FC2ブログ

スイスインターナショナルビジネスクラス


昨年のクリスマス12/25、まだ俗に言うキャリアウーマンをしていた私は年末年始を利用してダンナと2人で中欧5カ国のツアーに参加しました♪

年末年始はただでさえ料金が高め、どうせならとお得なビジネスクラスで行くツアーを選びました。毎日のように愛読書(旅行パンフレット)を読み込んでいる私は、こういうお得なツアーを見つけるのはお手の物!

本日は、この時に利用したスイスインターナショナルのビジネスクラスについてレポートです。

まずは機内食の紹介です。

成田→チューリッヒ
洋食は三國シェフ監修メニューも選べる。
ラタトゥイユ。上品なお味で、男性には物足りないかも。

三國シェフメニューラタトゥユ


和食の前菜。やっぱり見栄えはいい。

和食メニューの一部


この日はクリスマスだったので、ツリー型のチョコが配られる。エコノミーはなかったらしい。
こういうサービスって各社やっているのかなぁ?

プチクリスマスプレゼント


チューリッヒ→成田
帰国便の朝食。これにオムレツとソーセージなど温かい皿が追加。
全体的に食事は、エコノミーよりもいいけどそんなに豪勢じゃあない。

朝食メニュー


何がおいしかったかと言うと、このキャラメル味のアイスクリーム。
ちなみに、行きは、横濱馬車道アイス。

私好みのアイスクリーム


シートは一見良さそうなのだけど、リクライニングが167度と、ちょっと斜めになる感じ。
うまく寝ないと下にずり落ちるような感覚。昨今はビジネスクラスでもフルフラットが増えつつあるので、イマイチと言わざるを得ないかも。

帰国便は12/31出発、1/1到着、という年またぎの便。
まずは、日本時間の新年がアナウンスされ、ひと眠りした後、スイス時間の新年には、ビジネスクラスでは新年を祝うためのシャンパンが配られた。

空から見る初日の出もなかなか。角度的にうまく写真とれなかったけど。
こちらは、モニターが捉えた初日の出。
コックピットからの眺めってこんな感じなのかなぁ・・・。

機上の初日の出


全体的には、空間の優雅さとスペース的なゆとり以外、エコノミーと比べ差が少ない方かなと思う。お得、なプランじゃなかったら20万円以上の差額を出すほどではないかと・・・。

次回から、年末の中欧5カ国をレポートします♪

ドイツ・ベルリン

12/25 (1日目)

冬のヨーロッパは寒く、最初に行った時の印象から敬遠していたけど、とってもお得なツアーを見つけたのでめずらしく早々に申し込んだ。かなり早めに申し込んだのに10数人のWaitingで、半ばあきらめていたのだけど、代替候補を真剣に検討する前に順番が回ってきた。

ヨーロッパは寒波がすごいというニュースを見て、あちこちのユニクロを回ってヒートテックをなんとかゲットし覚悟して参加。

夜にベルリン着。HTLの名前もベルリン。モダンなホテル。設備、食事もなかなか。

ベルリンホテル



12/26 (2日目)

ベルリン市内観光へ。車窓からはクリスマスマーケットの名残が見える。
前にドイツに来た時と、まったくイメージが違い、なかなかいい感じ。

クリスマスマーケット


ベルリンの壁。壁は思っていたよりは薄くて低い。
それにしてもやっぱり寒い。先週まで雪が積もってもっと寒かったというからラッキーなのか?

ベルリンの壁


地面にも壁の記録。ほんの20年前に壁があったというのがにわかに信じがたい。

ベルリンの壁ライン



ブランデンブルク門周辺を散策。広い通りに大きなクリスマスツリーが残っている。
クリスマスシーズンのヨーロッパもいいかも、寒さも忘れ思いなおす。

ブランデンブルク門


ペルガモン博物館へ。この博物館はかなり見ごたえがある。

ペルガモン博物館1

アッシリアやシュメールなど、古代文明好きにはたまらない展示がたくさん。

ペルガモン博物館2

屋内いっぱいに再現されたものから、小さなアクセサリーやコイン、数々のコレクション。
見事な品々ばかり。しかし、、、、これらがドイツにあっていいのだろうか・・・。

ペルガモン博物館3

ペルガモン博物館4


Lunch後、ベルリンの壁跡をキャンバスとしたアートを見学。
気になるのは、午前中のところもそうだが、壁の裏側がただの空き地、ということ。
東西の違いが現在にも残っているという感じがする。

アートなベルリンの壁


次回は、ドレスデンをレポートします♪

ドイツ・ドレスデン

12/26 (2日目) 続き

ドレスデン着後、街中を散策。
カトリック旧宮廷教会からスタート。

カトリック旧宮廷教会


ドレスデン城の「君主の行列」の壁画。100mもある。解説がないと誰が誰だか・・・
(とても丁寧に解説してくれてたのにちゃんと聞いてなくてゴメンナサイ)

君主の行列


マイセンのディスプレイ。
和食を意識した商品のようだけど、とても素敵に見える。

マイセン


フラウエン教会。
戦争で破壊されたドレスデンのシンボル。近年きれいに修復されている。

フラウエン教会


ここからフリータイム。
エルベ川へ向かう道は、クリスマスマーケットでにぎわっている。

クリスマスマーケット


ホットワインやソーセージがおいしそう・・・。
メニューの一例。

屋台メニュー


人をかき分け、川沿いまで出る。エルベ川。
時間があれば対岸からこちらを望みたい。

エルベ川


ヨーロッパのバルコニーと言われるテラスで景色を楽しむ。
どこかからアコーディオンの音色、クリスマスソングを奏で景色に色を添える。

テラス


マンホール。その土地らしいものを見つけた時に記念に撮ることにしているけど、なかなかお目にかかれない。

マンホール


冬の夕暮れは早い。集合場所のゼンパー・オーパーへ。
やっぱりツアーだと滞在時間が少ない。こじんまりとした景観の良い街だったので、また来る時はゆっくり滞在したいなぁ・・・。

ゼンパー・オーパー


次回は、プラハをレポートします♪

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR