2012年の旅プラン

あけましておめでとうございます。
さて、今回は今年の旅のプランについて書きますね。

前回書いたように、実は今年は予算があまりありません。
ですので、春頃にはもうどこへも行けないと嘆き、ブログのネタもつきてしまいそうです。

それでは、今現在の予定を公開します♪


1月 憧れ続けたマチュピチュへ

予算が残り少ないと思った時、どうしても行っておきたかった所はどこか、そう考えたとき迷いなく1番に出てきた場所がマチュピチュです。旅好きとしては、ここを見ずして死ねません。

今まで何度も候補にあがり、ペルーに行くにあたっては、太平洋路線の飛行機、高山病(チチカカ湖)やセスナ(ナスカの地上絵)が怖くて、その都度尻込みしてきました。ようやく覚悟を決め旅行の申込みをしたときは水害でツアーは中止。

その後も何度となく候補に浮かんでは心の準備ができずに後回しにしてきましたが、ついに行くことにしました。今のところセスナに乗るかどうかは30%くらいの確立だと思います(笑)。


2月 春のカーニバルとカルカッソンヌ

ニースのカーニバルなどに合わせたツアーなのですが、私がずっと行きたいと思って組み込まれたものを探していたカルカッソンヌが入っているので申込みしました。ただ、今日現在、キャンセル待ちで、行けるかはわかりません。

早春というには2月は早すぎますが、カーニバルなどに合わせて南欧を回るのはとても楽しみです。


3月 アメリカの自然を見に

アメリカには昔、仕事等で何度か訪れたことがありますが、マイアミ近辺の他は主に大都市にしか行っていません。それで、アメリカの自然を見に行きたいと前から思っていましたが、これまたアメリカ方面へは一人で飛行機に乗れません。

旅とも達と次の旅行どこへ行こうという話しをしていたときに私が目をつけていたツアーを提案したら皆がのってくれました。私のお目当ては、アンテロープです。自然が作り出した美しい景観を楽しみにしています。


ということで、春までの旅行のプランは決めましたが、ここまでで予算のほとんどを使い切ってしまいます。後半はアジアなど近くて安いところへ行きながら、なんとかお金の工面をして、後半にまた遠くへ行けたらなと思っています。

ひょっとしたらご存知の方もいるかも知れませんが、こっそり旅の予定を更新しているページがこのブログ内にあります。気になる方はその後の状況をそちらでご確認下さいね。

それでは、今年もどうぞよろしくお願いします。
私と一緒に世界を巡りましょう♪

次回からクリスマスマーケットの旅レポートです♪(季節感がなくてスミマセン)

ベルギー・アントワープ~ブリュッセル

12月に一人参加(!)したクリスマスマーケットツアーの旅レポートスタートです♪

2011/12/14 (1日目)

私にしては珍しく集合時間の1時間近く前に成田空港へ到着。その理由は、KLMが自動チェックイン機を利用した個人チェックイン方式をとっているため。どうしても通路側をGETしたくて。
ですが、空港についた途端に愕然とします。なんと、既に、「遅延」の文字が・・・。

チェックインカウンターでは「本日はツアーコンダクターとしてご搭乗でしょうか」と開口一番。ほーら、来たよと内心思いながら、ちょっと待て、今日はジーンズで超カジュアルなのにと密かに憤慨。でもエコノミーコンフォートの席へ上げてもらったので不機嫌は取消。

遅延のせいで出発までまだ4時間近くもある。嫌いな飛行機を待つ時間がそんなにあるかと思うと卒倒しそう。ということで、ラウンジに行く前にめずらしく空港をうろついていたら、ばったりお気に入りの添乗員さんとすれ違いました。空港で人にばったりというのはよくありますが、こうしたすれ違いの再会というのは何だかちょっとハッピーな気分になります。

13:10 75分遅れでKL-0862便にてアムステルダムへ。KLM搭乗レポートはいつも通り旅のレポートが終わってからにしますね。
16:45 アムステルダム到着。到着も75分遅れ。現地係員と合流し、バスにてアントワープへ。

19:55アントワープ到着。スヘルデ川沿いのステーン広場で開かれているクリスマスマーケット会場の近くで下車。クリスマスマーケットが20:00までということでなんと5分のみの滞在!
観覧車がすごく立派でびっくり!

アントワープクリスマスマーケットの大観覧車


近くで見ると、ずいぶんと簡単な作りの乗り物。乗り出して落ちちゃう人とかいないのだろうかとちょっと心配になったりします。これがびっくりするほどの速さで回っているんです。

寒そうな観覧車は高速観覧車


ステーン城(海洋博物館)まで行って戻ってきます。このお城は10世紀頃から要塞として使われていたそう。博物館だったが、現在は中身を移転して内部を公開していないとか。

ステーン城


クリスマスマーケットのお店ももうすぐ終わりの時間ということで、ほとんどが店じまいか、その最中。何か夕飯代わりにちょっと軽いものでも買って食べようかと思っていたけどそんな時間もなし。

アントワープのクリスマスマーケット


こちらはアイススケートリンク。若者がスピードを競って一方方向に滑っていました。
周りのイルミネーションがとてもキレイです。

アントワープクリスマスマーケットのスケートリンク


KLMの遅延のせいもあって、たったの5分の滞在という信じがたい最初の観光。フランダースの犬で有名なかのノートルダム大聖堂も遠めにちらっと見る程度です。

ノートルダム大聖堂


川沿いの道をパーキングまで歩きながら、あまりの物足りなさにその思いをどこへぶつけていいやら心の中では葛藤していました。いくら飛行機が遅れたからって、ぴったり20時に引き上げなくたって、大聖堂の方とか少し街歩きに案内してくれてもいいのに!(後日自由行動日に行ってきたのでご安心を)

スヘルデ川沿いの道


20:50 ブリュッセルのホテル着。トーンブリュッセルエアポート。スタンダードホテルにしては清潔で設備が整っていました。湯沸しポット、冷蔵庫、ドライヤー、バスタブ有り。Internetは有料、24時間で9.95€。ここに3連泊。

トーンブリュッセルエアポートホテルの部屋


激安ツアーなので文句は言えませんが、朝食はひどいものです。クロワッサンは1人1個(笑)。
写真の他はフルーツポンチがあるくらい。毎日同じです。こんなことだろうと思っておにぎりなど持参したので、それほど憤慨しませんでしたが、グループの皆さんはうんざり気味でした。

トーンブリュッセルエアポートのツアー用朝食


ブリュッセルと言っても、実はこのホテルは空港方面のDIEGEMという駅から徒歩で10分の何もないところにあります。駅はなんと無人駅で急行とかも止まりません。店はまったくなく、周囲には大企業の研究所風オフィスがあるくらいで、とても寂しいところでした。街中まで出るのに、30分以上かかる観光にはちょっと不向きなロケーション。夏だったら時間もったいないと思うところでした。

DIEGEM駅


次回は、ドイツのケルン(あれ、また?)をレポートします♪

ドイツ・ケルン

2011/12/15 (2日目)

7:45 Dep HTL。ほんの15分前は暴風雨、天気予報は曇り時々雨。冬のこの辺りの天気はこんなもの。

10:40 ケルン着。前回来てから1ヶ月経ってない(笑)。簡単にケルン大聖堂の説明をされた後は、団体行動はなくすぐにフリータイム、70分。天気も前回と同様曇りで写真も区別つかない。

ケルン大聖堂


クリスマスマーケットは準備中の店も多かったので、まず先にケルン大聖堂の前にある「ツヴィリング・J.A.・ヘンケルス」の店へ。ここでお土産を買うことを来る前から決めていました(珍しく)。

ツヴィリング・J.A.・ヘンケルス


狙っていたのは、爪やすり。日本には入ってない商品で、お土産屋さんで買うと4~6€ですが、この店ではひとつ2€。自分用に欲しかったものですが、配り物にも最適です。

ツヴィリングの爪ヤスリ


街をうろついていると、クリスマスマーケットの各会場を回っているミニトラン(ドイツでは何と言ったらいいのかわからない)と遭遇。何箇所かの会場で乗り降り自由、たしか料金は7€。時間が3時間くらいあったら、これに乗ってちょっと遠くのクリスマスマーケット会場にも行ってみたかったけど・・・。

クリスマスマーケットエキスプレス


大聖堂横のクリスマスマーケットに戻ってきたけど、まだフード系のお店は準備中のところが多いので、先に大聖堂の中を見てくることに。それにしても、大聖堂をバックにしたクリスマスマーケットは、それだけで荘厳な雰囲気です。

ケルン大聖堂横クリスマスマーケット


ケルン大聖堂では、前月は入れなかった奥のエリアに入ることができたので、奥の方をゆっくり見学。凝った装飾の棺などがたくさん置かれていたりしました。一番奥のステンドグラスも細かくてとてもきれいでした。

ケルン大聖堂最奥のステンドグラス


こちらは、東方三博士の聖遺物。三博士の頭蓋骨が収められているとかガイドブックには書いてありましたが、果たしてどうでしょうか。この博士たちは、イエスキリストが生まれた時に拝みに来た人たちですから。棺かなと思うくらい大きめのまばゆい入れ物です。

東方三博士の聖遺物


時間もいい頃合になってきたので、クリスマスマーケットを散策します。ほとんどがクリスマスならではの商品を売るお店。かわいい飾りやお菓子を売るお店は繁盛しているようです。

クリスマスマーケット出店の店


ちょうどお昼時でこのツアーには食事がついていないので、ドイツならではのソーセージを買って(3€)食べながら歩き回りました。少し塩気が強いし、やわらかくてあまり好みではなかったですが、まぁ雰囲気重視ということで。

ケルンのソーセージ


正午近くなると人の出も多くなってきました。何か買いたいときは空いているのもいいですが、やっぱり賑わいがないと、ですよね。といっても、こういうところには必ずプロのスリ達が稼ぎにやってきているので十分注意が必要です。

混み合ってきたクリスマスマーケット


こちらは、クリスマスクリッペ。必ずどこの町にもクリスマスには飾られるキリスト生誕を再現した人形セットです。その町によって工夫を凝らしたものが飾られていて見比べるのも楽しみのひとつですね。

クリスマスクリッペ


12:00 バスがケルンを出発すると同時に雨が降ってきました。運がいいのか悪いのか・・・?
次回は、デュッセルドルフをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR