ベトナム航空・エコノミークラス

今日は今回のベトナム・カンボジア行きで利用したベトナム航空の搭乗レポートです。機内食やシート、サービス、ラウンジについての感想です。

行きはVN-955、成田→ハノイ便、機材はA330-200、シート配列はAC-DEFG-KH。
青い色の機体はさわやかでキレイですよね。

ベトナム航空機体


ちなみに、ベトナム航空はツアーでも個人チェックインです。いつものように通路側をリクエストしたら、何も言わなくても前の方の隣の空いている良い席をくれました。スカイチームのエリートプラスが効いているようです。(が、残念なことに今回は予約クラスが低く日本-ベトナム間のマイルは付きませんでした。去年の秋に利用したときは付いたのですが、同じ旅行社でもツアーによって使うクラスは違うようです。)

ドリンクは豊富ですが、ワインだろうと何故か紙コップででます。去年は違ったのに。
映画はイマイチだったので、食事の後はすぐ寝ちゃいました。(その頃大震災が日本を襲っていたのですね・・・)

成田→ハノイの食事。これでも洋食。牛肉のバーベキューソース。味は中の下ってところ。

成田→ハノイ機内食


ホーチミン→成田の食事。去年、ハノイ→成田で出た海鮮粥はおいしかったのになぁ。
しかもですね、この食事、夜中の3時ですよ、出たの。7時着の予定なんだから、5時半くらいまで

待ってから出してくれたらいいのに!!

ホーチミン→成田機内食


ハノイ→シェリムアップのビジネスクラスの食事。麺が昔の給食を思い出す感じ。

ハノイ→シェリムアップビジネス機内食


シェリムアップ→ホーチミンのボックス。1時間あるかないかのフライトだとこんなもんですかね

シェリムアップ→ホーチミン機内食


帰国便ですが、深夜に出るVN-950、ホーチミン→成田、機材はB777-200、そしてシートがなんとAC-DEFGH-LJ、2-5-2という無茶な配列。しかもかなり古そう。深夜だから別にいいんですが、パーソナルTVもついていません。

B777古い機材のシート


こちらは、ハノイ→シェムリアップで運よくアップグレードされて乗ったビジネスクラス。
短距離だと、ビジネスクラスといってもシート自体はエコノミーと変わらず隣を空けるだけという場合もありますが、こちらは座り心地良かったです。

ベトナム航空ビジネスクラス


全般的に、サービスは他のアジアのエアラインに比べるとイマイチ。CAによっても差がある感じです。後は特徴としては、トイレにヒゲ剃りと歯ブラシセットがおいてあります。
日本便は便数も多いので、もっといい機材使ってくれたら嬉しいんですが・・・。


さて、最後にベトナム航空に乗る際、スカイチームエリートプラスだとラウンジが利用できるので各空港のラウンジを紹介。デルタも3月からゴールドでエリートプラスに変更になったので、利用できるラウンジが増えた方もいるかと。

成田第二ターミナルにはベトナム航空のラウンジはないので、デルタと提携のある中華航空ラウンジを利用。出国後左前下階。カップ麺、おにぎり、パンなどやフルーツがあります。InternetはWi-Fi接続の他、PCのコーナーもあります。

成田中華航空ラウンジ


ハノイの国際ターミナルのラウンジ。上階奥。なお、ベトナム航空のラウンジはインビテーションが必要。チェックイン時に発行してくれる。(エリートプラスである旨チケットにも印字が)
広々として人が少ない。というかこの時貸切。シャワーの設備もあるけど、使う気にはなれない感じ。食べ物はローカルな感じのものが多い。ここもWi-Fi接続、PCコーナー有。

ハノイベトナム航空ラウンジ


シェリムアップのラウンジ。こちらは使えるラウンジリストになかったけど、聞いてみたら使えました。狭いですが、スタッフは感じがいい。ワインとかはなかったです。空港自体が小さいので利用価値はあるかも。

シェムリアップ空港ラウンジ


ホーチミンのラウンジ。ゲート18付近の下階。ここは空港自体がやたらと横に長いので、ボーディングタイムには早めに出ないと。フードにはインスタントの麺類もある。新聞が種類も豊富。
Wi-FiはID/Passwordが必要なんですが、テーブルにそれらしきものが貼ってある。

ホーチミンベトナム航空ラウンジ


今年は去年のようには旅行できそうにないので、来年にはもうラウンジを使える身分じゃなくなるかも知れない。機会があれば積極的に利用しておかないとな・・・。

(この記事は後日更新されることがあります)

エーゲ海クルーズ・オーシャンカウンティス

次の旅までまだ間がありますので、過去の旅行からエーゲ海クルーズとギリシャ周遊10日間をレポートします。少し遡って、2008年9月の旅行です。阪急交通社のクリスタルハート利用。
(クリスタルハートはトラピックスよりちょとだけ工程にゆとりがあって人数も多くなくオススメですが、催行数がトラピックス程多くないのが難点です。)

2008年9月5日 (2日目)

前日ローマ乗り継ぎで深夜にアテネのホテルに一泊。朝、バスで30分程のピレウス港に到着。
奥の建物がクルーズターミナル。

ピレウス港


アテネ中心部からタクシーに乗ると、10€前後のようです。(今は値段上がっていると思いますが)

タクシー料金表


こちらが、今回利用するモナーククラシッククルーズの「オーシャンカウンティス(Ocean Countess)」17,593トン、全長163m。クルーズ船としては小さい方で、かなりカジュアルなので初心者も不安なく利用できます。

オーシャンカウンティス


3泊4日のエーゲ海クルーズでお世話になるキャビン(船室)。やっぱり小さめの部屋です。この船にはバルコニー付きとかないので、角窓のついた海側はそれでも良い方の部屋。

海側キャビン


キャビンのバスルーム。シャワーのみ。北欧とかでよくある1泊クルーズ用キャビンと比べれば、文句のない広さはあります。

バスルーム


さて、乗船してまずやることは、手ぶらになって船内探索。船ではIDカードと引き換えにパスポートも預けちゃうので、4日後に下船するまで貴重品や荷物の管理などに煩わされることがありません。必要な出入国も船がやってくれるので、後でパスポートを見ると知らない間にスタンプが増えていたりします。
(なおユーロ圏でお馴染みのスタンプ、飛行機マークの部分がちゃんと船マークになります)

まずはレストラン。ふむふむカジュアルですね。

レストラン


こちらはプレイルーム、カードゲームの部屋らしいですね。ライブラリーとかこういうところは日本人には縁がなさそう。

プレイルーム


ラウンジやバー、シアター、フィットネスセンターなどを見て、最後に一番上のプール。
小さいですね~。奥のジャグジーには早速、外人さんが占拠。

プール


もう一段上があって、サンテラス、ここも日本人には縁がなさそうですね。

サンテラス


救命ボート。これのお世話になることはまずないと思いますが、人数分ちゃんとあるのかなぁ、と計算したり。

救命ボート


さて、クルーズ船にのって乗客がまず最初にしなければならないのが、定められた避難訓練に参加すること。放送で合図が入るので、部屋にある救命胴衣を持って部屋を出る。すると救命胴衣をつけるのを手伝ってくれ、避難場所まで誘導される。毎回やっているわけで手際がいい。

避難訓練


この後は、各ラウンジなどで、言語別に船内説明会なるものが実施される。日本人が多く乗る船だど日本人コーディネーターというスタッフが船に乗っているので、個人で行ってもなんら不安がないでしょう。何回かクルーズに行っている人は出なくても毎日キャビンに配布される船内新聞だけでも十分だったりします。

おいしい飲み物を飲みながら、説明会に一応参加。ちなみにドリンク類は基本的には有料。支払いはIDカードで。クレジットカード登録を事前にしているので現金の授受はありません。

バカンス気分で説明会


最初の寄港地はミコノス島です。18:30という時間とは思えない明るさ。やっぱりヨーロッパは夏に行くのに限りますね!!

ミコノス島


次回はミコノス島をレポートします♪

エーゲ海クルーズ・ミコノス島

2008年9月5日 (2日目) 続き

18:30ミコノス島到着。海が荒れやすいので、波の状況によって直接着岸できるかどうかそのときにならないと分かりませんが、この日はテンダーボートに乗らずに済みました。23:00出港予定なので、それまでフリータイム、各自出港までに船に戻ります。

ミコノス島


ところで、エーゲ海クルーズというと私には苦い思い出があります。初めての海外旅行、何年前かはさておき、卒業旅行でのヨーロッパ周遊だったのですが、波が高くて楽しみにしていたエーゲ海ミニクルーズが欠航になりました。このとき利用した旅行会社は小さな会社だったので、このオプショナルの返金に苦慮しました。それ以来、エーゲ海の島に憧れ続けてきたわけです。

青い海に白い家、これですよ~。青い屋根の建物はセント・ニコラス教会。

セント・ニコラス教会


海に面した道を歩く。思っていたよりも遥かに水がキレイ。

透き通った海


ビーチではこんな時間でもまだ泳いでいる人も。気持ちよさそうだなぁ。
ちなみに、ミコノス島と言えば、ヌーディストビーチやゲイビーチが有名。島に泊って見に行ってみたい気も?

ビーチ


ミコノスタウンの中心部の道は白い石畳で、道は迷路のよう。ただなんとなく歩くだけでもとても楽しい。

ミコノスタウン


このあたりはリトルヴェニスと呼ばれる一帯。海沿いにはいかにもっていうタベルナやカフェなどが立ち並ぶ。先に見えるのは、カト・ミリの6つの風車。

リトル・ベニス


風車はミコノスタウンのシンボル。ちょっとだけ小高いところにあり、ここから見る海や町の風景もオススメ。少し風が強いかな、じゃなくちゃ風車回らないか。

風車からの眺め


しばし海から離れて、町の中の迷路へ突入。迷子になりそうになったら、なんとなく海の方へ歩けばなんとかなる。どこをどう歩いたか、同じところへ出ちゃうこともよくあったっけ。

白い石畳


こちらはパラポルティアニ教会。真白な姿は天国への入り口を想像させられる。

純白のパラポルティアニ教会


さて、ミコノス島で忘れてはならないのが島のマスコットいやアイドル?ぺリカンのペトロス。
いつも同じ場所にいるわけではないようだし、探さない限りは偶然出会うのは難しいかも。
それにしても、ペリカンってこんなに大きかったっけ~。

ペリカンのペトロス


さて、船に戻れば夕食はタダで食べられるわけですが、せっかく夕食時にミコノス島にいるので、タベルナでシーフードを楽しみたいと店選び。ガイドブックはあてにせず、店の雰囲気とメニューなどで、パラポルティアニという白い教会と同じ名前のタベルナへ。

おっと、ここに先ほどのペトロスちゃんが登場。家族のようですね。そもそもペトロスってどれについている名前なのか総称なのかよくわかりませんが、代変わりしているようです。
人懐こくて、すぐ近くまで寄ってきます。きっと最近はこのあたりのお店から魚もらっているんでしょう。(お店の人もかしこく、お客さんが少なくなってからしかあげてないみたい)

ペトロス一家


メゼ(前菜)にチーズクロケット、後はカラマリとシーフードのパスタ。味はとってもいいですよ~。ただギリシャのパスタはちょっとゆで過ぎって感じなんですけど。

タベルナでシーフード


まだまだ出港時間まで時間があるので、繁華街などを散策。ときおり道をそれるとひっそりとした雰囲気。

夜のミコノスタウン


十分ミコノスタウンを楽しみ、船へと戻る。夜のミコノスタウンはまだまだ賑やかそう。
この次来るときは、何泊かしてゆっくりしてみるのも良さそう。

夜のミコノス島

船へ戻ったら夜の楽しみのひとつ、ショーを楽しむ。といっても小さな船なので、劇場じゃなくてダンスホールでのショー。距離が近くてこれもいいかな。

ナイトタイムはショーで


次の寄港地はトルコのクシャダスです♪

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR