FC2ブログ

ANAメキシコシティ便から乗り継ぎ乗り継ぎでガラパゴス諸島へ

今回から3月に行ったエクアドルの旅レポートスタートです。
阪急交通社の「独自の進化を遂げる生物の楽園ガラパゴス諸島と赤道直下の国エクアドル8日間」にダンナと2人で参加、旅費は諸税込で1人約49万円です。11PAX。

2018/03/02 (1日目)

出発の朝、私は頭痛で目覚めます。北海道辺りに発達した低気圧があるせいでしょうか、家を出る前からこれでは先が思いやられます。ダンナは午前中会社に行き、12:30過ぎに途中駅で合流して成田へ向かおうとしますが、その途上で浅草線が止まってしまいました。急遽、新宿線に乗り換え、京成本線で成田空港へと向かいます。

14:40 集合時間ギリギリに成田空港に到着です。大阪から来ている添乗員さんから簡単に説明を受けて、ANAのチェックインカウンターへと向かいます。アライアンスの異なるキャリアでエクアドルまで行くので、サポートカウンターで手続きし、荷物のタグをキトまで付けてもらいます(そうしないとターミナル間をスーツケース引いて歩くことになります)。

今回はまずANAでメキシコシティへ飛びます。成田-メキシコシティはB787で運航されていますが、この路線は最長路線、ギリギリの条件で運航しているので重量にはシビアです。スーツケースを2人で1つにまとめたため25㎏になってしまっていました。2㎏減らすために手持ちに切り替えます。また、この路線は、Webチェックインで座席変更もできなくなっていました。

16:40 NH-0180便にてメキシコシティへ向かいます。
沖止め、B787に搭乗です。メキシコシティの高地に対応したエンジンも搭載されているらしいです。エコノミーの座席数も少なくなっていて、搭乗人数を抑えているようでほぼ満席です。

ANAメキシコシティ便の機材はB787


座席はABC-DFG-HJKの3-3-3配列、個人用スクリーンは小さめ、映画の本数も少ない方です。USBあり。往路のフライト時間は11時間30分です。機内ではメキシコの入国書類が配られます。トランジットでも必要です。

離陸後、おしぼりと水ボトルを配布、ドリンクサービスの後に1回目の機内食です。
チョイスはトンカツかハッシュドビーフでした。ダンナは玉ねぎ大嫌い、トンカツ大好きなので、乗る前からトンカツに決めていました。ですが、チョイスを聞いた後で、品切れが判明します。私の方がハラハラしましたが、味濃いめで、玉ねぎを何とか感じずに食べたようです。

ANA成田→メキシコシティの機内食ハッシュドビーフ


食事中に定番のカチカチハーゲンダッツアイスが配布され、食べ始める頃にはなんとかスプーンが入る程度になっていました。エコノミーの座席数が少ないので、サービスのスピードが速くて快適です。

中間ではデニッシュパンが配布されます。その他、最後尾のギャレーに飲物、スナックの用意があります。

到着2時間前に2回目の機内食、朝食が配られます。1回目に品切れで希望のものを頼めなかったダンナの所に何故か2回も、事前に朝食のチョイスを聞きに来ました。ややフレンドリーを演じすぎなCAもいて、ちょっとうざいくらいの接客です。こちら紅鮭の彩り御飯。ご飯多めです。

ANA成田→メキシコシティの機内食朝食和食


もう一方のチョイス、パンケーキとポーチドエッグです。朝食扱いなのでこんなものでしょうが、トレーがスカスカです。

ANA成田→メキシコシティの機内食朝食洋食


13:52 メキシコシティに到着です。入国審査に1時間くらい並びます。
スーツケースをいったんピックアップ、空港の人に案内されて、乗継便のバゲージドロップへ進みます。スーツケースを流したら、モノレールでターミナルを移動です。メキシコシティの街、結構ごちゃごちゃとしています。気温は20℃くらいです。

メキシコシティ空港周辺


移動したターミナルでアエロメヒコのチェックインをします。これも時間かかります。薬が切れてきて頭痛がひどく、早く座りたいなとイライラしてきました。
セキュリティは電子機器は全部出せと厳しいです。最近、中国などもそうです。

キト行きは1:25発なので、ツアーでは乗継待ちの間、ラウンジを利用することになっています。一日利用券のようなものを購入したようです。搭乗券にスタンプ押してもらい、アエロメヒコの2つのラウンジに出入りが可能になります。まずはシャワーのあるラウンジの方へ行くことにしますが、その前に復路ではメキシコシティで自由行動したいため、ラウンジ下にあった両替所でメキシコペソの両替をしておきます。メキシコペソの両替は現地で米ドルから両替するのが一番得です。

17:00ようやくラウンジで一息つきます。結構混んでいましたが、SPAエリア近くの静かな席を確保します。ここには簡単な日本語をしゃべるスタッフもいます。

アエロメヒコラウンジ


フード類は時間帯によって変わります。種類は多くないですが、質はいいかな?カリカリのキャラメルポップコーンや、チョコがけ苺、ミックスナッツ、トルティーヤチップスなど、特に軽めのものが気に入りました。

ラウンジのスナックとしては質が高い


SPAの中に無料で使えるシャワールームが2つあり、予約票に名前を書くと予定時間を教えてくれます。シャンプー、リンス、ボディソープ、タオル1枚、ドライヤーはありません。
18:00になるとフード類が入れ代わり、もう1か所のラウンジも置いてあるものは同じです。
パニーニとかもありますが、何だか不明な食べ物もあります。

アエロメヒコラウンジ


22:00にはラウンジを閉めると追い出されたのでもう一方のラウンジへ行きます。天井高く開放感あります。ここでも一番奥の静かな場所に席を取ります。メキシコシティは高地のせいか、引き続き頭痛がひどいので、薬を飲んで、椅子をくっつけて寝て過ごします。まだ飛行機1本しか乗っていないのに、3本くらい乗ったような疲労感です。冷房がやや強めなので上着が一枚必要です。

アエロメヒコラウンジ


2018/03/03 (2日目)

0:30 ラウンジ前集合でゲートへ移動します。この時間はもうお店とか両替とか閉まっている所がほとんどです。搭乗口で、出国カードが回収されます。
1:25 AM-0684便でエクアドルのキトへと向かいます。機材はB737、ABC-DEFの3-3配列です。

アエロメヒコでメキシコシティからキトへ


フライト時間は4時間、出発1時間後くらいに機内食も出ます。真夜中の食事ですが、移動中の私たちにとっては時空のはざまに落ちたような感じで、食事を食べる時間なのかどうかもよくわかりません。うっすらガーリック味のペンネ、サラダ、バニラクリーム、パンです。配るのも、回収するのも素早かったです。

アエロメヒコのメキシコシティ→キトの機内食


6:30 キトに到着です。ここはメキシコシティよりもさらに高地、標高2850mもあります。
気圧に弱い私にとって試練が続きます。

キト上空


空港自体が雲の中?な景色。これ以上頭痛がひどくならないようにゆっくりと歩きます。
入国ではエクアドルは初めてか、と滞在日数だけ聞かれます。税関ではX線検査があります。

キト空港に着いたアエロメヒコ機


税関出て上階へ上がった所で、現地在住の日本人のアシスタントとミートします。まずはガラパゴス行の手続きをします。預ける荷物のチェックを受けてロックをしてもらいます。
そして、専用カウンターでツーリストカードを作成してもらいます。20ドル支払います。

ガラパゴスに行くにはツーリストカードを作成する必要がある


チェックインして、荷物も預けたら、次の便は機内食が出ないらしいからと食べ物を配給してもらいました。パンにジュース、お菓子にバナナが入っていました。そして、添乗員さんとアシスタントさんは何やら打ち合わせがあると言うので、1時間弱のフリータイムになりました。

目の前の建物に、24時間ドラッグストアがあり、空港価格ではなくエクアドル価格だと現地アシスタントが言うので行ってみます。建物の1階部分にあり、入口が外側なので見つけられなかった人も多かったようです。お菓子や飲物なども売ってます。荷物のやたら少ない一人参加の男性がここでSPF100の日焼け止めを買っていました。これはとても効果があったようです。

キト空港の前にあるビル1階のドラッグストア


8:30集合し、いよいよガラパゴスへと向かう便に乗ります。手荷物検査は水OKです。
9:30 XL-1413便にてグアヤキル経由、ガラパゴス諸島のバルトラ島へと向かいます。
ガラパゴス、遠いです・・・。

次回はガラパゴス到着をレポートします♪

エクアドル・ガラパゴス諸島バルトラ島に到着!

2018/03/03 (2日目) 続き

11:55 XL-1413便、ついにガラパゴス諸島に到着です。飛行機はグアヤキルで乗客の乗り降りがありましたが満席でした。飛行機を一歩下りると、南の島に下り立った時特有の暑さを覚悟していた私でしたが、日差しのあまりのきつさにびっくりします。滅茶苦茶暑く、眩しいです。

ガラパゴス諸島の玄関口バルトラ島に下り立つ


下り立ったのはガラパゴス諸島の玄関口、バルトラ島。小さな島で、空港以外は文字通りなにもない島です。海もすぐそこ、小さな岩のような島も見えます。ついに来たんだ、ガラパゴス、遠かったなぁと感慨深い思いです。

バルトラ島の景色


こちら乗ってきたラタムエアラインズエクアドル航空の機材です。今回、成田からメキシコまではスターアライアンスのANA、メキシコからエクアドル本土まではスカイチームのアエロメヒコ、本土からガラパゴス諸島までワンワールド系のラタムと3大アライアンスの乗継というあまりない経路で飛んできました。普通の旅行ではまずあり得ない乗継です。

ガラパゴスに乗りいれているラタムエアラインズエクアドル


今は3月、ガラパゴスは雨季にあたるドライシーズンです。晴天で暑く、毎日のように雨が降ると言うことですが、なるほど別の方向を見ると、怪し気な雲がかかっています。これから行くサンタクルス島の方面です。

バルトラ島から見えるサンタクルス島


飛行機降りただけなのに、ガラパゴスに来たんだと言う興奮から一人あちこち写真を撮っていたら皆に置いて行かれました。空港の建物までの道、容赦なく降り注ぐ太陽光線が痛いです。私は日傘を持っていたのですが、写真を撮るのに夢中でさすのを忘れていました。

空港ターミナルまで歩く


空港の建物、この島の建物と言えば、これくらいしかないようです。

バルトラ島セイモア空港


ガラパゴスで最初の生き物発見。普通のトカゲに見えます。大きさも日本で見るのと同じくらいのサイズです。ガラパゴスと言えば独自の進化を遂げた変わった生き物が多いという印象ですが、割と普通のもいるんですね。もっともこれも固有種のトカゲなのかも知れません。

ガラパゴスで見たトカゲ


この平らで小さなバルトラ島には空港しかありません。でも、ガイドブックによると繁殖させたリクイグアナを島に戻しているというので、どこかに動くものはいないかと早速探してしまいます。

バルトラ島には何もない


空港建物に入ったらまるで入国手続きのような、入島手続きがあります。キトで作ったツーリストカードとパスポートを提出、ガラパゴスは国じゃないですが、パスポートにカメデザインのスタンプまで押されます。そこでガラパゴス入島税100ドルを現金で支払います。

荷物をピックアップし、この後は、乗り合いバスでイタバカ海峡のフェリー乗り場まで向かいます。バスはピストンで空港に降りたつ旅人を運んでいるため、しばし待ちます。

セイモア空港表


空港には飲食店もあるせいか、付近には鳥がたくさんいます。こちらダーウィンフィンチ、ダーウィンの進化論、種の起源の着想のきっかけになった鳥で、厳密に言うと13種類に分類されているそうです。大きさはスズメ大、クチバシが特徴的です。

ダーウィンフィンチ


こちらは明らかにフィンチではありませんね、ちょっと大きめですし、クチバシも違います。目の周りが青いのでアオメバトでしょう。これも固有種です。

アオメバト


さて、バスが来ました。これで島の反対側にあるフェリー乗り場に向かいます。使い古された観光バスです。どんな金持ちだろうと、皆このバスに乗らなくてはいけないんでしょうね。こういう所に来る時はきれいな格好はしないに限ります。

空港からフェリー乗り場まで行く乗合バス


13:03 バスに乗って移動です。車窓を目を凝らして見ますが、動くものの気配はありません。
ただただ荒野が広がります。

バルトラ島


10分弱で突然きれいな海が見えました。イタバカ海峡です。
対岸はサンタクルス島です。船で渡ると言ってもあっという間の距離ですね。

イタバカ海峡


ほぼ平坦な島だと思っていましたが、フェリー乗り場までは少々下り道です。
荒れ果てた島という印象です。

バルトラ島南端


13:13 イタバカ海峡のフェリー乗り場に到着です。これから対岸のサンタクルス島に渡り、そこに連泊してガラパゴス諸島を観光します。

サンタクルス島行きフェリー乗り場


次回はイタバカ海峡~サンタクルス島をレポートの予定です♪

エクアドル・ガラパゴス諸島イタバカ海峡~サンタクルス島

2018/03/03 (2日目) 続き

13:15 イタバカ海峡を渡るフェリーを待ちます。空港のあるバルトラ島側には、屋根付きの待合所があるだけで、店も何もないし、島を渡る観光客以外に人もいません。
それにしてもどうでしょう。海が滅茶苦茶きれいじゃないですか!対岸はサンタクルス島です。

イタバカ海峡


空港のあるバルトラ島とサンタクルス島はすごく近く、その気になれば橋を架けることは簡単そうですが、さすが世界遺産第一号のひとつ、観光よりも保護優先な感じがします。

イタバカ海峡


反対側、船着き場以外には人工物は一切ありません。

バルトラ島桟橋付近


サンタクルス島との渡し船がやってきました。スーツケースなどは屋根の上に積みます。船は何艘かあり、頻繁に行き来しているようです。

バルトラ島とサンタクルス島を行き来するフェリー


荷物を積んでもらっている間、周りを見渡すと、動くものを発見!ガラパゴスベニイワガニです。いっぱいいて、動きが素早いです。

ガラパゴスベニイワガニ


このカニはガラパゴスの固有種、かなり赤くて、大きさは20㎝ちょっとくらい、手のひらよりわずかに大きい程度です。

ガラパゴスベニイワガニ


13:25 フェリーでサンタクルス島へ渡ります。
サンタクルス島の沿岸や、海峡にマングローブ林が見えます。
ん?何か鳥がいますね。

イタバカ海峡のマングローブ


カッショクペリカンのようです。
このマングローブの小さな小島を巣にしているのかな?ガラパゴスではメジャーな鳥だそうです。

マングローブに住むカッショクペリカン


近くを泳いでいるペリカンもいます。先ほどのと色柄が違いますが、繁殖期を迎えた雄かも知れません。鳥は季節や成長度合いで、同じ鳥でも違う色模様などに見えるのでガイドがいない移動中などに自力で判別するのは難しいです。

フェリーの近くを泳いでいるペリカン


わずか5分くらいでサンタクルス島の桟橋に到着します。海がこんなにきれいだと思ってなかったので、こんな海で泳げるのかとワクワクしますが、びっくりなことに、ツアーのほとんどの人たちは泳ぐことは目的としておらず、水着も持ってきていないと言います。

イタバカ海峡


サンタクルス島の桟橋もバルトラ島と同じような感じですが、こちらには小さな売店が付いていて飲物など売っているようです。

サンタクルス島の桟橋


桟橋付近はマングローブ林が広がっています。周辺には、それぞれが手配した車やら配送トラックなどが停まっているだけです。たぶん、公共交通機関などはありません。私たちも専用のバスで、島の反対側の町まで向かいます。桟橋付近には一切人が生活するような建物はありません。

サンタクルス島の桟橋付近


13:45 30人乗りくらいのバスで出発です。一本道、前方のハイランドエリアを抜けて島の南端にある町へと移動しますが、途中ハイランドエリアで観光があります。

サンタクルスハイウェイ


20分も走り、段々登ってきました。山と言ってもなんだろう、大木などは少なく、見通しがとてもいいです。標高高い所は天気も不安定なようです。

サンタクルス島ハイランドエリア


ハイランドエリアにはガラパゴスゾウガメがいるというので目を凝らしますが、見えたのは牛ですね。白い鳥が付き従っています。のどかな光景です。

牧草を食む牛たち


次回は溶岩トンネル~エル・チャトをレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR