FC2ブログ

カンタス航空・エコノミークラス~オーストラリア・シドニー

今回から3月に行ったニューカレドニアクルーズの旅レポートスタートです。
ダンナと2人で、クラブツーリズムの添乗員付きツアー「ニューカレドニア・バヌアツクルーズ11日間」を利用、費用は、諸税および船内チップも含めて1人35万円強(現地お小遣い除く)です。12PAX。

今回の旅はオーストラリアのシドニー発着のクルーズですのでビザが必要です。と言っても電子渡航許可ETASを取得するだけです。ちょっと調べたら直接オーストラリア政府の公式サイトで取ると手数料が20オーストラリアドル、旅行会社から案内されたテレキュートという代行申請会社だと、キャンペーン中で540円という事が分かりました。代行の方が安くあがるというのも珍しい話です。

早速テレキュートさんのサイトで申請を依頼しますが、私の場合、旧姓併記パスポートというビザ取得時に国ごとによって対応が異なるパスポートを持っているので、その旨備考欄に書いたところ、ちゃんと大使館に確認してくださって速やかにETAS取得ができました。

2019/3/14 (1日目)

旅立つ前に、不安を解消するために病院へ行きます。ずっと体調不良が続き、ひとつは花粉症ですから渡航することによってむしろよくなりますが、いくつか緊急ではないけど懸念事項がありました。体にデキモノなどができていたので、皮膚科を受診、いくつかはヘルペス、いくつかはおできのようなものでした。どうも免疫力が弱っているようです。
旅には心配は要らないようなので、安心して出かけることにしました。

18:40 羽田空港に到着、旅行会社の受付とチェックインを済ませます。
USドルとクレジットカードがあればいいだろうと思っていたのですが、添乗員さんがオーストラリアドルを持っていた方がいいと強めに言うので、5千円だけ両替をしました(レートは88.23)。羽田空港のレートはどこも良くありません。(なお、今回はオーストラリアドルの現金がなくて困ることは結局ありませんでした。)

搭乗まで時間があるのですが、今回はカンタス航空の利用で、ワンワールドはステータスを持っていないのでラウンジの利用もできません。久しぶりの国際線ターミナルなので、一通り歩いて周ります。一足早く桜の展示がされていてきれいです。

羽田空港国際線ターミナル


いつも旅の初めはANAラウンジでANAカレーを食べるのが一種のルーティーンとなっているので、混んでいるおいしそうなレストランを通り越し、吉野家へやってきました。
ANAカレーの代わりに牛カレーです。

旅立ちの前のカレー


そして旅立ちは日本橋から、ということでこの橋をわざわざ渡ります。

旅立ちの前に日本橋


デッキから飛行機見たりも・・・。夜の空港なかなかこの雰囲気もいいですね。

夜の羽田空港


羽田空港も出国は顔認証、頼まないと出国スタンプはくれません。私は記録のためにも、何かあった際の渡航証明のためにも必ず出入国のスタンプはもらうようにしています。

21:00 ゲート前集合でツアーの顔合わせです。今回は6組12名、すべて夫婦参加で、1組は見た目未成年と思う程の若い新婚カップルで、間に私たち、後はシニア夫婦でした。
クルーズの旅はツアーと言っても、全員で行動することはほとんどないので、どうでもいいのですが、人数少ない方が動きやすいので楽です。

22:00 QF-26便でシドニーへ向かいます。写真は到着時のものです。
機材はB747-400、つまりジャンボです。今となってはなかなか乗る機会がありません。
エコノミーは43~75列、シート配列はABC-DEFG-HJKの3-4-3配列です。

カンタス航空のジャンボ


フライト時間は8:50、他の航空会社に比べ、いろいろ細かいです。小さなポシェットなども膝にかかえることは許されず、座席下へ入れてとか、PCもシート前ポケットに入れたらカバンにしまってとか、そして注意した事を守ったか確認にも周ってきます。

シートはピッチは狭さは感じず、個人用モニターのサイズはまぁまぁ、USBは肘置きにあります。ジャンボなのに、修学旅行か何かの学生がいっぱい乗っていて満席です。
ヘッドフォンは壊れやすいです。飛んだらまず、水ボトルと入国書類が配布されます。

メニューは日本語あり、日本人CAも一応乗っていて、日本語アナウンスも入りますが、一度も姿は見かけませんでした。

深夜便ですが、離陸後の機内食もあります。3チョイスで、寿司盛り合わせ、イタリア風野菜のスパゲティトマトハーブソース、鶏の照り焼きとご飯でした。
こちらはスパゲティです。残念ながらおいしいとは言えません。カレー食べておいて良かったと思ったくらいです。ちなみにトレーが小さすぎて、乗らないものとかテーブルから落ちそうで食事するのも大変です。

カンタス航空羽田→シドニーの機内食1回目スパゲティ


こちらは寿司盛り合わせ。こちらもスーパーの寿司の方がマシといった感じです。
頭痛するのでロキソニンを飲みます。これは旅の前からで、さらにジャンボの気圧は苦手なので、飲まないと耐えられそうにありません。

カンタス航空羽田→シドニーの機内食1回目寿司


機内は寒くはなく、上着も毛布もいらないくらいでした。映画は日本語があるのは半分くらい。オーストラリアは時差もないし、近い国というイメージですが、9時間近くは結構な距離です。フライト中程で誰かが機内で倒れました。ドクターコールがなかったので、大事ではないのでしょう。

カンタス航空羽田→シドニーの個人用モニターのルートマップ


最後尾の棚にスナックなどが置かれていますが、暗いし、あまりにきれいに並んでいるので、勝手に取っていっていいと思う人が少なく、往路の飛行機では結構余っていました。
オーストラリアのお土産の代名詞みたいなTimTamがすごい数並んでいます。

最後尾にTImTamなどが置かれている棚


2019/3/15 (2日目)

到着1時間半前に点灯、やがて機内食の2回目が配られます。
フルーツ盛り合わせとマフィンの朝食、もはやトレーもありません。
トレーがないと、ちょっと揺れたりするだけで、いろんなものがテーブルを滑り、複数のものを手で押さえるのは大変です。片付けるまで席を立つのも難しいですし、テーブルに淵がないので、やはりトレーは必要なものなのですね。

カンタス航空羽田→シドニーの機内食2回目フルーツとマフィン


後方座席だったせいもあり、かなり揺れ、またジャンボは音もうるさく全く眠れないフライトとなりました。

9:20 シドニー空港に着陸です。
9:50 降機すると、到着の案内で歩いている間にパスポート読み取り機が何か所かにあります。手前の方ほど空いている印象です。その読み取り機で読み取りをして出てきた紙をもって、先まで進み、最後の所で顔写真の撮影があります。

その後ターンテーブルで荷物を引き取ったら、税関です。
オーストラリアは食品の持ち込みが厳しいので、たとえ飴持っているだけでもきちんと申告することをオススメします。食品と薬にチェックしてたので、有人の列へ回されますが、係官は片言の日本語で、何持っているか聞いてきて、「お菓子?ばいばいさよなら。」という感じでスーツケースとかあけずに済みました。

税関出たところで日本人ガイドとミートし、10:50 バスで空港を出発します。

シドニー空港


11:15 オペラハウスの近くで下車します。シドニーは雨と言われて飛行機降りましたが、雨は止んでいるようです。

オペラハウス手前の公園


少し歩いてオペラハウスへ向かいます。オペラハウスより前に、さっそく今日我々が乗る船とハーバーブリッジが見えてきました。

レディアンスオブザシーとハーバーブリッジ


そしてすぐに右手にオペラハウスが現れます。あれ?オペラハウスってこんな形だっけ?
見る角度によって全然違った形に見える、それがオペラハウスなのですが、オーストラリア初訪問の私はそんなことも知らなかったので、ちょっと驚きです。

シドニーオペラハウス


オペラハウスの内部の見学はできないというかツアーに含まれていないので、お土産屋まで案内されて、30分のフリータイム、各自バスに戻ってね、という事になりました。

オペラハウス内にあるお土産屋


次回はオペラハウス周辺をレポートの予定です♪

オーストラリア・シドニー(オペラハウス周辺)

2019/3/15 (2日目) 続き

11:20 オペラハウスで解散、30分のフリータイムです。
見る角度によって形が違うというオペラハウスを別の角度から見てみましょう。この角度から見ると、3つの建物だということがよく分かります。そして、3つの大きさも全然違うんですね。

シドニーオペラハウス


オペラハウスがあるのは、ポート・ジャクソン湾にあるベネロング・ポイントという場所ですが、外洋からは5㎞ほど離れた地点です。シドニー港と言われるこの場所では、あちこちでカモメが見られます。

オペラハウス前にはカモメがいっぱい


外洋の方面は右側、入り組んだリアス式海岸になっていて湾というより川のようです。
こちらの方面、奥には高級住宅地が広がっているそうです。

オペラハウス周辺


オペラハウスの周りを散策していると、見たことない嘴が長い鳥がいました。
調べたらオーストラリアン・ホワイト・アイビス、トキの仲間のようです。
私の好きな白黒ですが、あまり可愛くありません。

オペラハウス前で見たオーストラリアン・ホワイト・アイビス


オペラハウス、この角度で見ると、3つの建物が同じくらいの大きさに見えます。でも、左の建物は右の2つより手前にあり、本当はかなり小さいです。

オペラハウス


そのオペラハウスのすぐ隣がシドニー港で、大型客船や湾の対岸へ行く船、湾内を周る船などが停泊しています。そして見えているのが、今回私たちが乗る、レディアンス・オブ・ザ・シーズです。9万トンクラスなので、もはや中型客船と呼んだ方がいいかな?

レディアンス・オブ・ザ・シーズ


本当はハーバーブリッジとオペラハウスを一緒に写真撮りたかったのですが、オペラハウスが大きすぎて両方を入れるのは難しかったです。それにどよんとした厚い雲のせいか、いつもより写真を撮る枚数が極端に少なかった・・・。雨予報だったので、降ってないだけまだいいのですが、晴れ女も今日は効き目なしかな?

ハーバーブリッジとオペラハウスの端っこ


湾沿いはレストラン街、ランチにはちょっと早い時間ですが、テラス席は人気です。
そして湾の奥には高層ビル群があります。シドニーの中心部です。

シドニー湾沿いのレストラン街


ただしテラスで食事する方たちは、鳥に狙われて大変のようです。
カモメやいろんな鳥がいます。こちらはちょっとかわいいスズメのような鳥、クロガオミツスイという鳥のようです。

クロガオミツスイ


ハーバーブリッジは全長約1500m、1932年竣工というので、結構歴史がありますね。
美しい橋ですが、天気のせいで美しさ半減です。

ハーバーブリッジ


ところが、ハーバーブリッジを背にしてみると、なんと晴れ間が出てきたではありませんか。シドニーは世界三大美港の一つと言われる港、出港時までにぜひ天気が回復してほしいものです。

オペラハウス前の広場


バスを降りた公園前へ戻ります。公園にはどこかの遺跡から出たような石がゴロゴロと転がっています。ここが元々遺跡とは思えないので、どこかから持ってきて故意に置いているのではないでしょうか?

オペラハウス近くの公園


11:50 ほんのわずかバスで移動し、ハイドパークバラックス手前で下車、そこから少しだけ歩きます。

シドニーの街並み


こちらがハイドパークバラックス、なぜここをわざわざ日程表に書いてまで案内しているかと言うと、オーストラリアの囚人遺跡群として世界遺産に登録されているからです。
レンガ造りのきれいな建物ですが元刑務所です。博物館になっていますが、今は閉鎖中のようです。

ハイドパークバラックス


日程表に明示されたシドニー観光はこれで終わりですが、これだけじゃ何なので、その先にあるセントメアリー大聖堂まで行くことになりました。
ハイドパークバラックスの反対にはシドニータワーとセントジェームス教会が見えます。

シドニータワーとセントジェームス教会


次回は続きからレディアンス・オブ・ザ・シーズ乗船までをレポートの予定です♪

オーストラリア・シドニー(セントメアリー大聖堂~ロックス)

2019/3/15 (2日目) 続き

12:00 ハイドパークバラックスの先、セントメアリー大聖堂がすぐに見えます。
ここはヨーロッパか、そう思う街角ですが、それもそのはず、シドニーはイギリスの植民地だったことがあるのです。

シドニーセントメアリー大聖堂


右手にはハイドパークという公園が広がっています。
オーストラリアで最も古い公共の公園だそうです。

ハイドパーク


今回のツアーは人数も少ないので、せっかくだから大聖堂の中も見学しましょうとガイドさんが言ってくれました。カレッジストレート沿いにある脇から入ります。ステンドグラスが素晴らしい、立派な大聖堂です。

セントメアリー大聖堂内部


元は植民地時代に建てられた礼拝堂で、19世紀に焼失したのを機に大聖堂として再建されたそうです。現在もオーストラリアでカトリックの中心的な存在です。

セントメアリー大聖堂


ひとつひとつのステンドグラスがとても美しいです。特に青系の色のガラス使いが素晴らしいと思います。

セントメアリー大聖堂のステンドグラス


大聖堂を出たら先でバスが待っているので少し歩きます。こちら側が大聖堂の正面です。
意外にも尖塔がついたのは、2000年のことだそうです。

シドニーセントメアリー大聖堂


12:10 バスに乗り、次は港へ向かいます。
船は歩いても行ける距離に停泊していますが、車でアクセスするにはちょっと遠回りするようです。

シドニー中心部


植民地時代の古い建物などが残るエリアを通り、西側からアクセスします。
車窓に、雨がぽつっと来ました。観光終わった後で良かったです。

ロックスへ


そしてハーバーブリッジの真下を通ります。遠めに見たら、そんなに長い橋に見えませんでしたが、こうして近くで見ると、1500mはやはり長いですね。

ハーバーブリッジをくぐる


橋をくぐると再びオペラハウスが見えました。
小雨が降り出し、相変わらず背景がグレーです。

オペラハウス


この辺りはザ・ロックスと言う地区で、ここがまさにイギリスの船が着き、開拓を始めた場所です。今では古い建物などを活かしたおしゃれな街になっています。

ザ・ロックス


古い倉庫街も残っています。

古い倉庫群


12:35 そろそろ雨で車窓の写真を撮るのも限界、そう思ってきた頃、フェリーターミナルに到着です。

フェリーターミナルから見るハーバーブリッジ


フェリーターミナルの前でバスを降り、日本人現地ガイドさんにお別れです。戻ってきたらまた最終日の観光を担当してくれるそうです。

船は目の前だと全景を撮ることはできません。今回乗るのは、ロイヤルカリビアンのレディアンス・オブ・ザ・シーズ、9万トンの船です。本当は1月に同航路でもう少し大きい船に乗りたかったのですが、ツアーキャンセルになったので、これに乗ることになりました。終日航海が多いなら10万トン以上の方が設備も多くより楽しめるのです。

レディアンス・オブ・ザ・シーズ


まず乗船タグを付けたスーツケースをターミナルの入口で預けます。
アルコールが入ってないかだけ口頭で聞かれます。(水、ノンアルコールは持ち込みOK、船会社に寄って持ち込みルールが異なります。)

荷物を託したら、チェックインの列に並び、乗船書類、パスポート、クレジットカードを渡してチェックインです。早口の英語で、最近カリブ海とかに行ってないか、ここ2日間の体調について確認されます。これ、添乗員付きツアーだけど他の方のフォロー大丈夫かな?オーストラリアの英語は慣れない人には聞き取り辛いものです。

顔写真撮って、クルーズカードもらったら、手続き終了です。全員揃ったら、そのままセキュリティチェックを受け、乗船します。ギャングウェイを通って、気付いたら既に乗船してますね。デッキで、先ほど作ったクルーズカードをスキャンしたらもう船の中です。

隣のビルに入るような形で乗船


乗船時には、記念の写真撮影がありますが、今では買う人が少ないからか全員撮ることはなく、撮ってもらいたい人だけ撮るようですね。新婚さんが撮ってもらっているのを待ちます。

次回は船内、キャビンなどをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR