トルコ・エフェソス遺跡②

2012/08/03 (5日目) 続き

ケルスス図書館前のフリータイムで前から気になっていた丘の上の住宅へ行くことにしました。近くにいた一人参加の女性2人を誘います。その丘の上の住宅の前、ケルスス図書館に近いクレテス通りの、街のど真ん中に、古代エジプト最後の女王クレオパトラ7世の妹アルシノエ4世のものとされるお墓があります。八角形の墓の上部は崩れて跡形もなく、長年見逃されていたのもうなずける様な状態です。

アルシノエ4世の墓


丘の上の住宅は入場料が別料金で15TL(約700円)。ここへ来て、トルコリラをバスに置き忘れたことに気付き、誘った旅の道連れさんにお借りしました。遺跡内でお金を使うとしたら、ここの入場料と出口付近のトイレだけです。現金のみなので注意が必要ですね。大きなバラックで囲われた中に入ると、何やら修復まっただ中と言う感じです。

丘の上の住宅内部


中は順路が明確になっていて、丘にある住宅だけあって通路として作られた階段を上りながら見学します。ここは高級住宅地だったとのことですが、それにしても、モザイクやフレスコ画がかなり残っていて、とても見ごたえがあります。屋根つきで日陰になっていて見学も楽です。

美しいモザイクやフレスコ画が豊富な高級住宅跡


豪華な中庭などがある家々はいかにも上流階級の住まいという感じです。見事に修復されているのもあり、この都市の賑わいや規模が想像しやすかったです。エフェソス遺跡自体の入場料が20TLなので、15TLはちょっと高めですが、値段分の価値はあると思いました。通路がガラス張りの床とかでちょっと怖かったですが。

上流階級の人々の暮らしの跡


丘の上の住宅を出ると、上った階段分の高さのところへ出ます。赤い屋根の向こうに見えるのは、マーブル通り。ケルスス図書館から大劇場まで続く大理石の大通りですが、今は修復中で通ることができません。マーブル通りには娼館の広告と言われる足跡のようなものが残っていて最古の広告とも言われていますが今回は見れませんでした。

丘の上の住宅の上からマーブルストリートをのぞむ


丘の上の住宅を見て、まだ少し時間があったので、ケルスス図書館を間近に見に行きます。コリント式の前門は2世紀の建造物としては素晴らしい出来栄えです。

ケルスス図書館前門


図書館の中は何も残っていなくてガランとしています。当時は1万2千もの巻物があった立派な図書館だったそうです。遺跡の中にある少ない日陰でもあるので人がたくさん休憩しています。

ケルスス図書館内部


前門には4体の女性像があり、知恵、運命、学問、美徳を表しています。実はこれらはコピーで、オリジナルはウイーンの博物館にあります。

ケルスス図書館前門の像は複製


図書館前で集合し、マゼウスとミトリダテスの門をくぐり大劇場へ向かいます。いつもならマーブル通りを歩くところですが、修復中のため下のアゴラを通ります。積んである石は何だったのでしょう。これも誰かの墓だったりして、とか考えながら歩きます。

下のアゴラ


大劇場につきました。ここでフリータイムとなり後は各自遺跡を出てバスに集合です。大劇場は、ピオンの丘という斜面に作られたもので、紀元前5世紀くらいに作られたものをローマ時代に拡張したようです。直径が154m、高さ38mもあり写真に収まりきりません。

大劇場


大劇場も一部修復中で、上半分は上れないようにフェンスが張られていました。大型のクレーンを使って大規模な修復の最中のようです。客席は2万4千もある巨大な劇場なので、修復も大変そうです。

大劇場は修復中


フェンスがある真ん中くらいまで上ったところからの景色です。まっすぐ伸びているアルカディアン通りは、古代にはすぐ近くにあった港と大劇場を結ぶエフェソスの玄関口で、当時としてはめずらしく街灯もあったそうです。クレオパトラとアントニウスが歩いたとも言われています。

大劇場から見たアルカディアン通り


出口へ向かいながら、大劇場を何度か振り返ります。離れないと全景の写真が撮れないのです。今回のエフェソスの見学は気温は35℃、風も少しはあり思っていたほど暑くはなかったけれど、それでも後半はかなり汗をかきました。見学時間は1時間40分でした。

大劇場全景


エフェソスの遺跡でも1組も日本人にあいませんでした。午後見学するツアーが多いようです。ちなみにこの遺跡では、ツアーだとカメラマンが付いて周り、あちこちでポーズを要求されます。その写真は3枚千円でバスに乗る前に買えます。

11:40 エフェソス遺跡からすぐ、バスで10分、アルテミス神殿跡に来ました。かつて古代の世界七不思議のひとつといわれた神殿があり、世界初の総大理石作りだったそうです。アテネのパルテノン神殿がすっぽり入る大きさだったとか。今は1本の柱が残るだけで当時の面影は全くありません。

古代世界七不思議のひとつアルテミス神殿跡


その1本残る柱に、コウノトリが巣を作っています。なおさら、往時の神殿の姿を想像するのは難しいです。

アルテミス神殿を独り占めするコウノトリ


次回はパムッカレをレポートします♪

7年ぶりのビーチリゾートへ!

明日9/4から7日間の日程でパラオに行ってきます!
2007年にタヒチに行って以来の7年ぶりのビーチリゾートです。

いい歳して海ってどうよ?って思いますが、だったら早い方がいいと思いまして(笑)
折りよくパラオのロックアイランドが先日世界遺産に登録されたばかり。
きれいな海に癒されて来たいと思います。

しかし問題なのは天候です。今パラオは雨季なんです。そしてここのところ連日の雨続き。
晴女もこれまでかな・・・?

それでも何とか楽しめるだろうと防水カメラを買ってきました。
オリンパスのタフというデジカメです。防水5m。ズームや画素数は劣っていますが、起動が早いのが気に入って決めました。これで水中世界を写真に残してきます!

OLYMPUS TOUGH TG-620 防水デジカメ


キャリアはユナイテッド航空。マイレージ上級会員なのに10年ぶりの搭乗。グアム経由なのですが、直行便のあるデルタを選ばなかったのは、ユナイテッドの来年の会員ステータスをキープするため。ユナイテッドに4本乗らないとステータスが維持できなくなってしまったので・・・。

それでは、次回はパラオからトルコの旅レポートの続きを更新します。
パラオについての速報はtwitterでお届けします♪
keentravelerをフォローしましょう

それでは若いダイバーと新婚さんに気後れしないよう気合入れて行ってきます♪

トルコ・パムッカレ

2012/08/03 (5日目) 続き

エフェソスでLunchの後は、ひたすら東にバス移動。途中一度のトイレ休憩込みで3時間、内陸のパムッカレに向かいます。パムッカレは段々畑のようになった白い石灰棚で有名ですが、遠くに見えてきたのに気付きました。中央やや右、山裾の一部が白く見えるのがパムッカレの石灰棚です。

パムッカレ遠景


石灰棚に近付くと、まるで雪が積もっているように見えます。パムッカレ(綿の城、綿の産地)の名の通り、綿にも見えなくもありません。ここは世界遺産でもあるし、皆が楽しみにしている観光地のひとつです。

綿の城


16:05 パムッカレ到着。元の予定では翌日の観光でしたが、早めに着いたので前倒しで見学しましょうということになりました。ここは紀元前2世紀に、ペルガモンから古代ローマ帝国に支配が移って、石灰棚の上にヒエラポリス(聖なる都市)が作られたので、町が遺跡となって残っています。

ヒエラポリス遺跡


南門から入場し、遺跡の中を歩きます。遠くには、ハドリアヌス帝によって造られた1万5000人収容の劇場が残っています。このあたりは過去に大きな地震もあって、最終的に町が復興されないまま放棄されたようですが、劇場はかなりいい保存状態で残っているようです。

劇場


遺跡の西端にある石灰棚まで歩いてきました。下にあるプールのように見えるところは、以前は駐車場だったところです。石灰棚の上の方はほとんど水が流れていなくて、干からびたようになり、テレビや写真で見たのと違うようなアレ?というものです。

石灰棚


それでも右手を見ると、真っ白な棚が段々と連なっている姿は圧巻。この石灰棚は、炭酸カルシウムの溶け込んだ地下水が熱せられて温泉として湧き上がり、沈んだ石灰によって地表が固まったものです。大小あわせて100もの棚のプールが、高さ160m、幅270mものエリアに広がっています。

水がない石灰棚


入り口から30分ほど歩いたところでフリータイムとなりました。1時間近くあるので時間の過ごし方はいろいろあります。多くの人は、パムッカレ村に下りる歩道の脇の、石灰水が流れているところへ向かっていました。パムッカレらしい風景ではありますが、あまりにも人が多いように思います。

パムッカレ村へ下りる歩道脇の石灰棚


喧騒を避けて、西側の古い城壁の裏の方へ回りました。乾いた石灰棚と歩道を歩く人影が小さく見えます。最近では湯量が減って、お湯を流す場所をコントロールしているらしいです。
遠くでゴロゴロという音がし、黒い雲が見えました。観光中は降らないでと祈ります。

城壁跡あたから見る南の石灰棚


遊歩道を石灰棚に沿って、北の方へ移動すると、とてもきれいな場所を発見しました。石灰水もたくさん流れ、夕日にキラキラと反射してとてもきれいです。また、人がほとんどいなくて穴場と言える場所でした。

石灰棚の中でも一番美しい場所


石灰棚に入ってはいけない場所には、その旨建て看板があるのですが、この周辺にはなく、歩道からすぐ棚に降りれるようになっていて、先客がいたので、入っていいのかと思いながらもここで足湯を楽しむことにしました。ひざ下半分くらいの浅いプールみたいなもので足元に石灰が溜まっています。

浅い棚で足湯を楽しむ


すごくきれいな石灰棚です。これなら、テレビなどで見たベストショットと遜色ありません。美しい景観も素晴らしいです。古代から温泉保養地だったとのことですが、ローマの王族や貴族、富裕層が保養に訪れたといのも頷けます。

白い石灰棚と青い水の見事なコントラスト


ゆっくり石灰棚を楽しんだ後は、北側に広がる遺跡を遠目に見ながらパムッカレ温泉に向かいます。古代には、高齢者が引退生活を送った町だったようで、トルコ最大のネクロポリス(墓地)がこの先に広がっています。今回は時間不足で足を運びませんが、1200基ほどの様々な墓が見られるので、時間があれば少し見て歩くのをオススメします。

北の方の石灰棚(立ち入り禁止)とネクロポリス方面


集合場所でもあるパムッカレ温泉に少し早めに来ました。ここは、古代のメインストリートの上に溜まった温泉水をそのまま利用した遺跡プールで、ローマ時代の円柱などが転がっています。水着を着てれば入りたかったですね。30TL(約1400円)でここで泳ぐことができます。

パムッカレ温泉(遺跡の転がる温泉プール)


温泉プールの橋を渡ったところは源泉になっているので、そこを見てから、少々疲れた心身にご褒美。パムッカレ温泉の中で温泉プールサイドで、トルコアイスです。ここでは味がいろいろあって、3つ選んで5TL(約230円)。すごくおいしかったです。天気ももって、17:45パムッカレの見学を終わります。

パムッカレ温泉でトルコアイスで一息


次回は、パムッカレの近くのカラハユト村とホテルをレポートします♪
(パラオからの更新でした)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR