FC2ブログ

ベトナム・ホーチミン市内観光②~ミトー

2012/05/16 (2日目) 続き

16:20 ホーチミン最大級のベンタイン市場です。この日は時間が余っていたのでフリータイムを多めにとってもいいとガイドさんが言ってくれましたが、先ほどの土産店で若干買い物に疲れていた皆様はあまり時間が要らないというので17:00集合のフリータイムとなりました。
ベトナムコーヒーなどはスーパーのは偽物が多いのでここで買うのがオススメです。

ベンタイン市場にてショッピング


観光客向けのお土産から日用品、屋台のような食べ物屋までいろいろあり、活気付いています。ですが、観光客向けには、ぼったくりな値段が提示され、そこから交渉となるのが面倒くさいです。買い物中土砂降りの雨の音がしましたが、屋内にいる時でラッキーでした。

ベンタイン市場には食堂も


すぐには値段を言ってくれなくて、気に入ったかどうかを見ながら向こうも様子を見たりします。そしてかなり日本語が通じます。最初は23ドルとか言われたサンダルを8ドルで購入。交渉は相場を知っていれば有利です。早速バスに戻って履き替えたところ、履きやすかったし、皆様にとても好評でした。

ベンタイン市場で買ったサンダル


17:10 DNR@RST
昨年も来たレストランにて早目の夕食です。ベトナム風お好み焼きバイン・セオを作るところを見せてもらいました。海老や豚肉、野菜を包みます。卵に見えますが、色がついた米粉の生地で、食べるとお好み焼きというよりは薄っぺらい春巻きのような感じでしょうか。

バイン・セオの調理


音楽と踊りのサービス付きです。音楽のCDにスカーフと楽器として使う小さなカップ付きのお土産セットを5ドルで買って下さいというのがありますが、押し売りはされません。小さな楽器の一部を試させてくれたりと盛り上げてくれましたが、グループのシニア夫人がチップに千円渡しているのを見てびっくり。お土産が5ドルなんだし、リクエストもしてないのに、この国での相場としては高すぎです。

ベトナムの音楽と踊り


18:40 ホテル到着です。昨夜の到着が遅かったのでホテルでゆっくりと過ごしました。

2012/05/17 (3日目)

朝食はホテルのレストランには行かず、ドンコイ通りのフォー24に行きました。フォー以外の食べ物は朝はないらしく、フォーから選んでって言われました。英語がかなり通じます。

フォー24で朝食


フォー2種類、ビール、ベトナム風アイスコーヒー2つ、プリン、で12ドル。飲み物やアフターを頼んだのをすぐ忘れて、後で思い出して持ってくるあたりがベトナムらしい。ここのアイスコーヒー(カフェ・スア・ダー)はコーヒー牛乳っぽかったです。

フォー24のベトナム風アイスコーヒー


10:00 この日は終日フリータイムだったのですが、旅ともさんのお誘いでミトーメコン川クルーズのオプションに参加することにしました。14名中12名がオプションに参加。オプションは昼食付きで5000円。前夜まで受付です。ミトーには昨年も行ってますが、街だけじゃなく自然にも触れられるのでオススメです。

ちょっと郊外へ出るとたちまち庶民の生活を垣間見れる町々を通り抜けることになります。
農村があったり、町や村があったりベトナムらしさを発見できるので車窓も見逃せません。

ミトーへ向かう郊外の町


ベトナムではバイクがやたらと多いですが、50ccではなく、100~150CCがメインです。給料が月収で6~7万円ほど(ただし、公務員は1~2万円と安く、夫婦が二人公務員では生活は無理)の割りには立派なバイクに乗っている人が多いです。2人乗りは普通、子供がいれば4人乗りというのも珍しくない光景です。

バイク4人乗りは当たり前


ある町を通りかかったときに白いアオザイを来た女子学生が自転車で通学しているところに出会いました。意外とホーチミンの街中ではアオザイを着ている人は見かけません。自転車で裾がなびき過ぎて、イメージとはちょっと違うもののようです(笑)

アオザイで自転車通学


11:50 昨日行った土産店ミスアオザイのメコンレストストップにて昼食。ここのオーナーはビルをいくつも持っているみたいで、かなり観光で設けているようです。きれいな庭のある大きなレストランで、ミトーに来る多くの観光客が足を運んでいるようです。

メコンレストストップ


丸い揚げ餅ソイ・チン・フォンを揚げている様子です。テーブルに出されるときは切って提供されますが、餅がカリっとした部分も、底の方の餅っぽさが残っている部分も、ほんのりとした甘さと共においしい食感が楽しめる好みの一品です。

丸い揚げ餅ソイ・チン・フォン調理中


おなじみのエレファントイヤーフィッシュ(像耳魚)はメコン川で養殖されているもので、から揚げにしたカー・タイ・トゥオンはここミトーの名物料理です。ほぐし身を生春巻きに巻いて食べます。

エレファントフィッシュ


このレストランには広い蓮池が広がり、庭の手入れもなかなか行き届いていますので、食後少し歩き回るのもオススメです。

蓮池


蓮の花がちょうど見頃。可憐ですね。自然の状態ではなかなかこういった風景は見られないのが残念です。

蓮の花


次回はタイソン島をレポートします♪

ベトナム・ミトータイソン島

2012/05/17 (3日目) 続き

13:05 エンジン付きのボートでタイソン島へ渡ります。全長4000kmもの大河メコンをゆったりと進みます。遠くにはまだ新しい立派なラックミエウ橋も見えます。メコン川の深さは満潮時で12mもあるそうです。

メコン川を木造船で渡る


向かっているタイソン島は、11km*1kmの長細い島。緑が豊かで一見すると人が住んでいるようには見えませんが6000人もの人が住んでいるそうです。
13:25 タイソン島に到着。3人しかいないという日本語ガイドの1人が島を案内してくれます。

タイソン島(トイソン島)


最初は蜂蜜農家の訪問です。巣箱からミツバチの巣を取り出して見せてくれますが、最初は皆遠巻きに観察です。

はちみつ農家で巣箱の見学


この巣1つに女王蜂が1匹いるということで、これです、と教えてくれました。今写真を見ても判別できないくらい、微妙にお尻が長いのが女王蜂なのだそうです。なかなか見分けられず、また見つからないときもあるそうで、見れてラッキーですね、と言われました。

どれが女王蜂?


農家の中でローヤルゼリーなど商品の説明を聞きます。家の中は扇風機があるものの、やたらと蒸し暑いです。農家の屋根はニッパヤシで葺かれていて、3年で葺き替えるのだそうです。このニッパヤシは島中至るところに生えているので材料には困りませんね。

ニッパヤシの屋根


ローヤルゼリー等の商売をされながら味見のお茶休憩です。ローヤルゼリーは小さな入れ物で1個千円。プロポリス粉末500円、はちみつ400円。だいたい10個セットとかでオマケなどもあるけど、昨年に比べて値上がりしている印象です。目当てにしてくる人は別として衝動買いはオススメできません。それでも結構1万円札が飛び交っていたのでびっくりでした。

お茶休憩しながらの商談


そして、なぜか大蛇を巻いた男性が登場。写真を撮らせる商売というわけでもないようでチップなどは要求しません。だとしたら、何のため?

なぜか大蛇


こちらが農家の屋根に使われていたニッパヤシ。ローヤルゼリーが美容にも良いとすすめていたガイドさん、40歳の割りに目じりのしわが目立つので説得力なかったのですが、ベトナム女性としては年齢より若く見えるきれいなタイプかもしれません。50歳だと言われたら衝動買いしたかも?

ニッパヤシとガイド


次はココナッツキャラメル工場の見学です。機械化されていなくて、ほぼ手作りです。
味見できますが、私はココナッツ味が好きじゃないし、やたらと粘りがあるキャラメルなので万人受けは難しいお菓子だと思います。

ココナッツキャンディ製作工場


それでも配り物用のお土産として最適と思ったのか、皆、作るのを見るのはそっちのけで大量にお買い上げ。そんなに安くないし、貰った方はあんまり嬉しくないと思うけど・・・。
このように子供達がすごいスピードで出来てカットされたばかりのキャラメルをオブラートに包んでいます。これみたら逆に買う気が薄れるんですけどね。

子供が包むココナッツキャンディ


少し移動して、島の果樹園で採れたフルーツの試食です。午後だからかすいていて他に客がいなかったですが、午前中のツアーだと観光客がいっぱいの場所です。食べるのには順番があって、あまり甘くないものから甘いものと順に食べます。冷えてないので、感激するほどおいしくはありません。

南国フルーツ試食


フルーツの試食は、恒例の歌の押し売りつきです。観光客の国の歌などを歌って(かなり古いので聞いたことあるけど知らない歌)。チップは2人で1ドル程度でいいと思いますが、かなりぼったくりな商売です。終わった後、態度悪くチップを数えている姿を見るとげんなりします。

歌の押し売り


島は自然でいっぱいです。特にこのドリアンに似た大きなジャックフルーツは良く見ることができますが、見るからに重そうな実をつける姿は必見ですね。ちなみに食べたことはありません。ドリアンに見た目だけじゃなく味も似ているらしいです。

ジャックフルーツ


最後はハイライトの手漕ぎボートクルーズに向かいます。
次回は、ボートクルーズからレポートします♪

ベトナム・ミトーメコン川クルーズ~ホーチミンカフェ

2012/05/17 (3日目) 続き

タイソン島の観光のラストは、手漕ぎボートクルーズでハイライトを迎えます。
この木造の簡素なボートに4人ずつ乗り込み、前後の船頭さん2人が長年使い込んだ木のオールで漕ぐというシンプルなものです。

ボートクルーズ乗り場


ニッパヤシの生い茂る川幅2m程度の狭い水路を、ゆっくりと進みます。まさに天然のジャングルクルーズです。この水路の水深はわずか1~2m。お昼前は行き交うボートで埋め尽くされる水路ですが、午後の時間はすいているようです。

ジャングルクルーズ


ボートに乗るとスゲ笠ノンを貸してくれます。これは帽子より蒸さなくていいのと、一度はかぶってみたいという欲求を満たしてくれますが、タイソン島に渡る前に1ドルで新しいのを購入するのがオススメです。水路を覆う緑は濃く、目も心も和ませてくれます。

生い茂るニッパヤシ


約20分程度の静かなボートクルーズですが、これは結構気持ちのいいアトラクションです。目を凝らせばニッパヤシの合間から現地の生活も窺い知ることができます。立派な普通の家もあれば、高床式の小屋のような家もあります。

ニッパヤシの向こうの日常


メコン川へ出たところでボートクルーズは終了。島に来るときに乗って来たエンジン付きの木造船に直接乗り移ります。客2人で1人の船頭さんに1ドルのチップを手渡します。

大河メコンがクルーズゴール地点


船では、ココナッツジュースが出されます。フレッシュと言えばそれまでですが、冷えてないとおいしいものではありません。一口味見だけして、ご馳走様です。

ココナッツジュース


15:30 船着場で待っていたバスに乗り、北東のホーチミンまで約70㎞、来た道を戻ります。
バスから見る車窓の景色は観光客がその足で触れるには難しい現地の情報がたくさん詰まっています。人々の生活を自分の目で見るチャンスですので、寝てばかりいるのはもったいないです。結構豪華な家もあったりします。

車窓の立派な家


大方の町の眺めはこんな感じです。都会と違って人は群れるほどはいません。商店は大通り沿いにポツポツとあり、中心街には市場と思しき場所があります。

町の様子


車窓で何より興味深いのは、バイクに乗る人々です。皆いろんな物を持って乗っています。
こちらの親子は後ろのお母さんが子供を抱き、運転するお父さんの手の間には3匹ほどのアヒルが顔を覗かせていました。写真ではちょっと見にくくてすみません。食料、なんですよね?

アヒルを乗せた親子バイク


17:20 ホーチミンのサイゴンホテルへ戻ってきました。夜のサイゴン川クルーズのオプションまで時間があるので、そのまま、気になっているカフェへとお出かけです。ドンコイ通りから程近いグエンフエ通りの角にあるチャオカフェ(CIAO CAFE)、黄色の建物、です。

チャオカフェ


ガイドブックによると、ホーチミンカフェの先駆けで約20年続く老舗だそうです。
店内はレトロな雰囲気で、落ち着いた印象です。

チャオカフェ店内


カフェ・スア(ベトナム風コーヒー)、カフェ・スア・ダー(ベトナム風アイスコーヒー)、ミツバチ型アイス。全部で165000ドン(約650円)。米ドルが使えずカード払いしました。
ベトナム風のコーヒーは深みのある味がコンデンスミルクと合い、とてもおいしいです。特にここのアイスコーヒーはしっかりとした味で私の好みにぴったりでした。オススメのカフェです。

ベトナム風コーヒーとアイスクリームで休憩


次回はサイゴン川ディナークルーズをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR