FC2ブログ

アゼルバイジャン・バクー旧市街②

2017/06/27 (2日目) 続き

17:10 シルヴァン・シャフ・ハーン宮殿の残りのエリアを観光します。こちらは正面は15世紀の王のモスク、右手は王の霊廟です。

シルヴァン・シャフ・ハーン宮殿のモスクと王の霊廟


宮殿内の建物はほとんどが着色もなくシンプルなものですが、この霊廟の入口の彫刻は見事で、とても美しいです。王の居住区の壁などにもこうした彫刻が見られます。

シルヴァン・シャフ・ハーン宮殿の王の霊廟の入口の彫刻


中には、王だけでなく、家族のお墓もあります。15世紀前半のお墓です。

シルヴァン・シャフ・ハーン宮殿の王の霊廟内部


モスクと霊廟の間を通って奥へ行くと、公衆ハマムの跡があります。こちらも15世紀の遺構です。公衆というので王族専用ではなく、一般人も利用した浴場ということでしょう。スチームバスだったそうです。

シルヴァン・シャフ・ハーン宮殿の公衆ハマム


17:20 シルヴァン・シャフ・ハーン宮殿の観光を終わり、外に出ます。そこには猫が待ってました。かわいい猫で、かなり近寄っても微動だにしません。よく見たら怪我をしているようでしたが、きれいで愛らしい猫でした。

シルヴァン・シャフ・ハーン宮殿前にいた猫


さて、ここからは旧市街の中を歩きます。細い路地が入り組み、まさに迷路の町です。
視界も遮られるので、方角すらわからなくなります。

バクー旧市街の路地


マンホール、ライオンの国だから、中心に描かれているのはやはりライオンかな?

バクー旧市街のマンホール


どこへ向かっているかもわからないまま現地ガイドさんの後を続きます。皆疲れているのか足取りが重く、いつも最後を歩く私が先頭の方を歩いています。道路に突き出るようなバルコニーはペルシャ式です。ここは周辺のいろんな国によって支配された所なので、いろんな文化が混じっている気がします。

バクー旧市街の中


通りかかった家の窓辺にかわいい猫ちゃんたちを発見しました。きっと兄弟でしょう。大きさの揃った小さな猫たちが並んで窓枠にもたれて寝ています。かわいい、猫を起こさないようにそっと写真を撮ります。

バクー旧市街の民家に暮らす子猫兄弟たち


後続の皆が子猫たちにくいついたので、猫たちは起きてしまいました。ちょっとけだるそうな目でたくさんのカメラを見つめます。犬猫には全く詳しくありませんが、先ほど宮殿前で見た猫とそっくりなので同じ種類でしょう。いや、親戚かも知れませんね。

昼寝を邪魔された子猫たち


黙々と旧市街の中を少しずつ下がるように歩いてきましたが、やがてモハメドモスクの前を通ります。道幅が狭く、全体像は撮れません。写真の右手前方のミナレットがある建物です。このモスクは旧市街で一番古い建物だそうで1078-1079のプレートが付けられていました。

バクー旧市街モハメドモスク周辺


17:30 迷路のような細い路地を抜け、広い道に出ました。この辺りの建物は立派に見えます。
もう一度同じ道を歩いて宮殿まで行けと言われたら多分無理です。

バクー旧市街


この辺りまで来ると、観光客と思わしき人々や、お土産屋なども見かけます。先ほどの入り組んだ路地の道では、ほとんど人と行き違うこともなく、道沿いは民家ばかり、あってもとても小さな個人商店くらいでした。

バクー旧市街の家並み


17:35 乙女の望楼へとやって来ました。乙女という名はがっしりとしたこの要塞にはふさわしい感じがしませんが、かつて王に見初められた娘がここからカスピ海に身を投げたという伝説から来ています。今はここは海辺ではありませんが、かつてはここに海岸線があったのでしょう。

バクー旧市街乙女の望楼


20分のフリータイムになりました。いつもの私であれば張り切って塔の中に入場したりとか周辺を走り回りますが、疲れと熱中症のせいで何をする気にもなれません。周辺にも古そうな遺跡があります。

乙女の望楼近くの遺跡


現地ガイドさんが、乙女の望楼の写真スポットはここ、という場所まで来て写真を撮ったら、何かする気になれず、近くの手頃な石に座り、ぐったり休憩してしまいました。ふと見ると、同じツアーのほぼ全員が同じように座りこんでいました。この望楼は12世紀以前のものだそうですが、かなり厚みがありますね。

乙女の望楼


次回はバクーの高台をレポートの予定です♪

アゼルバイジャン・バクー高台

2017/06/27 (2日目) 続き

18:00に乙女の望楼前からバスに乗り、5分でバクーの高台エリアにやってきました。
国会議事堂の前でバスを降ります。

アゼルバイジャン国会議事堂


そして国会議事堂の正面にはフレイムタワーがあります。3棟ある炎の形をしたビルは、間近で見ると形がよくわかりません。一番高いビルは181mもあるそうです。ホテルやオフィスなどが入っています。

バクーのフレイムタワー


さて、そのフレイムタワーを背に伸びているこちら、殉教者の小道と言います。
ソ連時代の末期の混乱で犠牲になった方々の慰霊の場所です。

殉教者の小道


左手に見えるのはケーブルカーの駅とトルコ風モスクです。
トルコの人達も多く犠牲になったそうで、その追悼碑などもあります。

モスクとケーブルカー駅


殉教者の小道を歩いて行くと、やがてたくさんの墓碑が並んでいるエリアにかかります。
主に、1990年1月20日に亡くなった方たちのお墓でした。当時まだ若かった市民もたくさん騒乱や戦争の犠牲になったようです。左手の生垣の裏側にもお墓が並んでいます。

殉教者の小道


小道の終端は広場になっていて、消えない炎が大きな建造物によって守られています。
ここは同時にビュースポットにもなっていて、観光客だけでなく、地元の人たちも多く訪れています。

殉教者の小道の奥にある消えない炎


まず見渡せるのは広いカスピ海です。アゼルバイジャンは石油埋蔵量世界一とも言われますが、そのほとんどがカスピ海の下、カスピ海が海か湖かで採掘の権利が大きく変わります。こうして見ると、海、ですね。右手に見える大きな国旗は、世界で3番目くらいに大きく、旗の部分だけで70×35m、350㎏もあるそうです。ポール込だと22トンだとか、巨大ですね。

バクーの高台から見るカスピ海と巨大国旗


先ほど歩いた殉教者の小道の下にあたる部分は広大な展望台になっていて、そこを先ほどと逆方向に歩きます。目の前にはフレイムタワー、この角度から見ると、なるほど炎をかたどっているとわかります。

フレイムタワー


広い展望台からはカスピ海だけでなく、バクーの中心部が一望できます。
急速に発展中の近代都市が広がり、ドバイのような感じです。ここはデートスポットにもなっているようです。

高台の展望台から見るバクー市街の眺め


目の前にはオペラハウスのような建物が建設中です。こちらはショッピングモールになるそうです。後5年もすると全く違う街になりそうです。もっと左手の方には旧市街の全ても見えます。すごく勢いを感じる街です。

バクーの街並みと建設中のショッピングモール


最後は展望台から大階段を降り、18:45観光終了です。
倒れる前に一日の予定が終わりほっとします。

展望台への大階段


19:00 バクーのホテル、セントラルパークに到着です。周囲にはとても小さなお店1軒くらいしかありません。

バクーセントラルパーク


部屋はシャワーのみの狭い部屋でしたが、当り外れがあったようです。
水のボトル、冷蔵庫あり。そこそこ快適なWi-Fi無料。

セントラルパークの部屋


お部屋からの景色、この周辺は古い建物が多いようです。古いものと最新のものが入りまじる不思議な街です。

セントラルパークの部屋かrらの眺め


20:00 ホテルのレストランにて夕食です。ジュース2種類とミネラルウオーターが付いています。テーブルには最初からサラダなどの前菜が並んでいますが、今日はランチが遅かったので、皆あまり手が伸びません。

セントラルパークの夕食の前菜


スープとチキンが来て、食後にはチャイにクッキーやミニケーキが出ます。
塩味濃いという前振りでしたが、むしろ味が薄いような気がします。添乗員さん提供の出汁醤油とかいろいろかけてちょうどいい、そんな感じです。

セントラルパークの夕食のメイン


深夜乗継便で着いてすぐの、暑い中での観光、すっかり疲れたのでさくっとシャワー浴びて就寝です。

次回はコブスタンの泥火山などをレポートの予定です♪

アゼルバイジャン・コブスタン(泥火山~博物館)

2017/06/28 (3日目) 続き

8:30 バスでホテルを出発します。今日は終日バクー郊外の観光です。
街から少し離れると、すぐに荒れた大地が広がり、石油採掘やぐらが点々と姿を現します。

バクー郊外の採掘やぐら


9:30 ガソリンスタンドで大型観光バスからタクシー5台に乗り換えます。これからコブスタン国立保護区にある泥火山なるものを見に行きます。道の整備状況が悪いので、バスでは行くことができないのです。この先に観光スポットがあるのか?そんな景色の中を走ります。

タクシーに分乗し泥火山へ


9:55 泥火山に到着です。泥火山って何?ここに来るまで見たことも聞いたこともありません。
現地ガイドさんが火口というか噴出孔のひとつで説明をしてくれます。大きさはそれほどではありませんが、見た目はミニ火山です。マグマの代わりに泥が流れています。

コブスタンの泥火山


簡単に言うと、地下の粘土が天然ガスなどと共に吹きだしているものだそうです。
噴出孔の様子は、別府温泉の地獄めぐりで見た坊主地獄にそっくりです。
海岸の低地から少し高台にあるので、眺めもよく、カスピ海も見えます。

泥火山の噴出孔と周辺景色


一通り説明受けたら、皆好きに周囲の泥火山を見たりします。足場の悪い小山に登るのでしっかりした靴で来なかった人は低めの火口を覗くしかないですね。私は皆と離れて、ちょっと大きめの泥火山とかを見て周ります。

あちこちにたくさん噴出孔があるコブスタンの泥火山


この泥火山、泥が熱くないどころか、とてもヒンヤリとしています。そう説明されても信じられませんよね?触るのもちょっと勇気がいりました。この泥火山は写真だけだと分かりにくいので、動画も見てみて下さい。冷たいと信じられずにびびってますが、思っていた以上に冷たくてびっくりしました。



10:15 泥火山の見学を終え、またタクシーに乗り、ガソリンスタンドまで走ります。
途中、地面が黒い場所が見えました。これも天然ガスとか燃えた跡なのでしょう。

泥火山付近の黒い地面


この荒涼とした大地の下にはいろんな地下資源が詰まっているのだと思うと不思議な感じがします。カスピ海沿いは栄えていましたが、ちょっと離れるとこの手付かずの荒れた地、でも資源は豊富、それこそ10年もしたらいこの辺りはどうなっているのでしょうか、想像もつきません。

泥火山付近の荒れた地


10:28 バスに乗り換え、次は世界遺産にも登録されているコブスタンの岩絵を見に行きます。
15分ほど走ると、ちょっとした町があり、コブスタンの岩絵をイメージした大きな石があります。古いもの好きな私はワクワクします。本物の岩絵はヨルダンなどで見たことがありますが、私が興味を引かれる最も古いものと言えます。

コブスタンの町


10:50 コブスタン博物館に到着です。まずは本物の岩絵を見る前にここでお勉強です。
世界遺産登録を記念して建てられた博物館とのことでまだ新しいです。

コブスタン博物館


通常、こうした博物館の展示はあまり面白くなく、早く本物見に行こうよと思う私ですが、ここは違いました。工夫があってとてもおもしろく、そして分かりやすいのです。こちらのスクリーンは、亀を動かすと時代ごとのこの辺りの景色の変遷が分かります。2万2千年前に緑だったこの地は、4万年前は海岸線がここまで来てたとか、時代ごとの推移が手に取るように分かるのです。

操作も楽しい地域の学習スクリーン


この地は4万年前はサバンナで、ライオンなどもいたそうです。当時の動物とかの展示コーナーです。地震が多い地帯で、海だったり陸だったりと何度も海岸線が移動しているそうです。百万年前は全面が海だったそうです。

ライオンもいたという頃のコブスタン


古い発掘品の展示などもあります。アクセサリーは相当に古いものでも、興味深く見ることができます。青銅器時代のオリジナルの発掘品です。

青銅器時代の発掘品


さて、これから見に行く岩絵の予習です。コブスタンの岩絵は削って描かれたものです。1939年、羊飼いが偶然に発見し、調査の結果6000個以上の岩絵が見つかっています。紀元前1万5千年くらいの絵が一番古いそうです。時代によって絵柄が変わっているのも特徴で、ラクダが連なるキャラバンの岩絵など複雑なものは紀元後のものです。操作パネルでスポットライトが付き、時代なども分かるようになっています。

岩絵の予習、種類や年代など


時代に寄って絵柄が異なるのはもちろん線の太さなども違うようです。狩りをする人や牛などの絵が多いそうですが、こうした岩絵を描いたのは主に男性とされています。動物の絵などは狩りの練習に使われたとも見られています。再現模型、絵を描く様子や、絵に槍を向けて狩りの練習をする様子などが再現されています。

絵を描く様子や絵を使って仮の練習をする様子


次回はコブスタンの岩絵の実物をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR