FC2ブログ

ドイツ・シュヴェリーン

2011/11/20 (6日目)

8:30 ホテルを出発し、いよいよ楽しみにしていた北ドイツ地方へ。
11:30 シュヴェリーンに到着。いきなりこの街の観光のハイライト、シュヴェリーン城前でバスを下車。

ネオルネッサンスを基調としたシュヴェリーン城


城へ入場する前に後で集合するマルクト広場を確認に行ってから城のある島へと渡る。橋に止まるカモメ(?)は人に慣れているのかピクリともしない。

シュヴェリーン城へ向かう橋にとまるカモメとブルク湖


ブルク湖の向こうに見える街並みもとても素敵。

ブルク湖とシュヴェリーンの街


城は橋を渡って右から1/3くらい回ったところに入り口がある。シュヴェリーン城は中で説明ができないということで、各自見学後、Lunchまで自由行動となりました。

ホールは豪華で、ポートレートギャラリー、スモーキングルームなどを見れます。入り口右側のエリアは順路が別なので見落としがちですが、マイセン、ライフル、絵画などの豊富なコレクションが見れます。残念ながら内部は撮影禁止なので、城からの庭の眺め。

シュヴェリーン城から見たシュヴェリーン湖と庭


城から見た庭が素敵そうだったので、城を出てさらに左へ行き庭に出ます。シュヴェリーン湖沿いに遊歩道が張り巡らされ散歩するのに気持ちよさそうです。

シュヴェリーン城の庭


庭から見たらシュヴェリーン城、すごく素敵です。ガイドブックなどには、フランスのシャンボール城をモデルに作られたと書いてあったけど、それは間違いだと添乗員は言ってました。確かにフランス風の城ですが私は似ているとは思えませんでした。

庭から見たシュヴェリーン城


どうせなので、城を一周して戻ります。角度が少し変わるとまた別の顔を見せてくれるお城です。

斜めの角度から見たシュヴェリーン城


城通りをマルクト広場方面へ歩きます。道の両側は官庁街となっていて、今造った様な真新しい綺麗な街に見えます。

城通りは官庁街


プーシキン通りは綺麗なショッピングストリートといった趣。ですが、日曜なのでお店も閉まっていてひっそりとしています。

プーシキン通りはおしゃれなショッピングストリート


マルクト広場の向こうに建っている大聖堂に向かいます。そこの塔からの眺めが素晴らしいとガイドブックにあったので。塔の入り口に行くと管理人に声かけるようにと書いてあったので、教会内の売店のおばあちゃんに声かけたらその方が管理人でした。2€払って、入り口に案内してもらいます。親切にいろいろ説明してくれましたがドイツ語がさっぱりわかりません。

工事中の真っ暗な空間を横切ってこれまた真っ暗な階段を上ります。
この階段がすごく狭く、急。往復同じ階段を使うので、すれ違うのは窪みのあるところまで行かなきゃいけなくて大変。そして、途中で急に閉塞感などから恐怖心がこみ上げてきてとまらなくなる。どうやら高所恐怖症だけじゃなく閉所もダメらしい・・・。

大聖堂の塔への階段は超狭い


泣きそうになりながらも上った甲斐はありました。上からの眺めはそれは素晴らしい。城や湖に囲まれた町がとても素敵! すぐ下に見えるのがマルクト広場、右前方にはシュヴェリーン城が見えます。

大聖堂の塔からの眺め、シュヴェリーン城、シュヴェリーン湖方面


塔の上はきっちりとした囲いがあって怖くはなく360度この街を眺めることができます。湖の多い街だというのが実感。けれど階段があまりに怖かったので、もう一度来ても上らないと思います。高所より閉所がダメな人にはオススメできません。

塔からのシュヴェリーンの街の眺め、北方面、シュヴェリーン中央駅方面


下りた後は、大聖堂をゆっくり見学。素敵なステンドグラスや立派な棺などもありました。上ったのは左の塔、四隅に小さな塔がついている部分です。

大聖堂


13:15 マルクト広場の集合場所へ集まり、旧市庁舎の裏側にある素敵なレストランでLunchです。

シュヴェリーンの素敵なレストラン


14:25 城を湖越しに眺めながら、バスでリューベックへ移動します。湖にまるで浮いているように見えるお城はとても素敵で、この角度からだとシャンボール城にちょっと似てるなと思いました。

湖に浮かぶシュヴェリーン城


次回は、リューベックをレポートします♪

ドイツ・リューベック

2011/11/20 (6日目) 続き

15:50 霧が立ち込めるリューベックに到着。「バルト海の女王」とか「ハンザ同盟の女王」とか呼ばれるこの街の旧市街は世界遺産に登録されています。そのシンボルがこのホルステン門。15世紀のもので、地盤が弱いため石の重みで全体が歪んでいます。

ホルステン門


徒歩にて、ホルステン門をくぐり旧市街へ。トラヴェ川の向こうに建つ素敵な倉庫郡は中世ヨーロッパで白い黄金と呼ばれた塩を貯蔵したもので、16世紀から18世紀の建物。ハンザ同盟はこの地に発祥し、12世紀末から17世紀初めまで400年も続いてこの街に富を築いたのです。

リューネブルク産の塩を貯蔵した倉庫


マルクト広場の所でフリータイムとなったので、ブライテ通りを歩きマリエン教会に向かいます。左手は市庁舎。霧のため見通しも悪く、地図と睨めっこしながら歩きます。

プライテ通りと市庁舎


市庁舎をはさんで右手には、マルチパン(マジパン)で有名なニーダーエッガーというリューベックでも有名なお店があり繁盛しています。私はあまり好きじゃないんですが、いろんな形のものがあって見るだけで楽しいです。

マルチパンのニーダーエッガー


マリエン教会の塔に上りたかったのだけど、教会は16時までだったようでタッチの差で間に合わず。まぁ、この霧のかかり具合だと上っても何も見えなかったと思いますけど。

マリエン教会


そうは言ってもちょっと諦めが悪いもので、聖ペトリ教会の塔へ。3€。エレベータで上がれます。他に誰もいない・・・。教会自体は中ががらんどうで現在使われている節がなかったです。

聖ペトリ教会


上からの眺めは案の定。マリエン教会もまったく見えないし、かろうじて真下あたりの家が見える程度。ホルステン門も明かりのついた真ん中あたりが識別するのがやっと。まぁ、これも記憶に残る思い出となるでしょう。

聖ペトリ教会の塔からの眺め


塔から下りた後は、クリスマスマーケットの準備がほぼ済んでいるマルクト広場へ。
市庁舎がきれいに見られるスポットなのでしょうけど、クリスマスマーケットの小屋で建物は屋根くらいしか見えない。

クリスマスマーケットの準備ができたマルクト広場


クリスマスツリーも準備万端、ネオンも点灯されているが、まだクリスマスマーケットは始まっていない。そんな、わずかな期間に楽しめる独り占めの景色です。もうすぐここも人でいっぱいになるのだろうから・・・。

マルクト広場のクリスマスツリーとネオン


ニーダーエッガーで棒に刺さったツリー型のワッフル1.2€を買って食べながらブライテ通りを歩きます。ブッデンブロークハウスを少しいったあたりで時間切れで引き返し短いフリータイムが終わります。

ニーダーエッガーのワッフル


16:50にマルクト広場で集合し、17:15ホルステン門からバスに乗ってハンブルクへ約1時間の移動です。17時も過ぎるとすっかり「夜」です。日に日に、日が短くなって来るのを感じます。
この街はいつかまたゆっくり訪れてみたい、そういう雰囲気の心残りを感じる街でした。

夜の霧に建つホルステン門


次回は、ハンブルクをレポートします♪

ドイツ・ハンブルク

2011/11/20 (6日目) 続き

18:20 ハンブルクのホテル、メルキュールエアポートに到着。どうも今回のホテルは立地が悪い。4つ星。TelekomのWi-Fiが何か問題があって繋がらない。HTLのInternetは他にも接続があるが、24h 9.9€、30min 2.5€。湯沸しポット、ドライヤー、空の冷蔵庫、バスタブ有。

ハンブルグメルキュールエアポートホテルの部屋


なぜかカーテンのレールが2重・・・。厳密に言うと4重?初めて見たような気がする。部屋は少し広めだけどベッドは狭い。すぐ近くにスーパー有り、8-21時、ただし今日は日曜なので休み。食事はドイツではいい方かな。

ハンブルグメルキュールエアポートホテルの部屋のカーテンレール


2011/11/21 (7日目)

8:50 ホテルからバスで1時間、ハンブルクの市庁舎前に到着。ここからは歩いて観光。今回の添乗員はかなりの方向音痴で地図が読めないタイプ。ガイドも付かないのであちこちで道を聞きながらの観光となりました。

ハンブルク市庁舎


聖ペトリ教会。こういう塔などのある建物をランドマークに地図を見て歩けば普通は地図が読めるはずだけど、ダメな人にはダメらしい。日程表に載っているところへは案内しないわけにはいかないからフリータイムにもならないし、時間の無駄だなぁと内心いらっとする。

聖ペトリ教会


倉庫街にたどり着く。運河沿いのレンガ造りの倉庫はきれい。19世紀の雰囲気がそのまま残っている。

倉庫街


コーンハウス橋から運河を覗くと、サンクトペテルブルクのウサギ島にあったウサギのようなコインが乗った台があったので、小銭がなくなるまで投げました。最後の1枚が乗ったので、何か願いがかなうか、またここに来れるに違いない。

ツォル運河にあるコインのせスポット


ドイツ第二の都市、ハンブルクは近代的で洗練された街という印象。なんというか日本で言えば横浜みたいな。横道も素敵な雰囲気です。

ハンブルクの街並み


何故か特に観光スポットというわけでもないニコライ運河が日程表に載っていたので、そこまで歩きます。特に綺麗な運河でもないし、橋に像が建っていたので一応記念に写真を撮りました。

ニコライ運河


日程表上の観光スポットを回ったということでマルクト広場に戻ります。街角での信号待ちでも、お店のウィンドウを覗く楽しみがあっていいです。紅茶屋さんのポットがかわいい。信号が短いので、うっかり渡り損ねると怒られるのでうかうか余所見もできませんが。

紅茶屋のポット


市庁舎近くで見かけたマンホール。私はよくマンホールチェックします。その街っぽいマンホールが好きです。

ハンブルクのマンホール


朝早くてどこに入れるわけでもないし、店もまだ開いていないので、フリータイムもありませんでした。マルクト広場下の公衆トイレ0.5€によってすぐに出発です。
天気がよくなって来ました。着いたときと打って変って青空です。

マルクト広場と市庁舎


2時間かけてブレーメンへ移動です。内アルスター湖を車窓に見ながらあっという間のハンブルク滞在を振り返りました。

内アルスター湖


次回はブレーメンをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR