FC2ブログ

アメリカ・モニュメントバレー

2012/04/02 (4日目)

ペイジからバスで約2時間、モニュメントバレーにやってきました。ここはナバホ族居留地の中にある広大な荒野の公園。ナバホ族は約30万人、アメリカの先住民の一部族として一定の自治権を持って主にナバホネイションで生活している人々。ここモニュメントバレーには300人ほどが生活しているそう。

ナバホネイションの集落


まずは、ふくろうのビュート(残丘)が高台からお出迎え。玄関に飾ってありそうな彫刻のようで、自然が造ったアートの偶然にはびっくりです。

ふくろうの形をした岩


10:05 モニュメントバレービジターセンターに到着。ここからナバホ族が実施しているバレードライブツアーに参加します。

モニュメントバレービジターセンター


ビジターセンターからの眺めもすごい絶景です。といっても、あいにくの天気で雪が舞っていて、なんというか幻想的な風景です。左がレフトミトン(左手)、真ん中奥がライトミトン(右手)と呼ばれるビュートです。

ビジターセンターからのモニュメントバレー絶景


あっという間に吹雪状態になってきました。写真には写りませんが、横殴りで立っているのがやっと。それにものすごい寒さです。ろくな上着を着てなかったので、あわててバスに上着を取りに戻りました。

吹雪の中のモニュメントバレー


皆ありったけの服を着てマスクなどしているせいで、誰が誰だかわからず、3台に分乗した際には多くの人が連れとはぐれたようでした。私も旅ともとはぐれ、最後のジープに他の3名と乗ることになりました。英語わかるかとのナバホ族ガイドの問いに年配3人がいっせいにNOと言ったので、つたない通訳をすることになりました。


ナバホ族ガイドの運転するジープでバレードライブへ


折りよく雪はやんだけれど、強風が続きます。バレードライブでは最初にノースウィンドウに停まって写真タイムになりました。乾燥した広い荒野にもわずかな緑が広がりとても美しい景色です。

ノースウィンドウからのモニュメントバレーの景色


別の方向にはスリーシスターズと呼ばれる岩が見えます。3人の修道女に見立てたようなのですが、それには若干無理があるかな、と思ったりしました。どちらかというと両親に手を引かれた親子の図を想像します。

スリーシスターズ


ノースウィンドウの展望スポットからは、ちょっとしたトレイルが伸びていました。少しだけ行ってみてからグループが見えなくなってしまったので、置いていかれないようすぐ戻りました。ヨーロッパ系のカップルが楽しそうに散策する姿を見送り、少しだけうらやましかったです。

モニュメントバレーを歩く


次に停まったのはバレーの奥の方にあるトーテンポールと呼ばれる細いビュートが見渡せるスポット。私には水晶に見えました。他のビュートにもいろいろ名前がついていますが、説明するガイドによっても何に見えるか説明が違うようでおもしろいです。やっと晴れ間が覗いて来ました。

トーテムポール


11:30 一時間ほどドライブしたところで、レインゴッドメサと呼ばれる巨大な岩の前で野外ランチです。ゆうに高さ300mはありそうな絶壁です。

レインゴッドメサ


レストランがあるというわけではなく、キャンプ場にある屋根付きテーブルのような所でお食事を頂きます。なかなかない体験です。そして、岩の日陰と言うこともあり、写真ではわからないくらい極寒の中での食事となりました。

レインゴッドメサの前のお食事処


料理もナバホ料理。ナバホの揚げパンに豆のソースや野菜をのせたタコスといったところで、グループ同行の日本人ガイドはナバホタコと呼んでいました。ナバホ族の方たちがパンの上に具を載せてくれます。

ナバホ族の方達


こちらがそのナバホタコ。コーヒーと共に、冷めないうちに召し上がれと言われましたが、極寒のため一瞬で冷めました。それほどの寒さで、強風が吹き、食べてている間にレタスが風で飛びました。味はまぁまぁですが、ボリュームもありすっかり冷えて半分も食べられませんでした。

ナバホタコ


次回、モニュメントバレーの続きからキャメロンまでをレポートします♪

アメリカ・モニュメントバレー~キャメロン

2012/04/02 (4日目) 続き

じっとしていると寒いので早々にLunchを済ませた後は、周囲をちょっと散策。意外と木も結構あるし、見渡す限りの素晴らしい景観を邪魔するものは何もないのがいいです。

モニュメントバレー、レインゴッドメサからの眺め


空の青と茶色の大地、そして少しの緑、たったこれだけのものですが、それだけを目にする機会は通常の生活の中ではなかなかありません。大地のパワーみたいなものを感じます。

レインゴッドメサ周辺の景色


低層の草のようなものには、よく見ると小さな花が咲いていました。あまりに小さく、たくましさと可憐さを併せ持つ不思議な存在に見えます。

荒野の植物と花


Lunch会場を引き上げ、ドライブツアーは終わりかと思いきや、今度はジョン・フォード・ポイントへやってきました。フォード監督がよく撮影をした場所だけあって、眺めは最高です。切り立った大きな岩の上らしく足元には要注意です。

ジョン・フォード・ポイントの注意看板


特に柵がないので、端までいけるのですが、落ちたらひとたまりもないような場所です。不安定に崩れかかった岩は下がどうなっているのかさえわかりません。風が強く、ただでさえ飛ばされそうなので、覗き込む人もいませんでしたが・・・。

岩の橋は危ない


ジョン・フォード・ポイントからの眺めです。右手に見えているのがメリックビュートで、328mもある岩なのに、その大きさが麻痺するほどの景観です。

ジョン・フォード・ポイントからの眺め


ジョン・フォード・ポイントからはスリーシスターズも間近に見れます。岩しかない世界ですが、人の手が入っていない風景というのは本当に心が和みます。

ジョン・フォードポイントから見たスリーシスターズ


12:25 ビジターセンターに戻り、買い物タイムです。私は買い物に興味がありませんが、ここのお土産屋さんは結構商品が充実していたように思います。

モニュメントバレービジターセンターの土産物屋


ビジターセンターには、展示フロアもあります。ナバホの暮らしや歴史が少し見えるような気がします。

ビジターセンター1階の展示コーナー


そして出発までの間、ビジターセンターからの景色を十分に楽しみます。最初に吹雪の中で見たときからほんの3時間程しか時間が経っていないのに、すっかり快晴となって別の顔を見せてくれました。心に残る絶景です。

モニュメントバレービジターセンターからの絶景


13:00 バスに乗りモニュメントバレーを後にしグランドキャニオンへ向かいます。途中の車窓も不思議なカラフルな色調の地層を織り成し興味をそそられます。

モニュメントバレーからグランドキャニオンへの車窓風景


15:00 キャメロンという町でトイレ&ショッピングで30分の休憩です。

キャメロンにかかる橋


キャメロンのお土産屋さんは中が広く、このあたりのお土産はなんでも売っています。そして、小さなスーパーも入っています。

キャメロンのお土産物屋


よく見るとお土産もオシャレです。ひところ流行ったドリームキャッチャーは大小さまざまなものがありましたが、小さいものの方が人気のようです。

土産物


時間があったので、ここでも周辺を散策しました。何と言う川かわかりませんが、大きな川が渓谷を流れています。私はこういった風景が大好きで、これから行くグランドキャニオンにも期待が膨らみます。

キャメロンの渓谷


次回はグランドキャニオンをレポートします♪

アメリカ・グランドキャニオン

2012/04/02 (4日目) 続き

16:15 キャメロンからバスで45分、グランドキャニオンのイーストリムにあるデザートビューへやってきました。当初の予定では、マーサーポイントへ行く予定でしたが、明朝の朝日鑑賞でそこへ行くので別のところに、と案内されました。小さな塔ウォッチタワーがシンボルです。

グランドキャニオン・イーストリム・デザートビュー


サウスリムはコロラド川の南側で、その中でもグランドキャニオン国立公園の一番東にあるデザートビューからの眺めは、まさに地の果てまで来たよう。眼前の景色の先には他に何もないようにさえ見えます。遥か下を流れるコロラド川も小さな小川に見えるくらいです。

デザートビューからの眺め


無数の横線が地球の歴史を物語り、気の遠くなりそうな何億年もの時の流れを感じます。
ここデザートビューからは比較的近くにこういった地層を見ることができるのが素晴らしいです。

何億年にもわたる地球の歴史を物語る地層


フリータイムはなく10分ほどでデザートビューを後にします。まるで高い山に登ってやっと見晴らしがよくなった場所に到達した、そんな感じのスポットです。

デザートビューは足元注意


再びバスに乗り、グランドキャニオン国立公園の中を西へと移動します。北側にあるはずの大渓谷はときどきちらっと視界に入る程度で、南側は広大な林といった様相が続きます。

グランドキャニオンの南側


17:05 サウスリムのブライトエンジェルロッジに到着。ちなみにこの日は大自然の中ばかりで携帯電話の電波が拾えなかったのですが、グランドキャニオンを訪れる多くの人が立ち寄るサウスリム・ビレッジの中心に着いても、電波が入りませんでした。

サウスリムのブライトエンジェルロッジ


ブライトエンジェルロッジをつき抜けるとそこには絶景が広がっています。ここでは早々に18:00まで自由散策での見学となりました。

サウスリムのブライトエンジェルロッジ前の絶景


このサウスリムには断崖沿いに何件かのホテルが建っています。そして、崖の際全体が展望台といっても過言ではありません。

ウエストリムのリムトレイル沿い


良く見ると、内側の斜面は北向だからか、ところどころに雪が残っています。どうりで、少し肌寒さを感じます。ラスベガスなどでは既に半袖短パンの方が多数派でしたが、ここでは長袖長ズボンの日本人もちょうど気温にあった服装をしているようです。

雪の残る斜面


断崖沿いにはリムトレイルと呼ばれるちょっとしたお散歩コースが続いています。広大な景色ですが、少し歩くとまた違った角度で景色を眺められるので少し歩きながら絶景を堪能するのがオススメです。(断崖の下へと降りていく本格的なやつもありますのでご注意。)

リムトレイルを歩く人々の服装はまだ冬仕様


皇太子が泊まったというEl Tovar HOTELまで行って道を引き返します。そのままトレイルを東に進めば明日行くマーサーポイントまで2kmほどだそうで、時間があればそれくらい歩いて見たいところですが、ツアーだとなかなかそういうわけにも行きません。

El Tovar HOTEL


ブライトエンジェルロッジの前まで戻り、まだ少し時間があったので、今後は逆側に足を進めます。すぐ近くにLookout Studioと言うお土産屋さんに展望台がついたような場所があるので、そこへ寄ることにしました。

Lookout Studio


こちらがLookout Studioの小さな展望台、お土産屋の奥にあります。

Lookout Studioの展望台


Lookout Studioからの眺めです。グランドキャニオンらしい景色。このまま岩が削られ侵食が進めば、いずれはモニュメントバレーのようになると言われていますが、逆になるほど、モニュメントバレーはそうしてできたのか、と一人納得しました。

Lookout Studio展望台からのグランドキャニオンの景色


18:00にこのLookout Studioの展望台は閉まるので、お店の人がもう閉めるよと展望台にいた人たちを呼びに来てくれました。お陰でフリータイムをめいっぱい楽しむことができました。

次回はグランドキャニオン朝日鑑賞をレポートします♪
 
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR