アルゼンチン・イグアス②

8/18(6日目)続き

11:15 再びトロッコに乗り奥の駅へ。

到着すると一目散に展望橋へと進み、悪魔の喉笛を目指す。
実は、この下が透ける道はちょっと苦手。これくらいで怖いとは言えず必死に先へ進む。

悪魔の喉笛に急ぐ


必死といえば、大きな川のわずかな石にカメさんがすがりついて休憩。ほほえましい。

かめさん


やってきました。悪魔の喉笛。
風向きによっては写真どころじゃない。タイミングを見はからってパシャ!
すごい迫力にテンションも↑

悪魔の喉笛


ギリギリのところまで展望橋が。奥の方には92年に洪水で破壊された古い展望橋の跡もある。

展望橋1

展望橋2

展望橋3


たっぷり滝を楽しんだ後は、もう一度トロッコに乗り、中間駅へ戻る。
このトロッコ、ぎっしり詰めて座るので、絶好の国際交流の場。といっても多くはアルゼンチン人で英語が全く通じない・・・。

トロッコ


13:00 滝が見渡せるシェラトンホテルまで歩き、やっとLunch。
2時間の観光予定が4時間、結構歩いたし、ここまでの疲れがたまってクタクタだったところ、洗練された料理とサービスでゆっくり食事を楽しむ。昨日のハムチーズサンドの罪滅ぼしか・・・
前菜、椰子の新芽。この後のステーキの厚さはすごかったし、デザートも大変おいしかった!

シェラトンの前菜


14:20 午後の観光へ出発。30分程バスで走り、ブラジル・アルゼンチン・パラグアイの3国国境地点へ。右奥がブラジル。左がパラグアイ。

3国国境地点


また国境を超えて、ブラジルへ。

次回は、ブラジル側の滝観光を報告しまーす♪

ブラジル・イグアス③

8/18(6日目)続き

15:55 ブラジル側滝観光スタート。
遊歩道を少し歩くと、見えて来ました!最初にアルゼンチン側から横から見た滝です。

ブラジル側からの滝観光スタート


少し進むと、このあたりは滝が2段に。
素人の写真では、うまく伝えられないですが、本当に感動の風景でした。
イグアスの滝、とっても気に入りました。

2段の滝


悪魔の喉笛の方向。
落差がヴィクトリアフォールズのようにはないので滝の全体が視界に収まります。

悪魔の喉笛方面


これから悪魔の喉笛の下近くまで伸びているこの遊歩道までいきます!(ん?真ん中あたり、見える?)
この遊歩道、滝の中段にある。どうやって作ったのかなぁ・・・。

遊歩道に期待


間近でみる滝の迫力はすごい!
なんで遊歩道に人がいないかって、それはビショビショに濡れちゃうからです。

間近!


虹の右側、滝を包むように丸くできている。うっすら二重かな・・・。

この写真撮るのちょっと怖かった


十分ゆっくり滝を楽しんでずぶ濡れになった後、エレベータで展望台へあがる。
上から見下ろす滝もすごい。

展望台より滝


上から見た遊歩道。これじゃ何の対策もしなければ濡れるよね。

展望台より遊歩道


イグアスに来るのにカッパとかポンチョ持って来なかった人、初めてだって添乗員に言われちゃいました。でも、ナイアガラにもヴィクトリアにも持っていかなくて、そう言えばやっぱり濡れた気がするけど、風邪もひかなかったし、いい思い出じゃない?
ってくらい気軽に考えてたんだよね・・・

17:30 さて、次は、全員参加!のオプショナルツアー。ボートツアー120US$
・・・添乗員がカッパ貸してくれました・・・。

ミニバスとジープを乗り継いで、ジャングルを抜け川へ。
首にタオルを巻き、カメラをビニールに、カッパを着こみ、救命胴衣をつけ、いざボートへ。
もう誰が誰だかわからない。時間が遅いので、すっかり貸切だ。

スピードボートへ乗り込む


ボートはハイスピードで疾走し、上流へ!ひゃぁーー怖いよぉ・・・。
川はあちこちでうねっていて、良く言えばスリル満点!(私には恐怖)
川から見る滝も素晴らしい!もう他に船もなく、川を丸ごと貸し切った気分。

川から滝


この後、カメラをしまい、滝にアタック!

げーーーーーーーーーーーっ、マジ??

ずぶ濡れとかそういう次元じゃなくて、突っ込んじゃったら目もまったく開けていられないし何にも見えないじゃん。意味ないってばー。ていうか、これ安全なの??
(旅行社としては安全を保障できないので、あくまで自己判断でっていう現地案内でしたが)

カッパが何の役に立つのってくらい、大量の水を浴び・・・。
そんなアタックを5回。さらに One Moreとサービスで追加。

日の暮れかかった川を戻る。ぶっ飛ばし、一回転させたりとやりたい放題。
えっ、今乗り場を通りすぎたけど?素直に帰らず大サービスで川を満喫させてくれ、皆大満足でした・・・。

夕暮れ時の川を戻る


そしてこの旅第二の誤算ていうかハプニング。
カメラをビニールに入れてたのに、、、あえなく浸水。
PC持っていったお陰で、早々にデータをバックアップ。ひとまず、ほっ。
買ったばかりの方じゃなくて良かったけど。これも、思い出、かな?

長い記事を最後まで見てくれてありがとう☆
次回はリオデジャネイロです♪

ブラジル・リオデジャネイロ①

8/19(7日目)

6:30 モーニングコール、8:00 HTL出発で、イグアスの空港へ。
9:30の便でリオデジャネイロまで空の旅。いったい何回飛行機に乗っただろう。

Lunchが「シュラスコ」なので、飛行機では何も食べないようにと添乗員からのお達し。
TAMに乗ると最初に配られるレモンソース入りキャラメルがお気に入りだったが、我慢。
何度も見た例のラスクも当然無視。

約2時間でリオデジャネイロ着。
着くなり、第3のトラブル。SDカードが逝ってしまった・・・。バックアップ後だったので、被害は機内で撮った3枚くらいか。不幸中の幸い。予備もあるし。

リオはもっと暑苦しい街かと思いきや、意外とさわやかな感じ!後ろは湖。

リオ


Lunchに向かいがてら、海岸の車窓観光。イパネマ海岸。
左の旗は、ゲイが集まるエリアの目印だそう。

イパネマ海岸


コパカバーナ海岸。奥の方には、泊るホテルなど高層ビルが立ち並ぶ。
この海岸、朝夕絶対に散歩をするなと釘をさされる。どうしても行きたければ、カメラを含めすべての貴重品を置いて、手ぶらで、と。観光客は高い確率で強盗にあうのだそうだ・・・。

コパカバーナ海岸


13:30 やっとLunch。シュラスコ。串刺しにされた焼いた肉の塊を切り分けてくれる。種類も多く、次々と勧められるお肉。もうどこの部位だか、どれがおいしかったか、よくわからない。
食べるのに忙しく、いい写真が撮れなかった・・・。


ゆっくりLunchの後、HTLへ。15:00にチェックインできるとはこの旅初めてのこと。
といっても、すぐにみんなで有名な宝石店「H.Stern」の本店へくりだす!

実はブラジルは知る人ぞ知る世界屈指の宝石王国。
ちょっといいなと思うのは、手の出ない値段だったので、目の保養だけにして、近くのスーパーへ。ここで、第4のハプニング。履いていたサンダルが壊れた・・・。はぁ、靴他に持ってて良かった。

HTLへ戻って、夕食までちょっと時間ができた。やっとInternetへアクセスできたので、ブログを更新。いや、今回の旅は本当に忙しかった。

夕食はHTLでバイキング。といっても、昼に、学生時代の焼肉食べ放題以来の量のお肉を食べ、見るのも嫌!だったので、エビチリ定食みたいになっちゃいました。
ドリンクは、カイピリーニャ。カシャーサという蒸留酒にライムを入れた強いカクテル。旅の後半、一度飲んだら病みつきになり、ずっとこれでした~♪

エビとカイピリーニャ


さて、21:30 HTLを出発して、サンバショーへ!

やたらとプロポーションのいいお姉さん方や鍛え上げたお兄さん方の華麗なショー。アカペラの歌もショーを盛り上げる。が、疲れからか、大音響なのにちょっと気を失ってしまった。(ほとんどみんな)後半になると衣装が派手にでかくなるが、私はこっちの方が好き。

サンバショー


00:30 HTL帰着。
どこまでもハードスケジュールな旅だ・・・。
あまりに疲れたので、朝シャンにして、そのままばったり、でした・・・。

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR