FC2ブログ

中国・GWパンダ巡りはオルドスから

次はカンボジア旅レポートの番なのですが、暑い日が続き、暑い国のことを書くのは気乗りしないので、順番を入れ替え、GWパンダ巡りのレポートスタートです。

今回はGWでも特典航空券が取れることが判明したので、ダンナに付き合ってもらい一人では行きにくい地方も含めて中国のパンダたちを巡り歩きます。完全な個人旅行で、寝食を後回しにした貧乏旅行になりました。費用は、UAのマイル18万マイル、航空税、宿泊料、食費、交通費、入園料など約8万3千円、2人分で、です。

2018/04/29 (1日目)

9:30 羽田空港にてチェックインです。今回、GW中ということもあり羽田から北京などの直行便は取れなかったため、まずは広島へ飛びます。搭乗券も荷物も広島までしかチェックインできません。いつもと違い、ANAの国内線ラウンジで一息、海外に行くという感じがしません。

羽田空港国内線ターミナルANAラウンジ


飛行機は沖止めだったのでバスで搭乗です。政府専用機が停まってました。自宅近くで飛んでいるのを見た事がありますが、近くで見るのは初めてです。このジャンボの機材は来年3月に退役予定なので、もう見ることはないかも知れません。

羽田空港に駐機中の政府専用機


10:45 NH-677便にて、羽田から広島へ向かいます。飛行時間は約1時間、ドリンクサービスのみです。

旅の始まりはANA国内線から


12:02 広島に到着です。
国際線のカウンターへ行くと、受託荷物検査の列に人が並んでいるだけでカウンターはまだ開いていませんでした。チェックインは後にし、昼時なのでレストランフロアへと向かいます。GWで何かイベントがあるのか、空港は子連れの家族でごった返していてレストランも混んでいます。のんびり食事している時間はなさそうなので、フードコートを利用することにしました。

広島空港のフードコート


お好み焼きスペシャルととんぺい焼きでランチです。15分くらいで焼けると言われましたが、その時間よりも席取りが大変でした。空港で働いている人も買いに来るだけあっておいしかったです。

広島空港でお好み焼き


食事を終え、チェックインに続く長ーい列に並んでいたら、グランドスタッフがスターアライアンスゴールドのお客様と声かけて周っているので素直に名乗り出ました。列を全部飛ばして、受託荷物の検査を受けさせてくれて優先カウンターへ案内されます。

フード類の用意のないラウンジしかないので、ミールクーポン2000円分か、ラウンジ招待かどちらかお選びください、と言われます。広島空港にはラウンジないと思っていたので、食事もしてしまったし、ラウンジ招待を受けることにしました。ラウンジなくてもANAなら提携ラウンジに招待するのが普通ですが、今日使うのはCA(中国国際航空)なので、思ってもいなかったことでした。

広島からは北京(大連経由)、その後内モンゴル自治区のオルドス行きとCAを乗り継ぐので、航空券と荷物はオルドスまでチェックインできました(荷物は北京で一旦ピックアップ要)。チェックインが終わったら、セキュリティへ向かいます。前の日本人相手に「ライター、ダメ、アウト!」と横柄な事を言う係員にびっくりします。成田や羽田の係員は言葉遣いもとても丁寧ですからね・・・。

出国すると、国際線のゲートがある所に出ますが、とても狭いですね。この時間の国際線はこれ1本のようで人もまばらです。お店も小さいです。

広島空港国際線ゲート


さっそくMapleという招待されたラウンジへ行きます。1名席ばかりの小さい部屋、4名用ソファがひとつだけあります。出張などで利用する人が多いのでしょうね。

広島空港国際線にあるMapleラウンジ


フード類がないとは言っていましたが、飲物と、ちょっとしたお菓子くらいがあるだけです。
知っていたら先にチェックインしてミールクーポンもらったでしょうけど、ここにいて良かったと思える、思いがけないことがおこりました。

Mapleラウンジにはドリンク類とお菓子だけ


ラウンジでダンナは滅多にチェックしないメールアドレスを暇つぶしにチェックしました。ユナイテッドから何かメール来てるけど?と私に言います。物凄く嫌な予感がします。メールは英文ですが、電話くれと書いてあります。私は同じ文面に覚えがあります。そう前回にもオルドスに行った際に予約した便がキャンセルされたのですがその時の連絡と同じです。

たまたま今回その区間の航空券はダンナのマイレージ口座から予約をしました。同じことがあったら嫌だからと数日前に予約はちゃんと確認したのに、今になって?
頭が真っ白になりましたが、呆然としている場合じゃありません。今回は添乗員がいないので自分で対処しなくてはなりません。しかもこれからまさに飛行機に乗って出国しようとしているのです。中国に行ったらネットもスムーズには繋がらずもっと厄介です。

メールに書かれていた電話番号はアメリカの番号だったので、急いで日本の番号をネットで調べ電話をします。結果、4日目に利用するはずのオルドスから北京の便が無くなったという前回と同じものでした。どうしよう、何にどう影響する?パンダは譲れないよ?頭がパニックです。

その時、ラウンジにグランドスタッフが来て、もう搭乗できますが、優先搭乗なさいますか?最後にゆっくり搭乗されますかと聞かれます。事情を説明し、ギリギリまでラウンジで事の調整にあたらせてもらうことにしました。

ユナイテッド航空さんにも、もう搭乗時間で今まさにこれからそのオルドスへ向かう途中であることを説明し、代替案を探ります。いろいろ調べてくれましたが、他の経路もなく、次の便しか手段がないと言います。次の便だと、ホテルやその先の乗継便、さらに先の列車の予約などもあり無理、前夜の便を手配できればそれが一番被害が少ないと訴えました。

ユナイテッド航空と言えば、どちらかというと事務的でぶっきらぼうな対応が多かったのですが、この日電話を取ってくれた方はとても丁寧で親切な方で救われました。30分近い電話交渉の結果、最終的に、前夜の便は特典枠がなかったので、ユナイテッド航空持ちで航空券を買い直してくれました。それにしても中国の地方の町に行く便はこうしたキャンセルも多いので利用には覚悟が必要です。

念のためその場で新しい予約情報をネットで確認したところで、グランドスタッフが呼びに来ました。
時間的にもギリギリで何とかリカバリーできてほっとします。広島空港のグランドスタッフ(ANAに委託されている)もよくしてくれて、あせらず交渉できたのも幸いでした。

(なお、帰国後に改めてお詫びの電話がありました。UAとしてもCAからの連絡が数日前だったとは言え、メールだけでフォローできず結果迷惑かけたと1人5000マイルをくれました。)

14:40 CA-154 広島発北京行きに搭乗です。
機材はB737-800、ビジネスクラスは空席でした。座席配列はABC-JKLの3-3配列、モニターも電源もなにもありません。

中国国際航空の広島発大連経由北京行きの機材


機内食は軽食と予約の情報には出ていましたが、トレイで出てきました。チョイスは炒飯か焼きそばです。どちらかと言うと焼きめしですが、おいしかったです。

中国国際航空の軽食炒飯


こちらは焼きそば。日本式です。余っている空の入れ物がありますが、こういうのを見ても何も思わないようになりました。

中国国際航空の軽食焼きそば


15:45 大連に到着です。北京まで乗る人は乗ってればいいのかな?日本語の案内がないので、ぽやんと座っていたら隣の日本人の方が、北京までの方も降りると思います。降りたところで別れる表示があったと思います、と教えてくれました。

英語のアナウンスはあり荷物持って降りるよう言っているので、従います。建物入った所で、降りる人と北京まで行く人で左右に分かれます。その先で搭乗券を見せると青い札を渡され、入国手続きに案内されます。大連で入国になるとは思ってませんでした。入国では指紋を取られます。最近変わったようですが、その機械が日本語をしゃべります。

入国後はゲートに戻って、再搭乗を待ちます。
広島発北京行きとは、大連まで国際線、その先国内線という変な便でした。そう言えば大連にも昔出張で来たことがありますが、空港にも景色にも全く覚えがありません。時々自分は記憶喪失じゃないかと思うこともあります。

大連空港の景色


16:20 ゲートで席番号を手書きでメモされ再搭乗します。
青い札はギャングウェイの途中で回収されます。大連から乗った外国人が今度は隣に来ましたが、水のボトルしかもらえなくて、機内食でないの?とひもじそうな顔をしていました。さっき大連に着く前に出たから、ノーフードだよと教えてあげました。

18:55 北京空港に到着です。沖止めで、ややこしいことを言われます。降りたらバスが待っていますが、日本から乗った方はこちら、と分けられるのです。で、こちらってどっち?状態で、明らかに日本人や外国人が乗っている方へ乗りました。

北京空港に到着したCA機


北京の空、今日は空気が悪いようです。太陽が直視できます。

太陽が肉眼で見える北京の空


乗ったバスは国際到着に連れていかれますが、既に入国済なので、通常通らない扉を通って、国際線のバゲージクレームへと出ます。荷物は国際線で中国に着いたら一旦ピックアップです。
すぐ後ろにある国内線乗継の方へ行って、荷物をスキャン後ドロップ、上階へ上がりセキュリティです。セキュリティは厳しく、カメラも別にしないとひっかかります。

北京空港国内線乗継へ


18:50 CAのラウンジへ向かいます。もうここまで来るだけですっかり疲れ切ってしまいました。
フライトキャンセルの精神的ダメージと飛行機の乗継が結構きつく、頭痛がひどいです。
ここでオルドス行きの飛行機の時間までゆっくり休憩します。通常は羽田-北京-オルドスと1回の乗継で行けますが、GWなので特典枠で空いていたのはこれが一番マシだったのです。マイル数はどこを経由ししょうと同じ、空港税も安かったですし仕方ありません。

北京空港CAラウンジ


20:00 ラウンジでカップ麺やフードコーナーのものを食べて夕食とします。それで頭痛薬を飲み、やっと頭痛が収まってきました。

21:10 CA-1149便、北京発オルドス行きで移動です。
機材は、B737-800、今日はなぜかすべての便でExit Lowが割り当てられました。説明をがーっとされました。何故か3回も来て説明を毎回受けます。2回目の時に中国語の早口にぽかんとしてみせたら英語でも説明してくれました。ほぼ満席です。この便も水のボトル配布のみです。

22:50 オルドス到着です。
荷物もスムーズに出て、23:10 タクシー乗り場に向かうと、女性ドライバーの車にあたりました。ホテルの予約票を見せて、「東勝」と地区名を連呼したら頷いてくれました。

前回は暗い中、途中変な道やら別の地区の近くを通りましたが、今回は空港からそのまま高速に乗りました。前回は開通していなかったのかも知れません。そのまま東勝南の料金所を通って、東勝の街を突き抜けてホテルまで行きました。これなら道が分かりやすく不安もないです。
タクシー代は深夜なので153元。安全運転で、不安ない道を通ってくれて感じもよかったです。

23:45 前回と同じホリデイインエキスプレスに到着です。
帰りの便がキャンセルになったので、3泊の予定を2泊にしてくれないかとお願いしたらOKしてくれ、料金も日割りで2泊分の請求になりました。453.16元(8千円弱)、クレジットカード払いで先に清算します。

明日はオルドス野生動物園、最愛のパンダ七喜に会えるので、少しでも体調を回復すべく早めに寝ます。

次回はオルドス野生動物園まさかの変貌をレポートします♪

中国・オルドス野生動物園まさかの激混みと値上げ

2018/04/30 (2日目)

7:30 朝食レストランに行って朝から衝撃を受けます。滅茶苦茶混んでる!
前回滞在したときは閑散としていたのに、この人の多さは何?どこから来たのこの人たち?そう思うほどオルドスという所は閑散とした場所なのです。しかも子連れの家族が多く、動物園で何かイベントがあるのだろうと想像されます。前回もキリンの生後100日のお祝いとかあったし・・・。

ホリデイインエキスプレスオルドスの朝食レストラン


朝食メニューは前に比べ麺が追加されていました。朝食が一番まともな食事ができる機会なので、パンダを愛でるためのエネルギーをたっぷり充填します。

ホリデイインエキスプレスオルドスの東食


動物園は昨年は9:00開園だったのですが、何かイベントがあるようなので8:30前にホテルを出ます。このホリデイインエキスプレス、東勝地区の外れにあり、動物園から徒歩4㎞ほどの場所にあります。

ホリデイインエキスプレスオルドス


ホテル前の道路は脇道ですけど、とても広いです。しかしタクシーはもちろん、滅多に車は通りません。出歩く人もいないですが、歩道も広いし、利用されることの少ないレンタル自転車も昨年から変わらず新品に見えます。

オルドス東勝の道路


大通りまで行って、タクシーが通るのを待ちます。1年前同様、建設中のビルは放棄されたままです。ゴーストタウンの人口は特に増えていないように思えます。

廃墟感漂うオルドス


タクシーを拾い、動物園と書いた紙を見せて鄂尔多斯(オルドス)野生動物園へと向かいます。しかし、動物園の前ですごい光景を目にしました。警察が出て交通整理などをしているのです。いつもはガラガラの道路が混んでるし、Uターンも禁止になっていて、警察の誘導に従って動物園に近付きます。

8:45 タクシーを降ります。ちょっと先でUターンしたので13元でした。
何が起こっているのだろう?いくら労働節の連休でも、まさかゴーストタウンのオルドスで混雑に巻き込まれると思ってなかったのでびっくりです。道ののぼりで動物園にパンダがいることは確認しますが、あれーこれどこのパンダの写真よ?絵なのかな?ここにいるパンダとは全く似ていません。

パンダなら何でも同じと思ってる?


大階段を上がってまず驚いたのが、動物園入口にあった無駄にデカいと思っていた建物、なんと「海洋館」と書いてあるではないですか。要するに水族館作っちゃったってことですか!

動物園入口建物は海洋館に変身


そしてチケット売り場、まさかの人だかりです。えーー土日でも並ぶことがなかった動物園のチケット売り場に人が溢れています。それもまだ9時前なのに・・・。
前回来た時は窓口は1個しか開いてなかったけど、全部が開いていて、列が埋まって人が溢れています。

まさかの大混雑のチケット売り場


さらに衝撃だったのは、チケット価格の改定です。動物園入園料が130元(約2250円)。海洋館は別で80元などオプションが書かれています。中国の動物園は設備のランクによって徴収できる料金が決まっているので、要するに動物園もバージョンアップしているということです。

入園料も大幅に値上がり


昨年は動物園入園料が40元にパンダ館が別で15元でしたから、55元あればOKでした。オルドスでは現金使う所も機会あまりないので、前回の残りで過ごせると両替して来ませんでした。1日当り2人で110元余計にかかるとなるとお金足りるかな?いえそれでもパンダを削る訳にはいかないので、列に並んで入園券をゲットします。前と変わったのは値段の数字だけです。

地方動物園の入園料としては高すぎ


どうやらこの労働節の連休に、銀行が何かキャンペーンをしているようで、この中国人にもバカ高い入園料を安くする方法があるようですが、外国人観光客の私たちには関係ありません。
9時前にも入園してたので、開園時間も変わったようです。入口は仮設みたいなゲートに変わっていました。9:10私たちも入園です。

入場門はむしろグレードダウン


130元に値上げされたことで、園内の観光車料金は込みになっていますが、私の行きたいパンダ館へ行くにはぐるっと一周近くしなくてはならないので、歩いた方が早いです。観光車乗り場をスルーし、車と逆走する形でパンダ館に向かいます。ゴミ箱もかわいい?パンダにバージョンアップです。

ゴミ箱はパンダに


そして昨年来た時にせっせと作っていた恐竜の所に恐竜館がオープンしていました。ここは更に別料金で40元だそうです。恐竜って電動で動くように造ってましたが、そもそも生きてないし、40元(700円)ってどうなの?と思ってしまいます。手持ちの現金が足りないかもという私には全く無縁のものです。

恐竜館は別料金


さぁパンダ館が見えてきました。
よく見たら歩道の柵がパンダですね。前回はなかったので、細かい所でだいぶ作りこんでいるようです。この動物園は広大なので、歩いて周ろうなどという人はおらず、この時間周辺に人がいません。

柵がパンダ


動物園は観光車が時計周りに走っているので、ぐるっと周って出口に近い方にあるパンダ館はまだ誰もいません。人が来始めるのはお昼くらいでしょう。どんなに混んでいてもそれは変わりないようです。そして以前はここも別料金でしたが、入園料に組み込まれたので、出入り自由になっています。ここの係のお姉さんたちに会うのも楽しみにしていたのでちょっと残念です。

パンダ館入口


9:25 開園時間が何時かわかりませんが、私たちがパンダ館に着いたこの時間にはもうパンダたちは朝ごはんは終わってしまっていました。外の展示場へ周ると、さっそく最愛のパンダ七喜(ちーしー)を見つけました。輪っかのおもちゃにすっぽりはまってるじゃありませんか。七喜、久しぶり~。

おもちゃに入っている七喜


次回は朝食後のパンダ達をレポートします♪

中国・オルドス野生動物園(パンダ館朝食後の七姉妹)

2018/04/30 (2日目) 続き

9:25 誰もいないパンダ館、まったりとしたムードが漂っています。
用意された朝食のタケノコは完食して、七喜(ちーしー)はおもちゃの輪っかにすっぽりはまってまるで露天風呂にでも入っているかのような顔をしています。七喜は2014年8月3日生まれの女の子です。

おもちゃに嵌る七喜


双子の七巧(ちーちゃお)と一緒に2016年9月からこのオルドス野生動物園で暮らしています。七巧はどこかな?いたいた屋根のついた台の上で寝ているようです。七巧と七喜は日を跨いで生まれた双子で姉の七巧の誕生日は8月2日です。

食べたら寝ている七巧


七巧と七喜は七姉妹と呼ばれパンダがいっぱいいる中国でも赤ちゃんの頃からとても人気がありました。七巧はオルドスへ来てから、増々怠け者になり、食べたらすぐ寝る生活をしているようです。ぱっと見ただけでも、この1年でまたかなり大きくなったと分かります。

寝ている七巧


七喜が私に気付きました。あれー今日は人間さんもう来たの?という感じでしょうか。
七喜はそこで寝るつもりはなく、今日のパンダ生をどう過ごそうかなどと考え事をしていたのかも知れません。

目線をくれた七喜


時々やってくる人間を観察しながら、ぼんやりする七喜。私たち以外にやってくる人間は、動物園の入園客ではなく、観光車の運転手や車掌といった動物園の関係者だけです。

すっぽりはまってまったりしている七喜


昨年来てから変わったことと言えば、パンダ館が別料金ではなくなったので、何度でも出入り可能ということと、ガラスの外側に観覧者のための日除け屋根がついた事でしょうか。日除けの縁に、七姉妹の成長期が紹介されています。

日除けに成長期


赤ちゃんの頃の写真とか、順を追って紹介されています。内容は間違っていないようですね。昨年はデカデカと別のパンダの写真に、私は七喜とか書いてましたけど・・・。そういう私も七喜の小さい頃の事は知りません。親離れした七喜が同級生と一緒にライブカメラに映るようになってから虜になったのですから。

赤ちゃんのころの写真も紹介


成都パンダ基地にいた頃の写真から最近の写真までずっと続いていますよ。
ちなみに奥に写っているベンチがオルドス野生動物園滞在中の私の基地です。パンダが寝ている間はあそこに座って私も休憩するのです。

七姉妹の日常の紹介とベンチ


9:40 七喜が嵌っていた輪っかから出てきました。というか輪っかを脱いだ感じです。角度的にガラスの映りこみが酷いですね・・・。
しかし七喜よくそこに納まっていたね、と思うくらい七喜も成長していました。お顔は相変わらず大きいのですが、あまり気にならないくらい体のサイズが追い付いてきたようです。

出てきた七喜


七喜はお姉ちゃんと一緒に寝ようと、滑り台を上がって七巧の所へ行きます。寝ていた七巧は、七喜が来る気配を感じて起き上がりました。

七巧の所へ行く七喜


仲良く並ぶ七姉妹、手前が七喜、奥が七巧です。今年の8月で4歳、人間で言えばそろそろ女子中学生といったお年頃ですが、相変わらずかわいい双子パンダです。

双子らしく並んだ七喜と七巧


寝起きの七巧にじゃれつく七喜、七姉妹はとても仲良しの双子です。
その頃、パンダ舎内のお掃除など朝の仕事が終わった飼育員さんが外に出てきました。飼育員さんたちは昨年も訪れた私たちを覚えてくれていました。昨年、3日間パンダ館に入り浸ったし、車で送ってくれたりしたので印象深かったのでしょうか。

七巧にじゃれつく七喜


飼育員さんたちとは英語通じないので筆談で交流します。今朝の体重、七巧が123kg、七喜は113.8kgと教えてくれました。3歳のパンダの体重としては重すぎ、完全に大人のパンダの体重で、既に双子の母親である奇福(ちーふー)より大きいようです。奇福はどちらかというと小柄ですからね。話をしている間に、七喜が先に寝てしまいました。

先に寝た七喜


七巧は起こされたのに、先に七喜に寝られてちょっと困ったようです。一度台から降りてきました。

七巧


と思ったら、やっぱ一緒に寝ようっとと戻っていきます。七巧は動きが緩慢です。パンダは丸っこくてなんぼ、丸い方が人気がありますが、ちょっと運動した方がいいんじゃないの?

七喜の所に戻る七巧


極上の毛皮を着ているくせに、暑苦しくよりそう双子。しかしオルドスは涼しいくらいの気温なので、ちょうどいいのかも知れません。しかしパンダ館に着いて早々パンダ達が寝てしまいました。おそらく朝食後のお昼寝は2,3時間は起きないでしょう。

仲良く一緒に寝る七姉妹


次回はオオカミ谷~小動物園をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR