ベトナム・ホーチミンのサイゴンホテル

今回からは先日行ってきたホーチミンの旅レポートです♪

2012/05/15 (1日目)

夜の便のため、成田集合は17:00。成田へ向かう乗換駅で幸先悪くいきなり災難に出会いました。いつもはエレベーターを使うところ、小さいスーツケースだったので時間があったけど遠回りが面倒だったし、階段を登りました。実際、スーツケースより手荷物カバンの方が重いくらいだったんです。両手に荷物をひとつずつ持って階段を登りました。

真ん中あたりで、階段につまずき、両手に持っているものを放り投げて派手に転んでしまったのです。周りの人が立ち止まり、声をかけて下さいましたが、はずかしいより足を強く打っていてその痛みに耐えながらも、大丈夫です、と言いながら立ち上がるのがやっとでした。

実は1ヶ月程前から悩まされているアレルギー性じんましんを患った頃から、これで派手に転んだのは3回目。普段こんなことはないし、3回とも前につんのめりました。なんだか嫌な予感がします。帰国したら人間ドックに行かなくてはと自分に言い聞かせます。

じんましんの痒み対策のために家を出るときに思い立って持ってきた保冷材がまだ凍っていたので、それで冷やしながら成田に向かいましたが、痛くて普通に歩けない状態でした。

成田で旅ともさんと合流し、受付とベトナム航空のチェックインを済ませて、Deltaのラウンジで搭乗を待ちます。薬のせいでもうずっとアルコールを飲めないので飛行機に乗るのが不安なはずですが、足の痛みで飛行機恐怖の事はすっかり忘れていました。

19:00 成田発VN-303便でホーチミンへ向かいます。搭乗レポートは旅レポートの後でにしますが、とても空いていたため1人で3席使えました。満身創痍の私にはとても助かりました。

23:30 15分遅れでホーチミン着。飛行機から見たホーチミンの街はネオンも輝き、なかなかの都会に見えました。

飛行機から見たホーチミンの夜景


空港のトイレでいきなり妙な日本語の洗礼にあいます。女子トイレの個室ドア内側に貼られた張り紙。いや、ちゃんと読めるし伝わりますが、でみ箱に入れて下さリ?

あやしい日本語の張り紙ホーチミン空港にて


00:05 空港を出て、ホテルへ向かいます。今回は現地係員対応のツアーで、参加者は14名。ほとんどがシニアのご夫婦でした。

00:25 Arr HTL。ホーチミンの銀座、ドンコイ通りのシェラトンの脇道をはいったサイゴンホテル。3つ星。セーフティボックス、スリッパ、ドライヤー、ミニバー有。InternetはWi-Fi無料。主電源はキーを入れるタイプで抜くとエアコンが切れるのが難点。差し込むのがカードキーなら別のカードを入れておくのだけども鍵なので仕方ない。それでなくてもベトナムは電力不足だから贅沢はしちゃいけないですよね。

早速隣の部屋になった同じツアーの老夫婦は部屋の電気をつけられず、四苦八苦。キーをここへ挿しておくのですよと教えてあげる。添乗員付きじゃなくて大丈夫かな?とちょっと不安に。部屋は古そうだけど天井高もあり割りと広め。今回はこの立地だけは良いホテルに3連泊です。

サイゴンホテルの部屋


ちなみにミニバーの飲み物は激安。缶ビール14000ドン、ソフトドリンク、水1.5リットルは12000ドン。20000ドンが1ドル=80円計算。ドルがかなり通用するので今回もドンへの両替はしないことに。ちなみに、隣に小さなサークルKがありますが、ドルは使えません。

2012/05/16 (2日目)

朝食は9Fのレストランにて。サイゴン川が見える眺めの良いレストラン。

サイゴンホテルの朝食レストランは9F


朝食の内容はイマイチ。フォーのようなものは麺が太く、期待していたおいしさではなく残念。水やジュースは飲んだらおいしくないし、お腹を壊すような気配。しいて言えばパンがおいしかったです。うーん、フォー食べに来たのに。明日からは外で食べようと旅ともさんと合意。

サイゴンホテルの朝食


8:20 午前中はフリータイムなので、さっそくドンコイ通り周辺を散策に行きます。
ホテルの前にはサイゴンセントラルモスク(ジャミアモスク)。見学もできるようでしたが、ちょっと場違いな感じなので、入場はあきらめました。

ホテルの部屋から見えるサイゴンセントラルモスク

足は相変わらず痛くて、階段やちょっとした段差は下ろす足を間違えると激痛です。先が思いやられます。
次回はホーチミンドンコイ通り周辺町歩きをレポートします♪

ベトナム・ホーチミンのドンコイ通り周辺散策

2012/05/15 (1日目) 続き

8:20 フリータイムの散策です。ホテル前のドンズー通りからハイバーチュン通りへ入り、サイゴン川に向かいます。この周辺はホーチミンの銀座ともいうべき場所なのですが、街角には路上で商売する人もよくいます。スゲ笠がベトナムっぽいのはいいとして、パジャマ?に見える服を着ている人が結構います。

ハイバーチュン通りで商売するパジャマおばさん


ホテルのレストランからも見えていたメリン広場のチャン・フン・ダオ像へやってきました。モンゴル軍を迎え撃った英雄の像らしいです。

メリン広場のチャン・フン・ダオ像


サイゴン川に沿ったトンドゥックタン通りは結構な大通りですが、信号つきの歩道なんてありません。バイクや車が途切れないので、渡るのには度胸がいります。私も旅ともさんも昨年別々にベトナムを訪れているので、ゆっくりとペースを守って歩けば大丈夫なのは知っていますが、さすがに大通りの横断1回目はドキドキしました。

道路を渡れば目の前にはサイゴン川。ゆっくりとした流れです。浮き草もそれと分からないほどゆっくりと流れています。

おだやかなサイゴン川


サイゴン川沿いを歩いていたらかわいいゴミ箱に出会いました。なんでペンギン?でもかわいいです。このあたりはサイゴン川クルーズの発着場所になっていて川治いにはクルーズ船などがずらっと並んでいます。

サイゴン川沿いの公園にあるペンギンのゴミ箱


ドンコイ通りに入り、プラプラ歩いていると日本語で話しかけてくる人が結構います。大抵はバイクタクシー兼ガイドみたいな人。日本語で書かれた紹介メモ帳のようなものを持っていて、怪しくないとアピールします。ツアーだと言うか、日本語に反応しないようにしないと振り切るのが結構面倒です。

ドンコイ通り周辺は朝からやってみるお店も結構あります。そして、この周辺はこれでもそんなに交通量が多くないので、道を横断するのもいい練習になります。

ドンコイ通り周辺の道路事情


市民劇場まで来ました。19世紀末のオペラハウスで一時は国会議事堂として使われたこともある劇場です。入場見学はできません。こういった建物がちらほらいくつかあるので、プチパリなんて呼ばれるのかもしれませんが、他にはパリっぽい雰囲気は皆無なのでプチパリはやっぱり言いすぎだろうというのが正直な感想。

かろうじてプチパリっぽい市民劇場


グエンフエ通りに移動して、去年来た時にも行った、サイゴン・タックス・トレード・センターのスーパーマーケットへ9時からのオープンちょうどを狙っていきます。

サイゴン・タックス・トレード・センター


ここは国営百貨店。1F(日本でいう2F)にスーパーマーケットが入っていて食品系のお土産や日用品を買うには最適です。スーパーは荷物を持って入れないので、入り口付近にあるロッカーに荷物を入れ自分でキーを持って歩きます。米ドルが使えませんが、クレジットカードが使えます。

サイゴン・タックス・トレード・センター内


こちらはフォーやインスタントラーメンなどが売っているコーナー。種類があって目移りしますが、適当にいろんな種類を買って帰ります。ベトナムビールやフォー、お菓子などを152700ドン購入しました。日本円にしてせいぜい600円ちょっとでしょうか。物価安いのでもっとたくさん買って帰りたいですが、スーツケースを小さいガラガラにしてしまったのが失敗でした。

フォーがたくさん


おやつも現地調達。このえびせん、辛くていっぺんにたくさん食べられませんが、病み付きになりました。気に入ったものは帰国までにお土産にまた購入できるので、気になるおやつを早めに試すのがいいですね。

おいしい辛いえびせん


ドンコイ通りで、お土産屋さんをいくつかはしごし、物の値段や品揃えを頭に入れます。ドンコイ通りのお店は定価表示制が多く、品質もいいものがあって日本語もかなり通用するので、下見はかかせません。

11:00に一度ホテルへ戻り、休憩します。不快なほどの暑さではないものの、外へ出るとすぐに汗ばむのは仕方ないです。相変わらず足は痛いものの、じんましんのかゆみは忘れて歩くことができました。やっぱり旅行の方が私の体に合っているのかも知れません。

12:00 ツアーに含まれているホーチミン市内観光にバスに乗り出発です。
12:10 まずはフォー24というフォーのチェーン店にてランチ。ここは明日あたりホテルの朝食をキャンセルして行こうとしていたお店。フォーの他、揚げ春巻き、野菜炒めもつきます。

フォー24でランチ


フォーにお好みで入れる香草やもやし、ライムに似たチャインを、説明を聞かず隣のシニア夫婦がそのまま食べだして唐辛子が辛いと言い出したときは、思わず何も言えませんでした。人の話を聞いてないで騒ぐ人がいるのはいつものことですが・・・。フォーは期待していたおいしさだったので、明日の朝も同じチェーン店で別のフォーを食べてみようと思いました。
食後はプリン(バイン・フラン)もついて、濃厚でとてもおいしかったのが気に入りました。

フォー24のフォー


食事中に天気が急変。大雨が降ってきました。ホーチミンは雨季に入ったので雨は覚悟していましたが、だいたい毎日のように午前中は晴れ、午後雨が降るといった傾向のようです。
土砂降りの中、カサをさしてバスへ乗り込み、13:00チョロンに向けて出発。途中雨も止み車窓からは雨上がりの市場が見えたりして、ちょっとほっとしました。

雨上がりの市場


次回はホーチミン市内観光をレポートします♪

ベトナム・ホーチミン市内観光①

2012/05/16 (2日目) 続き

13:20 中心街から20分ほどかかり中華街チョロンに到着。ベンタイン市場と並び2大市場とも言われるビンタイ市場で30分のフリータイムです。

チョロンビンタイ市場外観


ビンタイ市場はどちらかと言うと卸売りがメインの地元の市場。通路にまで商品が山積みになっていることも珍しくなく、歩くのも大変。観光客は相手にしてないばかりか、小売はしてない店も多く、「NO」とだけ言われて追い払われることもあります。ですが、旅ともさんは靴3足を20ドルで購入、ここで買い物するにはたくましさが必要です。

ビンタイ市場内部


食品なども豊富です。買う気はないので、雰囲気を楽しむだけです。

ビンタイ市場の豊富な商品


こちらは市場の前の街角。街角ではいろんなものを売っていますが、商品が何とすぐわかるようなものでないのが異国を感じます。小さい袋に入ったものなのでお菓子か何かなのでしょう。

チョロン、ビンタイ市場前の街角の路上販売


こちらも街でよく見かける風景。屋台とも呼べない軒先喫茶みたいな感じ。軟弱な旅人の私は間違っても手が出ません。見た感じは、チェーと呼ばれるベトナムならではのスイーツと思います。ベトナム風ぜんざいとも言われていますが、実はいまだかつて試したことがありません。

軒先の喫茶店


ベンタイン市場を見た後は、また中心街へ戻ります。
14:15 統一会堂へやってきました。今回は入場せずに外観のみです。昨年内部は見ているのでいいのですが、ベトナム戦争のサイゴン陥落という歴史を良く知らないのでいまひとつピンと来ません。

統一会堂


敷地内には、戦車や戦闘機なども置かれています。当時使われたものなのでしょうか・・・。

統一会堂にある戦車


14:30 歩けばすぐのサイゴン大教会(聖母アリア教会)にバスで移動です。19世紀末のフランス統治時代の赤レンガのきれいな教会。外観はロマネスク様式で、レンガやステンドグラスはフランスから輸入したものだそう。

サイゴン大教会


すぐ横にある中央郵便局です。こちらも19世紀末のフランス統治時代の建物。ドーム型の天井などが印象的でヨーロッパの駅のような建物です。

中央郵便局外観


内部では少しのフリータイム。お土産屋も入っていますが値段が高めです。
現役の郵便局として機能しています。

中央郵便局内部


中央郵便局から出てくると、ちょうど15:00。サイゴン教会内がちょうど午後は15時から16時が入場可だったので、中へ入ります。中はゴシック様式でシンプルな教会でした。

サイゴン大教会内部


15:10 民芸品店にてショッピング。前回も寄ったミスアオザイという総合土産店。かなり高めで、店員が多く、べったり付いて回ってかなり強引にセールスするので好きじゃない。2Fの休憩スペースで休憩。皆、かなり買わされていた様で、フォーみたいな安い食品から高いものまでいろいろ買っていました。目をつけられたらとことんセールスされるのでご用心。

16:00 人民委員会庁舎前にやってきました。かなり天気が回復しました。
入場は不可の建物で、前にあるのはホーチミンさんの像です。東洋のパリというのもこの建物だけを見れば、なるほどと思いますが、実際は街からちょっと浮いた存在のようにも見えます。

人民委員会庁舎とホーチミン像


人民委員会庁舎の反対側はこの先、グエンフエ通り。ホーチミンの中心地で、名だたる外資系の会社が入るビルなどもある近代的な通りです。

グエンフエ通り


次回はホーチミン市内観光の続きからレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR