フランス・アヴィニョン

2012/02/24 (4日目) 続き

12:40 ポン・デュ・ガールを出て30分、アヴィニョンに到着。まずはローヌ川の対岸から、サン・ベネゼ橋や旧市街を一望。「アヴィニョンの橋で踊ろよ踊ろよ・・・」とか言う歌で有名なのだそうだけど、その歌の存在すら知らないので、橋にあまり興味がない。ローヌの氾濫で何度も破壊され17世紀以降放置されているそうで、橋というより堤防のように見えます。

ローヌ川とサン・ベネゼ橋とアヴィニョン旧市街


旧市街のレストランでLunchを済ませ、徒歩にて観光に向かいます。天気もよくとても気持ちいい街歩きです。

アヴィニョンの街並み


法王庁宮殿の裏側の小路から市庁舎広場(時計台広場)へ向かいます。普通の街並みから急に細い小路になり、別世界に迷い込んだようです。

法王庁宮殿の裏側の小路


法王庁広場へやってきました。14世紀に建てられた法王庁は今も現役かのように美しく荘厳に街の象徴として建っています。かつて、もうひとつのローマと呼ばれた法王庁時代の姿そのままなのでしょう。ここで1時間ほどのフリータイムとなります。

法王庁広場と法王庁(教皇宮殿)


この法王庁がこの街一番の見所なので、内部見学へ行くことにしました。個人では10.5€のところ、15人くらい行くというので団体割引で、7.5€。日本語オーディオガイド付き。中庭からスタートです。

法王庁中庭


実は、ほとんど中には何も残っていないので、前半は急いで回りました。たいさんの部屋があり、細かい説明がガイドから流れますが、全部聞いていたらあっという間に一時間がすぎてしまいます。

法王庁内部


大部分が、このようにがらんどうの大きな広間です。フランス革命の際に中にあった豪華な家具や彫刻類などは壊されたり売り飛ばされたりしたようで、なかなかかつての姿を思い描くのは難しいです。

法王庁のホールのほとんどががらんどう


この法王庁で一番良かったのは最後の方に行くテラスです。屋根の上のへりのようなところを行った先にあり、一緒に入ったグループの方たちは何もないわとスルーしてしまったようですが、ここからの景色が最高なのにもったいないことをしました。

法王庁のテラスへ


法王庁のテラスからは、ローヌ川とアヴィニョンの旧市街が一望できます。

法王庁テラスからのアヴィニョン旧市街の眺め


こちらはすぐ目の前にあるプティ・パレ美術館方面。ローヌ川の先には、サンタンドレ要塞も望めます。

プティ・パレ美術館


駆け足で法王庁を見た後は、周辺の散策です。こちらは市庁舎。いかにもという建物ですね。

市庁舎


このあたりは市庁舎広場。南フランスらしい光景です。もう少し季節が過ぎれば、カフェやレストランのテラスは観光客でいっぱいになり、街ももっと賑わうことでしょう。

市庁舎広場


15:30集合して、旧市街の外で待つバスまで歩きます。アヴィニョンの旧市街は全長4.3mもの立派な城壁に囲まれた街です。

アヴィニョン旧市街城壁


バスは最初に遠目に見たサン・ベネゼ橋のすぐ近くで待っていました。橋の途中に礼拝堂まであるおもしろい作りです。建造当時は900mの長さに22のアーチがあったそうです。
15:40 アヴィニョンを後にし、次はアルルへ向かいます。

サン・ベネゼ橋


次回はアルルをレポートします♪ 
(アンテロープ近郊ペイジからの更新でした)

フランス・アルル

2012/02/24 (4日目) 続き

16:30 アヴィニョンから一時間弱、アルルのゴッホの跳ね橋(ヴァン・ゴッホ橋)に到着。
アルルの中心からは3km離れた他に何もない場所です。そばにはゴッホの絵の複製がありますが、この絵が描かれた場所は別のところで、今は別の運河に復元されているものです。

ゴッホの跳ね橋


16:45 リス大通りでバスを降り、アルル観光は徒歩にて。夏の庭園を横切り、古代劇場の脇を通って、この街の見所、円形闘技場までやってきました。最大の直径が136mもあるので、写真には全く収まりません。

アルルの円形闘技場


残念ながら今回は外観のみの観光でした。こちらは前回訪問時に入場して撮った写真です。かなり急な階段をあがって上から眺めるのがオススメです。ローマ時代には2万人もの観客を集めて、今では残虐と思える闘技がされていた場所です。

円形闘技場の上


この円形闘技場の一番のオススメは、実は、競技場の上から、周辺の景観を楽しむことです。
ローヌ川とアルルの町並みが見下ろせます。

円形闘技場からアルルの町を見下ろす



古代劇場を回りこむように歩きます。こちらは紀元前一世紀の劇場で多くの石材が後世に再利用され、あまり原型を留めていません。2月のこの時間、既に入場できる場所ではないので、柵越しに見ながら素通りです。

古代劇場


アルルで最も有名な場所かもしれない、フォーラム広場にあるカフェです。ゴッホの「夜のカフェテラス」のモデルになった店ですが、冬場だからか店はやっていませんでした。こちらにも絵の複製がおかれています。

夜のカフェのモデル


市庁舎前のリピュブリック広場まで来て、夕食までの時間がフリータイムとなりました。
左手が市庁舎、右はサン・トロフィーム教会です。この教会には美しい回廊があるのですが、やはり時間が遅くて見れなかったので、教会だけ見せてもらいました。

市庁舎前のレピュブリック広場


この町はそんなに見るところがないのですが(時間が遅く入場できるところがない)、エスパス・ヴァン・ゴッホまで足を伸ばすことにしました。ゴッホが自分の耳を切り落としたときに、収容された病院のあとです。その後、転院し、アルルを離れ自殺してしまったわけですが、アルルにいた2年の間に300点以上の作品を残したと言われています。

エスパス・ヴァン・ゴッホ


お気に入りのプロヴァンスのショコラティエPuyricardで、250Gのチョコ詰め合わせ21€を購入。自分用です。プロヴァンスのお菓子としてはアーモンドを使ったカリソン・デクスが有名ですが、私はあんまり好きじゃないのです。

18:00 DNR@RST
ゴッホの夜のカフェテラスのすぐ裏のレストラン、ラ・グリニョット(La Grignotte)にて夕食。

ラ・グリニョットで食事


よくでる野菜とポテトのスープに、ポークの煮込み。チーズとベリーのケーキ。
写真はメインの煮込みです。プロヴァンスではこういった料理が多いように思います。既にちょっと飽きました。

プロヴァンスの肉の煮込み料理


夕食の後、少し時間があったので、近くをうろつきましたが、ほとんどお店もあいていません。光につられて行くとワインショップが開いていたので立ち寄ります。プロヴァンスのロゼワイン9.3€を購入。お店の人が1本1本説明してくれ、とても感じが良かったです。

フォーラム広場近くのワインショップ


19:40 アルルのホテル、メルキュール カマルグに到着。3つ星。冷蔵庫なし、ポットあり。Free Wi-Fi(登録要)。

メルキュール カマルグの部屋


ちなみにフランスのホテルの星は、日本人が思うような高級さを表すものではないんです。ホテルの星はその国の基準によってつけられますが、フランスの場合は、主に規模や設備に対してつけられるので(バスルーム付きの割合とかエレベータ有無とか)、豪華さやサービスは表されていないと思った方がいいです。

小さな2つ星のホテルでも清潔でホスピタリティ溢れる所もあれば、4つ星でも立地も悪くサービス悪いところもあります。ツアーでは、人数泊まるので、3つ星以上がほとんどですが、大きなチェーン展開のホテルなら、まぁまぁ過ごしやすいことが多いです。

メルキュール カマルグ外観


次回はエクス・アン・プロヴァンスをレポートします♪
(ラスベガスからの更新でした)

フランス・エクスアンプロヴァンス

(本日アメリカ旅行から無事帰国しました。)

2012/02/25 (5日目)

8:00にアルルのホテルを出発し、途中休憩を挟み、9:05 エクス・アン・プロヴァンスに到着。
ド・ゴール広場のセザンヌ像の前でバスを降り、10:15までフリータイムの散策のみです。
画家セザンヌの生まれ、そして亡くなった町で、プロヴァンスの都とも言える美しい町です。

セザンヌ像


ここは、ド・ゴール広場。町の名の由来ともなった湧き水の豊富な町で、今も大小さまざまな泉や噴水が町をかざっています。写真はロトンドと言われる大噴水です。残念ながら珍しく天気があまり良くなく、曇り。歩くにはいいですが、写真は残念な感じです。

ド・ゴール広場の大噴水ロトンド


フリータイムの時間は70分なので、セザンヌのアトリエは無理ですね、と言っていた添乗員の言葉を全く無視して、まずそのアトリエを目指して歩き始めます。町並みがとてもきれいで、色使いなども洗練された感じです。

エクス・アン・プロヴァンスの旧市街


チェックポイントにしていた市庁舎までやってきました。市庁舎前広場では土曜の午前中ということもありマーケットが開かれていてにぎやかな感じでしたが、先を急ぎます。

市庁舎


ふと足元を見ると、セザンヌのエンブレムプレートが。ゆかりの地へと案内してくれるものらしいですが、かなり小さなものです。

セザンヌのエンブレムプレート


持っている地図を外れ、旧市街を出てまっすぐ歩いていると、前から来る老婦人に声をかけられました。どうやら、セザンヌのアトリエに行くならあっちの道だよ、と間違いを指摘してくれているようです(フランス語で)。お礼を言って教えられた坂道をあがります。

セザンヌのアトリエへと続く坂道


こちらがセザンヌのアトリエです。小高い丘の途中にあります。大変残念ながら、開館が10:00からということで中に入れませんでした。もっとも時間もなかったのですけどね。
それにしても老婦人に合わなかったら、また迷子になって戻れないところでした・・・。

セザンヌのアトリエ


道を戻り、再び旧市街に入ります。サン・ソヴール大聖堂に立ち寄ります。
中はすごく静かで荘厳な雰囲気でした。ここには素晴らしい回廊があるのですが、1時間毎のツアーでしか見れないので諦めました。

サン・ソヴール大聖堂


市庁舎のところにある時計台の下をくぐります。
周りは、生活感が見えるおしゃれな商店が多く、とても雰囲気がいい町です。

市庁舎の時計等


裁判所を抜け、セザンヌの生家があった場所を探します。残り時間が少ないので気があせりますが、なかなか見つかりません。近くにいた人に尋ねると皆親切に対応してくれますが、英語が通じないのか、生家だった場所を知らないのか、時間を浪費するばかりです。

やっとセザンヌの生家があった場所を見つけました。今は面影がないので、見たからどうだということもないのですが、半分は意地みたいなものですね。左手の建物がそれです。それにしても、初めてフランスに来た時は人が皆冷たいと思ってがっかりしたけど、この町ではフランス人の親切さに触れ、とても気分がよかったです。

セザンヌの生家


セザンヌの生家の近くで見つけたおもしろい水汲み場。この町はわずか70分では全然足りない美しさとユーモラスさ、人の温かさの詰まった町で、またいつかゆっくり来れたらなと思いました。

おもしろい湧き水場


最後はミラボー大通りを急いで出発地点まで戻ります。
すごく広い通りで500年を超えるプラタナスの並木などが見事です。

ミラボー大通り


ニースに向けてバスが出発すると少し晴れてきました。バスから後ろに山が見えます。
あれがセザンヌが描き続けたサント・ヴィクトワール山でしょうか。角度によっていろんな顔に見える、いかにも画家が好みそうな題材だな、と思いました。

サント・ヴィクトワール山


次回はエズをレポートする予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR