FC2ブログ

中国・厦門(灵玲動物王国パンダ館の思念)

(昨夜マルタから帰国しました)

2018/10/16 (1日目) 続き

16:05 パンダ館の閉館まで残り30分を切ったので、16:30まではパンダ館で過ごそうと戻ってきました。思筠筠(すーゆんゆん)も思念(すーにゃん)もやっぱり寝ています。しかしガラスの側で寝ているお気に入りの思念に近寄ると、目が合いました。目を開けて寝ている?その目が細まることなく開いてきたので、どうやら起きたようです。

寝起きの思念


大あくびして、起き上がり、後ろ足で頭を掻きます。

岩の上でかいかいする思念


寝相を変えてまだ寝るのか、起きるのか、見守ります。
ガラスが汚くて動くパンダの写真を撮るのが困難なので、動画を撮りますが、ガラスの汚さは変わりません。



思念、起きることにしたようです。
岩場をゆっくりと下ります。

岩場を下りる思念


思念は残っているタケノコを食べ始めますが、どうやらおやつが欲しいようです。



おやつはまだもらえそうにないと分かると諦めてタケノコに戻ります。

タケノコ食べる思念


思念は同級生のパンダたちの中でも小柄でしたが、4月の末にここに引っ越して来て約半年、育ち盛りの割りに大きさがほとんど変わっていません。まだまだ子パンダでかわいいでしょう?

かわいい思念


食事ものんびり、ガツガツと食べたりしません。
見た目だけでなくそうした性格も私の最愛の七喜(ちーしー)によく似ています。七喜はオルドスに行ってから性格が変わってアクティブパンダに変身しましたが、思念は今の所おっとりのままのようです。

おっとり思念


閉館まで残り5分になったので、思筠筠を見に行きます。完全に脱力した状態で寝ています。私がここに着いたのが15時前ですから、1時間半ずっと寝ています。これでは、元気なのかどうかもよく分かりません。やはり今度は午前中に来れるようにスケジュールを組まないとダメですね。兄弟一緒に暮らしていれば相方に起こされることもありますが、独り暮らしでは寝たいだけ寝られますしね。また来る時まで元気でね、と念を送ります。

脱力思筠筠


思念の部屋に戻ると、思念がドアに向かって立ち上がっていました。
「飼育員さん、おやつの時間だよー。そこにいるの分かってるからー。」そんな感じに見えます。

立ち上がる思念


するとどうでしょう、思念のアピールが聞こえたかのように、ドアの小窓が開きました!
実際の所は、気配を察知した思念が待っていただけだと思いますが。

飼育員さんが小窓を開けてくれて嬉しそうな思念


小窓の柵越しに何かおやつをもらったようです。心なしか満足そうな顔をしているように見えます。

おやつもらった思念


もっと頂戴、もう一度立ち上がり何かもらってます。この後、小窓を閉められてもうおしまいと分かると、思念はパンダ用の扉の方へ向かいました。どうやらもうバックヤードに帰る時間のようです。

おやつをもらう思念


しかし扉はまだ開きません。思念は扉の前で座って、おやつの後の手舐めを始めました。思念と思筠筠の双子兄弟はおやつの後のこの手を延々と舐めるのが日課でしたが、今も変わりないようです。フサフサの白いお腹を見せてのんびりと手を舐め始めました。

手舐め思念


16:30になりましたが、追い出しに来る人もいません。ただお土産屋の従業員が帰り支度を始めただけです。中国の施設では客が残っているか確認するとかいう習慣がないようなので、パンダのバックヤードの回収まで粘ろうかとも思いましたが、万一閉じ込められたら面倒なので、思念にお別れを言って自主的にパンダ館を出ます。

次回は灵玲動物王国の残りのエリアをレポートします♪

中国・厦門(灵玲動物王国)

2018/10/16 (1日目) 続き

16:30 パンダ館は営業終了です。灵玲動物王国自体の営業は17:30まで、まだ1時間あるし、飛行機の時間までも時間があるので、端から見て周ることにしました。一番奥まで行くと、プレイグラウンドという場所、アルパカがのんびりしています。他にはエミューもいました。

アルパカ


その隣は孔雀園、今は時間が遅いからか閉まっていて外から見るだけですが、これらの施設もエサやり等のプログラムがあるようです。

孔雀大量


併設のホテルの建物に繋がる1階部分に「蛇龍密境」という入口がありました。薄暗い室内に入ってみると、ワニとか蛇とかがいます。入り組んだ館内に、係員すら誰もいないのでものすごく気味が悪いです。

ワニ


ここは何もいないなーとガラスケースを覗きます。よく見たら、大きなカエルがこちらをじっと見ていました。

カエル


急に心細くなって出口を探し奥へと向かいます。あちらこちらに、いろんな爬虫類がいます。
さすがに大蛇は完全に閉鎖された部屋にいますが、小柄なやつはガラス壁だけで、上から覗き込めたりするので、足元にも何か脱走していないかとちょっと不安になります。

いろんな爬虫類がいる


こちらはキモ可愛い?小さな見たことない爬虫類ですが、壁はとても低いです。

キモ可愛いやつ


一通り歩かないと出口につきませんでした。やれやれ、外に出たら、園内の奥の方は全部見たので、入口方面に戻ります。

来ると時に見落としたレッサーパンダの所を通りましたが、広い庭に1匹もいません。どこにいるんだろうと思ったら小屋の中に皆集まっていました。外へは出入り自由のようですが、室内の方が居心地がいいのかな?

レッサーパンダ


床に寝ている1匹はパンダがよくやるように、ぺったりと敷物のように寝ています。見事な寝相ですね。もしこの1枚しか写真撮らなかったら、これ何の動物だっけ?となりそうです。

レッサーパンダの寝相


これでほぼ全部見たかなと入口の方へ足を進めると、マイクの声と共に、人が集まっているのが見えました。何かやっているようです。その前に、手前にいるのは、先ほどは見えなかったカバですね。

アシカ館とカバ館のプール


人間が来たので、近くに寄ってきたカバ。他の動物たちもそうですが、カバとの距離もすごく近いです。

ギリギリまで寄ってくるカバ


そしてカバはがばっと大きく口を開けます。エサくださいアピールはすごく、何度でも口を開けます。そして中国ではよくありがちな事ですが、手持ちの食べ物をあげる人が少なくないようです。その証拠に周囲にはミカンとかパン屑が散乱しています。

大きな口を開けるカバ


せいぜい20人くらいのお客さんを前に行われていたのはアシカショーでした。
アシカがジャンプしています。観客が少なくてもアシカはいつも通り頑張ります。

アシカショー


アシカたちは自分たちの芸に自分たちでも拍手をします。

アシカショー


アシカショーが終わると人が解散し、隣に暮らすカバも自分の小さな小屋に戻って行きました。すぐ近くにエサ売り場の台だけがありました。平日は客が少ないのでエサを客に任せるわけにいかないのか、はたまた売り切れたのかは定かではありません。

動物たちのエサを売る台


パンダに餌やりはできませんが、ここで暮らす動物たちの多くは客からの餌やりに慣れていて、だから人を見るとすぐにすり寄ってきます。ミニブタたちもしかり、人が来ればすぐに集まってきます。

ミニブタたち


ここには何がいるのかな?覗いたらアライグマがいました。
いっせいに物欲しげに立ち上がるアライグマたち・・・。ここの動物たちは餌やりできる状態なので、どこも手を伸ばせば触れそうなくらい近いです。

アライグマたち


次回は続きから成都までをレポートの予定です♪

中国・厦門 灵玲動物王国~成都空港

2018/10/16 (1日目) 続き

17:10 灵玲動物王国を出ます。私のお気に入りのパンダ思念(すーにぇん)と思筠筠(すーゆんゆん)の双子はここに5年滞在する予定なので、きっとまた来ることもあるでしょう。今度来る時は前泊して午前中に来ようと思います。

灵玲動物王国園内地図


成都行きの飛行機の時間までまだ時間があるので、空港までは公共交通機関を使ってみることにします。もっともタクシーが通りかかる道でもないようです。
バス停は道の反対側にあるので、地下道で道を渡ります。

灵玲動物王国前の道


不気味な地下道・・・。やたら広くて立派、長い通路です。地下道はもちろんのこと、この周辺を歩いている人間は私だけで、人が全くいないというのも怖いものです。

灵玲動物王国前の地下道


地下道を出たところにあるバス亭で、路線などを確認していると、915路というバスが来たので、慌てて乗ります。地方のコミュニティバスのように小さなミニバスで、1元先払いです。

ミニバス


しかし、元々は別の路線948路のバスに乗って空港まで1本で行く予定でした。今慌てて乗った路線の場合は途中で快鉄1という乗り物に乗り換えていかなくてはいけません。乗り換える場所のバス停名をきちんとメモしてなかったので、どこで降りようかハラハラします。ちなみに、国際線と国内線はターミナルが違うので、今はT4に向かっていて、来た時とは全然違う方向を目指して、最終的に別の橋を渡ります。

厦門の街並み


5カ所目くらいのバス亭で、乗っていた人達がみんな降り、乗り換えの素振りが見えたので、ここに違いない、と私も下りました。道路の脇に電車ぽいのが走っているので、それが快鉄というものでしょう。皆の後をついて行くとセキュリティがあり、その後小さな改札があります。

有人のボックスで、「机場」と書いたメモを見せ、2元払うとトークンを渡されました。

快鉄の改札とトークン


事前に調べていたのより1駅前で乗り換えたようです。もっとも、路線バスが通る道の横を並走しているので、どちらのバス停でも乗り換えられたようですね。私が降りるのはT4楼机場でいいのかな?高崎机場の方が国際線ターミナルだと思います。これを見る限り、どの路線が来ても、空港は通るということでいいのだろうか?どれに乗ったらいいのかわからず、2,3本見逃してしまいました。

快鉄の路線図


快鉄というのは専用レーンを走るトラムというかトロリーバスみたいな感じのものでした。念のため、側にいた親切そうな人に、次に来た車両を指し、「机場」に停まるのか確認して乗りました。

快鉄


橋を渡る頃には日も暮れてきました。

厦門の橋を渡る


17:50 T4に到着です。地下道で道路を渡ると、すぐ目の前に空港ターミナルがあります。
会いたかったパンダに予定通りに会え、無事に空港にも着いたので、初日のミッションが滞りなく終わってほっとします。

高崎机場T4


空港建物内に入ったら、出発階に上がります。
18:00 目の前にあったプレミアチェックインで成都行きの手続きします。そのまま優先レーンでセキュリティも通り、並ばず、スムーズに制限エリアに入ります。中国の主要空港においてスタアラゴールドはすごい威力を発揮しますね。

ラウンジインヴィテーションももらったので、指定のラウンジに直行です。すごく広々としたラウンジです。国内線ターミナルですし、利用者が少ないので、ガラガラです。

T4のラウンジ


空間がゆったりとしていて、VIPな気分になれますね。ですが、端の方まで行って電源のある所でまったり過ごすことにします。中国の空港は、中国の携帯番号がないとWi-Fiのパスワード受け取れない仕組みの所が多いのですが、ここは日本の携帯でもOKでしたので、ネットも使えます(SNSへの接続はVPNが必要)。

T4のラウンジ


落ち着いてから、フードコーナーなどを周ってきました。ラウンジ飯が今日の夕食です。ヌードルコーナーでもらってきたこの麺、中国の麺にしてはびっくりするくらいたくさんの具が入っていました。何種類もの肉や魚のすり身、青菜や芋とかいろいろ入ってました。

T4のラウンジ飯


21:10のボーディングタイムに合わせてゲートへ向かいます。ゲート付近はかなり混んでいて座る場所を探すのも大変そうです。ゲート前に果物屋があるのがちょっと違和感を感じました。

T4のゲート前の果物屋


21:40 CA-4540便、厦門発成都行きにて移動です。機材はA321-200、ABC-LKJの3-3配列で、私はエコノミーの最前列をもらいましたが、後ろの方はほぼ席が埋まっていました。

22:00ごろ離陸し、安定飛行に入ると、ホットサンドと飲み物が配布されます。肉まんのパンバージョンといった感じの食べ物で、鶏肉とシイタケなどが具材になっていました。

中国国際空港のホットサンド


2018/10/17 (2日目)

00:40 成都空港到着です。
沖止めバス移動で、預け荷物なしでも外に出るまで時間かかりました。中国の国内線は深夜まで多数飛んでますが、夕方の便は遅延する率が高いので、むしろ最終便の方が安心です。

中国国際航空の飛行機


次回は成都空港~成都パンダ基地をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR