FC2ブログ

アメリカ・マイアミ(MSCディヴィーナ乗船)

2018年も旅レポートをよろしくお願いします♪

今回から10月に行った西カリブ海クルーズの旅レポートスタートです。
阪急交通社の「MSCディヴィーナで行く魅惑の西カリブ海クルーズ11日間」にダンナと参加、旅費は諸税込で1人約23万円です。30PAX。

2017/10/20 (1日目)

15:15集合の所、電車に乗り損ねたため少し遅れて成田空港に到着、まずは受付で、添乗員に挨拶しますが、あれ?初めましてじゃないですね・・・。調べた結果、2011年に一度お世話になった添乗員さんでした。同じ添乗員に当たるのはこれで何度目かな?

17:15 UA-882便、成田発シカゴ行きにて出発です。搭乗レポートはこちら

予定より少し早くシカゴに到着、到着予定時刻の15:00には入国審査場にいました。あまり並ばずにすんなり入国し、一旦荷物をピックアップして、税関を通ってから預け直します。30名のグループですが、プライオリティタグが付いている人がほぼ半数、お得なツアーを見つけるのがうまい旅慣れた人たちのようです。ターミナルを移動し、国内線に乗り換えです。

シカゴ空港


18:50 UA-1185便にてマイアミへ移動です。
22:40 マイアミ到着、荷物が出てきて一安心です。クルーズの場合はロスバゲが特に怖いです。

23:30 空港を出発 外はちょっと生暖かい空気です。
10分で、今晩のホテル、クラウンプラザに到着です。コーヒーメーカーあり。Wi-Fi無料。

マイアミのクラウンプラザ


2017/10/21 (2日目)

9:40 ホテルをバスで出発します。実はマイアミは18年も前に来たことがありますが、風景を見ても、全く思い出せません。恐らく当時もこんな感じだったのではと思いますが・・・。

マイアミの街並み


クルーズターミナルに向かう途中からのマイアミの景色、とても爽やかでリッチな香りがします。今回はクルーズ終わって帰港してから、街を少し観光する予定になっています。

マイアミの街並み


反対側を見ると、見えてきました。MSCのマークであれが私たちがこれから乗船するMSCディヴィーナと分かります。MSCクルーズの利用は10年ぶり、3回目になります。最近乗っていたノルウェージャンやカーニバルなどに比べると、同じカジュアル船のくくりでもカジュアル過ぎない所が好きです。

マイアミのクルーズターミナルに停泊するMSCディヴィーナ


10:15 クルーズターミナルに到着です。ターミナルに入るのに、乗船券とパスポートで本人確認をし、手荷物検査に並びます。手続き開始時間に合わせて早く来ているので少し待たされます。クルーズ船はアルコールの持ち込みはNGですが、MSCの場合は水などはOKです。

セキュリティチェックが終わったら、チェックインです。写真を撮って、クルーズカードが発行されます。MSCの場合、クレジットカードの登録は乗船後に機械で行うようになっていました。乗船は整理番号順になります。

マイアミのMSCチェックインカウンター


11:15 整理番号が呼ばれ皆で乗船します。早く来たのですんなり乗船することができますが、混んでくるとかなり待たされることになります。乗ってもまだキャビンは清掃中の時間なので、船内を探検します。手荷物を預けることもできます。こちらレセプション周辺の吹き抜けです。ここだけ見ると豪華客船のイメージですね。

MSCディヴィーナのレセプション付近の吹き抜け


こちらはカジノ。停泊中は営業していません。細かいルールが分からないと楽しくないので、日本人でやる人は少ないようですが、クルーズ船としてはお金使って欲しいので、大抵シアターへの導線にスペースを取っています。

MSCディヴィーナのカジノ


強いて言えば、このコイン落としは誰でもできるかな?でもクルーズ生活は意外と結構忙しいので、カジノで遊んでいる暇はなかなかありません。

MSCディヴィーナのカジノ


バーやラウンジはあちこちにたくさんあります。昼間は集合場所や休憩場所になっています。

MSCディヴィーナのシルバーラウンジバー


レセプション付近に数台あるクレジットカード登録機が空いていたので、登録をしておきます。1枚のカードで同室の人の分はもちろん、他の部屋の人の分まで払うこともできます。カードを登録すると同室者の名前が出て払わない人のチェックを外せ、となっていますが、そのまま進んだので、今回私のクルーズカードで何か支払ったらダンナのクレジットカード引き落としになることになりました。

通常、クルーズ船と言うのは、上の階から下船していくので、掃除が入るのもその順番ということになります。私たちは今回8階と下の方なので当分掃除が終わらないだろうと諦めています。ちょっと早めですが、混む前にランチに行っておきましょう。14Fのカフェテリアに来ました。前面ガラス張りで開放感があり、マイアミの眺めを楽しめます。

MSCディヴィーナのカルメットカフェテリア


それでは食べ放題生活の始まりです。何でも食べ放題、いつでも山盛りに補充されます。時間制限がないせいか実際はそれほど食べすぎることはないと思いますが、気にいったものがあれば止めるのは自分だけなので危険です。

カフェテリアのフルーツコーナー


焼きたてのピザやハンバーガーなどを早速頂きました。クルーズ船のピザやハンバーガーは結構おいしいことが多く、病みつきになります。ランチはこれで決まりです。飲物は有料ですが、ビュッフェコーナーにあるドリンクはいつでも無料です。水、アイスティー、コーヒー、時間帯によってジュースなどです。

MSCディヴィーナのカフェテリアの焼きたてピザやチーズバーガーなど


ランチの後はまた船内探検の続きをします。早めに船内を把握し、地図を見ずに歩けるようになることは便利なだけでなく、非常時の生還率を上げるとも言われています。カフェテリアを出ると、アクアパークと呼ばれるプールエリアが広がります。まだ人が少ないですが、欧米人には人気のエリアです。

MSCディヴィーナのアクアパーク


アクアパークの脇にソフトクリームマシンを発見しました。セルフサービスで食べ放題です。
自分で量を調節できるのがいいですね。通るたびに食べたくなるので、一回のサイズを小さめにしておきます。

クルーズには必須?ソフトクリームマシン


次回も船内探検の続きをレポートします♪

MSCディヴィーナ・船内探検

2017/10/21 (2日目) 続き

12:35 ソフトクリームを食べながら船内探検の続きです。アクアパークから船首の方へと行くと、そこには屋根付きすなわち室内プールもあります。今回は、カリブ海で泳ぐつもりなのでプールで泳ぐ気はないですが、食べ過ぎたらエクササイズも必要になるかも知れません。

MSCディヴィーナの屋根付きプール


プール脇には大きなホットタブ、ジャグジーがあります。ここだけでなく何か所かあるので、混んでて入れない、ということもないようです。お風呂好きの人はクルーズで欠かせない時間のひとつのようです。ほとんどの部屋にはバスタブはありませんからね・・・。

MSCディヴィーナのジャグジー


さらに船首へ行くと、スパの先にジムを発見しました。いろんなマシンが揃っていて、大海原を見ながら運動ができる施設です。有料レッスンもありますが、マシンを使って走ったり筋トレしたりする分には無料で利用できます。何度目かのクルーズから、結局ジムには行かないと結論付け、運動靴やジム用のウェアなどを持ってくるのを止めました。

MSCディヴィーナのジム


まだ13:00前ですが、キャビンの準備ができたかどうか一度寄ってみることにしました。どうやらお掃除も終わり、もう利用できるようです。こちらが今回7泊8日のクルーズで泊まるキャビンになります。

MSCディヴィーナのキャビン


ベッドの奥の空間もゆとりがあります。コンセント(110VのAタイプと220VのCなどのタイプが2つずつ)も使いやすい場所にあるし、テーブルの脇にはミニバー(有料)もあります。

MSCディヴィーナのキャビン奥テーブルやTV,冷蔵庫など


バルコニーからの眺め、救命ボートが視界に入るので気になる人はどうかな?でも私たちは今回、内側船室で予約しているので、海側バルコニー付きにアップグレードされているのだから何の文句もありません。海側バルコニーは旅行代金にして1人7万円、1部屋14万円料金が高いので、ラッキーです。と言っても、あまりバルコニーは使わないと分かっているので、気持ちがいい、というだけの違いかも知れません。この船はほっそりとしていて内側客室が元々少なめ、下階のバルコニー付きをアップグレード用にしている可能性もあります。

MSCディヴィーナの海側バルコニーから見たマイアミの景色


もしかしたら部屋も内側より広いかも知れません。このソファーではお昼寝もできるし、スーツケースを開けるのにも困らない十分な床面もあります。MSCクルーズでは過去2回同様のバルコニー付きの部屋を利用していて内側を利用したことがないため、部屋の広さがどれくらい違うか分かりません。でもノルウェージャンなどに比べたら部屋がかなり広いのは事実です。

ソファもゆったりのMSCディヴィーナの船室


こちらはバスルーム。機能的できれいです。小物の置き場も十分にあります。

MSCディヴィーナの船室のバスルーム


10年前と違ったのは、このシャワールームの扉です。使用しない時に内側にたためるようになっています。これでトイレにもゆったり座ることができます。シャワーは水圧もよく、日本人には十分な広さが保たれていて使用しやすいです。ただし、リンスやトリートメントは持参した方がいいでしょう。

MSCディヴィーナのバスルーム、トイレとシャワー


こちらはクローゼット、残念ながらハンガーは私の嫌いな使いにくいタイプで数もちょっと足りないかな?そこは予測して針金ハンガーを何本か持ってきています。引き出しも深いのがいくつもあり、Tシャツ類、下着類、水着、洗濯物入れなど用途に分けて収納できます。セキュリティボックスは4桁の暗証番号を都度設定するタイプです。

MSCディヴィーナの船室のクローゼット


さて部屋には問題もないようですが、スーツケースはまだ1つしか届いていないので荷ほどきは後にして、身軽になって船内探検の続きをしに行くことにします。5階以内は基本階段利用、6階以上はエレベータ使用とマイルールを決めます。クルーズでは、食べる分カロリーを消費しないと大変なことになります。

MSCディヴィーナの階段


あちこちにあるバーはそれぞれ特徴があり、色合いなど見た目の違いもあるので、何階のどのあたりにどんなバーがあるかなどを覚えます。こちらはゴールデンジャズバーという名前が付いています。ほとんどのバーはオープンな場所にあり、船首から船尾に通じる通路上に位置しています。

MSCディヴィーナのゴールデンジャズバー


こちらはスポーツバー、TVでスポーツ観戦などができるバーですが、ボーリングレーンもあります。ボーリングは有料ですが、通常のボーリングレーンに比べると短いです。それに多少揺れる船内でボーリングっておもしろいのかいつも疑問に思います。

MSCディヴィーナのスポーツバーにあるボーリングレーン


船首のパンテオンシアターまで来ました。6、7階の船首にあります。7階から来たので、2階席の部分です。MSCのメインのショーは2回制になっていて予約は必要ありません。十分な席数があります。

MSCディヴィーナのパンテオンシアター2階席


下階に下りて、舞台前からの写真です。大きいので、写真に2/3入るかどうかですね。
傾斜もありどのあたりからもショーが楽しめます。イタリア船だからか、多国籍の人が乗ること前提だし、言葉が分からなくても楽しめる歌と踊りメインのショーが多いです。

MSCディヴィーナのパンテオンシアター


7階にはデッキがあります。この船は約13万9千トン、全長333.3メートルもあり、客室は1751室もあります。救命ボートは十分ありそうですね。この救命ボートは港に着岸できず、沖止めになる時にはテンダーボートとしても使用されます。

プロムナードデッキと救命ボート


次回は続きからマイアミ出港をレポートの予定です♪

アメリカ・マイアミ出港

2017/10/21 (2日目) 続き

13:45 下層階を一通り周った後、エレベータで15Fまで上がります。14Fは先ほどランチしたカフェテリアやプールがある頻繁に足を運ぶエリアです。外へ出てさらに上の階をチェックします。ここにもホットタブがあります。静かに日光浴する人には最適な場所のようです。

MSCディヴィーナのソラリウム


その先にはスポーツアリーナがあります。バスケットとか球技などができるエリアなので、網で覆われています。時間帯によってバレーボールトーナメントとかスポーツ教室などのアクティビティが開催されます。そういった予定はデイリープログラム(船内新聞)に予定が記載されています。

MSCディヴィーナのスポーツアリーナ


この船にはスライダーとかないのかな?と思ったら1本だけですがありました。
そんなに高さはないようです。私はこれが苦手ですが、チャンスがあればやってみようかな?

MSCディヴィーナのウォータースライダー


そのまま船首の方へ行くと、アクアパークの上に出ます。船の中で日中一番賑やかなエリアです。終日航海の日などはデッキチェアがびっしり埋まり、音楽が鳴り響き、さながらパーティー会場といった感じで、文字通り賑やかな場所になります。

MSCディヴィーナのアクアパーク


15Fデッキは周辺の景色が一番きれいに見える場所です。部屋のバルコニーからものんびりとは景色を眺めることができ、外が見れるだけで気持ちはいいのですが、やはり景色を楽しむならこの大パノラマですね。ここから見る日の出日の入りはクルーズ生活では欠かせません。

MSCディヴィーナ15Fデッキ


乗船したばかりの客がたちもランチが終わり、アクアパークも段々と人が出てくるようになりました。早速水着に着替えてプールやジャグジーに入るって、ある意味すごい気合ですね。外気は結構蒸し暑いので、気持ちは分かりますが、その水着は下に着こんできたのかな?

賑わうアクアパーク


15:00 阪急交通社の船内説明会に参加します。ブラック&ホワイトラウンジを貸し切って行われる説明会では、クルーズ生活に必須の説明がされます。今回、3台口、101名が参加していました。飛行機の経路が3グループ別になっていて、それぞれのグループに添乗員がいて、さらに企画側から1名阪急の社員が同行しているので計4名のサポートになります。

ブラック&ホワイトラウンジ


ツアーでクルーズ旅行に参加する場合、基本的には船に乗ってしまえば自由行動でバラバラです。困ったことがあれば、添乗員に電話してもいいし、毎日決まった時間にそこに行けば添乗員に相談できるといったツアーデスクみたいのもやっています。MSCの場合は食事のテーブルが決まっているので、夕食にレストランに行けばツアーの皆さんと一緒、嫌ならカフェレストランに行くことも可能です。そして今回は寄港地観光が付いているので、寄港地に着いたら集合場所に集まって観光は一緒にすることになります。一般のツアーと違って、10日あっても同じグループの人の顔を全員覚えるのが難しいくらいです。

さて、説明会が終わりキャビンに帰ると、スーツケースが届いていたので、早速荷ほどきをします。スーツケースの中身を全てキャビネットや引き出しなどに収め、空のスーツケースはベッドの下に押し込みます。今回分厚い大きなスーツケースを持って行きましたが、そのままベッドの下に入りました。開いた状態でしか入らない場合もあるのです。

16:45 避難訓練の合図の警笛がなります。クルーズ船に乗ったら参加必須のイベントです。船によりやり方は違いますが、MSCの場合は、部屋に設置の救命胴衣を持って部屋を出ます。自分のクルーズカードや救命胴衣にアセンブリステーション(避難場所)のアルファベットが書いてあり、場所が分からなくても誘導されるようになっています。ステーションはたくさんありあんなにいた日本人が全く見当たりませんが、非常時の訓練なので言葉が通じなくても大丈夫です。

アセンブリステーションに指定された場所に着くと、クルーズカードで出席をチェックされます。そして、案内に従い、全員が救命胴衣を着用してみる、というものです。船によっては救命胴衣は持たずに避難場所にだけ行くとか、避難場所が外のデッキだったりして寒いとかいろいろです。

MSCの避難訓練


18:00 初めての夕食はツアーの皆さん揃ってレストランに向かいます。MSCでは毎日同じ時間、同じテーブルです。2名席はすごく少なく、6~8名席が多いので、個人で乗船したら基本的には見知らぬ誰かと毎日顔を合わせることになります。毎日相手が変わればいいですが、同じ人と英語で会話は苦痛になりそうですね。ツアーの場合は、ツアー内なら入れ替え自由です。

クルーズ初日の食事は時間がかかります。乗客もクルーも慣れていないからです。食事は毎日変わるメニューといつでも頼めるメニューもあり、日本語のメニューもあります。ただし日本語メニューから想像するものと違うものが来ることはよくあります。何かのグラタンを注文したらこんな感じです。

MSCの食事グラタン


前菜と主菜、デザートがありますが、一つずつ頼んでも、頼まなくても、同じカテゴリから2つ頼んでもOKです。何を頼んでもクルーズ料金に含まれています。よくわからない場合は本日のオススメマークで選ぶのもいいでしょう。普段食べないものを食べるのもいいと思います。こちらはラムです。

MSCの食事ラム


こちらはポーク。お肉の類は結構ボリュームがあります。飲物は有料で、ソフトドリンクなら3ドル以下から、生ビール小2.9ドルからと比較的良心的な値段設定です。ドリンクパッケージがお得ですが、私はそれを買うと具合悪い日とかあって結局飲み切るのが大変なので今回は都度欲しいものを注文することにしました。

MSCの食事ポーク


食事中、ほとんど気付かない間に船はマイアミを出港していました。

食後はそのまま船首のシアターに移動し、ショーを楽しみます。シアターは冷房が効いていて寒いので、上着とかストールとかあるといいです。終わったら部屋に戻り、今日一日観光もしていないのに、どっぷり疲れていたので早々に寝ました。夜、時差調整1時間のため寝る前に時計をずらします。


2017/10/22 (3日目)

今日は終日航海日です。ツアー的には何の予定もありません。
クルーズでの朝食はカフェテリアでというのが我が家の決まりです。レストランで食べられるものとほとんど差がないので、好きなものを好きなだけ、お腹に合わせて追加とかもできるからです。パンは焼きたてだったりしておいしいし、フルーツも盛りだくさん。

MSCの朝食


朝食後、さっそく船内を散歩します。昨日船内をくまなく歩いた訳ではないので、残っていた部分を探検します。16Fの中央付近に来ました。MSCにはヨットクラブという上級キャビンがあり、その専用エリアもあって、その人たちしか使っちゃいけないと思われがちなエレベータで上がった場所です。アクアパークを見下ろすラウンジです。

MSC船内16デッキ


その近くにライブラリーを発見しました。時代の流れでしょうか、本は少なく、とても落ち着いて本を読めるような椅子の配置ではありません。そのうちライブラリー自体無くなるかも知れませんね。

MSCディヴィーナのライブラリー


さらにバーチャルワールドなる名前のついたゲームセンターがあります。
ここも昔懐かし系のゲーム機が並んでいます。それにしても船内は冷房が効いているせいか、とても乾燥しています。早速喉が痛いので、水分補給とかのど飴、リップクリームとかケアが必要です。

MSCディヴィーナのバーチャルワールド


次回は続きからオーチョリオス入港をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR