エジプト・エドフ~コムオンボ

2009/4/25(4日目)

早朝、エドフへ向けて向けて出発。ナイル川沿いに上流へと南下。

早朝のナイル川沿岸


しばらくは何もないところをバスは走る。このナイル川のお陰で昔からこのあたりは肥沃な土地であったことだろう。

緑豊なナイル川


町がだんだん田舎っぽくなってくる。キレイに色を塗っている家もあるが、簡素な家が隣接。パラボナアンテナだけが現代であることを意味するかのような家もたくさん。

民家ぎっしりの町


ルクソールとアスワンのほぼ中間にあるエドフにあるホルス神殿へ。
エジプトの神殿の中で最も保存状態が良いとされている。もっともここは比較的新しく、エジプト最後の王朝、プトレマイオス朝の神殿。プトレマイオス3世が建築を始め、12世までの180年間で完成されている。

ホルス神殿


この神殿は名前の通り、ホルス神に捧げられたもの。ホルス神像は3mくらいはある大きなもの。結構かわいい。こういう特徴的なものがないと、段々、どれが何の神殿だったか写真だけではわからなくなってしまう。塔門とか皆同じに見えてくるし・・・。

ホルス神像


至聖所。レバノン杉の聖船が置かれている。他にも壁画やヒエログリフがきれいに残っていてなかなか見ごたえがある。

聖船


さらに南下し、コム・オンボへ。プトレマイオス朝に建築され、ローマ時代に完成したコム・オンボ神殿。ホルス神とセベク神(ワニ)に捧げられた神殿だったので、入口から通路、至聖所まで2つずつ並んでいるのが特徴。

コム・オンボ神殿


この神殿に残るレリーフには少し変わったものがある。それは医療にかかわるものが描かれていること。医療器具だったり、こちらは出産の様子。

医療関連のレリーフ


柱頭部に咲いたパピルスをあしらった頑丈な石柱。エジプトの遺跡のいいところは、こういった柱などを間近でじっくり観察できること。絵柄やヒエログリフなど好きな人にはたまらない。

パピルスの列柱


バスはアスワンへ。丘の上のホテルのレストランでLunch。このあたりはナイル川に大小いくつもの島があり、眺めがよい。(ナイル川と島があるんですが、島が大きくてわからないかな)

アスワンの風景


Lunchの後は、香水のお店へ。様々な香水に、かわいい香水瓶。そんなに高くないのでお土産には最適。ちゃんとしたお店で買えば、品質も良い上にちゃんと梱包もしてくれるので安心。
(ガラクタが増えると判断して私は買いませんでしたが・・・)

香水瓶


次回は、アスワンのレポートです♪

エジプト・アスワン①

2009/4/25(4日目) 続き

午後の観光は、「ナイルの真珠」とよばれたイシス神殿へ。

「ナイルの真珠」イシス神殿


もともとフィラエ島にあったこのイシス神殿、アスワン・ハイダムの完成によって水没してしまうことから、すぐ近くのアギルキア島へ7年かけて移築された。島なので、ボートで渡る。

アギルキア島に移設されたイシス神殿


小さな島いっぱいに神殿が広がる。末期王朝時代からプトレマイオス朝、ローマ時代にかけて建造されたこの地方を代表する美しい神殿。

イシス神殿第一塔門


もともとフィラエ島は聖なる島とされていた。オシリス神の島であり、イシス女神がホルス神を生んだ場所と伝えられている。第一塔門に刻まれたイシス女神とホルス神。

イシス神とホルス神親子


イシス神殿内部、至聖所などに残るレリーフには、そのホルス神誕生の物語が描かれている。
こちらは典型的なイシス女神のレリーフ。

翼を広げるイシス女神


この神殿が妙に美しいのは、やはり島にあるせいだろうか。奥に見えるのがトラヤヌス帝のキオスク。手前がハトホル神殿。しかし4月とは言え、天気の良い日の遺跡見学は本当に体力をうばわれる。

トラヤヌス帝のキオスクとハトホル神殿


イシス神殿観光の後はファルーカ(帆掛け舟)で、ホテルへ。風まかせにすすむファルーカはなかなか乗り心地がいい。船頭が歌などを歌ってくれて、しばしゆったりとした船旅を楽しむ。

ファルーカ


いったん、HTLへチェックイン。ピラミサイシスアイランドホテル。ナイル川ににある島のホテルなので、船がないと出入りできない。ちょっと休憩した後、夕食へまた船にのって出かける。
ナイル川に面したレストランで食事。

魚料理


食後は水タバコ・シーシャの吸い方を現地ガイドが指南。男性陣はこぞってお試ししていたけど、中にはとても気に入ってセットを購入して帰った方も・・・。

水たばこ


さて、夕食後はHTLへ戻り、明日に備え早くに就寝。なぜなら明日はアブ・シンベルへ出かけるコンヴォイに参加するために、朝4時に集合場所へ行かなくてはならない。ということは、島にあるホテルを出る時間そして起きる時間と逆算していくと、、、ほぼ寝る間がない。

コンヴォイというのは、集団で警護付きで移動する隊のようなもの。エジプト南部ではテロなどもあるため、ツアーですら自由に移動はできないのだ。アスワンからアブ・シンベルまでは片道4時間程もかかる距離。大小たくさんのバスが、いっせいに警察の警護付きで移動するわけ。

そもそも4月は砂嵐の季節。前日は砂嵐でこの道が封鎖されコンヴォイが出なかったとか。
エジプトに行くなら、もうちょっと早いシーズンが良かったようだが、この日運よく道は封鎖されないことがわかり、早起きは無駄にならずにすんだ。

私たちのグループは一番空席があるバスと言う事で、隊列の最後尾を行くことに決まった。途中なにかあった場合、後ろの車が前の人を乗せていく必要があるからだ。じゃ我々はどうなる?

銃をもった警官がバスに乗り込む。なんとなく緊張。真っ暗な中、ひたすら砂漠の道を走る。
うとうとしていたら、少し明るくなってきた。砂漠が広がる・・・。なるほど、ここで事故でもおきたら、誰も助けには来れない。それもあって隊列を組むのだと納得・・・。

南部砂漠


次回はアブ・シンベルをレポートします♪

エジプト・アブシンベル

2009/4/26(5日目)

アブ・シンベルへ到着。神殿は湖側に向かって建っているので、岩山の裏から表へ回る。
アスワン・ハイダムの完成による水没から遺跡を守るため、ユネスコの遺跡救済キャンペーンによって1968年、4年もかけ岩山ごと1000個以上のブロックにわけ移築されたことで有名。西に約180m、上に62mの場所に移されている。

アブ・シンベル


アブ・シンベル神殿は19世紀のファラオ、ラムセス2世によって建てられた巨大な神殿。しかも神殿なのに、自らの姿を一緒に並べていたりする。ラムセス2世は、すごい権力をもったファラオで、しかも長命でその治世は67年。王子王女は100人を超え、自分の子供、孫がどんどん先に死んでいる。王妃だけでも8人はいたようだ(中にはヒッタイトの王女や自分の娘までも!)。

巨大なラムセス2世の4体の像で有名なアブ・シンベル大神殿の正面。高さが22mもある。

ラムセス2世像


中は撮影禁止。オシリス神の姿をしたラムセス2世の像がついた列柱室や数々の大きな壁画はとても見ごたえがある。こちらは入り口近くの壁に描かれた戦場でとらえた捕虜の行列を描いたもの。ヌビア人と見られている。

ヌビア人捕虜


巨大なラムセス2世の座像の脇に描かれた、ラムセス2世のレリーフ。上下エジプトの王であることを示している。古代エジプトに興味がなくても、このあたりまでくると嫌でもラムセス2世のカルトゥーシュが識別できるようになっている!?それほどエジプト全土の遺跡に彼は自分の名前を残している。人の名前を書き換えてまで。どれだけ自己顕示欲が強いのか・・・。

上下エジプト統一


アブ・シンベル小神殿。王妃ネフェルタリに結婚25周年を記念して贈られたとされる神殿。
王妃のための神殿とあって、中にはハトホル柱が並んでいる。この王妃は王妃の谷に素晴らしい墓を持っていることで有名で、この墓を特別観賞できるツアーも日本から限定で出ている。いつか見てみたい・・・。

アブ・シンベル小神殿


アブ・シンベル大神殿とアブ・シンベル小神殿をいっぺんに写真に入れるためには相当、離れないとダメ。近くで見ているとその大きさが段々マヒして感じられてくる。

アブ・シンベル全景


ナセル湖。すぐ見える範囲にアブシンベル神殿の元あった場所がある。今は水底。
いつか、ナセル湖クルーズで、ヌビア地方の遺跡を訪れてみたいなぁ・・・。

ナセル湖


砂漠をアスワンへと戻る。来た時同様、最後尾を走る。途中、事故の跡を見た。なんでも死人が出たらしい。本当に砂漠だけが永遠と続き、小屋ひとつみられない。観光地がこれで大丈夫なのか??

バスの後ろの方に座っていた私は、途中、にぶい音とゴムの焼けるような鼻につく匂いを感じた。そのときは気にも留めなかったが、、、徐々に異変に気付く。空調が止まっている。どうやら、何か部品が焼き切れたためらしい。しかし砂漠の途中で停めることはできないと、蒸し風呂状態のまま走行を続ける。・・・しゃれにならない暑さだ!!

砂漠


アスワンハイダム。1970年完成の現代の巨大ダム。ここでやっと、壊れた空調の修理がおこなわれる。助かったぁ・・・。

アウワン・ハイダム


エジプトはイスラムなのでアルコールはNGだが、観光客が行くレストランではビールやワインなどは提供される。暑かったので、ビールがおいしい♪
食事はどうしてこうも似たものが毎食のように出てくるのか・・・そんなに他のメニューで皆お腹を壊したのだろうか。安心と言えば安心だけど、何かの修行みたいだな。

ステラビールとランチ


次回は、アスワンについて続きのレポートです♪

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR