ペルー・ナスカの地上絵

2012/01/26 (8日目)

昨夜遅くに着いたのに5:30起き。朝食は少なめに、柑橘系の飲み物は避けたほうがセスナの乗り物酔いには良いなどと言われたのに、私は無意識でセスナに乗らないと決めてかかっていて、何も考えずパクパク食べてしまいました。

6:50 ホテルを出発、バスで15分のナスカのマリア・ライヘ空港へ。地上絵遊覧のための空港でセスナしかとまっていません。

ナスカのマリア・ライヘ空港


セスナには、カバンなど持ち込めないということで、必要最低限の貴重品だけもち、バスを降ります。小さな空港の建物に入るとすぐに、次々に名前を呼ばれて体重測定。あれ?体重量っちゃったということは、乗らないと申し出るタイミングを逃しちゃった?

ナスカのマリア・ライヘ空港のアエロディアーナ社カウンター


今回利用するのは12人乗りの中型セスナ。グループは25PAXなので、体重で3回に振り分けられます。朝は通常、人気があって待たされることも多いそうですが、この日は空いていたので、すぐに1組目が搭乗に呼ばれました。私は2組目。同じ機体を使うので合計3時間はかかります。

アエロディアーナ社12人乗り中型セスナ


名前を呼ばれたらセキュリティチェックを受けて、搭乗口へ。パイロットさんが迎えに来て、まずは地上絵を見る順番を説明してくれます。地図に番号も振ってあって分かりやすいです。他の国の個人客3人が一緒に同乗したので、片言の日本語と英語で説明してくれました。

搭乗券、地上絵遊覧の説明


こちらが12人乗り中型セスナの機内。以前レンソイスで乗った4,5人乗りの小型セスナに比べたら、小さな飛行機といった感じで、なんだかほっとしました。小型セスナは身動きできないくらい滅茶苦茶狭いし、暑かったし、怖かったし、あれには二度と乗りたくありません。

中型セスナ機内


操縦席。小型セスナの時は副操縦席にも客を乗せていましたが、今回はちゃんと副操縦士が乗ります。ちなみに、パイロットさんは「地球の歩き方GEM STONEナスカの地上絵完全ガイド」に載っていた方でした。今回はアエロディアーナ社(Aerodiana)社のセスナです。

中型セスナ操縦席


さぁ、離陸です。酔い止めも乗ると決まったときに飲んでおきましたが、不安はまったくの杞憂に終わりました。中型セスナだということと、パイロットの腕も良いのでしょう、大型の飛行機に乗っているのとなんら変わりないくらい、まったくと言っていいほど揺れません。

地上絵遊覧飛行へ


機内でも上手に説明をしてくれるので地上絵を見逃すということは寝てない限りはありえません。最初は「くじら」です。え?って思うほど小さく見えました。写真だと薄くてわかりずらいでしょうか?中央やや右に下を向いているのですが線にかぶって見難いです。この写真で見つけられたらスゴイ・・・。

くじら


次は宇宙人(フクロウ人間)。これは他の地上絵と違って山肌に浮き上がるように描かれているのではっきりと見えます。やぁって言っているように見えてかわいいですね。

宇宙人


さる。ぐるぐる円を描いた尻尾が特徴的です。そして指は4本。セスナはゆっくり旋回し、右側と左側の人が見えるように回ってくれるので、地上絵はとても見やすいです。旋回もうまくて機体がまったく揺れないので気持ち悪さはまったくありませんでした。

サル


ハチドリ。地上絵と言えばこれかな、っていう図柄です。くちばしの長さがデザイン性を高めていますね。セスナの旋回中、逆側のサイドの人に見せるために傾いているときも、自分と反対側の窓の下にくっきり絵を見れますし、自分側の時は羽のちょうど下に絵が来るよう回ってくれます。

ハチドリ


手と木(海藻)とパン・アメリカン・ハイウェイ沿いの地上の観測塔ミラドール。地上絵は年々消え行く状態にあると言われていますが、思ったよりもはっきりよく見えたというのが感想です。ほとんど雨が降らない地域で、ときおり雨が降って洪水とか起きるそうで、水が流れた後も確認できました。

手と木とミラドール


いくつか省略しましたが、地上絵はセスナから見ると案外小さく見え、地上絵以外の景色もなかなか素晴らしかったです。こちらは空港近くナスカの町の上空です。あんなにセスナに乗りたくないとか、乗る乗らないとぐちゃぐちゃ言っていた事がバカらしく感じました。

ナスカ上空


遊覧時間は30分ほど。最後の組が遊覧に出ている間は、空港建物の外にあるお土産物屋を物色。値段は高くないけど交渉が必要です。

ナスカのマリア・ライヘ空港の駐車場と土産物屋


地上絵柄のTシャツ6$などを購入。お土産物は地上絵をデザインしたものがほとんどです。

数々の地上絵グッズ


ナスカの地上絵遊覧観光は、ナスカの他、ピスコやイカ、パラカスからもセスナに乗ってくる場合がありますが、その場合は飛行時間はもっと長くなります。ナスカはリマから遠いけど、セスナが心配な方はナスカ発着のものを選択するのがオススメです。そして個人の方は、中型セスナや新しい機材を使う会社を選択することをオススメします。

次回は、ペルー旅行最後の旅レポートです♪

ペルー・ナスカ~リマ

2012/01/26 (8日目) 続き

ナスカのマリア・ライヘ空港を出て、パン・アメリカン・ハイウェイを走ります。
10:55 地上絵研究の第一人者マリア・ライヘが建てた地上の観測塔ミラドールに到着。周辺の景色はこんな感じ。

パンアメリカンハイウェイ


こちらが、ミラドール。思っていた通り簡素な造りです。地上絵を間近に見るにはナスカまで足を運びここまで来ないとダメなわけですね。10人までと書いてあったけど、25人が2組に別れて上がる様に管理者に指示されました。

マリア・ライヘのミラドール


で、私にはセスナよりこっちの方が問題でした。私はどうしても最初の踊り場までしか上ることができませんでした。透けてる階段、腰まで覆われていない手すりはどうしてもダメです。
高所恐怖症の人はむしろセスナに乗ることをオススメします・・・。

ミラドールの階段


仕方ないので、最初の踊り場で地上絵を観測。といってもこの高さでは絵には見えません。
どうやら木(海藻)の手前の方だというのがかろうじてわかる程度です。

ミラドールの下の方から見た地上絵


絵の線はまるで化石化しているかのように見えました。地上絵をどうやって、そして何故描いたのかというのには諸説ありますが、豊穣祈願とか天体図とか宇宙人が書いたとか、謎のままの方がロマンがあっていいかもしれません。

地上絵の線


ズームで見ると線はこんな感じ。線上の石をどけてある、というだけですが、子供の頃に校庭にゲームのため足で線を引いたような感じです。雨が降らない不毛の土地だったからこそ、今日まで絵が残ったのでしょう。

地上絵をズームで見ると


ミラドールの下ではお土産に、石に書いた地上絵のキーホルダーなどが売っています。1つ1$、ナスカAPTの土産物屋は2つで1$でしたが、ここのは売り手が自分で彫ったのだと言っていました。やり取りして記念に買う方が楽しいでしょうね。(私は置物は買いませんが)

ミラドールの土産屋


11:35ペルー最後の観光も終わり、リマへ向けてまた長いドライブです。
往路は海側でしたが今度は逆なので、車窓はこんな感じです。自然が多くて目にはいいですが、住み難い土地のようです。

リマへの帰り道の車窓


今日もLunchはボックスです。ジュースはいつもピーチネクター。好きじゃないのでゲンナリです。手をつけなかったものは、回収してガイドが現地の方に差し入れると言っていました。私が思っていた以上に、まだまだ貧しい国なのですね。

ランチボックスはハムチーズサンドが定番


16:45 2度目のトイレ休憩で日本人経営のお土産屋に寄ります。周囲には何もないところに高い塀と有刺鉄線がはられています。少しお土産は高めですが何でもそろっているようです。私はお土産に興味がないので、ビール2$を飲んで50分もの休憩を待ってました。

ビールで休憩


このツアーでは参加者一人につき一つエケコ人形がプレゼントされました。同じものは現地では3~4US$で売られていました。火曜と金曜にタバコなどをお供えすると願いが叶うと言うことで、TVで紹介されて以来、日本人にも人気の人形です。10cm前後、サイズはいろいろあります。

願いをかなえて下さるエケコ人形


日も暮れてからリマに戻ってきました。やっぱり賑わいが違います。東南アジアの雰囲気にも似ていますね。

リマの夜


19:30 DNR@RST
Centtollaというレストラン。すごく賑わっていました。こちら前菜。
ドリンクは、ピスコサワー6$、葡萄の蒸留酒ピスコを使ったレモンの入ったもので、爽やかな味、すごく好みのカクテルです。

前菜とピスコサワー


メインはシーフード。御飯がついていて、最初はちょっと不思議な取り合わせで、食べたことない感じでしたが、なんだか懐かしいような気もしました。

シーフード料理


23:55 LA-0600、リマ発ロサンゼルス行でペルーを出国です。いろいろ大変だった分忘れられない旅になりました。

次回は、ペルー旅行の番外編ロサンゼルスをレポートします♪

ラン航空・エコノミー

今回はLAN航空の搭乗レポートです。(2012年1月搭乗)
日本には直接乗り入れていませんが、南米旅行には利用する方が多いと思いますので、機内食、シート、サービスなどの感想を書きたいと思います。

ターミナルの端のゲートだったため顔が撮れなかったラン航空の機体。ロサンゼルス発リマ経由サンティアゴ行の使用機材、B767-200。垂直尾翼の星のマークが素敵なきれいな機材で、南米のエアラインだということを忘れてしまいそうです。

ラン航空B767機体


なお、ロサンゼルスの空港は、セキュリティを通ってしまうとターミナルの中にほとんどお店がないので、時間のある場合はセキュリティ前で過ごすことをオススメします。

LA-0601 ロサンゼルス発リマ経由サンティアゴ行きのシートです。機材が新しくて、機内もきれいでした。シート配列はAC-DFH-JLの2-3-2配列。途中にギャレーがないので視界が広くていいです。ただしエコノミーにはトイレが少ないです(前後に2つずつ計4つ?)。

ラン航空B767の窓側座席


ラン航空では、同行の人と一緒にチェックインしても、見事なまでに席がバラバラにされることが多いようです。この日は、運よく接続便が遅れたのか空席が多くて1人で窓側2席を使えたのでラッキーでしたが、通常は満席に近い便が多いようです。

パーソナルTVはタッチパネル操作可で使いやすいです。映画は40ほどあったと思いますが、日本語サポートがあるのは1本だけでした。8時間半ものフライトを過ごすにはもう少し日本語サポートを増やしてくれたら嬉しいのですけどね、それなりに日本人の利用もあるのですし。

ラン航空B767のパーソナルテレビ


ちなみにスリッパなどアメニティはありません。夜間の長時間フライトで、耳栓やらアイマスクが必要な方は自分で準備が必要です。

次は機内食の紹介です。ロス発リマ行きは、11:50発23:45着でした(On-Time発20分遅れ着)。
機内食1食目はチキンかパスタ。パスタをチョイス。味がとても薄かったです。奥にあるチーズケーキが濃厚でおいしかったです(プリンじゃないよ!)。

ロス発リマ行1食目の機内食


ドリンクですが、ワインを頼んだらグラスで出してくれて、他にはって聞いてくれました。サービスも聞いていた程悪くないです。ワインのお代わりも適切なタイミングでまわってきました。

機内食2食目は、ホットサンドイッチとカットフルーツ。到着1時間半前。時差があるからロスの時間だと夕食?ですが、リマの時間だともう夜中なので、これでいいのかもしれませんが、機内食というより軽食ですね。

ロス発リマ行の2食目の機内食


帰国便は、23:55発 LA-0600 リマ発ロサンゼルス行。機材はB767-300。
1食目はチョイスなしのトマトの入ったホットサンドイッチ。夕飯食べているので、要らないと言えばそれまでですが、簡素です。やはりドリンクはダブルで聞いてくれるのでこれは評価高いです。例えば水もらって、歯磨きとかうがいに使うのにもいいですよ。

リマ発ロス行1食目の機内食


2食目は、サンドイッチorオムレツ。黄色い飲み物はペルーの味、インカコーラです。南米では、どうもハムチーズのサンドイッチが大好きなんじゃないかと私の中では確信しています・・・。それにしても炭水化物だらけ。

リマ発ロス行2食目の機内食


ラン航空に限った話ではありませんが、アメリカ便ではスーツケースはRSAロックだろうが、鍵かけていなかろうが、適当にこじ開けて検査されることがあります。このときも鍵をかけていなかったにもかかわらず添乗員のスーツケースが無残に壊された状態で出てきました。壊されても惜しくないスーツケースを使ったほうがいいかもしれませんね。

ラン航空は預かる荷物の重さとか傷のチェックをちゃんとしていたのが印象的でした。思っていたよりちゃんとした会社のようです。

ペルー国内線は今回2度利用しました。
LA-2015 リマ発クスコ行き、とLA-2096 フリアカ発リマ行き。いずれも使用機材はA319、シート配列はABC-JKLの3-3配列。ドリンクサービスとスナックボックスが付きます。箱の中身は、リッツ、スポンジケーキ、チョコスナックの類です。箱はマチュピチュ発見100周年記念の写真を使用。

マチュピチュ写真のスナックボックス


ラン航空はワンワールドなので、マイルはJALかアメリカンかカンタスのどれに入れるか悩みました。加算率が違うので、予約クラスによって、またその年の他の便の利用によって選択することになりますが、他に予定がないので捨てることになるのを覚悟でJALに入れました。

ラン航空の最大の懸念は、キャンセルの多さではないかと私は思います。これは航空会社のせいというより空港のせいなのかも知れませんが、実際に私もフリアカ発リマ行きがキャンセルになりましたし、他の旅行者からもよく聞く話です。行程があまりにギリギリだと南米旅行は難しいですね。
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR