FC2ブログ

ノルウェージャン・ジュエル乗船

今回からGWに行った日本発着南国クルーズの旅レポートスタートです。
阪急交通社「ノルウェージャンジュエルで航く 南国の楽園夏色クルーズ9日間」にダンナと参加、費用は内側船室利用で1人20万円弱(海外諸税、ポートチャージ、船内チップ込)。

2019/4/27 (1日目)

11:00 元町・中華街駅から歩いてすぐ、山下公園にやってきました。
久しぶりの横浜です。懐かしい氷川丸も見えます。

山下公園


集合場所は山下公園の山下ふ頭ゲート、チェックイン会場まではバスで移動のため列に並びます。雨がポツポツ降り出しました。屋根がありますが、列の後ろの方はないので、いいタイミングで来たようです。時間が早めだったので、あまり並んでいませんでしたが、列がなかなか進みません。

シャトルバス乗り場に並ぶ


シャトルバスは通常の路線バスを貸し切ったもので、スーツケースなどの荷物を持った人もいるため、1台に20人くらいしか乗れません。雨が強くなり、なかなか進まない列に苛立った年配の男性が怒り出しました。風邪ひいたらどうすると憤慨して係員に詰め寄ります。確かにいろいろ段取り悪い所もありますが、これくらいの事で怒るのは大人気ない、やはり国内だと気軽にクルーズ船に乗れることもあり、客層が下がります。

バスに乗る前に乗船チケットを提示します。
シャトルバスに乗って5分ほどで着く市営4号上屋というチェックイン会場についてちょっと衝撃を受けました。がらんとした空のでっかい倉庫、通常の客船ターミナルに比べ、あまりに貧弱です。整理券をもらい、チェックインの順番をパイプ椅子に座って待ちます。

チェックイン会場


この倉庫の一角に阪急交通社のツアーデスクがあったので、特に寄る必要はないけど寄ってみたら、思わぬ人に再会しました。以前に、2回お世話になった添乗員さんです。
今回、阪急からは4名が阪急スタッフとして船に乗り込むとのことで、そのうちの1名です。スタッフと言っていますが、普段海外で添乗員されている方たち、しかも人気添乗員を揃えています。こうして旅で再会できるのってなんだか楽しいです。

12:00 チェックインの順番が来ました。本当はキャビンカテゴリー別に時間が指定されていますが、実際は到着したもの順に整理券をもらい、それに従います。パスポートコピー2枚、健康質問票、乗船チケット、クレジットカード、パスポート原本を提出し、手続きします。パスポートは船に預け、クルーズカードをもらったら準備完了です。

今回、宅配付きだったので、預けてある荷物はそのまま直接客室に届きます。
隣に移動してセキュリティチェック、そしていよいよ乗船です。すぐ前に停泊している船までバスで移動です。今回お世話になるのは、ノルウェージャン・ジュエル、93502トン、大型客船の中では中型サイズですが、目の前にすると大きいですね。

バスでノルウェージャン・ジュエルへ


12:10 乗船したら12階にあるビュッフェレストラン「ガーデンカフェ」に直行です。
まだ空いています。ここでさっそくランチです。ノルウェージャンの船に乗るのは3回目なので、各船でレストランの名前やメニューなどもだいたい同じです。

ガーデンカフェ


ランチのお気に入りは、ハンバーガーです。好きなものを挟みます。ローストビーフも挟んでみようかな。もちろん、もっといろいろ食べ物ありますが、ランチはB級グルメ的なものがオススメですね。ダンナは昼からステーキ持ってきてるけど・・・。
もちろん、デザートもいろいろあります。

ガーデンカフェでハンバーガーなどのランチ


部屋の準備もまだなので食後はのんびりし、ガーデンカフェが混んできたらさっそく船内見学に出かけます。日本発着なので、船内には日本語のアナウンスも入ります。
12階船尾、ガーデンカフェの先にグレートアウトドアーズがあり、こちらは屋外でビュッフェの食事などが楽しめます。雨止んだみたいですね、山下公園が見えています。

船尾から見る山下公園


右手を見ると、大さん橋に大型客船が停まっています。日本人にお馴染みのダイヤモンド・プリンセスです。本日出港、長崎と釜山に行くショートクルーズですね。
プリンセスクルーズはプレミアム船、こちらノルウェージャンクルーズはカジュアル船なので、客層も違うと思いますが、私はまだプレミアム船には乗ったことがありません。

大さん橋に停泊するダイヤモンド・プリンセス


船首の方へ移動します。こちらプールエリアです。海外だと、乗ってすぐプールで遊ぶ人もいますが、日本人はそこまで気合の入った人はいません。まぁ天気のせいもあるかもですが、日本人は行動パターンが皆一緒で、限られた空間の中ではもっと散らばってくれないと困ることが多いです。

ノルウェージャン・ジュエルのプールエリア


横浜港の風景、右下は、チェックインした上屋、奥に横浜ベイブリッジが見えます。
ベイブリッジの向こう、大黒ふ頭にももう1隻大型客船がかすかに見えます。MSCスプレンディダ、本日出港、同じように沖縄、台湾などに寄港します。

ベイブリッジ


MSCスプレンディダと今回のノルウェージャンジュエルどちらに乗ろうか迷ったのですが、寄港地の差でノルウェージャンを選びました。同じカジュアル船ですが、私の印象ですとMSCの方がプレミアム寄り、フォーマルのドレスコードもあります(日本発着の場合それほどフォーマルじゃないかもですが)。ノルウェージャンの方はフォーマルっぽい服装は不要です。

12階の船首方面に来ました。カードルームやライブラリーがあります。
意外と、ライブラリー人気でしたね。本を読むというより、静かに仕事?したい人とかで賑わっていました。

ノルウェージャン・ジュエルのライブラリー


こちらはフィットネスセンター、海を見ながらランニングマシンとか、こちらも人気でした。私はクルーズ初心者の頃は靴やら運動着やら持って行って多少運動しましたが、普段ジムとかに行く訳でもないので、もうそうした装備を用意するのも止めました。

ノルウェージャン・ジュエルのフィットネスセンター


8~11階は客室です。一か所だけ見落としがちな所は、ブリッジビューイングルームです。
ブリッジをガラス越しにですが、見ることができます。

ノルウェージャン・ジュエルのブリッジ


7階、有料レストランやバーなどがあります。ちなみに、今回は、有料レストラン3回付になっています。事前に日時やレストランを選べませんが、乗船してから変更可能です。

ノルウェージャン・ジュエルの寿司バーなど


5~7階の船首はスターダストシアターです。乗船説明会などを待っている人たちでしょうか。毎晩ショーなどがあるほか、昼間もイベントとかで使われます。どのあたりの席が見やすいか、今のうちにチェックです。

ノルウェージャン・ジュエルのスターダストシアター


いくつかあるラウンジバーのひとつ。オープンスペースの導線上にあり、席料などはありません。生演奏などもあり、ドリンクは有料ですが、頼まなくても座ってOKです。

ノルウェージャン・ジュエルのラウンジバー


部屋の準備ができたようです。ここでいったん船内見学は中段、お部屋へ向かいましょう。

次回は船室紹介と出港までをレポートの予定です♪

ノルウェージャン・ジュエル船内設備

2019/4/27 (1日目) 続き

14:10 客室の準備ができたようなので、自分たちの部屋にやってきました。今回8泊お世話になります。一番安い内側船室、5階と低層階ですが、それはそれでメリットもあります(揺れが少ない、下船口が近いなど)。
クルーズ数回目でバルコニーに飽きたので、寝るだけの部屋、内側で十分と最近は安くあげています。ベッドはくっつけることも可能ですが、部屋のスペースが狭い場合はツインで利用した方がいいです。

ノルウェージャン・ジュエルの内側船室


こちら入口ドア方向、テレビなどの裏側は水回りです。客船の船室にはこのように必ず全身映る姿見があります。

ノルウェージャン・ジュエルの内側船室


テレビは船内の情報や映画チャンネルがあります。私が好きなのは、航海情報、今どの辺りか分かるので、つけっぱなしです。夜は船首カメラにしておくと日が昇るまでほとんど真っ暗、よく眠れます。窓がないのに、起きた時にまだ夜明け前かどうか分かるということです。なお、この船には利用明細を確認できるチャンネルがありませんでした。

船内客室のテレビ


水回りの反対側は収納スペース、ミニバー、ドライヤーなどがあります。小さいテーブルには、今日の船内新聞やエクスカーション(船のオプショナルツアー)の案内などが置かれています。コンセントはたくさんありますね。日本のAタイプでそのまま使えます(電圧は220Vもあるので注意)。

客室は収納たっぷり


ミニバーの中、アルコールやソフトドリンクが入っています。これらは有料、元々高い金額設定で、さらに20%のサービスチャージがかかります。

ノルウェージャン・ジュエルの客室内ミニバー


収納はたっぷり、棚や引き出しの他にクローゼットがあります。このハンガー私が嫌いなやつです(穴にひっかけるタイプ)。このタイプが多いので、私は針金ハンガーをいくつか持ち込みます。このハシゴは何?この部屋は3人部屋対応でした。上のベッドに上がるためのものですね。(さらにベッドの下にもう一台エキストラベッドが収納してあったので4人対応でした)

ノルウェージャン・ジュエルの客室クローゼット


そしてこちらが水回り、結構使いやすかったです。客船ではたまに小さい洗面ボウルで使いにくいものもありますが、こちらは十分なサイズ、カランも動くので、顔が洗いやすいタイプです。

ノルウェージャン・ジュエルの客室バスルーム


こちらがシャワールーム。大抵の客船は、スイート客室以上じゃないとバスタブはなく、シャワーのみです。狭いブースをカーテンや観音開きの扉で仕切ったものが多い中、こちらはスライドのドアで、中も他の船に比べてかなり広めです。これは嬉しいですね。
ボディソープとシャンプーが備え付けてあります。

ノルウェージャン・ジュエルの客室シャワールーム


宅配で家から預けた荷物はまだ来ないので、手荷物を置いたら再び船内探検の続きにでかけます。こちら7階のショップ、免税品や、お土産になるようなもの、船内やクルーズで必要そうなもの、船のロゴ入りグッズなどが売っていますが、停泊中などはクローズしています。

ノルウェージャン・ジュエルのショップ


こちらはカジノ、こちらも停泊中はクローズします。

ノルウェージャン・ジュエルのカジノ


ノルウェージャン・ジュエルは9万トンサイズの船なので、あっという間にほぼ一周してしまいました。クルーズも慣れてくると、10万トン以下では物足りない感じがします。もっとも、大きい船だと船内の移動距離が長くなり歩くのがしんどいというので、シニアには小さい船を好む方も多いようです。

上階へ行きます。いつもはエレベーター使わないルールを自分たちに課しますが、12階以上に上がる場合はエレベータ使ってもいいことにしました。13階船首のスピンネーカーラウンジです。見晴らしいいので、昼間の休憩スポットに良さそうです。

ノルウェージャン・ジュエルのラウンジ


スピンネーカーラウンジより上はデッキがあるだけです。
天気がイマイチのせいか、船内散策をしている人もまばらです。ちなみに、GWの日本発着だけあってほとんど日本人ですが、1割くらいは外国人客も乗船しています。クルーも外国人なので、そこそこ外国船の雰囲気は楽しめるかな?

ノルウェージャン・ジュエルのデッキ


そのまま船尾まで行きます。先ほど見逃したゴルフ練習場です。

ノルウェージャン・ジュエルのゴルフ練習場


そしてこちらはスポーツコーナー。GWなので、子供連れファミリーもちらほら。

ノルウェージャン・ジュエルのスポーツコーナー


16:00 いったん部屋に戻ると、荷物が1つだけ届いていたのでさっそく開け始めます。
クルーズでは、荷物は全部部屋の収納などに入れて、スーツケースはベッドの下に押し込みます。壁はマグネットが付くので、100円ショップに売っている強力マグネットも便利です。今回、初めて知ったのですが、日本発着だといろいろ持ち込めるので、つっぱり棒とか持ち込んで洗濯ものなどを干しまくっている部屋なども見かけびっくりしました。

16:30 避難訓練が始まります。船の出港前後に必ず行われ、全員参加です。救命胴衣を持って集合するかどうかは船によって異なります。クルーズカードに記載されているアッセンブリーステーション(避難場所)に誘導されるようになっています。これは救命ボートのあるデッキなどとは限らず、レストラン集合だったりします。30分ほどで終了です。

避難訓練が終わればいよいよ出港です。上階デッキに行きましょう。日本人の行動は皆一緒、こういう時にはエレベータになかなか乗れないので、いったん下階に行くか、階段を上がる方が早いです。

17:00 横浜出港です。出港景色としてはかなり寂しい・・・。ここ乗船客以外立ち入れないエリアですし、お見送りはなしです。

横浜出港


次回は横浜出港を中心にレポートの予定です♪

ノルウェージャン・ジュエル横浜出航

2019/4/27 (1日目) 続き

17:00 ゆっくりと離岸し、横浜港を出港する様子を、上階のデッキで楽しみます。
進行方向を見ると、ベイブリッジ、先にダイヤモンド・プリンセスが通過する所です。ダイヤモンド・プリンセスは私たちが乗っているノルウェージャン・ジュエルより大きな11万トンクラス、ベイブリッジをくぐるにはギリギリサイズです。

ベイブリッジをくぐるダイヤモンドプリンセス


ちょうど今は干潮時です。それでも見ていてハラハラする通過ですね。このベイブリッジをくぐるためには干潮時を狙う必要がありますが、近年増々大きくなる大型客船の多数はくぐることができず、日本のクルーズ航路では他の港にやや遅れを取っている気がします。

ギリギリくぐるダイヤモンドプリンセス


徐々に遠ざかっていく横浜、少し天気が回復してきました。

横浜港


プールサイドでは出航を盛り上げるイベントをやっています。
大音量の音楽にダンス、今はYMCAを踊っています。

出航イベントで盛り上がる


ベイブリッジが近付いてきました。多くの乗客が上部デッキに集まってきています。

ベイブリッジをくぐるのを見届ける人たち


先にダイヤモンド・プリンセスが通過するのを見ているので、ちゃんとくぐれるって分かっているはずですが、近付いて来ると、ぶつかるんじゃないかなって誰もがドキドキします。

ベイブリッジに接触しそうに見える


無事に一番高い部分が通過できました。船自体は全長294mもあるので、全部くぐり抜けるには時間かかります。

ベイブリッジをくぐっている最中のノルウェージャン・ジュエル


ベイブリッジをくぐる動画です。



大黒ふ頭に停泊するMSCスプレンディダの横を通過します。13万トンクラス、この船だとベイブリッジをくぐれません。

大黒ふ頭に停泊中のMSCスプレンディダ


乗船時は雨まで降っていたのに、天気が刻々と回復してきて、富士山まで見えました。
クルーズ船に乗っている間は天気なんてどうでもいいと思うかも知れませんが、入出港風景も大きく変わるし、波の高さや、デッキでの気温などもあり、やはり晴れているに越したことはありません。

横浜出航風景


横浜シンボルタワーを過ぎると、広い東京湾に出ます。

横浜シンボルタワー


ここからはスピードも少しずつあがり、ベイブリッジや横浜の高層ビルもどんどん小さくなっていきます。まだGWで、気温も低め、風があるため少々肌寒く感じ、この辺りで船内に引き上げていく人が多かったです。

遠ざかる横浜の風景


18:00 部屋に戻ると、もう1つのスーツケースが届いていました。すべての荷物をテキパキと室内の収納に振り分けます。船内で使うもの、寄港地で使うもの、水場で使うもの、使用済みの服を入れる場所とか、用途別に場所を決めてプチ引っ越し完了です。

18:15 荷物が片付いたので、お出かけです。ショップなどを覗いてからシアターに向かいますが、途中で7階デッキからきれいな富士山が見えたのでちょっとだけ外に出ました。
この頃までは前方にかすかにまだダイヤモンド・プリンセスが見えていました。

海から見る富士山


今日は夕食の前に7:15開始のアバ特集を見に、シアターへ来ました。ショーの最中は撮影は禁止です。この船では席は予約制ではないので早い者勝ちです。ただし2階左のステージ側はヘブン専用(最上階にある特別フロアの客室)です。日本人、30分前から待っている人たち多すぎです。モノを置いての席取りなどは禁止です。

ノルウェージャン・ジュエルのスターダストシアター


ショーなどを紹介するのはクルーズディレクターですが、日本発着で日本人が多いので、日本人スタッフを引き連れて、英語の後に日本語でも紹介をしてくれます。船内アナウンスも日本語もありますし、外国船と言っても、最低限は日本語の案内があり楽しめるようになっています。

アバ特集は、なかなかでしたが、それより気になったのは、ヘブンのゲストの方たちでした。この船には、滅茶苦茶広い船室などもあり、10倍くらいのお金払って乗っている方もいると思われるのですが、それがびっくりするくらい、いっちゃっている人たちでした。
フリースタイルのノルウェージャンなのでどんな格好もOKですが、ホステスのような感じです。ノリもパリピと言いますか、悪く言うと、ドラッグやってませんか?くらいのハイテンションです。ショーよりそちらの方たちの反応に目が釘付けでした。

20:20 ショーが終わったら、船尾へ移動し、ツァーズパレスというレストランで今日は夕食を食べることにします。予約不要、好きな時間に好きな所で食事できるのもノルウェージャンの特徴です。2名席に案内されました。

ノルウェージャンはそれほど量が多くないので、味濃いめのフレンチオニオンスープの後に、カニとクリームチーズのワンタンというのを頼んでみました。思った通り、量少ないです。クルーズ船では、食事は乗船料金込、前菜、メイン、何をどれだけ頼んでも無料です。

ワンタン


私のメインは、シュリンプのレモンクリームソースのリングイネ、まぁ普通ですかね。
メインは量しっかりあるので、複数頼むのはオススメできません。

シュリンプリングイネ


ダンナはスープとサラダ、ヒレステーキを注文、ステーキが分厚いのもクルーズならではですかね。

ヒレステーキ


お腹いっぱいで、デザートは止めておきました。と言いながら、上のガーデンカフェ(ビュッフェレストラン)でプレーンのクレープ焼いてもらって、そこに他のケーキ用に置いてあるキャラメルソースと、ソフトクリームマシンでソフトクリームを盛って食べます。これはノルウェージャンで気に入っている私特製のデザートです。

部屋に戻ると、ラティチュード特典(リピーター)のスパークリングワインフルボトル1本が置いてありました。後日楽しむことにして冷蔵庫に入れておきます。

次回は2日目、神戸入港をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR