FC2ブログ

エーゲ海クルーズ・クシャダス

2008年9月6日 (3日目)

クルーズの朝は朝日を見ることから始めたい。と思ったら、もう既に船はトルコのクシャダスの港についていた。町を背景に陽が昇る。

クシャダスと朝日


朝食を済ませ、7:00過ぎに下船。ここは古代都市エフェソスの遺跡観光の拠点、船の乗客のほとんどはオプショナルツアーでエフェソス遺跡観光へと早々に消えていきます。
私はエフェソスには過去に2回行っているので港の近くで過ごすことに。この日は他に客船はなく、町はまだひっそり。近くのバザールもまだ開店準備中。

バザール準備中


クシャダスはこれといって観光名所のようなものはない。こちらは17世紀のキャラバンサライ。今はホテルとして使われているよう。

キャラバンサライ


店もまだやっていないので、船から見えた小島に行くことに。ビザンチン時代、ジェノバ人によって築かれたという城壁があるギュベルジアン・アダ(鳩島)。歩いて行ける距離です。

鳩島


城壁から見る海は透明で、色もすごくキレイ。泳ぎたいなぁ・・・。

美しい海


まったく人がいない小さな島をお散歩。天気もよくて気持ちいい。

城壁から


中心地に戻ってきて、町をぶらぶら。ここはリゾート地、日本人は普通エフェソスの遺跡に行ってしまいますが、ヨーロッパの方からはビーチ目当てに来る人もたくさん。

クシャダスの街中


落ち着いた感じの町並み。気持ちよくそして安心にお散歩ができる。

街並み


バザールの方へ戻るとお店が開き人通りも増えてきていた。でも、遺跡観光から観光客が戻ってくるまではまだまだ暇そう。

ショッピング


ウィンドウショッピングをしていると、まんまと店に勧誘された。こういった客船が頻繁に寄港する町はユーロやドルが使える。じっくり時間をかけて選んだブレスレットを2本買ってもらう。ちなみに、値段は交渉制なので忍耐が必要。日本大好き、特別価格とか言ってきますが、結構ふっかけてきますので、あらかじめ値ごろ感を調べておかないとくやしい思いをするかも。

シルバーお買い上げ


船に戻る前にクルーズターミナル近くでトルコ名物のアイスクリーム。のびーるやつです。ちょっと気を許していたのか、後で考えたらちょっと高くない?って値段で買っていました。おいしかったので値段のことは忘れることに・・・。

トルコアイス


船に戻りLunch。かなりの種類のビュッフェが用意されていて、ハンバーガーやピザなんかのコーナーもあります。

クルーズのランチ


天気がいいのでテラスで陽気な雰囲気の中Lunchを楽しみます。そうしている間に船は出港、ご飯食べている間にも移動してくれるのでお得な感じです。

ランチタイムのテラス


次の寄港地はパドモス島です♪

エーゲ海クルーズ・パドモス島

2008年9月6日 (3日目) 続き

昼にトルコのクシャダスを出港し4時間ちょっと、さわやかな天気の中エーゲ海をクルーズ。昼間の移動はもったいないような気もするけど、海からの景色を楽しむのも結構いい。
それにしてもクルーの真白な制服がなかなかエーゲ海に似あう。

純白の制服のクルーたち


16:00過ぎ、ギリシャのパドモス島スカラ港に到着。
聖人ヨハネが流されて黙示録を書いたとされる小さな島。

パドモス島


通常テンダーボートで上陸するらしけど、この日は直接着岸。こじんまりとした町。
ここのオプショナルツアーは、聖ヨハネ修道院とヨハネが暮らした洞窟観光(世界遺産)。参加者を待ちうけるかのように港にはバスが並ぶ。

スカラ港


ここでもOPに参加せず、ある目的を実現するために準備をして下船。
せっかくエーゲ海の島に来ているので、海でちゃぷちゃぷする、これがその目的。水着を下に着込んで、港にある小さなビーチへ。乗ってきたオーシャンカウンティスがすぐ目の前に見える。

スカラ港のビーチ


港の脇にあるようなこじんまりしたビーチなのに、この透明度。外人さんたち数人と一緒にエーゲ海のビーチをプチ体験という感じ。

エーゲ海の島で泳ぐを実現


歩いて町に戻りながら、あっという間に濡れた体も乾く。残りの時間はショッピング。

スカラの町


ミコノスやサントリーニなど他の島に比べるとかなり物価が安いし、落ち着いてショッピングが楽しめる素朴な町。

落ち着いた町でショッピング


普通のお土産屋で配り物を買うのもよし、ちょっとおしゃれでチープなアクセサリーなどを物色するのも楽しい。地元の商店などでシーフード系の缶詰なども買いこむ。

買い物をするならパドモス島はオススメ


出港は21時。船に戻りディナー。この船のメニューはそんなにゴージャスじゃないけど、結構私の好きなものがチョイスにあって大満足。大好きなエビがてんこ盛りのメイン。

エビ料理


こちらはラザニア。この後、デザートにまたアイスクリームとか頼んじゃったりして。
クルーズの危ないところはついつい食べ過ぎることかな・・・。

ラザニア


夜はまたショーを見たり、スロットマシンなどで遊んだりしてから就寝。
寝ている間に、次の寄港地クレタ島に移動です。
といっても、このあたりの島は距離がそんなにないのか、気付くともう次の寄港地に早めについていて、停泊しているという感じ。
クレタ島、イラクリオンの港から朝食後に見た朝日。

イラクリオンの朝日


次回はクレタ島、クノッソス宮殿などをレポートします♪

エーゲ海クルーズ・クレタ島

2008年9月7日 (4日目)

午前中はクレタ島観光へ。このツアーでは、寄港地観光が組み込まれていた。古代文明大好きな私はここのクノッソス宮殿の観光は外せない。今回の旅行で楽しみにしていた目的のひとつ。
遺跡には、こんな復元予想図が・・・。ええっ。約3700年も前の宮殿がこんなに立派だったって本当ですか??

クノッソス宮殿想像図


クノッソス宮殿は、紀元前2600年頃から紀元前1100年頃まで1500年にも渡ってクレタ島で栄えたクレタ文明(ミノア文明)のミノス王の宮殿。1900年にあのアーサー・エヴァンズによって発見された。宮殿ができたのは紀元前1800年頃とされている。

クノッソス宮殿跡


遺跡のあちこちにあるフレスコ画のひとつ、青い鳥。オリジナルはイラクリオン考古学博物館にあり、これらは複製。それにしても色鮮やか。衣装や当時の慣習などがわかるものが多く、興味深い。

ミノア文明を後世に残すフレスコ画レプリカ


遺跡の中には何か所か、最初の復元予想図を思わせる建物が。いや、、、ちょっと復元しすぎじゃありませんか?そりゃ当時の様子を想像しやすくはありますが、明らかにコンクリートだし。
ちょっとやりすぎですよね。

やり過ぎた修復


クノッソス宮殿には1200以上もの部屋があったとか。こちらは王座の間。グリフィンが四方に描かれ、王の石の椅子が残っている。

王座の間


こちらは女王の間。このあたりは4階建てだったとされている。イルカが描かれた壁がなんともかわいらしい。

女王の間


このクノッソス宮殿には有名な迷宮の伝説が残っている。ギリシャ神話の英雄テセウスが牛頭人身のミノタウロスを退治し、王女アリアドネの助言によって脱出した迷宮ラヴィリントスがあったという話。あったかもね、と思わせる広さと複雑な構造をもつ。この伝説がそもそも遺跡発見のきっかけだったようだし。

北の入り口付近


劇場、ロイヤルロード付近。遺跡はやっぱりできるだけそのまま、の方がいいような気が。
遺跡の規模からいって、かなり栄えた文明だったことだけは間違いない。

劇場、ロイヤルロード付近


なんだかんだ言いながらも遺跡観光に満足した後は、港近くの街の中心地イラクリオンへ戻り、散策。ベニゼル広場のモロシニの噴水。14世紀のライオンの飾りがついたヴェネチア時代のもの。この周辺はおしゃれなお店も並んでいてとても雰囲気がいい。

ベニゼル広場のモロシニの噴水


ここの散策はフリータイム。25アウグストゥ通りを海に向かって下る。この日、日曜日だったため、多くのお店は閉まっているけど、かえってキレイな街並みに見えていいかも。

イラクリオンメインストリート


突き当りには、オールド・ハーバーとヴェネツィア時代の要塞。
エーゲ海の島で、古代から豊かな文明が栄え、その後時代が変わるごとに支配者も変わってきたが、重要な拠点だったことを示している。

オールド・ハーバーとヴェネツィア時代の要塞


昼前にはクレタ島を出港。きれいな海に囲まれたクレタ島にさようなら。ちょっと駆け足の観光ではあったけど、見どころは見たな、って満足感。

美しい海に囲まれたクレタ島


この日はこの後、サントリーニ島に寄港します。盛りだくさんの一日。
見えてきました、サントリーニ。島の上に白くみえているのは、雪じゃありません。真白い家です。楽しみ♪

サントリーニ島


次回はサントリーニ島をレポートします♪

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR