で発見された皇帝アウグストゥスの胸像。角度によってはすごい美男子です。写真を撮ろうとすると、ばっちりと顔認識されます。

アウグストゥスの胸像


広い博物館を上階へ上がります。フロアによっては、途中で行き止まりになって、別の階段からでしかアクセスできない場所もあったりします。とにかく呆然とするほどの展示物の量で、仮に通り抜けるだけでも1時間かかるほどの広さと量があります。階段近くに休憩場所もあったりするので、休みながらゆっくり時間をかけて廻りたいですが、こんなに見ごたえがあると思ってなかったので、今回はあまり時間がないのが残念です。ちなみに空調がないのですが、外の暑さに比べ、適度に風が入って暑くは感じませんでした。

この辺りはトロイ遺跡の出土品などがずらーっと並んでいます。今まで見てきた遺跡からの出土品の多くがこの博物館で見れるので、一周してきた後ここでおさらいするのは楽しいですね。

トロイ遺跡の出土品展示


時計を見つつ、最後に少しだけ装飾タイル博物館へ寄ります。こちらは比較的小さな建物で、元々はトプカプ宮殿の庭のあずまやです。建物自体がきれいなので、時間がなければ外観だけ見るのもよいかと・・・。

装飾タイル博物館外観


一応中に入ります。イズニックタイルや陶器などが展示されています。散々古いものを見た後だと、16世紀?ふーん、新しいね、と言う感じで感動が薄れます。
それにしても全部で10TLの入場料はとても安く感じられる博物館です。

イズニックタイルや陶器の展示


10:30 博物館を後にして、ピックアップ場所のエジプシャンバザール方面へ移動を始めます。散々歩いて疲れたので、涼しげなギュルハーネ公園でちょっとだけ休憩。すると、トルコ人男性に話しかけられ、お茶に行こうとしつこく誘われます。トルコではよくある話で、かなりきっぱり断らないとしつこく絡まれるので要注意です。

噴水もすずしいギュルハーネ公園


疲れていたので、トラムで2駅先のエミノニュに移動、昨日中に入れなかったお気に入りのリュステムパシャモスクに11:00頃到着しました。このモスクは最近ではOPに入ってたりして、前ほど観光客が少なくはないようです。ちょっと入り口がわかりにくいですが、2箇所ある暗い階段のどちらかを上ってたどりつく2階にある小さなモスクです。

リュステムパシャモスク外観


小さいモスクながらもここのイズニックタイルはピカイチです。青の色がなんともいえません。歩いたせいであまりに疲れていたので、この静かで美しいモスクでしばし休憩させてもらうことに(ただ座り込んでいただけとも言う)。

リュステムパシャジャミィ内部


ガイドブックを広げると、タイルに少しだけ使われている赤は、トマトレッドというそうで、この色は今では出せない逸品だそう。柄とか色はじっくり見ないと、全体の美しさだけに気を取られてしまいがちです。

リュステムパシャモスクの美しいイズニックタイル


改めてじっくりタイルを見ると、模様もとても美しいです。チューリップのモチーフをはじめいろんな柄が使われています。写真はミフラーブ周辺、16世紀のものとしては保存状態もとてもいいと思います。

ミフラーブも美しいイズニックタイルで覆われたリュステムパシャモスク


次回はトプカプ宮殿などをレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR