FC2ブログ

中国・杭州(空港~杭州動物園)

今回から11月のパンダ巡りの旅レポートスタートです。

すっかりパンダファンの一員になった私、カリブ海クルーズから中2日ですが、今回もPandapia主催の現地集合イベントに参加することにしました。今回の目玉は、19世紀のパンダ発見の地、宝興(バオシン)の聖地巡りです。費用は約11万円(ホテル相部屋、航空券は別)です。8名の参加。

2017/11/02 (1日目)

この日が集合日でしたが、成田からの直行便がない曜日だったため、私以外の参加者は前乗りして中国入りしているようです。何日の何時に到着しても成都空港にはスタッフが迎えに来てくれるということで、その言葉に甘えて杭州経由で深夜着の便をUAのマイレージから特典予約しました。今回は往復で別の経由で取っているので、搭乗レポートを別出しにせずにいきますね。
(成田→杭州→成都は国際線はANA、その先は中国国際航空、15000マイル+空港税など3460円)

8:00前に成田空港に到着し、チェックインします。中国国内線のチェックインは日本でできない事はわかっていましたが、荷物のタグは出るはずでした。でも、何回やってもらっても杭州までのタグしか出ません。申し訳ないけど、杭州で手続きしてくれと言われ、面倒な事になったなと思います。杭州で動物園に行こうとしているので、荷物をすんなり預けられないかも知れないからです。

この日の中国元レートは実レートは17.27、成田の両替レートは18.78です。手持ちがあるので、足りなくなりそうなら現地のホテルで両替する方が断然お得なので両替はせずにANAラウンジへと向かい、搭乗を待ちます。

10:00発予定のNH-929便にて、杭州へ向かいます。中国便にはよくあることですが、出発が少々遅れます。機材は、A320です。

ANA全日空のA320


座席配列はABC-HJKの3-3配列、大きくない飛行機ですが、結構空席があり、私の横2席も空いていたので、のんびりと過ごせます。もともとフライト時間は約3時間と短いのですが、疲れが溜まっていて、今日も最後は深夜着になるので、寝れる時に少しでも寝て起きましょう。

ANA全日空の成田→杭州便のエコノミーの座席


シートは新しいもので、スクリーンはやや大きく解像度が良いものでしたが、映りこみが気になります。正面から写真撮ったら自分がばっちり映るタイプです。寝るつもりでしたが、映画を見てしまいました。

ANA全日空の成田→杭州の座席の個人用モニター


11:30 機内食が配られますが、チョイスはなしです。すき焼き丼です。ユナイテッド航空に乗ったばかりのせいか、とても豪華に感じます。

全日空(ANA)の成田→杭州機内食


12:35 杭州空港に到着です。
入国審査を通り、バゲージクレームに出たら、ちょうどプライオリティで私の荷物が一番に出てきました。お陰で、税関の通路とか出口はどこ?と戸惑ってしまいました。荷物はX線チェックを受けてから外に出ます。次は、隣の国内線ターミナルに移動してチェックインし荷物を預けて身軽になろうとします。

なんとか国内線出発エリアに行き、VIP用のカウンターを見つけ、旅程を見せますが、なんで東京から成都に行くのに、今ここにいる?とびっくりされてしまいます。トラブルでここにいるの?という感じでしたが、今日は直行便がないから乗継なのだと説明したらわかってくれたようです。英語通じます。

ですが、22:00の便ならチェックインは20:00からね、と言われてしまいました。やっぱりそう来たか、嫌な予感が当たった・・・。荷物はどこか預ける場所を探すか、小さめだから持って歩くかと頭をよぎった瞬間、ちょっと待って、と呼び止められます。スターアライアンスゴールドだったらラウンジに招待できるから、と結局、その場でチェックインとラウンジインヴィテーションを発行してくれました。

13:10 荷物からも解放され、22:00の飛行機に乗るまでのフリータイムとなりました。所が次は、この出発エリアからの出口が見つからずに右往左往します。やっとの事でエレベータを見つけ、到着階の下階に行くと、ちょうど空港バスのチケット売り場がありました。

杭州空港国内線ターミナルの空港バスの切符売り場


事前に調べていたバス路線3つのうち、時計を見て、13:20南駅行きのチケットを購入します。メモに書いて見せると、値段以外の何かを言われたのできょとんとしてしまいます。すると、相手もメモに身分証といった中国語を書いてきたので、あぁパスポートがいるのねと理解します。パスポートと料金20元を出し、無事にチケットをゲットします。乗り場はあっちね、と言った具合に指差しながら何か言うので、謝謝と言って立ち去ります。

しかしそれこそメモで確認すべきでした。バスは国内線ターミナル前にいっぱい停まっているのをターミナル移動の時に見ていた私は、そのまま近くの出口を出てしまいました。しかし、バスはそこにたくさん待機しているのに、そこはフェンスに囲まれていて入口が見つかりません。係員とか警察ぽい人に聞いても、誰も英語を話しません。バーを乗り越えて無理やり入ろうとしてみたら、当然係員が飛んできてすごい剣幕で怒られます。外国人だと分かると少し態度が軟化、どうやらいったんターミナルの中に入らないといけないらしいと分かりました。しかしもう出発時間まで時間がありません。

ターミナルに入ろうとするとまたセキュリティの列に並ばされます。バスのチケットを見せ、時間がないとアピールすると、ははは1分しかないよとか何とか言いながら突破するのを許してくれました。入った入口から2つ先の出口がどうやらバス乗り場の入口でした。そこへ急ぎますが、またセキュリティチェックだと注意されてしまいます。

私はもう汗だく、やっとの事でバス乗り場に辿り着き、何番乗り場かチケットを確認し、走って行きます。時間を過ぎていたので、そこにいた係のお姉さんに、これもう行っちゃった?と話しかけると、あーいたいたと言うリアクション。システム管理されていて買ったけど乗ってない人が1人いて置いて行こうかと運転手と話していた所だったようです。

この南駅行きは次のバスまで1時間とかあるやつだったので、助かりました。私のせいで5分程遅れてバスは出発です。とりあえずバスに乗れてよかった。切符のバーコード読んでたし、行先は多分合っているのだろうと、身をゆだねて汗を拭き、呼吸を整えます。久しぶりに冷や汗かきました。

杭州空港バス車内


ところで、私が杭州に来るのはこれが初めてではありません。約20年前に出張で来たことがあります。その頃は空港はなかったので、上海から列車です。観光地として栄えていた所だったとの記憶はありますが、それほど都会ではなかったはずです。しかしどうでしょう、車窓景色はすっかり違う街のように見えます。

杭州空港から杭州中心部への車窓


やがて川を渡ります。川沿いにも高僧のビルやらマンションがいっぱいです。しかも最近のデザインのビルやホールのようなものが乱立し、杭州はすっかり都会になっていました。

杭州銭塘江


14:05 杭州南駅に到着です。出口の途中にタクシー乗り場もありますが、中国のタクシーに一人で乗るのは怖いので、今回はバスで目的地へ向かうことにします。中国語が話せないので、ぼったくりに遭ったり、遠回りされたり、違う場所に連れていかれるといったトラブルの不安が拭えないからです。

杭州南駅のバスターミナル


中国を個人旅行する際にはスマホやタブレットが必須でしょうが、私はガラケー+PC派、事前に地図でバス停の位置などを調べています。中国ではグーグルマップは役に立たないので、高徳地図や百度地図がオススメです。出口を左に出て近くにバス停があるはずです。マンションやら商店が並んでいます。

杭州南駅の周辺の町並み


バス停はあっさり見つかりました。334番、向きを確認すると逆だったので、道を反対に渡り先に見えていたバス停へと向かいます。空港からは武林門という所へ行く空港バスが多いのですが、町の中心部を抜けて動物園と反対方向のため、今日は南駅に出たのですが、この334バスは20分間隔なので乗継は悪そうです。

杭州のバス停


14:30 334のバスがやっと来ました。行ったばかりだったのか、20分以上待ちました。前乗り先払い、料金は均一で路線によって金額が異なります。334は2元です。

9駅乗りますが、車内に電光掲示板はなく、次のバス停のアナウンスは聞き取りにくいので、英語のアナウンスの部分だけ聞くか、バス停に停まった際に外のバス停をチェックしたりします。
観光地である西湖の脇なども通り、外の景色を見ながらバス停チェックです。

杭州のバスからの車窓景色


西湖の一角かな?いつか見た景色です。ちょっと歩きたい気分ですが、今回は杭州動物園に行くという事をミッションとしているので、よほど余裕がない限りは観光は我慢しなくては行けません。

杭州らしい景色


15:00ちょっと前に動物園のバス停に到着です。この周辺は道の両側が森のようになっていて、あれ、動物園の入口どこよ?状態です。しかも平日のこの時間から動物園に行く人ってそういないので、地図を思い出しながら、たしかバス停から前方だったなと歩きだします。

動物園バス停


15:00 杭州動物園に辿り着きました。私の大好きなパンダ七喜(チーシー)の幼馴染、成就(チェンジュウ)と双好(シュアンハオ)がいる動物園です。この2頭は昨年の現地集合イベントの時、ちょうど私と入れ違いで成都を去ってここに移動になり、会えませんでした。それで、一度会いたいと思っていたので、今回の成都行きで立ち寄ったという次第です。

杭州動物園入口


次回は杭州動物園のパンダ館をレポートします♪

中国・杭州動物園パンダ館①

2017/11/02 (1日目) 続き

15:00 杭州動物園に無事に辿り着けてほっとします。後は、無事にお目当てのパンダに会えるかどうかですね。午後なので、寝ている可能性もありますが、閉園の17:00までの2時間、何とか顔を見せて欲しいものです。

杭州動物園入口


中国の動物園、基本的に365日、閉園日がなくいつもやっていて、着いたら休みだったという事がないのが安心です。入口脇のチケット売り場で入場券を買い、入場です。20元、約350円です。

動物園のチケット


入口入ると突き当りに大きな園内地図があります。チケットの裏にも地図がありますが、どちらも略図になっていてちょっと分かりにくいです。パンダ館はほぼ真ん中辺りにあり、池を横切りサルのエリアを抜けるのが早そうです。

杭州動物園の地図


池、ってこれかな?展示する鳥などがいるのかと思いましたが、ただの池のようです。

杭州動物園内の池


やがてサルのエリアに入りました。ってこれはサルなのかな?
珍しいサルの種類が展示されているようですが、白黒のサルは確かに珍しいかも・・・。いや、サル見てる場合じゃありません。まずはパンダです。

杭州動物園の珍しいサル


これもサル?レッサーパンダでもアライグマでもないようです。坂道を登りながら、不思議なサルを横目に先を急ぎます。

杭州動物園の珍しいサル


サルのエリアが終わったと思ったら熊猫の文字が見えました。入口から5分ちょっとかな。
この階段の上にパンダ館があるようです。しかも人が立ち止まっていますよ。パンダ寝てないかも知れません。期待から、階段を駆け上がります。

熊猫館入口


いたいた白黒!建物の出入り口付近に2頭が見えます。この杭州動物園にはパンダの飼育施設が1組分しかないため、住んでいるパンダは成就(チェンジュウ)と双好(シュアンハオ)の2頭だけです。大人のパンダは飼育下でも単独で飼育しますが、小さい頃から一緒に育ったパンダ同士なら5,6歳までは一緒に過ごすことができます。ですので、大人になるまでの2~3年、2~3頭ずつ、こうして地方の動物園などで暮らすのが通例です。

杭州動物園パンダ館の庭


飼育下のパンダは通常、朝外の運動場に出され、食事をしたら、昼間寝ます。そしてお腹が空いたら起きてまた食べ、また寝たりします。パンダを見るのは午前中早い時間が一番ですが、その後はどのくらい寝て、いつ起きるかは多少ブレがあります。起きてて良かったですが、もうすぐ屋内に帰る時間なのでしょうか、出入り口に嵌るように覗き込んでいます。

杭州動物園パンダ館


まだ扉も開かず、新しい餌ももらえないと分かると解散し、うろうろします。
成就が池の縁を歩いています。池には水が張られていません。成就は小さい頃から水浴びが大好きだったので、水があったら良かったのに、と思ってしまいます。11月なのに、25℃以上あるんじゃないかと思うくらい暑いからです。

池の縁石を歩く成就


定期的に扉にチェックに行く、成就と双好。2014年生まれの雄2頭は双子じゃありませんが、双子のように似ていて、小さい頃からずっと一緒なので仲良しです。このパンダ館の外の運動場はあまり広くなく、この扉の所が見物客から一番遠い場所になりますが、ズームがほとんど要らない距離です。

中に帰りたいのか扉に張り付く成就と双好


こちらは成就、成績(チェンジ―)が産んだ9番目の子で、赤ちゃんの時は毛の黒い部分がグレーのパンダでした。グレーだったこともあり、とても人気の高いパンダです。私の最愛のパンダ七喜(チーシー)のりんごを毎日のように奪っていたパンダで、りんご泥棒としても有名です。

杭州動物園の成就


池の向こう側にある小さな水飲み場で、水を飲んでいるのかと思ったら座り込んでいます。
池に水が入っていれば大きなプールで露天風呂入浴タイムみたいになる所ですが、小さな水溜めで足やお尻を浸しているようです。

小さな水溜めで入浴する成就


しばらくしたら小さなプールから上がります。尻尾を伝う水・・・。パンダの尻尾は丸くないのがわかりますね?ちなみに、母親の成績、父親の乔乔(チャオチャオ)とも水浴び好きで有名です。

風呂上りの成就


こちらは双好、大人しく優しい性格です。母親は大双(ダーシュアン)、父親は和歌山のアドベンチャーワールド生まれの雄浜(ユウヒン)と言われています。成就と双好は外見的特徴がよく似ているので、最初は見分けるのが大変でしたが、だいぶ顔が丸くなったように思います。

杭州動物園の双好


双好はお腹が空いて我慢できないようです。食べ残しの笹を食べ始めました。と言っても、笹の葉っぱはもう食べつくしていてほとんど残っていないので、細い茎を食べるしかありません.
西日が当りパンダも暑そうです。

少し丸顔になった双好


次回も続きをレポートします♪

中国・杭州動物園パンダ館②

2017/11/02 (1日目) 続き

成就(チェンジュウ)と双好(シュアンハオ)の2頭が杭州動物園に来たのは、2016年9月20日のことでした。当時まだ2歳の子どもでしたが、育ち盛りでだいぶ大きくなったと思います。100㎏はあるかな?もう大人パンダと変わらない大きさです。手前が双好、奥が成就です。

食事中の双好とうろうろする成就


動画もどうぞ。



それほど近い親戚という訳ではないのですが、2頭はよく似ているので、素人目には区別が難しいです。こちらは成就、アイパッチ(目の周りの黒い部分)が長めで、耳がやや大きいです。
そして、背中の帯がうっすらと途切れているのが特徴です。最初はこうした特徴で見分けますが、慣れると人相ならぬパンダ相?で見分けることができます。

成就


パンダはそれぞれ性格もかなり違うので、パンダ好きは行動でも見分けることができます。
落ち着きなくうろうろしているのが成就です。双好はまだ多少葉が残っている笹を見つけたようです。もう水分が抜けて葉が丸まっていておいしくないのでしょうか、成就は食べようとはしません。



早く帰りたいのか、いえ、たぶんお腹空いているからでしょうが、頻繁に屋内への扉をチェックに行く2頭、双好の背中の帯も中心が細くなっていて遠めに見るとどっちがどっちかわからないくらい体格も似ています。

お腹空いた成就と双好


パンダが寝てたら、周辺の他の動物を見に行こうかと思っていましたが、寝る気配はなさそうです。パンダの庭は、彼らがここに来る前に暮らしていた成都パンダ基地の環境に比べるとかなり狭く、木にもカバーがしてあって登る事もできません。人間からは見やすく作ってある分、パンダにはちょっと可哀想な環境と言えそうです。

うろうろする成就と双好


パンダたちが扉付近をうろうろしているので、屋内側がどうなっているのだろうと見に行きます。入口にはここで暮らした歴代のパンダ達を紹介するボードがありました。大人になったら単独生活に入るので、だいたい2~3年で交代になり、大抵は成都パンダ基地に戻ります。その後は、特に雄の場合は繁殖に参加できなければ、また地方の動物園に行くこともあります。

成就と双好の紹介


屋内の部屋です。ガラス張りで見やすいですが、ガラスが汚い上に、明りが少ないですね。広さはそこそこあるかと思います。夜はここで過ごすようです。

杭州動物園パンダ館の室内展示場


外との扉、覗いてるのがよく見えますね。

中を覗くパンダ


早く~、とアピールしているようです。まだ室内に笹などは準備されていませんから、中に入れてもらえるのはまだまだ先そうですよ?

早く入れてーポースのパンダ


さて、パンダ館のすぐ隣には、小熊猫、つまりレッサーパンダの小さな展示場があります。
こちらも外はガラスやフェンスなどはありません。囲いから中を覗くと真下に2頭のレッサーパンダがいました。

レッサーパンダ


そこへ中国人の親子がやってきて、りんごの欠片を落とします。もっと頂戴顔で上を見るレッサーパンダ。中国の動物園でよく見る光景で、禁止されているのに勝手に餌付けする人が多いのです。杭州動物園のパンダ館にはセキュリティ担当のおじさんがいるので、その人に見つかって注意されていましたが、見つからなければいいと思っている人は多いようです。

餌くれアピールのレッサーパンダ


パンダ館は楕円形の庭があって塀で囲まれています。写真奥は小熊猫のエリアです。セキュリティのおじさんが巡回しています。

パンダ館の周り


パンダの方へ目を戻すといつの間にか細いタケノコを数本もらったようです。満足気に食べています。パンダは好きなものを取っておくとかはしません。早い者勝ちというのがルールのようです。上が双好です。

食べ物をゲットした双好と成就


成就が双好の持っていたタケノコを奪いました。泥棒成就は健在のようです。仲間の持っている食べ物も平気で横取りするパンダもいれば、私の最愛の七喜(チーシー)のように取られる専門のパンダもいます。多少の抗議はしても怒ったりはしない事が多いですね。

横取りする成就


成就、仲間の持っているものも平気で奪う様子、を動画でどうぞ。どっちがどっちか見分けられますか?タケノコがなくなると、もっと欲しいとアピールに行きました。



次回は室内のパンダ達をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR