FC2ブログ

ロシア・ウラジーミル

2011/10/08 (3日目)

渋滞が心配だからとせっかく早めに出発時刻を設定したのに、なかなか来ない人がいたり段取り悪かったりで、結局8:00出発。で、案の定すごい渋滞に巻き込まれる。休憩ポイントが限られるため、ついに路肩にバスを停めて緊急の方は木陰でトイレタイム。そんな観光バスいっぱいいたけど、このあたりで道の駅でも経営したら儲かるのに・・・。

モスクワからウラジーミルの移動は大渋滞


11:30にやっとトイレ休憩。10ルーブルの有料だけど、独占商売だからもっと取っても良さそう。
大渋滞の原因は交通事故。運転席が原型をとどめないトラックが道路を占拠していた・・・。

13:40 ようやくウラジーミルにつき、まずはLunch。サラダ、スープと続き、メインはペリメニ、ロシア風の水餃子。サワークリームなどいくつかのソースが用意されていたけど、カバンに忍ばせた醤油との相性ばっちり。皮がもちもちしていて私の好みでした。

シベリア風水餃子ペリメニ


デザートはロシア版クレープ、ブリヌイ。蜂蜜がたっぷりで、甘かったけどおいしかった!朝食は毎日これでもいいなぁ・・・。

ロシア風クレープ、ブリヌイ


15:05 予定より2時間遅れで、ウラジーミル観光。モスクワ北東部に点在している古都、黄金の環と呼ばれるエリアの町のひとつ。まずはウラジーミルの象徴、黄金の門。12世紀にあった城門のうち唯一残るもので、世界遺産の一部。どこが黄金?と拍子抜けしたけど、名前の由来は聞きそびれてしまった。

ウラジーミルの黄金の門


かつての公国の首都も、今は田舎の町といった感じ。黄金の門の脇にあった地図を確認しても、見どころはボリシャヤ・モスコフスカヤ通りに沿った1kmほどのエリアに集中。十分歩いて回れる小さな町といった印象。

ウラジーミル観光マップ


かつての城壁のなごりの土手。ガイドの説明が終わってからバスに戻る短い時間の間に上に登ってみたけど、これといって特になにが見えるというわけではなかった。どんな城壁があったのか想像もできない。

城壁の名残の土塁


15:25 ウスペンスキー寺院
周囲の公園とあいまって外観のそれは美しい寺院。石灰岩で作られた白一色の建物に黄金の丸屋根が清楚で気高い雰囲気。赤の広場のワシリー寺院とは対照的な存在だけど、どちらの美しさも甲乙付け難い。もちろん世界遺産の一部。

ウラジーミルのウスペンスキー大聖堂


内部の見学がついていないのは残念だが、教会のある高台から望む景色も素晴らしい。写真右の展望台では、ウラジーミル像が広い大地を見守っているかのよう。

ウラジーミルの展望台


近くにあるドミトロフスキー寺院。真っ白で、外側に施された浮彫は見事なもの。ダビデ王やアレキサンダー大王、動物、植物などがモチーフとなったレリーフで一面飾られている。石灰岩が眩しいくらいに白く輝いているのが印象的だった。

ドミトロフスキー聖堂


同じ敷地内の子ども博物館の建物でトイレを借りる。10ルーブル(約30円)のトイレチップに立派な入場チケットのようなものをくれた。トイレの入場記念?て言うのも変ですが、捨てるには惜しい紙でした。周囲には紅葉が見事なプーシキン公園が広がる。ロシアは白樺の木が多い。土曜の夕方、公園でくつろぐ家族連れなどが多くほほえましい光景でした。

プーシキン公園の紅葉


16:20ウラジーミルを出発し、黄金の環の次の町スズダリへ移動。広大な平原の中の田舎の一本道といった道をひたすら走る。それにしても、紅葉に彩られた白樺などの木々がとても美しく、眠気も吹き飛ぶ。ただ茫然と車窓を眺めて移動時間を過ごすのは何とも贅沢な時間という気がした。

ウラジーミルからスズダリへの移動は平原の田舎道


次回は、スズダリをレポートします♪

ロシア・スズダリ

2011/10/08 (3日目) 続き

17:05 中世ロシアには公国の首都だったこともあるスズダリに到着。ボクロフスキー修道院前でバスを降りる。交通量もあまりないのどかーな田舎町。通りがかった1台の車に執拗にクラクションを鳴らされる。何やら好意的な?呼びかけの後は記念に俺たちの写真を撮れよとアピール。よくわからないけど、写真をとったら手を振って去って行った。

スズダリのボクロフスキー修道院前


ボクロフスキー修道院の近く、スパソエフフィミエフ修道院を対岸から望むスポットからの眺め。
といっても、民家の庭先といった感じの場所。対岸の修道院はかなり大きく、高台にある。こちらが低地のため、間にある川はあまり見えない。それにしても周囲の紅葉はやはり見事。

ボクロフスキー修道院前からスパソエフフィミエフ修道院をのぞむ


17:25 すぐ近くに見えたスパソエフフィミエフ修道院へバスで移動。高さ8m、長さ1500m近くもある城壁に守られた修道院。内部見学は含まれていないので、城壁沿いに歩いて、川沿いの展望の良いところへ。城壁に12ある塔は堂々たるもので、修道院より砦といった感じ。

スパソエフフィミエフ修道院の塔


先ほどの対岸のボクロフスキー修道院を見下ろせるスポットまで来ると素晴らしい眺め。ボクロフスキー修道院は女子修道院だったそうで、2つの修道院の間を地下道を掘ったという噂があるそうだが、それっぽい出入り口の跡じゃないかと思われる一角も見えたりして当時を憶測するのも楽しい。

スパソエフフィミエフ修道院からみたカーメンカ川とボクロフスキー修道院


このスズダリを歩いていて楽しみなのは、この町の特徴、窓枠飾り。どの家も見事なまでの飾りのついた窓が付いている。こういった家々で埋め尽くされるのどかな町にいると中世にタイムスリップしたような感覚に襲われる。

一般の民家

スズダリの家の窓の装飾


18:00 クレムリン
カーメンカ川にかかる木製の橋を渡り、クレムリンへ。この簡易な橋は毎年かけかえられるのだそう。

カーメンカ川にかかる木製の橋を渡る


橋から見える景色は自然が広がり、ところどころに大きな教会があるのが不思議なくらいの田舎。
カモものんびりくつろいている感じ。

カーメンカ川でくつろぐカモ


クレムリンを囲む土塁は今では土手となって格好の遊歩道。ここから夕陽が沈むのを眺める。
この町では眺めのいい所で写真を撮ると、だいたいどこかに教会が入る。

クレムリンの土塁から夕陽を鑑賞


クレムリン内のロジェストヴェンスキー聖堂と木造教会。
ロジェストヴェンスキー聖堂は青い5つの丸い玉ねぎ屋根に金の星がちりばめられたきれいな建物。

クレムリン内のロジェストヴェンスキー聖堂と木造教会


クレムリンの中心部を出ると、雰囲気のいい道が広場まで続く。紅葉のシーズンは短いということで、もう歩道は落ち葉でいっぱい。車道には馬車が並び、地元の人なのか、車の代わりに馬に乗っている人もいるような町で、なんとなく心が和む。

スズダリの中心部


スズダリの地図。ジグザグしているのがカーメンカ川で大きな建物はほとんど修道院。小さな建物もだいたいが教会だ。中心に通るレーニン通りは5kmほどあるので、徒歩だけで回るのはちょっときつい町かも知れない。

スズダリの中心部の地図


トルゴヴァヤ広場まで行って、19:00までフリータイム。広場の周囲は露店が並ぶマーケット。
メドヴーハというスズダリの名物、蜂蜜酒を購入。70ルーブル(200円)。露店では、手工芸品のお土産などが売られている。

トルゴヴァヤ広場


こちらが、メドヴーハ蜂蜜酒。アルコール度数により3種類、とノンアルコールのものがあったが、こちらはアルコール度、中、6.3%、330ml。夜さっそく飲みましたが、蜂蜜だけにやっぱり甘い。淡い微炭酸のような刺激があり、好んで飲むほどじゃないけど話のタネには飲める、そんな感じのものでした。

メドヴーハというスズダリの名物、蜂蜜酒


19:10 Arr HTL
クレムリンの近く、4つ星のプシカルスカヤスロボダ。InternetはPW有、無料、ただし部屋では繋がらなくてロビーなどで。ドライヤー、スリッパ、冷蔵庫有。田舎のホテルっぽく木が多く用いられ落ち着いた感じのいいホテルでした。

プシカルスカヤスロボダの部屋


次回は、セルギエフ・ポサードをレポートします♪

ロシア・セルギエフポサード

2011/10/09 (4日目)

8:00 Dep HTL
この日は残念ながら朝から天気が良くない。そんな中、スズダリからセルギエフ・ポサードに向けてバスにて3時間半の移動。車窓はのどかすぎるほどの田園地帯が続く。

スズダリ近郊の田園地帯


10:05 アレクサンドロフというイワン雷帝の時代に1年だけ(3か月という話も)ロシアの首都だった町にてトイレ休憩。どうやら私が意識を失っている間にかなり雨が降ったようで、バスの窓はすっかり濡れていた。小雨が降る中、クレムリン内の有料トイレを利用。

アレクサンドロフのクレムリンの地図


アレクサンドロフはガイドブックにも紹介がないような町だけど、クレムリンはかなり頑丈な城壁に囲まれていて、内側はいい感じに落ち着いた雰囲気。宮殿や聖堂がぽつぽつと建っているが、白壁に緑の屋根、と建物の色調が統一されていてとても美しい。

アレクサンドロフのクレムリン内部


11:30 セルギエフ・ポサードに到着。黄金の環と言われる古都群の中でモスクワにもっとも近い都市で、ロシア正教の聖地とされる場所。トロイツェ・セルギエフ大修道院は世界遺産に登録されている。

セルギエフ・ポサードのトロイツェ・セルギエフ大修道院前


城壁に囲まれたトロイツェ・セルギエフ大修道院に入る前にカメラ撮影券を購入。100ルーブル(300円弱)。この券には讃美歌のCDが付いてくる。持ち歩いているPCはDVD内蔵なので、ホテルで聞いてみたけど、手作り感満載のCDでした。落ち着いた感じの男性による讃美歌で、咳払いとか入っていたり・・・。

カメラ撮影券と讃美歌のCD


ちょうど雨もあがり、観光開始。入り口を入ると、これでもかと思うロシアならではの聖堂などの建物が次々と目に飛び込んでくる。写真左は鐘楼、右の青と金の玉ねぎが乗っているのがウスペンスキー大聖堂、その手前にあるピンクの建物はドゥホフスカヤ教会、中央には泉がある。この辺りが中心部。

トロイツェ・セルギエフ大修道院の中心部ウスペンスキー大聖堂など


ウスペンスキー大聖堂に入場。内部は暗く、熱心な信者が祈りをささげている。柱や天井は一面17世紀のフレスコ画で埋め尽くされ、正面には巨大で豪華なイコノスタスが立っていて、厳粛な雰囲気。

ウスペンスキー大聖堂内部


こちらは僧院食堂だったセルギエフ教会。おちついた色合いの大きな建物。

セルギエフ教会


内部は元食堂だけあって、広いスペース。奥には黄金で埋め尽くされたイコノスタスがある。
でも僧院の食堂というよりは、どこかの宮殿の巨大なダンスホールのよう。それくらい豪華で荘厳な雰囲気。

セルギエフ教会(食堂)内部


左手の建物は、トロイツキー聖堂。巡礼者が長蛇の列をなしている。この大修道院の創設者、聖セルギイの棺が奥に安置されているので、その参拝のために中も外も巡礼者でいっぱい。観光客は横から入場して、内装やイコンをそっと見て出てくるが、信者の方は棺に接吻し祈願などもしているようでした。

トロイツキー聖堂


約一時間のトロイツェ・セルギエフ大修道院の観光は、大修道院の修道僧も途中一緒に回ってくれたりして、なかなか充実したものでした。この大修道院内の聖堂などの建築物はひとつひとつが色調、様式が異なりおもちゃ箱をのぞくような楽しさもありました。写真は出入り口門の内側。

雪景色も似合いそうなトロイツェ・セルギエフ大修道院出入り口門内側より


次回は、セルギエフ・ポサードの昼食事件(?)をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR