スイス・ベルン

2011/08/03 (4日目) 続き

15:05 ルツェルンからバスで75分、スイスの首都ベルンに到着。まずはバラ公園から観光スタート。8月だと言うのに色とりどり、いろんな種類のバラが競うように咲き誇っている。
バラだけでも200種類以上もあるというから驚き。

バラ公園


ここへはバラを見に来たんじゃなくて、この展望が目的。アーレ川に抱かれるように美しいベルン旧市街が広がる。高台にあるバラ公園からの眺めは必見。

バラ公園からベルン旧市街を一望


15:25 熊公園のところでバスを降り、徒歩にて旧市街観光へ。熊公園は印象的で、この街に来たのが初めてじゃないことを思い出した。昔は、コンクリートの狭い丸い穴の中にいた熊が、今では素敵な新居にお引っ越ししていた。前の穴の横、アーレ川沿いの斜面の広々とした新居で気持ちよさそうだ。

新しい熊公園


熊が見えなかったかもしれないので、ズームで。熊はこの街のシンボル。その昔、5世紀、最初に狩猟で捕まえた動物の名前を元に町の名前が決められたそう。

4頭いる熊のうちの2頭


ニーデック橋を渡り、メインストリートを進む。ゲレヒティクカイト通りからクラム通りへとまっすぐ歩いていく。両側はアーケードが続き、中央には独特のデザインの噴水が並んでいる。
この通りも忘れられない光景のひとつ。

メインストリートクラム通りと噴水


途中で大聖堂に立ち寄る。スイス一の高さの尖塔は修復中なのがちょっと残念。
正面玄関の「最後の晩餐」のレリーフは見ごたえ十分。帰りに中にも入って15世紀のステンドグラスや立派なパイプオルガンも見て来ました。

大聖堂のファザード


ベルンの街を歩いていて目に付くのが、この扉。半地下への入り口だ。お店や倉庫として使われている。シェルターの役割もあるのかな?扉はそれぞれいろんな形のものもあり、見比べるのも楽しい。

半地下への扉


旧市街の中心、時計塔。ここは元々は中心ではなく、町の西の門だった。時代とともに町が拡張され、門がずれていったので、それに伴いメインストリートの名前も途中で変わる。

時計塔


この時計塔の天文時計はからくり時計にもなっていて、毎時4分前に動き出す。このからくりが、拍子抜けするほど地味なもの。事前に添乗員に聞いてはいたけど、その地味さぶりに思わず近くにいた見知らぬ外国人観光客と爆笑してしまった。

仕掛け時計


そして、驚いたことに、この真夏の観光シーズンに旧市街のど真ん中で大規模な工事をしていた。
中心部は迂回しないと先へ進めない。
そうそう、このあたりまで来るとすっかり天気も回復してきて、街歩きが俄然楽しくなりました。

工事中のベルン旧市街中心部


マルクト通りの奥、ベーレン広場では、青果などを売る市場が開かれていました。特に何を買う訳でもなくても、市場を覗くのは楽しいのは何でなのでしょう。奥に見えるのは連邦議事堂。
工事のせいで、バスのピックアップ場所は熊公園なので、このあたりで時間を見て戻ることに。

ベーレン広場の市場


最後に、工事のために見辛くなっていた「子供喰いの噴水」を見に。
この旧市街には噴水はあちこちに点在しているが、どんな風に喰っているのか興味あったので、わざわざ工事を迂回して見に行っちゃいました。

子供喰いの噴水


こちらは目に付いたときは必ず撮っているマンホール。視力もいいので、普通に歩いているだけで上下前後いろんなものが目に入る。小さな熊がかわいいです。

熊さんつきマンホール


約1時間半のフリータイムではちょっと見きれない街でしたが、スイス気に入ったのでまた来ることもあるでしょう。見たいものをちょっと残しておくのも、次来る言い訳、とか言いながら街を後にしました。

ベルン旧市街メインストリート


次回はラウターブルンネン~ウェンゲンをレポートします♪

スイス・ラウターブルンネン~ウェンゲン

2011/08/03 (4日目)

17:40 氷河によって削られたU字谷にあるべルナー・オーバーラントの小さな村、ラウターブルンネンに到着。切り立った崖に挟まれた静かな村だ。その雰囲気は本当に絵の中から飛び出したよう。

べルナー・オーバーラントの小さな村、ラウターブルンネン


17:50 ホテルシルバーホルンの併設レストランにて夕食。
静かな村の素敵なホテルで、泊ってみたい気にさせてくれる。

スイスらしいホテル、シルバーホルン


食後はシュタウフバッハの滝を見にちょっぴり散歩。ヨーロッパ第二の落差、305mもある迫力ある滝で、華厳の滝のような気高さもある。

シュタウフバッハの滝


ここから登山鉄道にのってウェンゲンに行くのだが、駅で列車を待っている間に、すごい雨が降ってきた。明日はユングフラウへ行くのに大丈夫か??その昔の嫌な思い出が頭をかすめる。あのときは、今回の西回りとは違い、グリンデルワルトからのアクセスだったが、結局グリンデルワルトから登山列車に乗ることすらできなかった。

ラウターブルンネン駅


19:04 ラウターブルンネン発の列車で、ウェンゲンへ。ウェンゲンは自動車の乗り入れを禁止しているので、登山鉄道で入るしかないのだ。まるでおもちゃのようなかわいい列車内。
かなりの斜度の山際をあがっていく。いったいどんな片田舎に連れて行かれるのか不安になる。

登山鉄道車内


13分でウェンゲンの駅に到着。途中の人を寄せ付けない山肌を上がってきた時はどうなるかと思ったが、立派な駅で一安心。一緒の列車に乗っていた人達も、この時間にさらに上に行く人はいないらしくウェンゲンで降りていた。この楽器を持った人たちはどこで演奏をしているのだろう・・・

ウェンゲン駅


登山鉄道特有のラックレール。レールの真ん中にあるギザギザがなかったら、急斜面を上がってくることはできない。

登山鉄道レール


写真の奥はウェンゲンのメインストリート。といってもわずか200mあるかどうかという本当に小さな村で、これと言って何もない。スーパーも土産物屋も2,3件ずつあるのみ。それでもユングフラウに一番近い村ということで、観光客には人気があるらしい。(私は今回初めて存在を知ったけど)

ヴェンゲン中心部メインストリート


ホテルはすぐ近く。駅周辺からの眺めも大変よい。駅のホームからは、先ほど夕食を食べたラウターブルンネンを見下ろすこともできし、谷を挟んで反対側の崖の上の村ミューレンを見ることもできる。天気が悪いとは言え、人影もまばらなとても静かな村だ。

ホテル前からヴェンゲン駅


このツアーは震災後に増えたポーターつきませんツアーでしが、ホテルまでは坂道とあって荷物を運んでくれました。こんな小さな荷台に積めるのかと思ったら、スーツケースの引き手を利用して器用に積んでいました。ちなみに今回はビジネスクラス利用ということもあって19PAX。
それにしても落ちないかハラハラ・・・。

電気車で荷物を運ぶ


19:30 Arr HTL
ウェンゲンの駅からすぐの4つ星ホテル、クラシックな佇まいのレギーナ(REGINA)。村の中でユングフラウよりの高台にあるもっとも高級なホテルの1つ。

4つ星ホテルレギーナ


部屋は広くはなく、質素。バスタブ有、ドライヤー有、冷蔵庫なし、スリッパなし、ポットなし。Internetは有料、スイスではSWISSCOMのホットスポットが多いようなので、高いとは思ったけど、7日間有効30時間のSWISSCOMのValue Cardを購入。45CHF(4500円)。

レギーナの部屋


ラッキーなことに、ユングフラウヨッホの見える部屋で、小さいながらもテラスがついていて、とても気持ちが良い。右手にラウターブルンネン、左手にユングフラウという絶景。(天気が悪くて山は見えてませんが・・・)

お気に入りのテラスからの眺め


2011/08/04 (5日目)

晴れ女の本領発揮です。見て下さい、朝起きたらこの絶景です。
夢のような景色を前に、お天気運に感謝。左手の白い山がユングフラウです。やっと見ることができました!!それにしてもなんて美しい村なのでしょう。
この世のものと思えない景色にため息が出ます。

この世のものと思えない素晴らしい景色


次回は、ユングフラウヨッホ、スフィンクス展望台をレポートします♪

スイス・ユングフラウヨッホ展望台

2011/08/04 (5日目)

8:00 Dep HTL
8:24ウェンゲン発の登山鉄道にて、トップオブヨーロッパ、ユングフラウ観光へ出発。天気は快晴。
緑のじゅうたんと青い空、そして、ユングフラウ、メンヒ、アイガーの3名峰が満面の笑みで来訪を歓迎しているかのよう。

クライネシャイデック行きの車窓風景


クライネ・シャイデックでユングフラウ鉄道に乗り換え。景色だけ見るならこの駅からが一番かも知れない。高山病対策に「食べる酸素」を持ってきていた人がいたので頂いた。通常、展望台などへは一気にあがって、高山病になる前に下りてくるので心配はいらないのだけど念のため。

クライネシャイデック駅を見下ろす


ユングフラウが圧巻の迫力で目前に迫ってくる。最初の駅アイガーグレッチャーを過ぎると、アイガーの岩盤をくりぬいて作られた7.5kmもの長いトンネルに入り、一気にヨーロッパ最高地点のユングフラウヨッホ駅へ。

ユングフラウ鉄道からユングフラウをのぞむ


途中、2か所、列車が写真スポットの駅で停まり、構内に作られた展望用の窓から外を見ることができる。1つ目の駅、アイガー北壁駅(アイガーヴァント)の展望窓からはグリンデルワルトの村が見下ろせる。まるで飛行機から見ているようだ。停車時間は5分、駅にはトイレもある。

アイガーヴァントの展望窓からグリンデルワルト


2つ目の駅、氷海駅(アイスメーア)からはアイガー氷河が間近に見られる。左手の方には、フィーシャー氷河も。写真はアイガー氷河。すごい所に鉄道、そして駅まで作ったものだ。
ユングフラウ登山鉄道のアイガーとメンヒの固い岩盤を16年かけて掘り抜いたその歴史も写真付きでパネル展示されている。1912年開通。この当時にこれだけの技術があるというのがすごい。

アイスメーアから見るアイガー氷河


9:52 ユングフラウヨッホ駅到着。
表示では、現在の気温-0.7℃、風速15km/h。
ユングフラウヨッホでは日本人観光客が多いので、ほとんどの表示には日本語が併記されている。
近頃は中国人の方が多い観光地が多いが、スイスではまだまだ日本人の方が多い。

温度表示板


世界一高いポストがあることでも有名。富士山の郵便局と姉妹提携しているということで、昔懐かしい日本のポストが置いてある。ここから出すのが、比較的早く確実に日本に絵葉書が届くという話。

ユングフラウ駅にある日本の郵便ポスト


スフィンクス展望台。標高3571m。高速エレベータでここまで登ってくる。天文台としても使われている。ちなみに、外は足元が透けているので下に岩がないところには私は立てない。

スフィンクス展望台


目の前には、メンヒ4107mがものすごい迫力で迫っている。手を伸ばせば届きそうな感じ。
いつもなら、手すりは外して写真を撮るのだけど、怖くて手すりに近づけない・・・。

スフィンクス展望台から見るメンヒ


展望台の周りには網の通路もあって、360度の眺望が楽しめるようになっている。私は建物の中から観賞。ガラス張りなので、一応似た景色は楽しめているはず。

スフィンクス展望台の周りの展望デッキ


いったん駅に戻り、次はアイスパレスへ。もとは1934年に山岳ガイドが2人で掘ったところだそう。
青白い世界。外よりむしろ、こちらの方が少し寒い。

アイスパレスの通路


熊やアザラシなど氷の彫刻が飾られている。こちらは私が大好きな、かわいいペンギン。

ペンギンの氷の彫刻


最後に野外の展望テラス、氷原(プラトーテラス)へ。足元は雪なので、最初ちょっと怖かったけど、白銀の世界を自分の足で堪能。右上には先ほどあがったスフィンクス展望台も見える。
気分爽快。何故か寒さはまったく感じない。

プラトーテラス


大きなスイスの国旗とユングフラウ。真白な世界には、赤い国旗がよく似合う。

ユングフラウとスイス国旗


駅に戻り、売店でホットチョコレートを買い、温まる。ほとんどの韓国人観光客が、この売店で辛ラーメンを買って食べている。値段は7.5CHFまたは7.5€。どん兵衛とかも売れば儲かりそう。

約1時間半展望台に滞在し、再びウェンゲンに戻ります。午後は自由行動。帰りの車内では行きのテンションと違い皆うとうと。私は頭をフル回転させてこれからの計画を練ります。

次回はクライネ・シャイデック~ウェンゲン、アルプスハイキング三昧をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR