FC2ブログ

レディアンス・オブ・ザ・シーズ乗船

2019/3/15 (2日目) 続き

13:10 レディアンス・オブ・ザ・シーズに乗船です。入ったそこは、船の中央セントラム、吹き抜けになっています。夕食はテーブル指定なので、17:20に集合、それまではフリータイムです。と言っても、船の旅は添乗員付きパッケージツアーでもほとんどがフリータイム、滅多に同じツアーの人と顔を合わせることがないばかりか、下船まで合わない人もいたりするのが普通です。

レディアンス・オブ・ザ・シーズのセントラム


既に部屋の準備ができているというので、手荷物も邪魔だし早速部屋に向かいます。数回のクルーズでバルコニー付きに飽きたので、今回も一番安い内側船室です。
15㎡あるので、ちょっと広めの印象です。このベッドはツインにすることもできるので、13㎡くらいの場合は離した方が部屋が広く使えます。

レディアンス・オブ・ザ・シーズ内側船室


ベッドの前に部屋を仕切れるカーテンがあるのはいいですね。そして、寝転がれるほどのソファもあります。狭い船室の船だと、こうしたソファはないこともあります。

レディアンス・オブ・ザ・シーズ内側船室


冷蔵庫は空です。ミニバーになっている船も多いですが、あまり売れない割に管理が面倒でしょうから、空の方がいいですね。

レディアンス・オブ・ザ・シーズ冷蔵庫


テーブル周りにも細かな収納がたくさんあります。化粧品だとか小物を置くのに便利そうです。TVの上の戸棚にはセーフティボックスがあります。クルーズ中はクルーズカードだけ持ち歩けばいいので、パスポートやお財布などは基本このセーフティボックスに入れておきます。

レディアンス・オブ・ザ・シーズ収納


コンセントは、Aタイプのままさせる口や、Cタイプのものと、多めにあります。
テーブルの上には、寄港地でのオプショナルツアーの案内や、乗船日の案内が置いてあります。こうした情報をもとに船内生活をすることになります。添乗員付きツアーの場合は、抜粋した日本語情報を後から添乗員さんが配布してくれます。

レディアンス・オブ・ザ・シーズの電源と案内


クローゼットは十分な収納力があり、ハンガーも使いやすいものでした。念のため、針金ハンガーをいくつか持ってきてます。ハシゴがあったので気付きましたが、この部屋は3人部屋対応の部屋で、天井にもう1台のベッドが収納されていました。

レディアンス・オブ・ザ・シーズの船室クローゼット


こちらはバスルームです。鏡があって撮影が難しく見にくい写真になりました。
唯一残念なのは、シャワーがカーテンのみで仕切られているという点ですかね。気を抜くと水が漏れるので、扉になっているタイプが好きです。それにシャワーブースはちょっと狭いです。

レディアンス・オブ・ザ・シーズのバスルーム


さて、スーツケースは当分来ないと思うので、まずはランチに行きましょう。
乗船日のランチはメインのレストランは開いてないので、ビュッフェに行きます。
廊下に出るとこんな感じ、キャビン番号をちゃんと覚えないといけません。

レディアンス・オブ・ザ・シーズの廊下


11Fにあるビュッフェレストラン、ウィンジャマーへ行きます。マイクルーズルールに、階段を使う、というのがありますので、ぐるぐると階段を上がります。エレベーターを使うとカロリー消費できないし、エレベーター使うより階段の方が早いことも多いです。

レディアンス・オブ・ザ・シーズの階段


しかし、今回は部屋が3Fだったので、11Fまで上がるのはさすがに疲れました。今回に限り、部屋から直接11F以上に行くときはエレベーターを使ってもいいというルールに早速変更です。

レストランの入口には巨大なケーキ、畳一畳分くらい?既に右の方はカットされていて、どうぞーって声をかけられましたが、後でねー、と写真だけ撮ります。

レディアンス・オブ・ザ・シーズの歓迎ケーキ


乗船当日は食事できる場所が限られているためか混んでいたので、船尾のデッキの方まで行って壁際のブース席をお気に入り場所に登録しました。穴場です。

レディアンス・オブ・ザ・シーズの後方デッキのブース


さっそくハンバーガーだのピザだのを持ってきます。これぞクルーズ飯といった感じですね。夜はコースで食べるので、昼はこんな感じがいいのです。そして、クルーズ船のハンバーガーというのは自分であれこれ調整でき、結構おいしいのです。

レディアンス・オブ・ザ・シーズのビュッフェランチ


何をどれだけ食べても、有料レストラン以外はすべて料金込みです。飲物は、アルコール類はもちろん有料、コーラとかも有料ですが、レモネード、アイスティなど無料の飲物もあります。さっそく先ほどのケーキも少しもらってきました。そして、クルーズ船と言えば、ソフトクリーム。他のスイーツに少しだけ盛ります。自分で盛れるので量を調節できます。

レディアンス・オブ・ザ・シーズのデザート


まだまだ荷物は来ないと思うので、食後はさっそく船内探検を始めましょうか。
あら、乗船の際には雨が降り出していたのに、また晴れてきました。やっときれいなオペラハウスが見れましたよ!

シドニー停泊中のレディアンス・オブ・ザ・シーズから見たオペラハウス


次回は船内探検をレポートします♪

レディアンス・オブ・ザ・シーズ船内探検

2019/3/15 (2日目) 続き

14:40 ランチの後、そのまま船内を探検しに行きます。11Fのウィンジャマーカフェ後部のデッキからそのまま12Fへ上がります。こちらはスポーツコート、私には縁がない場所かな。

レディアンス・オブ・ザ・シーズのスポーツコート


スポーツコートの先の階段を上がると最上階、13F、ミニゴルフがあります。
クラブとボールもあるので、勝手に遊ぶことができます。

レディアンス・オブ・ザ・シーズのミニゴルフ


13Fを船首方向に行く途中、先ほどのスポーツコートの反対側に、キッズプールがありました。お子様専用です。この船には大人用のスライダーはないようですね。

レディアンス・オブ・ザ・シーズのキッズプール


そして船の中央付近にはロッククライミングウォールが・・・。
無料で遊べますが、係員がいる時間にしかできないので、船内新聞で時間を確認して来ましょう。(私は絶対やりませんが)

レディアンス・オブ・ザ・シーズのロッククライミングウォール


13Fの船首まで来ると屋内がありました。
大きなラウンジです。船の中でも一番の端っこなので、静かに過ごしたい人にとって穴場かも知れません。

レディアンス・オブ・ザ・シーズのラウンジ


次は12Fに降ります。
船首から船尾までぐるっと一周できるデッキが広がっています。後ろに見えるのはシドニーの街です。

シドニーの街とレディアンス・オブ・ザ・シーズ


そしてこちらがフェリーターミナルのあるザ・ロックス、古い街並みが残ります。

レディアンス・オブ・ザ・シーズから見たロックス


船の中央では11Fにあるプールを見下ろせます。
ライフセーバーがいますが、さすがに乗船直後に泳いでいる人はまだいません。

レディアンス・オブ・ザ・シーズのプール


12Fの船尾は先ほど周りました、では船首は?フィットネスセンターがありました。結構広いフィットネスセンターで、マシンもたくさんあります。大海原を見ながらのランニング、2,3回目のクルーズまでで飽きたので、もはやスポーツシューズとかを持ってくるのも止めました。

レディアンス・オブ・ザ・シーズのフィットネスセンター


どうやって使うのか謎の本格的なマシンもいっぱいあります。
フィットネスセンターも基本は無料なので、普段ジム通いしている人はぜひ、シューズと運動に適したウェアを用意するといいでしょう。

レディアンス・オブ・ザ・シーズのフィットネスセンター


次は11Fに降ります。船尾はビュッフェレストランのウィンジャマーカフェです。
船首には、SPAが入っています。私には用がないので、船尾方向へ行くとあったのは屋内プールでした。ここは居心地良さそうです。船を選ぶ際に、屋内プールがあるかどうかチェックするのも大事かも知れません。

レディアンス・オブ・ザ・シーズの室内プール


船の中央まで来たら、吹き抜けの所に出ました。10Fから下はしばらく客室階が続きますが、吹き抜けの所には各階に共用施設があるようです。
ここで、15:00、30分後に避難訓練があるので、キリの良い所でいったん部屋に戻りましょうか。

レディアンス・オブ・ザ・シーズの吹き抜け


降りる時は階段を使うことにして、部屋まで戻ります。
まだスーツケースは届いていません。避難訓練の合図まで小休止です。

15:30 避難訓練(ボートドリル)の合図の汽笛が鳴り響きます。クルーズ船に乗ったら必ず行われるもので、全員参加が義務付けられています。ライフジャケット(救命胴衣)はキャビンにありますが、この船では避難訓練の際に持参する必要はありません。

合図の汽笛は、どの船でも共通です。この汽笛を聞いたら、どこにいようと、それぞれ割り当てられたマスターステーション(避難場所)に移動します。それがどこか分からなくても各自のクルーズカードに記号が書いてあり、クルーが誘導してくれます。今回はデッキでした(ラウンジやレストランの時もあります)。すぐボートに乗れそうで安心です。

レディアンス・オブ・ザ・シーズのドリル


ここで出席チェックされ、整列して、ライフジャケットの着用方法のデモを見て終了です。船会社などにもよって、いつやるか、ライフジャケットを持っていくかが異なります。乗船後24時間以内にやればいいようなので、出港後にやる船もあります。
さぁ、この後は16:00にいよいよ出港です。素晴らしい天気になりました。

レディアンス・オブ・ザ・シーズから見たシドニーオペラハウス


たとえバルコニー付きのキャビンだったとしても、片側だけの景色じゃもったいないですから、出港時は上階のデッキに出るのがオススメですよ。しかし、エレベーターが混み合います。なかなか乗れないので、一度下階に降りてから乗るのが早いです。

レディアンス・オブ・ザ・シーズから見たシドニーハーバーブリッジ


次回はシドニー出港をレポートの予定です♪

オーストラリア・シドニー出港

2019/3/15 (2日目) 続き

16:00 いよいよシドニー港を出港します。ゆっくりゆっくりと離岸します。
デッキは乗客でいっぱいですが、場所を死守しなくてもそこそこ空きスペースがあります。

シドニー出港


今日一番の天気の中、ちょうどいいタイミングでの出港となりました。
横から見たオペラハウスです。

横から見たオペラハウス


船が進むにつれて、オペラハウスの形が刻々と変わります。
私はこのくらいの角度が、自分の中でイメージしていたオペラハウスの形かな、と思いました。

少し角度を変えたオペラハウス


段々兜みたいな形になってきましたよ。これは陸からは見れない形ですね。

兜のように見えるオペラハウス


左舷、右舷、あちこち場所を変えながら、世界三大美港と言われるシドニーの景色を楽しみます。三大美港の評価が適切かどうかは微妙な所ですが、こうして天気がいいと、確かに美しい港です。ビール片手に去り行くシドニーの景色を眺める、そんな人も少なくありません。

シドニーの街をクルーズ船から見る


ハーバーブリッジを背に船は外洋へと向かいます。
橋をこの角度で見られるのも、クルーズ船ならではでしょうか。

クルーズ船から見たハーバーブリッジ


オペラハウスをだいぶ周り込みました。ツバメのヒナたちが口を開けて餌を待っているような構図に見えます。

正面方面から見たオペラハウス


シドニーの街とオペラハウス、美しい光景です。

シドニーの街とオペラハウス


出港して約30分、少しずつ遠ざかるシドニーの景色ともそろそろお別れです。

シドニー出港シーン


ポート・ジャクソン湾を外洋に向けて進んでいきます。リアス式海岸で複雑な地形、しかし湾沿いはかなり高級住宅地が多いようです。

ポート・ジャクソン湾


予想に反し天気が良くなったこともあり、乗客たちのテンションは高いようです。
オペラハウスが遠くなっても、デッキの手摺り沿いには多くの乗客が残って景色を楽しんでいます。

出港を楽しむ乗客たち


既にオペラハウスは遠くその姿を識別することはできなくなりました。まだシドニーの街とハーバーブリッジは見えますが、もうかなり遠いです。

遠ざかるシドニー


高級住宅が立ち並ぶ湾内を少しずつ進みます。家から直接ヨットやクルーザーでお出かけできそうな家がたくさんあります。

高級住宅が多い沿岸


出港から45分、いよいよ外洋に出るようです。ここから先は南太平洋、海ばかりの景色が続きます。

外洋への出口


さてでは、部屋に戻りましょうか。そろそろスーツケースも来ているかも知れません。
外洋まで出るのを見届ける人たちや、プールサイドで遊ぶ人たちなどでまだまだ賑わっています。だいぶ活気が出てきていよいよクルーズ生活の始まりを体感します。

出港後のプール周辺


中央にあるエレベーター、内側は吹き抜けに面していますが、外側のエレベーターも外の景色が見えることが分かりました。階段使うルールを無視して(今日の歩数は目標達成したので)、エレベーターに乗ってみます。ちょうど岬を抜けるところのようです。

外が見えるエレベーター


部屋に戻ると、スーツケースも近くに来ていたので引き取り、部屋の担当のキャビンスチュワードも挨拶に来ました。早口だけど何とか意思疎通はできそうです。
スーツケースを開け、荷物を全部クローゼットとか引き出し、戸棚に配置しますが、セキュリティボックスがロックされたまま開いているのに気付きました。

廊下に顔を出すと先ほどのキャビンスチュワードがいたので、その旨伝え現象を確認してもらうと、彼はすぐに担当者を電話で呼んでくれました。割とすぐに担当者が来て、電池交換などをして直してくれました。なかなか対応が早いです。

次回は食事や船内探検の続きをレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR