FC2ブログ

中国・オルドス野生動物園(狼谷~小動物園)

2018/04/30 (2日目) 続き

10:00 パンダたちは仲良くお昼寝してしまいました。パンダたちは朝用意された食べ物を残らず完食しているので、2時間はぐっすりと予想されます。最愛のパンダに会いにはるばるやって来たので寝ているパンダを見ていてもいいのですが、入園料が跳ね上がった理由を探るべく、パンダのお昼寝の間に別のエリアへ行くことにしました。

朝食後にお昼寝する七姉妹


パンダ館の出口はお土産屋になっています。前回来た時は「七喜七巧」と書いた棚にコアラのぬいぐるみがあったりしましたが、今は一面パンダだらけになりました。

パンダ館のお土産屋はパンダだらけ


パンダ館を出た先の観光車乗り場と思わしき所で、どう見ても「路線バス」が来て停まったので乗ります。この時間他に客はいなくて、車掌係の女性に何か聞かれます。行先表示に知らない地名が書かれ、1元って書いてあるけど、まさか園外に行くバスじゃないよね?1元払えって?

「わかりません、私は外国人です。」と中国語で言い(恐らく絶妙に状況が伝わる程度の発音で)、紙とペンを差し出すと、相手は状況がわかったようです。書いてくれた文字からは、出口に行くけどいいの?と念押ししたいようです。10時に帰る人はいないんでしょうね。

わざわざ確認されると私もちょっと困りました。私たちは入口から観光車に乗りたいので、動物園を出たい訳ではありません。このバスが入口に戻ってくれればそれでいいのです。微妙な顔でOKと言って会話は終了です。

予想通り、入り口の所でバスは停まって降ろされました。どうやらこの連休で、入園客が多く、園内の観光車だけでは足りずに、普段市内を走る路線バスが相当数借りだされているようです。
入口の観光車乗り場は人でいっぱいです。並ぶためのこの通路は何のために必要かと昨年は思ったものですが、大混雑する時もあるのですね・・・。

オルドス野生動物園観光車乗り場


並んで観光車に乗ることがあるとは思ってもみないくらい、昨年来た時はガラガラだった動物園、何のキャンペーンか知りませんが今日は激混みです。何台か見送ることになりました。
10:25 プチトランがやってきて、やっと乗れます。観光車は入園料に組み込みです。

オルドス野生動物園のプチトラン


最初のストップで全員が降りたので私たちも降ります。
去年はなかった(もしくはクローズされていた)狼谷です。今日は迷うことがないくらいの大混雑で、人の流れについて行きます。

オルドス野生動物園狼谷入口


人間用の通路を進むと、階段を上がり、高台に設置された通路へと出ます。
広大な荒地を通路が横断していて上から狼を見るという趣向です。しかし広大過ぎて何も見えません。

オルドス野生動物園狼谷


元々この辺りは大草原といった感じの場所で、木は植えられたものと想像されます。
肉眼では狼は全く見当たりません。

オルドス野生動物園狼谷


結局、長い通路を歩く間に、3匹くらいの狼を見ました。
写真に至ってはかなりの倍率で撮らないと無理ですね。写真はスマホで撮る人が大多数の中国人、写真を撮るために立ち止まる人は少ないです。

オルドス野生動物園の狼


ただ通り抜けるだけで10分はかかる狼谷を出ると、次のエリアまでは歩くしかないようです。
とにかく敷地が広い動物園なので、歩くのは最小限にしようと思ったとしても相当歩かされます。

オルドス野生動物園狼谷から小動物園へ


10:50 やってきたのは、昨年やってなかった小動物園です。
動物園にしては比較的、小型で、温和な動物たちがいるミニ動物園的なエリアです。

オルドス野生動物園小動物園


狼の飼育エリアがあまりに広大だったのに比べると、かなり狭い飼育スペースです。

オルドス野生動物園小動物園


こちら小熊猫、つまりレッサーパンダの飼育場、ガラスに囲われていますが、今日はガラスには人間たちが隙間なく押し寄せています。

オルドス野生動物園レッサーパンダ


人が多すぎて映りこみがすごいので写真も大変です。全部見ているとパンダたちが起きるまでにパンダ館に戻れないばかりか日が暮れそうなので、入口近くのレッサーパンダで次へ行くことにしました。

オルドス野生動物園のレッサーパンダ


次に行くのも歩いて行くしかないようですが、もう一つのチョイスはこちらです。
散放区篭車、別途80元、つまりサファリバス(要するにライオンバスみたいなもの)、ライオンだけじゃなくいろんな動物のエリアをこの車で移動するようです。ここでチケットを買うことも可能ですが、現金不足の私たちは歩くしかありません。

オルドス野生動物園版ライオンバス


少し歩いてやっと前回も来た非州区というエリアにやってきました。昨年と違うのは、車道側と反対側に観覧通路ができている!
昨年もこの通路があったのかどうかは定かではありませんが、昨年は室内にいる動物も多かったので車道側にある建物の方から見ることが多かったですが、今日は運動場で過ごしている動物が多いようで、こちらの通路からの方がより近くで見られるようです。

オルドス野生動物園非州区


次回もオルドス野生動物園の続きをレポートします♪

中国・オルドス野生動物園(非州区)

2018/04/30 (2日目) 続き

11:00 非州区の入口は斑马羚羊鸵鸟苑、つまりシマウマ・レイヨウ・ダチョウ園といったところです。リャマ・アルパカ系を至近距離で見ることができます。昨年と違うのは、別料金で餌やり可能になっていることでしょうか。30元ってチケット売り場には書いてあったけど、どの動物も一回一律料金なのでしょうか?システムは不明です。今日は人が多いので、触れ合い動物園状態です。

オルドス野生動物園の非州区入口


少し進むとシマウマがいました。観光車の通る道路沿いにある屋内飼育場付近にいて、反対側にある歩道からは相当遠いです。

オルドス野生動物園のシマウマ


非州区は車道側に屋内飼育場があり、その外側に広い屋外飼育場、そしてその先に私たちが今回歩いている木道があります。右端が歩道、広い飼育場はサファリバスが通過する余裕があります。この飼育場にはダチョウがいます。

オルドス野生動物園の非州区はサファリエリア


歩道を進むとキリン館です。昨年は屋内にいたのを見ましたが、今日は歩道を歩いているのでもし室内にいたら見ることはできません。キリンにも餌やりができ、飼育員さんがキリンを誘導しています。

オルドス野生動物園のキリン


キリン館の前には親子のキリンもいます。そう言えば、昨年来た時にキリンの生誕100日祝いをしいていましたが、その時のキリンと負けないくらい小さいキリンです。立った状態で、親の半分くらいですね。去年の100日のキリンはどれだかもう見分けがつきません。

オルドス野生動物園のキリンの親子


キリンの赤ちゃん、ズームで見ると、見た目は親と全く変わりありません。大きさだけが小さいという感じですが、でも顔はかわいいです。

キリンの赤ちゃん


サファリバスが通過するような飼育場は、どこもとても広く、動物たちはその気になれば好きなだけ走り回れる空間があります。今日は餌をくれるお客さんがいっぱいいるので、通路の方に寄ってきます。

キリンのエサやり


間近で、というか逃げたくなる距離でキリンのモグモグシーンが見られます。
結構舌が長いですよ。

間近で見るキリン


どちらかと言うとかわいい動物と思っていたキリンですが、あまり近くで見るとなかなかコミカルな顔しているじゃないですか?

モグモグするキリン


次は昨年は改装中もしくは建設中だった象館です。象いますが、あれ?随分小さいですね。
人間の背丈ほどしかないような、種類にもよって大きさは違いますけど、どちらにせよ子象ですね。

オルドス野生動物園象館


同じサイズの子象たち、親はいるのかな?それとも子象だけを飼育しているのでしょうか?外に出ているのはこの子たちだけです。

オルドス野生動物園の象たち


象にも餌やりが可能です。人間の子どもと比べてもやっぱり象が小さいですね。
餌やりは子どもたちに人気のようです。

象にも餌やり


肌の具合から見てもまだ相当若い象ですね。
象のミニチュアを見ているみたいでした。

かわいい子ゾウ


次へ行くと、あれ、動物いない?と一瞬思いましたが、岩のようなやつは巨大なサイでした。

オルドス野生動物園のサイ


さきほど見た象に比べてもかなり大きいです。
この巨大なサイでも走り回れる広い運動場ですが、眠いのか岩と化しています。

巨大なサイ


よく見たら端でエサを貰っているのがもう1頭いました。
どうやらこのサイにも餌をやることができるようです。

オルドス野生動物園のサイ


サイの所では車道側に出ることができ、ここで観光車乗り場があったので、まだ非州区にはライオンとかいますが、そろそろいったんパンダ館に帰ろうと思います。

次回はパンダ館に戻り七姉妹のパンダ釣りをレポートします♪

中国・オルドス野生動物園(パンダ館お昼のパンダ釣り)

2018/04/30 (2日目) 続き

非州区のサイの所から乗った観光車ですが、そのままパンダ館の前まで乗ろうと思っていたら、パンダ館のある雨林区の方へは行かず、虎豹館の方で停まりました。「熊猫」言うと、ここで降りてあっちへ歩いてというような事を言われます。やれやれ、パンダ館は半球の猛禽苑のすぐ手前なので結構距離があります。ここから見える景色は全部オルドス野生動物園の敷地ですが、今見てきた非州区などは右の丘の向こう側で全く見えません。

オルドス野生動物園の中心


歩いて雨林区へ入り、真ん中あたりにあるパンダ館に行くしかないようです。
要するに、非州区を見た後は虎とか熊とかラクダとか見るでしょ?という訳で、本来はパンダ館はその後というルートなのです。お客さんが午前中にパンダ館に来ないのは頷けます。

オルドス野生動物園虎豹館の前から雨林区へ


しかしどうしたことでしょう、昨年3月に来た時にはこの辺りは怖いくらい水鳥がいたんですが、今は全然いません。どこ行ってしまったのかな?
このパンダの看板は、ちゃんとここにいるパンダ七喜(ちーしー)と七巧(ちーちゃお)の写真が使われています。

七姉妹採用の看板


11:40 パンダ館に帰ってきました。予想通り七喜は元の場所でまだ寝ています。
あれ?一緒に寝ていた七巧はどこ行っちゃった?

お昼寝中の七喜


屋外展示場の一番奥に寝場所を変えていました。パンダは食べている時間以外は寝ている事が多いので、パンダを見るなら朝一か夕方がオススメです。

お昼寝中の七巧


パンダ館のベンチで休憩しながら持ってきた非常食で腹ごしらえです。
すると、七喜がむくっと起きました。

寝ぼけてる七喜


しかし、しばらくするとまた寝ました。女の子なのに、あられもない格好で寝ます。
七巧がお嬢さんぽく寝ているのに対して、七喜はちょっと豪快ですね。

おっぴろげで寝る七喜


12:00過ぎ、飼育員さんがこれからパンダケーキあげるよと声をかけてくれました。
飼育員さんがパンダ舎に入り、高い塀の上から顔を出すと、待っていたかのように七喜が起きておやつをもらえるスポットへ移動します。

おやつをもらいにいく七喜


さっきまで寝ていたのに、ちょっとした気配でおやつの時間を察知した七喜。通称パンダ釣りと呼ばれるこのおやつの時間、すぐに駆けつける性格は変わっていないようです。
黄色いボールがある所がパンダ釣りスポットです。

オルドス野生動物園パンダ館


おやつおやつ~、所定の場所で双子姉の七巧が来るのを待ちます。
午前中はお客さんが皆無だったパンダ館ですが、今日は来園客が多く、昼過ぎはとても混雑してきました。

おやつを待つ七喜


待つこと数分、やっと七巧もやってきて飼育員さんの真下にどかっと座ります。
手前が七喜です。

スタンバイOKの七姉妹


双子パンダが揃った所で、飼育員さんはパンダケーキを付けた竿で、パンダを釣ります。
パンダたちには暗黙の了解があるようで、まず1つ目は妹の七喜の分と決まっているみたいです。
七喜は立ち上がって2足歩行でパンダケーキを追いかけます。サーカスのような見世物みたいですが、運動不足がちな飼育パンダの後ろ足を鍛える目的もあるそうです。

張り切って歩く七喜


しかし七巧は成都パンダ基地でこのパンダ釣りを覚えたころから甘やかされて育ったせいか、歩く所か立ち上がりもしません。自分の手元にパンダケーキが来るのをじっと待ってからお嬢様っぽく手で受け取ります。このパンダ釣りシーンだけは、とても双子と思えない両極端な動きです。

パンダケーキを食べる七姉妹


パンダケーキの後は、細いタケノコを同じように竿の先にぶら下げてパンダを釣ります。
七喜の2足歩行にはお客さんたちも大喜びで歓声が上がります。パンダが上手に歩くとは思ってない人が多いようです。おやつのためと言っても、歩行を披露するパンダは少ないんですけどね。

タケノコももらった七喜


動画で七喜が歩く様子などをご覧ください。



次回は昼時のパンダ館をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR