ロシア・エルミタージュ美術館

2011/10/11 (6日目)

9:00 ホテル出発。この日は残念ながら予報通りの本格的な雨。ですが、午前中はエルミタージュ美術館の見学なので、天気はあまり関係ないしまぁいいかと一人納得。でもせっかくのきれいな冬の宮殿の写真が暗い・・・。

エルミタージュ美術館冬宮


10:00 エルミタージュ美術館前の宮殿広場。広大な広場にはポツンとアレクサンドルの円柱。向こうに見えるのが、旧参謀本部。天気のためか、人もほとんど歩いていないので、その広さが一層際立っているように見える。

宮殿前広場とアレクサンドルの円柱


エルミタージュ美術館は写真撮影OK(フラッシュ禁止)。クロークに上着を預け、トイレは1Fの階段脇などにあるので、先に済ませてから見学に出発。
まずは、お決まりコース「大使の階段」からスタート。

大使の階段


大理石に赤じゅうたんの階段を2Fへ上る。各国の使節などを迎えるのに相応しい正面階段で、王侯貴族になった気分。天井の絵や、周りの装飾などに圧倒される。実は私は絵画などにあまり興味がないので、こういった宮殿の内装などを楽しみにしていたのですが、期待を裏切らない豪華さ。

大使の階段上部


ピョートル大帝の間。ピョートル大帝の栄誉をたたえ、ニコライ1世が建造した部屋。
他の部屋と違ってちょっとシックな感じ。

ピョートル大帝の間


紋章の間。この宮殿には1000を超える部屋があり、数えきれないほどの巨大なシャンデリアが使われている。奥ではちょうど電球の交換中。電球の交換だけで1年中、仕事があるんだろうと想像できる。

紋章の間


1812年祖国戦争の間。ナポレオンを敗走させた祖国戦争の勝利を記念したホールで、332人のロシア将軍の肖像画が並べられている。反対側(写真の手前)にもズラリ。これだけそろうとすごく立派なものに見える。

1812年祖国戦争の間


その後、王座の間を通り、パヴィリオンの間へ。ここには、モザイクによるテーブルなどがあり、その細かさは、ギリギリまで顔を近づけないとモザイクだと気付かないほど。壁にかけられたエカテリーナ2世肖像もモザイクでできている。その他、黄金の仕掛け時計「孔雀の時計」など見ものが多い。

モザイクによるエカテリーナ2世肖像画


パヴィリオンの間は、エカテリーナ2世の愛人だったと言われるポチョムキンが暮らしていたとされる部屋。ネヴァ川と空中庭園の両方を窓から見れる絶好のロケーション。私はこの部屋の一角がちょっと気にいった。部屋の上にあるバルコニー?に通じる階段がある一角。ただ広い広間ばかりの宮殿で、かくれんぼができるようなスポットがあると興味深く見てしまう。

パヴィリオンの間


新エルミタージュ側へ渡り、イタリア美術でダヴィンチなどの作品を見る。
こちらは、225室。これといった展示がない部屋はなんだかほっとする。300万点を超える収蔵美術品をいくら部屋数があるからと言ってもそこかしこに展示されているとさすがに疲れてくる。たまにはただキレイなだけの部屋はありがたい。

225室


各部屋には番号がついていて、館内マップを持っていれば迷うことはない。ただ、とにかく広いので、行きたいところへ行くのは簡単じゃない。事前にルートを決めておかなければ、同じ部屋へ戻って見過ごしたものを見にもう一度行くというのは気力もそがれるので注意したい。ルーブル程わかりにくい位置関係ではないものの、広さの点だけは侮ってはいけないと思いました。

ラファエロの回廊へ。こちらは、ヴァチカンのラファエロの作品をコピーして作らせたという回廊。フレスコ画が壁や天井を一面に埋め尽くしている。実際にここを歩くより、入り口から眺めるのがオススメ。

ラファエロの回廊


オランダ美術を見、ルーベンスを中心とするフランドル美術を鑑賞した後は、冬宮へ戻り、フランス美術を見ながら、3Fへ。ちなみに階段は結構急なので足腰弱い方はエレベータも使えます。3Fでは、近世のヨーロッパ美術の絵画を鑑賞。セザンヌ、モネ、ルノワール、ゴーギャン、ゴッホにピカソなど誰でも知っている有名な画家の有名な作品が明るい展示室で鑑賞できます。

2時間近くガイド付きで絵画を中心に見た後、残り1時間はフリータイムです。
私は、絵画より彫刻とか遺跡発掘物が好きなので、新エルミタージュ1Fの古代エジプト、ローマ・ギリシャの展示をゆっくりと一人で見て回りました。写真はクレオパトラの像。

古代エジプト文化の芸術


それにしても足の悪い人含め、この広い美術館を皆よく歩き回ってました。私は持久力がないので、椅子があるところではすぐ座ってしまいます。

割とあっという間に1時間が過ぎましたが、集合時間になっても4人のPAXが現れない。添乗員が探しに消えた瞬間、逆方面から4人が現れたので、走って添乗員を追いかけました。久々に全速力。添乗員が若くて、捕まえたのはカフェの近く。また危うく迷子になるところでしたね・・・。

次回は、ぺテロゴフ、ピョートル大帝の夏の宮殿をレポートします♪

ロシア・ペテロゴフ(ピョートル大帝夏の宮殿)

2011/10/11 (6日目) 続き

16:00 サンクトペテルブルクの中心部からバスで約1時間20分、ペテロゴフに到着。夏季のツアーでは、「ピョートル大帝夏の宮殿の庭園観光」という場合が多い。ここは噴水が有名だから。今年は10/9が噴水の最終日だったので、私たちはほんのちょっと間に合わず、代わりに大宮殿の入場観光という予定。
だったのですが、着いてみたら噴水やってました!現地ガイドもびっくり。

ペテロゴフ 下の公園の噴水


大宮殿から見た下の公園。中央の運河の先はフィンランド湾。公園の木々はすっかり黄色に染まり、観光客もまばらです。

ピョートル大帝夏の宮殿大宮殿より下の公園を見下ろす


16:20 大宮殿へ入場。ロシアの宮殿は入場に際し、持ち物の持ち込みが結構きびしく、大きめのカバンはクロークに預けなければなりません(女性の小さめのハンドバックはOK)。ここの宮殿が一番厳しかったです。

残念ながら、大宮殿は内部は撮影禁止。現地ガイドの案内で1時間見学しましたが、いやぁ、他の宮殿に劣らない豪華さで、キラキラ、ゴテゴテ、でした。エカテリーナやエルミタージュより生活感がある部屋が多かったですが、それでも豪華さは負けず劣らず。

大宮殿の内部見学の後は、庭を散策。大宮殿前のテラスは大滝と呼ばれる7段の滝。噴水はもう終わって、大掃除をしていました。もしかしたら大掃除するために噴水だしていた所だったのかな?来年の春までは噴水はお休みです。それにしてもこの滝だけで37体の像と64の噴水があるそう。
物知りで早口の現地ガイドは、この大滝を舞台にバレエが上演されたのを見たことがあるとか。それは素晴らしい光景だったに違いない。

ペテロゴフ大滝と大宮殿


広い庭園は、遠くまで行く時間はなかったので、一人運河沿いを歩いて戻ってきました。
やけに人に慣れているぽっちゃりのスズメさんたち(鳥に詳しくないので違っていたらゴメンナサイ)が寄ってきてかわいかったです。

ぽっちゃりの人懐こいスズメ


公園は落ち葉ですっかり埋まっている状態。やたらと広い庭園ですが、ところどころにWi-Fiの小さな看板があって、時代の移り変わりを感じました。

ペテロゴフ下の公園の紅葉


庭園を歩いている間に、天気が回復してきました。今日の天気は雨のち曇りときどき晴ってところでしょうか。内部見学が多い時間帯に雨が降ってくれたのでほとんど傘を使わなくて済んでよかったです。
やっぱり、黄金は光がないと輝きませんね。

大宮殿の聖堂


大きな虹も出ている中、上の公園を少し散策した後、駐車場へ戻ります。もう季節的にも時間帯的にも観光客は他にいません。地元の親子がペットを連れて散歩する姿が印象的でした。

公園を散歩するほほえましい家族


17:45 ペトロゴフを出て、ホテルへ戻ります。ホテルは郊外にあるので、ここから45分程。
ホテル前にあるドデカイ勝利広場。この周辺は集合住宅などが多いです。

勝利広場


18:30 ホテル着。そういえばホテルの紹介を忘れていました。サンクトペテルブルクで3連泊した、パークイン プルコフスカヤ。4つ星の巨大なホテルで、写真は最終日に撮ったもの。裏側にもまだ棟があり、とにかく広い。レストランへ行くのに5分はかかる。

パークイン プルコフスカヤ外観


ドライヤー、冷蔵庫有。Internetは有料。部屋にチャージするかカードを買うかだが、値段が違う。部屋につけようとしたら、フロントに行けとメッセージが出た。1日400ルーブル、だったはずなのですが、チェックアウト時にお金は要らないって言われた。無料化したのか、繋がりにくいトラブルが多かったからか、料金徴収するのが面倒だったからか、目配せされたので理由は聞けず・・・。

パークイン プルコフスカヤの部屋


19:00 ホテルのビュッフェで夕食の後、小雨が降る中、歩いてすぐの普通のスーパーへお買いもの。
そして、夜はいつもの飲み会。こんなビールを飲み比べしました。ビール党じゃないので味の違いはよくわからないと言いたいところですが、フルーティなのとかもあって、かなり違いがありました。左から2つ目のネフスコエはお土産にも買って帰りましたが、コクがあってとてもおいしかったです。

ロシアビール各種


次回はサンクトペテルブルクの半日フリータイムをレポートします♪

ロシア・サンクトペテルブルクのフリータイム

2011/10/12 (7日目)

最終日は11:00の出発まで自由行動。中心部へはメトロかタクシーを利用する必要があるのですが、時間もないし危ないので出かけるな、とガイドと添乗員は言う。度胸と体力と経験がある私たちは、ためらいなく4人で出かけることに。めずらしく早めに朝食をとり、8:00ホテル出発。

メトロの駅モスコフスカヤまで徒歩で約10分。駅のエスカレータは大江戸線並みの長さで、とにかくスピードが速い!日本の感覚に慣れていると乗り降りがちょっと怖いかも。

メトロ駅の速いエスカレーター


25ルーブル(約70円)でコインのようなジェトンを購入し、入場時にそれを自動改札に入れる。入場のみの改札で好きなところまでいける。旅行者にはわかりやすくていいシステムですね。

メトロの入場コイン「ジェトン」


メトロは東京ほどじゃないけど、結構混んでいました。本数は多い。東京と変わらない感覚で利用できます。駅も電車も比較的清潔で明るいので、怖い感じはまったくなかったです。

メトロのホームと電車


ネヴァ川の向こうのペトロパヴロフスク要塞をめざし、2号線で1本でいけるゴーリコフスカヤで下車。
日本でもそうだけど、地下鉄から出ると方向感覚がなくなるので、駅前の地図で方向を確認してから歩きだす。

駅前の地図ゴーリコフスカヤ駅


ゴーリコフスカヤ駅。同じような入り口を持つ他の駅も見かけたけど、まるで宇宙船のように見えませんか?

UFO?ゴーリコフスカヤ駅


公園沿いに歩き、うさぎ島へ渡る。島は朝から開いているが、島の施設は10時から入場のところが多いので人もまばら。橋を渡りながら振り返ると、朝日があがってきた。時計を見ると8:40。今日は天気がいいらしい。最後の日に、何もないHTLの回りをうろついたり、スーパーに行くだけではもったいない。

うさぎ島へ渡る


ペトロバヴロフスク要塞は1703年に建設が開始された堅固な要塞。要塞としてより監獄として使われたようですが・・・。イオアンノフ門、ペトロフ門と2重の門をくぐる。

堅固な城壁に囲まれたペトロパヴロフスク要塞


ネヴァ門からは要塞からネヴァ川側に出ることができ、城壁の外側を歩くことも可能なようです。
対岸にはエルミタージュなどが見えます。

ネヴァ門の外から見たペトロパヴロフスク要塞


うさぎ島の中心には、ペトロパヴロフスク聖堂が建っている。通常10:00から入場できるけど、この日はお休み。ここにはピョートル大帝以降、最後の皇帝ニコライ2世までの歴代皇帝が埋葬されている。
鐘楼の高さが122mあり、黄金の尖塔は今もって中心部での最大の高さがあるということで、遠くからでも輝いて見える。

ペトロパヴロフスク聖堂


こちらはピョートル大帝のデスマスクを元に作ったというブロンズ像。
体の大きさと顔の大きさがアンバランス・・・。

ピョートル大帝像


他に観光客らしき人影をまったく見ないまま、島の中を散策した後、島を後に。橋を渡っていると、来る時には気付かなかった「うさぎ」を発見。どうやら、コインが台に乗ると願いがかなうとか、もう一度ここに来ることができるとかその類らしい。ルーブルのコインをありったけ投げた後、日本円まで投げてみたけど私は乗せることができませんでした。旅とものうち2人は成功!

うさぎ島のうさぎ


ここから大人しく帰ると思いきや、ギリギリまで散歩しようと提案。歩いてトロイツキー橋を渡ります。ペトロパヴロフスク要塞は少し離れてみると全体が見えます。空気も気持ち良く、時間は多少気になるものの景色を楽しみながらのいい散歩になりました。

トロイツキー橋から見たペトロパヴロフスク要塞


マルス広場を抜け、血の教会を通って、ひと駅向こうのメトロ駅から帰ろうと提案。グリボエードフ運河にかかる橋から撮った血の上の救世主教会。天気がいいと、写真写りがやっぱり違います。

グリボエードフ運河と血の上の救世主教会


ネフスキー大通りに出たところには、カザン聖堂。時計を見ると、もう帰らなければいけない時間になっていたので、ネフスキー・プロスペクト駅からメトロで帰りました。

カザン聖堂


ちょっと疲れたけど、気持ちのいいフリータイム満喫になった気がします。どうやら他の方たちはいいつけを守ってホテルの周辺で過ごしたようでしたが・・・。
サンクトペテルブルクでは滞在登録は必要ですが、モスクワと違ってパスポートを持ち歩く必要はないので、ホテルに預けたまま、貴重品にだけ注意していれば個人で出かけても、それほど心配ではないと思いました。

次回は、ロシア旅レポート最終回、サンクトペテルブルク最後の観光をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR