ドイツ・ドレスデン

2011/11/18 (4日目) 続き

12:25 ワイマールからバスで2時間半、ドレスデンに到着しまずはLunch。
メインはコールルーラーデ(ロールキャベツ)。赤ワイン5€は陶器の入れ物で。ロールキャベツは結構大きめ。ソースとよく合ってて、熱々でおいしかったので完食。

コールルーラーデ(ロールキャベツ)


ドイツではホテルやレストランなどでこんな自動販売機を良く見かけます。タバコの自販機です。もっとクラシックなタイプもあっておもしろいです。値段は、確か5€くらいだったかと・・・。

ドイツのタバコの自販機


13:25 ドレスデン観光は、ツヴィンガー宮殿の裏でバスを降り徒歩にて。
写真は王冠の門、ポーランド王としての王冠を表しています。

ツヴィンガー宮殿王冠の門


ツヴィンガー宮殿の中庭。マイセン磁器製のカリヨンがあって、14:15のやさしい鐘の音を聞きます。あとは10:15、18:15に鳴るそうです。宮殿の建て物は、18世紀のバロック様式ですが、現在は、絵画館、磁器博物館、武器博物館になってます。フリータイムで時間があれば入りたいところですが、そこまで滞在時間がないのは残念。

ツヴィンガー宮殿中庭


ゼンパーオペラ(ザクセン州立歌劇場)。19世紀の建物。今あるのは1985年に復元された建物。前の劇場広場に立つザクセン王ヨハンの像はツアーでのフリータイム後の集合場所となることが多いです。

ゼンパーオーパー


旧宮廷教会(大聖堂)。元々はプロテスタントの地域だったのですが、強王と歌われたアウグスト1世がポーランドの王冠欲しさにカトリックに改宗したことから、その息子によってカトリック教会として建てられたもの。

旧宮廷教会


宮廷教会には入場しました。白を基調とした綺麗な内装です。地下にはアウグスト強王の心臓だけが安置されており、女好きで365人もの子供がいたと言われるだけあって、今でも好みの美女が上を通ると心臓が脈打つとか。

旧宮廷教会内部


ゲーテが「ヨーロッパのバルコニー」と言って好んだブリュールのテラス。
エルベ川と対岸の景色を楽しめる広いテラス。川の対岸から旧市街を眺める方に作ったらもっと眺めは良かったろうに?ここに来るのがいつも冬だからか何か寂しげな場所にも感じます。

ヨーロッパのバルコニー、ブリュールのテラス


2005年復元されたフラウエン教会(聖母教会)。ノイマルクト広場に立つのはルターの像。17年もかけて建てられたフラウエン教会は第二次世界大戦の爆撃で一夜にして燃えて崩れてしまいました。その時の無残な写真を現地ガイドが見せてくれた。ルターの像も吹き飛び、教会は戸枠のような部分を残して崩壊した瓦礫の塊でした・・・。

ドレスデンフラウエン教会


ノイマルクト広場。エルベのフィレンツェと呼ばれるドレスデンの中でフィレンツェっぽいかどうか別として最も綺麗な街並みを見せてくれる場所じゃないでしょうか。
確か左奥の建て物はアウグスト強王が妾に贈った宮殿だったと思います。

ドレスデンノイマルクト広場


土産物屋で解散し16:00までフリータイムとなります。土産物屋でクロイツカムのバウムクーヘンを購入(約15€)してから、フラウエン教会の塔に登ろうとしましたが、15時でおしまいと断られました。私の時計では15時ちょうどなのに・・・。

ドレスデンといえばシュトレン発祥の地なので、お菓子屋さんに寄ります。1kgとかすごく大きなものから、日本にも輸入されている小さなものまで様々。

フランエン教会には入場もできなかったので、聖十字架教会の塔に登りに行きます。
聖十字架教会に付くと、すぐに塔への案内表示に従って、急な狭い階段を上りました。有料なはずですが、何故か料金徴収はありませんでした。眼下には、ドイツ最古のクリスマスマーケット、ドレスデンのシュトリーツェルマルクトがアルトマルクト広場で準備も終盤を迎えていました。高所恐怖症なので乗り出して写真を撮れません。

聖十字架教会(クロイツ教会)の塔の上からの眺め


塔から下りてきたら、13世紀からの歴史のある聖十字架少年合唱団がまさにリハーサル中。教会の中は見学できなかったけど、ガラス越しには見せてもらうことができました。歌声はまさに天使の歌声といった素晴らしいものでした。

聖十字架合唱団のリハーサル風景


ドレスデン城の外壁の壁画、君子の行列。第二次世界大戦の爆撃で街が壊滅的な打撃を受けても、一部が破損しただけですんだというマイセン磁器のタイル2万5千枚でできた101.9mもある壁画。何度見ても立派なものです。

ドレスデン城君子の行列


アウグストゥス橋を半分くらい渡って橋からの眺めを最後に目に焼きつけ集合場所の劇場広場へ。この後は、3時間かけてベルリン近郊ホッペンガルテンのホテルまで移動です。

次回はベルリンをレポートします♪

ドイツ・ベルリン

2011/11/18 (4日目) 続き

18:55 Arr HTL
ドレスデンからバスで3時間。ベルリン近郊の何もないホッペンガルテンという場所のホッペンガルテンベルリンという4つ星ホテル。部屋は少しゆったりめ、ミニバー、ドライヤー有。InternetはTELEKOM以外のサービスもあるが1日15€。ここに2連泊です。

ホッペンガルテンベルリンの部屋


2011/11/19 (5日目)

9:30ホテル出発とゆっくりめですが、周囲には何もないし、朝食へは顔も出さず、部屋で朝からビールだカップ麺だという始末・・・。

10:00 ベルリンの壁から観光スタート。壁を利用したアートギャラリーとなっているイーストサイドギャラリー。落書きじゃないかと疑いたくなるくらいの作品も。

ベルリンの壁イーストサイドギャラリー


壁が切れたところから裏側を見ると、もう一枚の壁の一部とシュプレー川。壁は1重だと思っていたけど、4重くらいになっていたそう。壁が崩されたときは、まだ海外旅行をしたことがなかったし、無縁な世界だと思っていたので文献など今更壁の勉強。

ベルリンの壁の裏側


10:30 ブランデンブルク門。この側に壁が作られたので東西ドイツ分断の象徴ともなっている。ここで25分のフリータイム。久しぶりに写真に青空が!

ブランデンブルク門


少し時間があったので、ホロコースト追悼碑(ユダヤ人犠牲者記念館)へ。マイケルジャクソンで有名になったホテルアドロンの裏側にあり、5分ほどで行けますがツアーでは通常案内することはないよう。2711本の巨大なブックが波打つ地面に整然と並んでいます。地下には情報センターがあるようです。時間があれば足を伸ばしてみて欲しいスポット。

ホロコースト追悼碑


11:00 ペルガモン博物館。ベルリン観光には必ずと言っていいくらい入っている人気の博物館。どんなに急いでも1時間以上は必要。トルコのベルガマにあった紀元前の「ゼウスの大祭殿」がどんと丸ごと飾られている。ちなみにこの博物館を含む博物館島が世界遺産に登録されています。

ペルガモン博物館


ペルガモン博物館の私のオススメは、大祭壇の右側のエリア。古代アッシリアやバビロニアの重要な遺物がたくさんあります。奥のほうは改修のため閉鎖中。こちらは、ミレトスの市場門。

ペルガモン博物館ミレトスの市場門


古代バビロニアのイシュタール門をくぐって、先の模型を見るのもオススメ。美しい青い門がどのようにして建っていたのかを確認すると、頭の中でタイムスリップを楽しめます。写真は門の一部。ハムラビ法典みたいなのが写ってますが、確かルーブル所蔵だったはずなので、レプリカ?

ペルガモン博物館イシュタール門


実は今回は、ガイドの説明を無視して、自分の見たいものだけささっと見て抜け出し、こっそり隣の新博物館(エジプト博物館)へ行きました。もともとエジプトに行く予定がエジプト航空の再開が白紙化されてドイツに来ることになったので、せめて・・・
11:30 新博物館。10€。日本語の案内図は置いてません。

新博物館(エジプト博物館)


お目当てはコレ、ネフェルティティの胸像(2F右奥)。この像だけは撮影禁止だったので、これはパンフレットを写したもの。標準的な女性の頭より一回り小さいくらいのサイズ。顔のラインがそれは美しくため息が出ます。アマルナ時代はありのままの芸術が求められた時代なので、これが本当ならネフェルティティは絶世の美女だったに違いない。

王妃ネフェルティティの胸像


古代エジプトのアマルナ時代の展示品が数多く、保存状態もとても良かったので、もっとゆっくり見たかった。これはアマルナ王家のレリーフ。英語とドイツ語でタイトルがつけられているだけなので見る側は知識が必要。右のネフェルティティの肩辺りにいるのが三女で後のツタンカーメンの王妃となるアンケセナーメンだと思う。

古代エジプトアマルナ王家のレリーフ


2Fにはパピルスの所蔵品も多いです。3Fをさくっと見た後は、1Fへ。1Fにも古代エジプトの遺物が多く展示されていました。これは刻まれたカルトゥーシュ(王名枠)からセティ1世のレリーフと思われます。(ちょっとしたエジプト通です)

セティ1世のレリーフ


他にもハトシェプストの偽扉とか王墓などから剥ぎ取ったと思われるレリーフ、像などがたくさんありました。発掘当時のエジプトを考えると、こうして海外に持ち出して博物館にあるのは、結果としては保存状態よく現在まで残せたと言っていいと思いますが、いつかエジプトに返してあげて欲しいとも思います。(今は時期尚早)

12:15 ぎりぎりに何食わぬ顔でバスへ戻ります。
12:30 Lunch。ベルリンでしか味わえないビール、ベルリーナー・ヴァイセ(赤と緑)各4€はビールというより、アセロラソーダみたいな感じでした。

ベルリーナー・ヴァイセ


この後は、近郊のポツダムに行きます。ポツダムは次回レポートしますね。

17:05 ベルリンに戻ってきて、土産物屋へ。値段は高めだけど、お土産品は一通りそろっている。DNRまでフリータイムなので、カーデーヴェーというデパートまで行きました。高級デパートといったところで、日本語のフロアガイドもあります。6Fには世界中のありとあらゆる食べ物がそろっているかのようでした。ここでは買い物はせず近くのドラッグストア(DB)で巨大なニベアを購入3.45€ 400g。

高級デパートカーデーヴェー


カイザー・ヴィルヘルム記念教会の周辺ではクリスマスマーケットがほぼできあがっていたような感じ。古い教会は修復のため囲われていてその姿は見られませんでした。あの歴史をかいくぐってきましたという風貌の古い教会が好きだったのに残念。

カイザー・ヴィルヘルム記念教会


次回はポツダムをレポートします♪

ドイツ・ポツダム

2011/11/19 (5日目) 続き

14:35 ベルリンから約15km、ポツダムのサンスーシー宮殿に到着。
ロシアでピョートル大帝やエカテリーナ宮殿を見た後では、かわいい宮殿、と思ってしまう。

サンスーシー宮殿


残念ながら今回のツアーでは宮殿は外観のみの観光。フリータイムもほとんどないようなので、内部は見れず。案内図を見ても部屋数などは小規模。サンスーシーとはフランス語で「憂いなき」という意味。

サンスーシ宮殿地図


フリードリヒ大王が自ら設計し建てた夏の離宮。1747年完成。ロココ様式の宮殿で、36体もの像が屋根を支えるようなデザイン。フリードリヒ大王はこの窓の向こうで74歳で老衰のため亡くなっている。

ロココ様式のサンスーシ宮殿


宮殿はさほど大きくないけど、庭は違う。300ヘクタール近くあり、見えているのは1/10にも満たない。地図の中央やや右、黄色い正方形のあたり。それにしても、季節柄、庭には花もなく、像の類は小屋に入れられ、さびしい感じ。

階段状のぶどう園があるサンスーシ宮殿の庭園

サンスーシ公園の地図


宮殿のすぐ脇にはフリードリヒ大王と11匹の愛犬たちのお墓がある。素朴なお墓だけど、生前にフリードリヒ大王が用意したお墓だそう。東西ドイツ統一後、亡くなってから200年以上も経ってやっとここに葬られたとか。寒冷地でも育つジャガイモの栽培を奨励した王ということで墓石の上にジャガイモが供えられていました。

フリードリヒ大王と愛犬の墓


15:15 ツェツィーリエンホーフ宮殿。こちらは入場観光。
最後のドイツ皇帝の皇太子のための館。というより、ここはポツダム会談が行われたところとして有名。皇太子妃ツェツィーリエの名から名づけられている。

ツェツィーリエンホーフ宮殿



中庭や建物は、先ほどのサンスーシー宮殿付近のフランスっぽい雰囲気とは対照的に英国風。この宮殿の一部は現在ホテルとして使用されているそうです。

ツェツィーリエンホーフ宮殿の中庭


カメラ撮影料3€を払い、貸切ツアーで入場。歴史的背景などを説明された後、皇太子妃の好きだったヨットの部屋から見学スタート。部屋の真ん中にマストに見立てた柱が通る。君主制が崩壊し、皇太子一家は一年しかこの宮殿には住んでいないということできれいなまま保たれている。

皇太子妃お気に入りのヨットの部屋


2,3の部屋を通って、ポツダム会談が行われた会議室へ(元リビング)。ポツダム会談とは、第二次世界大戦の戦後処理を話し合うためアメリカ、イギリス、ソ連の首脳が集まった会談。

ポツダム会談が行われた部屋


当時の写真も飾られている。当時まだ戦っていた日本に無条件降伏を求めるポツダム宣言を発したのもこの会談。ここで日本の運命も議論されたわけです。

ポツダム会談の様子


チャーチルにあてられた控え室は元は皇太子の図書室。今も古い書籍がぎっしり。会談中に選挙に敗れて途中でアトリーに変わるなどスターリン以外はメンバーが入れ替わっているのも現代ならでは。

皇太子の図書室


周囲は広大な新庭園で、ユングフェルン湖畔が広がるのどかな景色です。
サンスーシーとツェツィーリエンホーフは世界遺産として登録されています。

新庭園


16:20 ベルリンへ向けてもう薄暗くなりかけた道を戻ります。周囲は宮殿と見まごうほどの豪邸ばかりだったのが印象的でした。他に何もなくさびしげなところではあるけれど・・・。

次回は、シュヴェリーンをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR