添乗員の評価


パッケージツアーに参加する場合、添乗員との出会いはひとつの楽しみであり、その存在は旅の印象を大きく左右する。

基本的には、添乗員を選ぶことはできないので、旅行前に電話をもらう時にはまるで、くじ引きをするかのような感覚におそわれる。

大抵の場合はその仕事ぶりに感謝・感激し、多くのことを学ばせてもらっている。大きな影響を与えてくれるこの職業に対し、かなりの興味・関心を持っているが、決して自分が添乗員という仕事につきたいという訳ではない。激務で低待遇にも関わらずこの仕事を選び、続けている素晴らしい方たちを見ると、どんな魅力がその職業にあるのか、その片鱗を見たくなる。

私は毎回、旅が終わるころには、添乗員を5段階で評価してる。その評価は旅行社に出すアンケートのそれとは必ずしも一致しない、私基準の勝手な評価。(通常、旅行社に出すアンケートの評価はもう少し甘くつけている。)

「1」:添乗員を辞めてもらいたいとまで思うレベル
例えば、客に注意ばかりし、がんじがらめに管理するような人。旅もいろんな制限を受ける。

「2」:添乗員として最低限の仕事はしているが、二度とご一緒したくないと思うレベル
サービス精神は感じられず、問題なく旅程が終わることしか考えていなさそう。このタイプはアンケートを気にしてか、プチプレゼントをくれたりする人もいる。

「3」:添乗員としての仕事ぶりに文句はないが、二度はご一緒したくないと思うレベル
可もなく不可もなく、旅の印象にプラスにもマイナスにも影響しない。

「4」:気が利いた添乗員であり、できればもう一度ご一緒したいと思うレベル
たとえ観光が多少つまらないものであっても旅が楽しい雰囲気になる。一生懸命さや、きめ細やかな気配りが感じられる。交わした会話が印象深く残る。

「5」:仕事ぶりに加え人間的にも尊敬できる存在であり、是非にも再会を望みたいと思うレベル
適切な案内、説明や、気配りはもちろんのこと、自分との相性や好みがピタっとはまる。旅が終わって欲しくないと思うようなそんな存在。

これまでの19回のツアー参加では、評価「5」と「4」がそれぞれ2人、「2」と「1」がそれぞれ1人。残りは「3」という内訳。

旅の報告の間に、添乗員に関するお話もシリーズ化します!

添乗員へのチップ

ブラジルの報告も終わったので、今日はちょっと視点を変えた話題。


添乗員にチップ?そう、考えたことすらない人の方が多いはず?

特にツアーに一人参加する場合、添乗員には負担をかけている。それなりに気を使ってもらうことになるし、ツアー参加者に同年代または近い年代の人がいない場合、ほっとできる話し相手になってもらうこともある。

私の評価で、4か5、チップを受け取ってもらえそうだと判断した場合、または特にお世話になった場合は、感謝の気持ちとして添乗員にもチップを渡すことにしている。そうでない場合は、現地通貨の残りの紙幣がもしあればお渡しする程度。
(コインは失礼だし、記念に持ち帰ってコレクションにしている。)

ただ、チップは絶対受け取らないという方もいるし、そういう場合は逆に失礼になってしまうかもしれないので、判断は難しい。添乗員に対してチップを渡す人は多くはないと思う。だから添乗員もチップを意識した対応をしているとは思わない。(そもそもどう見ても私はチップを渡すタイプには見えないだろうから特別な対応はしていないはず)

妥当な額はわからないけど、気持ちの程度と日数などで2,000~10,000円を目安としてる。ちなみに、これまで実際にチップを受け取ってもらったのは3回(添乗員付きツアー20回中)。
ごく稀に、皆でチップを渡そうと取りまとめをかって出るPAXがいるけど、止めてほしい・・・

日本人としてはお金の授受はかえって関係をぶち壊しているようにも感じるけど、言葉で伝えられない感謝を示すひとつの方法だと思う。実際、旅費には、ガイド、ドライバー、ポーターなどに対するチップが含まれており、添乗員がこのチップを渡してくれている。

それらの誰より感謝したいのは添乗員というとき、その添乗員にチップを渡す人はいないのだから自分で渡すしかない。知っている人も多いと思うけど、添乗員は激務の割に薄給。もちろん、アンケートに気持ちを込めることによって、それが評価、そして報酬に少しは結びつくかもしれない。だけど、それだけでは気持ちが済まない、そんな場合に渡したい。

添乗員の皆さまへ:
私の場合は、渡す方がかなり特別なので、オファーがなかったからといって決して添乗員としてダメと思ったわけではありません。お気を悪くされませんように・・・。
また、かえって気を使わせてしまいそうな方や、年齢の近い方には額を抑えて気持ちだけにしていますので気持ちの程度は反映されない場合もあります。

なぜ添乗員に間違えられるのか?

今回のポーランド行きは、ルフトハンザのフランクフルト経由だったのですが、そのフランクフルト行きの機内で、ちょうど一年前にパプアニューギニアでご一緒した添乗員さんに偶然再会しました。

私「○○さんですよね?パプアニューギニアで去年、ご一緒しましたよね。」

添乗員「え?いや、行きましたけど、一緒じゃないですよね」

私「ちょうど1年前、ゴロカに行ったじゃないですか、一緒に。間違いありませんよ。」

添乗員「え??いや、行きましたよ、でも人数少なかったし、バス1台だったから、あり得ないですよね?一緒には行けないじゃないですか。」

このようなやり取りが続き、どうも話がかみ合わない。確かに添乗員は年間何百人ものお客さんを相手にしているので、覚えていないのは仕方ない。あ?ひょっとして・・・

私「私、添乗員じゃないですよ。」

添乗員「え?添乗員じゃないんですか!絶対添乗員だと思った。」


とまぁ、このようなやり取りで始まる再会となりました。このように現役の添乗員にもよく間違われるんですよね。前にも、5日目くらいになって、参加していたツアーの添乗員に「お仕事、添乗員ですよね」と聞かれたことも。

他にも、飛行機で隣り合わせた方が席を出入りする際、通路側の席にいた私が立ってあげると、「お仕事中すみません」て毎回言うんですよね。特に何もしてないのだけど、仕事で出張に行く人に見えたのかなと思っていたら、「私もちょっと前まで添乗員やってたんです」と話しかけられました・・・。

ツアー参加中、レストランで飲み物のプライスリストの説明をし始められたり、駅、空港、ホテルなどでガイドさんやアシスタントさん、職員等に「ツアーリーダーですか」と聞かれたことは数知れず。

また同じグループのお客さんからもよくサブ添乗員で来てるんだと思ったとか言われたりと、まぁ、多くの人にこれまで添乗員と間違えられました。

そして、ついこの前は成田の税関職員にまで「添乗さんですねー」と言われる始末・・・。

何がそんなに添乗員に見えるのか?あまりに頻繁なので自分なりに分析してみました。

理由その1:微妙な年齢。
一般のパッケージツアーのお客さんのプロファイルからちょっと外れたお年頃で、一人でマイペースで歩いているから。

理由その2:格好が観光客ぽくない?
特に成田出発時には、誰に会うかわからないし訳あって比較的ちゃんとした格好している。オフィスでのカジュアルデーくらい。ななめがけのカバンとか持っていない。つまり旅行者ルックじゃないから。

理由その3:飛行機は最後に乗る
添乗員は普通、自分のお客さんが乗ったのを確かめて最後に乗りますよね。
私は飛行機が怖い、だから精神的負担を減らすためにファイナルコールでしつこく催促されてから乗る。そして、通路側に席をもらっていることが多い。添乗員がよく座るあたりの席に居ることも確か。

理由その4:確かに旅慣れてはいる
会社員時代には一人で海外出張にも何回も出ているし、全部合わせて現在57回の渡航歴。同じ国に行くことも数知れず、海外旅行に関する経験が豊富ということは確か。なのでいろいろ知っていたり、準備がよかったりするから。あと、普通の人が使わない業界用語?を知らないうちに使っているらしい。もしかしたらブログにもそういう記述があるのかも・・・。

理由その5:人当たりがいい
自分の認識では普段結構不機嫌な顔して歩いているはずなんだけど、日本でも海外でもとにかく歩いていて、道を聞かれたり話しかけられたりする。話しかけやすい感じが何かあるらしい。話しかけられればちゃんと対応する。そのあたりが人の扱いに慣れた添乗員に似ている?


添乗員にとにかく間違われるんです、と言うと、99%の確率で「あー、いそう、そんな感じ」という具合の反応をされる。心の中で、それってどんな感じ?といつも思っていますが・・・

大変残念なことに、添乗員にはなれないので、間違えられても嬉しくないんですね。だからと言って、あえて間違えられないように何か工夫をするのも変だし。笑って、違いますよ、目指してもいませんよ、って言うことにするしかない。

ではなぜ、ツアーで旅行に散々行っているのに、添乗員という職業を選択肢のひとつとして検討しないのかを説明しておきますね。私だって、なれるならなってみたいとは思ったことはあります。

でもまったく無理なんです。

最大の理由は、飛行機恐怖症。飛行機怖い添乗員なんて有り得ないですよね?嫌いという人はいるでしょうけど、乗ってから降りたくまではなりませんよね。仕事だと思ったら乗れないと思います。

後は、良く熱中症になるし、胃腸も弱い。乗り物も全般的に弱い。体力ない。極度の高所恐怖症。
どこでも寝れない。ダメな理由オンパレードですね。

添乗員の事情にもPAX側の事情にも詳しいので、添乗員から見たら、ちょっと扱いに困る客なのかも知れないですが、お仕事の邪魔しないように、楽しい旅仲間としてみてもらえるようにしたいです。

では、次回からポーランドの旅レポートスタートです♪
(実はちょっとトラブルもあって、記事を準備する時間がなく、今回は写真なしの横道ネタになりました・・・しかも長文でスミマセン。クラコフからの更新でした。)

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR