FC2ブログ

ダイヤモンド・プリンセス乗船

今回からSWに行った日本発着ショートクルーズの旅レポートスタートです。
思い立ったのが出発1か月切ってるタイミング、いつも利用する旅行会社各社が既に受付終了していたためクルーズプラネット利用、「気軽にショートクルーズ長崎と韓国6日間」にダンナと参加、費用は内側船室利用で1人約10万円(諸税、ポートチャージ、船内チップ込)。

2019/09/18 (1日目)

12:35 日本大通り駅から大さん橋へと向かいます。朝から雨が降っている中、大きなスーツケースを持っての移動となりましたが、幸い雨が止みました。
大さん橋にはこれから乗船するダイヤモンド・プリンセスが停泊中です。一度乗ってみたかったこの船、長崎で造船された11万トンクラスのプレミアム客船です。

大さん橋に停泊するダイヤモンド・プリンセス


客船ターミナルに入ると、左手でまずスーツケースを預けます。そして整理券をもらいました。事前案内ではキャビンの階数によって乗船時間は振り分けられていますが、実際は着いた順に整理券が配布され、チェックインに呼ばれるまで座って待ちます。

大さん橋客船ターミナル


待っている間に展望デッキに行ってみました。全長290m、船の全景を撮るのは大変です。そして、止んでいた雨が降り出しました。

大さん橋の展望デッキから見たダイヤモンド・プリンセス


13:20 整理券番号が呼ばれたので、奥のチェックインエリアに移動します。先にセキュリティチェックがあります。持ち込みワイン2本は手持ち、1人1本持ち込みOKなのです。

チェックインでは、健康状態は口頭申告、クレジットカードの登録も済ませて、クルーズカードもらって終了です。このまま乗船すると今日はもう下船はできないそうです。出国手続きに進み、乗船口へと向かいます。乗船口で、顔写真を撮られ、システムに登録されます。

乗船すると、まずは船の中心アトリウム、いろんなイベントが行われる場所です。多くの大型客船同様、吹き抜けになっています。外国船とはいえ、樽が準備されているのが日本発着ならではですね。

ダイヤモンド・プリンセスのアトリウム


キャビン(客室)がすぐに利用できるそうなので、そのまままず自分たちの部屋へ向かいます。既にスーツケースが届いていたのはびっくりでした。今まで乗った船と違い、客室外に名札(リピーター会員のグレードも一目で分かります)があります。それによると半数はリピーターが占めているようですね。

ステートルームスチュアートがすぐに来て挨拶、避難訓練の案内などを受けます。外国船なので基本は英語です。
部屋は使いやすそうで、内側船室にしては広く居心地良さそうです。

ダイヤモンド・プリンセス内側船室


テーブルも奥行き十分の広いタイプ、日本発着なのでお茶セットもあります。テーブル右下は冷蔵庫(空)、写っていませんが上に大きめの液晶TVがあり、ちょっと狭いホテルの部屋といった感じです。コンセントはテーブルにAタイプ2口、マルチ220Vが1口、後はベッドサイドにUSBがあります。

ダイヤモンド・プリンセス内側船室のテーブル周り


こちらクローゼット、扉や仕切りはないですが、ハンガーは使いやすいタイプ。奥の鏡の扉の中は棚で、救命胴衣もここに入っています。スリッパとバスローブがあるのがプレミアム客船ぽい点でしょうか?

ダイヤモンド・プリンセス内側船室のクローゼット


洗面所はまずまず使いやすい方かな?

ダイヤモンド・プリンセス内側船室の洗面所


しかしちょっと残念なのはシャワーブースです。狭いし、仕切りはシャワーカーテンのみ、とちょっと使い辛いです。

ダイヤモンド・プリンセス内側船室のシャワーブース


スーツケースが着いているので早速荷ほどきといきたい所ですが、先に腹ごしらえといきましょう。14階のビュッフェレストランへと向かいます。今回も基本階段を使いますよ!

ダイヤモンド・プリンセスの階段


ビュッフェレストランは、左舷右舷と全く同じものがあります(需要の少ない時間は片側だけ営業)。こちら無料のドリンクコーナー。水、アイスティー、コーヒー/紅茶がここに来ればいつでも調達できます。レモネードが無料なのに注文制というのがちょっと難点です。

ダイヤモンド・プリンセスのビュッフェレストランのドリンクコーナー


デザートがずらっと。よほど気に入ったものがない限りは手を出さないように気を付けないと大変な事になります。

ダイヤモンド・プリンセスのビュッフェレストランのデザートコーナー


日本発着ということで、ラーメンがありました。今日は味噌ラーメン。トッピングはセルフです。期待しないで食べてみましたが、普通に食べられるアリな味でした。

ダイヤモンド・プリンセスのビュッフェレストランのラーメン


ピザやハンバーガーはプールの先までいかないとないのもちょっと難点。しかも、スタッフに取ってもらう方式です。冬季を除きほとんど日本近海にいる船なので、クルーの多くは日本語でも理解してくれます。

ダイヤモンド・プリンセスのハンバーガーとピザ


雨降ってるし、プールには誰もいません。このプールサイドにピザスタンドとかハンバーガースタンドがあります。固定メニューの他本日のスペシャル的なものもあります。

ダイヤモンド・プリンセスのプール


そして、アイスクリームスタンドもプールサイドです。ソフトクリームは無料で、バニラ、チョコレート、抹茶とあります。ここも、スタッフに作ってもらうスタイルで、それが残念。自分でうにうにときれいに盛るのが楽しいのに・・・。

ダイヤモンド・プリンセスのアイスクリームスタンド


さて、食後はさっそく船内散策をしましょう。船内マップを持ってくるのを忘れたのでキャビンに取りに帰ります。自分たちのキャビンの近くに、ランドリーがあるのを発見しました。有料ですが、長期クルーズの場合は役立ちそうですね。アイロンは無料で使用できそうです。

ダイヤモンド・プリンセスのランドリー


次回は船内探検をレポートの予定です♪
(マイアミからの更新でした)

ダイヤモンド・プリンセス船内設備

2019/09/18 (1日目) 続き

15:00 ダイヤモンド・プリンセスの船内探検に出かけます。まずは後方上階から。
15Fには展望大浴場、泉の湯があります。ちょうど見学時間でした。要予約で、90分15ドル、といいお値段です。左右同じ施設があり、男女日替わりです。うん、展望で天気が良かったら気持ちよさそうですね。

ダイヤモンド・プリンセス泉の湯


私は家でもバスタブに浸かって3分と持たないタイプ、銭湯だの温泉だのにはまして興味はありませんが、ダンナは無類の風呂好きですので、興味深々です。こちらは洗い場、シャンプー・コンディショナー・ボディソープは備え付けです。

ダイヤモンド・プリンセス泉の湯の洗い場


サウナもあります。私は1分持ちません。

ダイヤモンド・プリンセス泉の湯のサウナ


脱衣所は鍵付きロッカーもあり、男湯なら、かみそり、ヘアートニック、ヘアーリキッド、アフターシェーブローションなどが用意されています。女湯ならクレンジング、化粧水+乳液、ボディーローションなど揃ってますから、必要なのは体洗うタオルとかくらいでしょうか。

ダイヤモンド・プリンセス泉の湯脱衣所


露天風呂入る場合は、男女混浴なので、水着が必要です。屋根はあるようでないので、雨だったら濡れますね。天気予報見て予約しないと、です。

ダイヤモンド・プリンセス泉の湯展望露天風呂


この贅沢な洋上の展望風呂は残念なことに、最終入場は17:30、食事の後で星を見ながらって訳にはいかないようです。私が興味あるのは露店風呂くらいですが、それなら無料で利用できるジャグジーでいいかな。16F船尾のジャグジーは穴場です。

無料のジャグジーも


そのまま一番上のスポーツコートまで外階段で上がってみました。高所恐怖症にはちょっと怖い階段です。こうしたスポーツコートは縁がないので、船内探検で見て終わり、もう来ることはないでしょう。

ダイヤモンド・プリンセスのスポーツコート


せっかく一番高い所まで上ったので横浜港の景色を楽しみます。50mくらいの高さがあるので、手摺りギリギリに寄るのは怖いです。

ダイヤモンド・プリンセスから見た横浜港


船尾の上階にはバーやラウンジもありますが、今は誰もいません。夜もそんなに賑わうのかな?日本人が多いので、夜も静かかも知れません。ぱっと見た限り、日本人率は90%くらいと思います。

ダイヤモンド・プリンセスのバーラウンジ


そのまま船尾で12Fまで降ります。小さなプールがありました。
メインプールは船の真ん中あたりにあるので、この辺は人が少なくてゆっくりしたい人向きだと思います。しかしそもそもこの季節、寒くて外でプールは人気ないでしょうね。

ダイヤモンド・プリンセスの船尾にある小さいプール


という事で、12Fにある屋内プールに来ました。プールの周りにチェアもたくさんあり、場所取りするまでも無さそうです。ここは気持ち良さそうなので、日中のくつろぎ場所として第一候補になりますね。

ダイヤモンド・プリンセスの屋内プール


それでは船首の方へ行ってみましょう。ピザスタンドの前を通ります。
焼き立てのピザが次々と焼きあがってます。つい、1枚と思ってしまいますが、食事の時間以外に手を出すのは止めておきましょう。

ダイヤモンド・プリンセスのピザスタンド


船首15Fにはフィットネスセンター、スパ、美容室などがあります。
クルーズ中に運動するのは、最初の2,3回で止めてしまって、今ではウェアやシューズも持参していないので、ここも見学のみです。

ダイヤモンド・プリンセスのフィットネスセンター


そして船首にはサンクチュアリというエリアがあります。大人専用の有料リラクゼーション・スペース、ですが、日本発着クルーズでは基本営業していないようです。
日本人にはあまり人気がないという事でしょうかね。

ダイヤモンド・プリンセスのサンクチュアリ


さて全部見たかなと思った時、船の真ん中あたり見落としがちな所にミニゴルフを見つけました。これも1回くらいは暇つぶしにやったりしたものですが、最近はさっぱりご縁がありません。

ダイヤモンド・プリンセスのミニゴルフ


上階のパブリックスペースは探検終了、下階へと移動します。下階は主にショップやレストラン、シアター・カジノがあるのが一般的です。
有料レストランもあります。こちらはお寿司、2貫で5ドル前後、海鮮丼19ドル、基本の食事は無料なので、プラス料金と考えると高めです。船の有料レストランで差額値段の価値があると思ったことはほとんどないので、今回は利用しないでしょう。

ダイヤモンド・プリンセスの有料レストラン


次回は続きから横浜出港などをレポートの予定です♪
(ハイチからの更新でした)

ダイヤモンド・プリンセス横浜出航

2019/09/18 (1日目) 続き

15:40過ぎ、アトリウムを通りかかると、乗船した時見た樽が開いていました。鏡割りセレモニーがあったのを見逃したようです。私は日本酒飲まないので、あまり興味が湧かずスケジュールをチェックしていませんでした。

アトリウムで鏡割りセレモニー


船首にあるシアターをチェックに行きます。椅子は座り心地良さそうだけど、天井が低いかな、大掛かりなショーは期待できません。

ダイヤモンド・プリンセスのシアター


こちらはカジノ、あまり広くないイメージです。日本人が多いとあまり売り上げがないんじゃないかとちょっと要らない心配をします。

ダイヤモンド・プリンセスのカジノ


インターネットコーナー、船のインターネットは遅くて高いので、通常は使いません。

ダイヤモンド・プリンセスのインターネットコーナー


そしてこちらがメインダイニングルーム。4~8名席が多いようです。この船はテーブル指定なので、決まった時間に決まったレストラン決まった顔ぶれでの食事となります。落ち着いた印象の空間です。

ダイヤモンド・プリンセスのメインダイニング


さて、そろそろ避難訓練の時間なので部屋に戻って待機としましょう。16:15からなのに、16:00前に既に避難開始している人が多いようでした。私たちは警笛を聞いてから部屋を出ます。救命胴衣は持っていかなくていいとのこと、手ぶらで、手近の階段、私たちの場合は通常は利用しない裏の階段を使いました。

避難訓練で非常階段を使用


部屋ごとに指定されている避難場所まで行くと、クルーズカードのバーコードを読み取って出席を登録します。そして、集まったところで、注意事項とか救命胴衣の付け方などのデモを見て終了です。そして避難訓練が終わるといよいよ出港です。

出港時の外は寒いので上着を持ってデッキへ出ます。残念ながら雨がポツポツ・・・出航イベントは雨天中止のようです。大さん橋では雨の中で少ないお見送りの方たちが黄色いハンカチ?を振って見送ってくれます。拡声器で行ってらっしゃい言ってるのはどこかの旅行会社でしょうか。キャプテンがバンバン汽笛を鳴らして見送りに答えます。

ダイヤモンド・プリンセス横浜出航


17:00ちょうどには横浜港を出ます。あいにくの天気で、雨が気になりだしたので、皆プールサイドからビーチタオルを借りてきて頭からかぶって頑張ります。

ダイヤモンド・プリンセスから見た横浜の景色


ビーチタオルをかぶってまでデッキにいる理由は、ベイブリッジをくぐるのを見届ける、その1点につきます。ダイヤモンド・プリンセスの海面上の高さは54m、ベイブリッジは55mなので、干満の差で、この日は2m差と案内されましたが、本当にぶつかるように見えます。

ベイブリッジをくぐるダイヤモンド・プリンセス


ファンネル(船の煙突部分、船会社のマークが描かれている場所)を今後改修するので、今年までしかこのベイブリッジをくぐって大さん橋を利用することができません。
ぶつかるかも?のヒヤヒヤの感覚を味わえるのも今だけです。

ファンネル改修で来年にはベイブリッジをくぐれなくなるダイヤモンド・プリンセス


無事にベイブリッジをくぐったら、キャビンに戻って先延ばししてきた荷物を開ける作業を行います。全ての荷物をクローゼットや引き出しなどにセットし、スーツケースはベッドの下に押し込みます。

夕食は17:30からと19:45からの2回制で、私たちは旅行会社が17:30からの予約をしていたのを、あえて19:45に事前に変更してもらいました。日本人は1回目を好む方が多いので、2回目への変更は簡単です。夕食の時間まで再び船内を歩きます。外はもう真っ暗、陸の灯りがちらちら見える程度です。

夜のデッキ


室内プールはムード満点のライティングです。泳いでいるのはお子様ですね。プレミアム船で子どもの数が制限されているらしいですが、逆にお子様向け設備がほとんどないので、優雅に過ごしたい大人にとってはお子様が困った存在だったりします。

ダイヤモンド・プリンセスの室内プール


2時間かからずに東京湾を出るようです。部屋のTVで、航路図も見れて現在位置が分かります。

TVで見る航路図


19:45 メインダイニングで夕食です。明日の終日航海日がフォーマルで、それ以外はスマートカジュアルというドレスコードです。8名席で、母娘、女性2名、後2名は本日欠席でした。今日の2組はクルーズ初めてとのことです。日本発着で短いクルーズなので初心者には利用しやすいでしょう。

さて、食事です。メインダイニングでの食事は料金込み、アルコールなど飲物は有料です。こちら私が頼んだ前菜のセビーチェ。盛り付けがおしゃれです。他の船に比べて量は控えめです。

ダイヤモンド・プリンセスの食事セビーチェ


メインはプライムリブを選択、見た目通りのお味です。日本人の口に合うとの前評判でしたが、正直、カジュアル船に比べて特別おいしいという事もない、それが私の感想です。

ダイヤモンド・プリンセスの食事プライムリブ


デザートはクレームブリュレとニューヨークチーズケーキ、2人分ですよ。暗記できなかったのか、他にもいろいろ持ってきたので、他にアイスクリームを引き取りました。普通のコーヒーは無料です。

ダイヤモンド・プリンセスの食事デザート


食後はショーの時間が迫っていたので、そのままシアターへ向かいます。
21:45 社交ダンスのショーでした。ペア1組だけのラテンダンスで、ダンスはともかく、舞台とか演出がイマイチ、ショーにはあまり力が入ってない感じに見えました。
ショーはカジュアル船の方が華やかで楽しいかな・・・。

カジュアル船との違いを一番感じたのは、ドレスコードを守っている人が多いということです。スマートカジュアルで、多くの人が割とおしゃれな恰好をしていて、Tシャツで船内をうろついている人は数えるほど。日本人が多いからかも知れません。

次回は終日航海をレポートの予定です♪
(カリブ海洋上からの更新でした)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR