中国・成都パンダ基地幼年園(子パンダ達の紹介)

今回から9月に参加したパンダ三昧の旅レポートスタートです。
Pandapiaというパンダの成長を見守る団体の現地集合イベントに参加、費用は約10万9千円(ホテルは相部屋、航空券は別)です。13名の参加。

私がパンダにはまったのは、昨年四川省周遊ツアーに参加した際に見た生まれたばかりの赤ちゃんパンダがその後どうなったか確認しようとして、成都大熊猫繁育研究基地(以後、成都パンダ基地)のライブカメラを見るようになってからのここ1年足らずの事です。それ以来生でパンダを見に行くのは初めてなので、パンダファンとの交流もほとんどありません。なので、コアなファンの集いに参加するのは敷居が高いと躊躇いましたが、どうしても会いたいパンダがいるので思い切って参加することにしました。

2016/09/21 (1日目)

成田空港へ着いたらまず両替をします。中国元の手持ちはあり、現地での費用はほとんど必要ないのですが、何があるかわからないので追加することにしました。GPAで両替(レート16.72)、20元札、50元札のみで用意してもらいました。中国で100元札は使い辛いので少額紙幣を持つことをオススメします。

搭乗時刻に合わせてANAラウンジからゲートに行くと、見渡す限り中国人だらけで同じイベントに参加しそうな日本人は全く見当たりません。現地集合なので他の飛行機で行く人もいますが、ANAの直行便で行くという人は他にもいるはず。ですが、それらしき人がいず、皆手にお土産などを大量に抱えた中国人ばかり、ちょっぴり不安になります。

17:25 NH-947便にて成都へ。ビジネスクラスは空いていて快適でした。搭乗レポートはこちら

21:50 成都到着、入国も並ばずスムーズに進み、荷物が出るのを待って出口へと向かいます。
出迎えのPandapiaスタッフと無事ミートすると、他に2名同じ飛行機だというので出てくるのを待ちます。ペットボトルのお水1本渡されました。1日1本用意しているようです。

残りの2名は今年行われた現地イベントβというのに参加した顔見知りだったそうで一緒に出てきました。揃って駐車場へ行く途中、私は気がかりで仕方なかった事を出迎えスタッフに聞きます。明日私は七喜(チーシー)に会えますか?そう、私がどうしても会いたかったパンダの名前です。そのパンダが内モンゴル自治区の動物園に移動になるという情報をいち早くつかんだ私はパニック気味で当日まで大騒ぎしていました。当初9/20に移動になると聞いたからです。でも、9/21朝祈るような気持ちでライブカメラを見るといつものようにお庭に出ていました。

「七喜たちは来週移動になりました。当初20日と私たちも聞いたのですが。」とスタッフが言ったので私は心から安堵しました。どうしても会いたかったパンダに明日会えることが確定したからです。

ホテルへ直行する前に、東方航空で来る人をピックアップすると国内線ターミナル近くの駐車場で待たされます。その間に現地のヨーグルトをもらったので、食べながら待ちましたが意外にもそのヨーグルトがとてもおいしかったです。東方航空の方も前回参加者でした。

23:30 今日のホテル、成都ホームランドホテルに到着です。もっと遅く到着する四川航空の方たちもいるので、空港に比較的近いホテルのようです。ロビーが異様なくらい広い古そうなホテルです。蚊がいて刺されました。

成都ホームランドホテルロビー


チェックインが済んだら夜も遅いので早々に部屋に行きます。今日は東方航空で来た方と相部屋です。なかなか使いやすそうな部屋です。バスローブやスリッパ、お茶セットあり。Wi-Fi無料。中国のベッドにしてはスプリングが効いた寝心地いいベッドでした。

成都ホームランドホテル部屋


参加者から浮かないようにあえて相部屋にしましたが、自己紹介やらパンダの話やらで結構話が弾みほっとしました。写真はチェックインを待つ間にもらったものです。今回の旅のしおり(パンダ基地の詳細な地図やスケジュールなどが書かれたもの)、Pandapiaオリジナル帽子、成都パンダ基地の飼育員さんが来ているTシャツです。

Pandapia現地イベント参加でもらったグッズ


2016/09/22 (2日目)

朝起きたら、念のため成都パンダ基地のライブカメラをチェックし私の大好きなパンダがいることをこの目で確認します。今日これから行くからね、と一方的に届かない声をかけます。

8:40 朝食へ行きます。味はまぁまぁ。このホテル、日本からのツアーも利用しているようで日本人に結構会いました。同じ現地イベントに参加する方数人と会えたので、挨拶だけかわします。

成都ホームランドホテル朝食


9:50 ロビーに集合し、参加者13人と日本語を話せるPandapiaスタッフが全員簡単な自己紹介をします。好きなパンダ(押しパンと言う)を言うところがパンダ好きの集いならではかも知れません。中にはTwitterでフォローしてくれている人が複数いて世界は意外と狭いと感じます。

9:58 ホテルを出発します。40人乗りくらいの観光バスです。外は相変わらずどんより、と思ったら時々雨が降っていて、相変わらず空気が悪そうな街です。

成都の街


成都の街を通り抜けるように快適な道路を走り抜けます。時間帯によっては渋滞もすごい街です。パンダ基地に近付くにつれ、高層の建物は少なくなります。

成都の道路


11:00 成都パンダ基地の駐車場に到着です。入口までちょっと歩きます。雨は今は止んでいますがいつ降るか分からない、そんな天気です。本当ならパンダを見るにはもっと早くに来た方がいいのですが、昨夜遅い便で来た人が多いので初日はゆっくり目のスタートです。ここが入場門です。

成都パンダ基地正門


成都パンダ基地はかなり敷地が広いです。なので、こんな車もありますが、私たちは利用しません。平日なのに、この車に乗るだけでかなりの行列が出来ています。

成都パンダ基地内を走る車


最初のスケジュールは幼年園周りでフリータイム、です。幼年園というエリアまで皆で歩きます。この幼年園というのは、私が好きなパンダがいる所です。2014年にこの基地で生まれた9頭のパンダのうち、5頭が現在一緒に生活している所です。さぁ、ここから幼年園です。どうです、自然に近い環境が保たれていますね。ちょっとした小樹林という感じです。

成都パンダ基地幼年園の庭の端っこ


よく見るとその小樹林の中にちらっとパンダが見えました。昨年来た時には全部同じ顔にしか見えなかったパンダですが、今では私も見分けることができます。2014年生まれの毛笋(マオスン)という雌のパンダです。一度は野生化プログラムの候補に選ばれ都江堰のパンダ谷に行った子ですが今年5月初めに幼馴染たちと再び暮らすようになりました。でも素養があるのか、マイペースで一人で過ごす事が多く、今も茂みに隠れて寝ています。

幼年園の庭の奥の茂みで寝ている毛笋


幼年園の庭はかなり広いです。丸太で作られた櫓というか台というかが途中に2セットあります。大きな木や高い木、茂み、いろんなものがあって、数頭で暮らすのにも十分な広さがあります。でも、パンダは大人になると単体で行動する動物なので、わいわい暮らせるのも子供のうちだけです。

成都パンダ基地幼年園の庭の中ほど


さらに歩いて行くとパンダ舎がある方まで出ます。現在ここには5頭が暮らしていますが、残りの4頭、いました。パンダ舎に近いこの辺りのエリアはライブカメラで映る範囲なので私にはお馴染みの光景です。朝このパンダ舎前の大きな台の所でエサを食べたら好きな場所に散っていくのでこの時間にここに4頭いるのは珍しいです。

成都パンダ基地幼年園のパンダ舎よりの端


この木もどきの上で寝ているのは七巧(チーチャオ)、私の大好きな七喜(チーシー)の双子の姉です。双子の母親は奇福(チーフ―)というパンダで、日本の白浜のアドベンチャーワールドでたくさん子供を残した梅梅(メイメイ)が日本に来る前中国で産んだ子のさらに子、梅梅の孫です。七巧・七喜は梅梅のひ孫にあたります。双子の父親はアメリカ生まれの美蘭(メイラン)というパンダです。七巧は天気のあまりよくない日にこの木もどきに登りますが、他の子たちはこの木には興味がないようです。

木のオブジェの上で寝る七巧


そして、台の上で遊ばれているのが私の大好きなパンダ七喜(チーシー)です。後ろからじゃれついているのが毛竹(マオジュー)、先ほど繁みの中にいた毛笋(マオスン)の双子の兄です。
毛竹・毛笋の双子のママはは毛毛(マオマオ)、父親は白浜生まれの雄浜です。

成都パンダ基地幼年園毛竹に遊ばれる七喜


七喜はおとなしい女の子、じゃれつかれてもやり返さないので毛竹は七喜を開放し、隅で寝ていた珍多(ジェンドゥ)という雄パンダを起こしに行きました。2人は仲の良い喧嘩友達です。珍多の方が強いのでいつもやられてしまうのですが、それでも珍多と遊びたくていつも喧嘩売りに行きます。珍多は奇珍(チージェン)というママの子ですが、この奇珍と七巧・七喜の祖母が双子の姉妹です。つまりここにいる5頭は全員が梅梅の孫かひ孫と、親戚関係にあります。

成都パンダ基地幼年園珍多を起こす毛竹


パンダ基地で2014年に生まれたのは9頭ですが、そのうち2頭、星語(シンユゥ)・星願(シンユェン)の双子の姉弟は都江堰の通称パンダ谷で野生化訓練を受けています。残り2頭、成就(チェンジュウ)と双好(シュアンハオ)の雄2頭はつい2日前までこの幼年園にいたのですが、私たちの訪問を待たず、杭州の動物園へ移動になりました。

このパンダ基地は繁殖を主な目的としています。生まれた赤ちゃんは母親に任せずに飼育員と母パンダが一緒に育てます。春に交配し、夏に生まれた同級生は一緒に育ち、その後一定期間母親(もしくは代理母)と暮らした後に、1歳ちょっとで親離れして大人になるまで集団生活します。今年4月に2014年生まれの子たちが幼年園にやってきました。そしてこの後はそれぞれ2,3頭ずつ繁殖可能年齢になるまで3年くらい各地の動物園などに移動していきます。幼年園は小学校みたいなものです。パンダの年齢はだいたい3倍すると人間の年齢に相当します。

今年は赤ちゃんパンダがたくさん生まれました。そのせいもあってか、例年より別の動物園などに行くのが早まっているように感じます。まだ2歳になったばかりの彼らが飛行機に乗り、見知らぬ動物園に送られます。(七巧・七喜は9月26日オルドス野生動物園へ、毛竹・珍多は11月17日雲南野生動物園へと移動しました。)

毛竹から解放された七喜、どうですかわいいでしょう?まるまるとしています。おっとりさんですが、野生化とは無縁そうな飼育パンダ素質満点の子です。広い庭に隠れることもなく、いつもお客さんに愛想をふりまいています。この子に会いたくてこのイベントに参加したのに、内モンゴル自治区への移動が決まってもう会えないと落胆してたので、こうして会えたのが夢のよう、感無量です。

成都パンダ基地幼年園の七喜


次回は幼年園の子パンダたちの生活をレポートします♪
(乗継地ロサンゼルスからの更新でした)

中国・成都パンダ基地幼年園(子パンダ達の生活)

2016/09/22 (2日目) 続き

おそらく寝ていたところを起こされた七喜(チーシー)、小腹が空いたのか降りてきて朝ごはんのタケノコの残りを食べ始めました。パンダと言えば、食べているか寝ているか、動かないイメージが強いかも知れませんが、2歳くらいの子パンダは比較的よく動くのでとてもかわいいです。パンダの主食は竹や笹ですが、春や秋にはタケノコが出されます。七喜はタケノコが好きなようです。

成都パンダ基地幼年園で残飯あさりしている七喜


後ろでは毛竹(マオジュー)が珍多(チェンドゥ)を遊ぼうと誘っています。やっぱり男の子たちの方が活発です。七喜の双子の姉、七巧(チーチャオ)は木もどきから降りる気配はありません。雨上がりや雨の日にだけここに登る傾向がありますが、普段あまり木登りをしません。

木の上で寝たり喧嘩したりする子パンダ達


七巧はとてもかわいいパンダです。七喜とよく似ていますが、より美人で、かわいいパンダの絵を書いたらこんな感じというそのままのパンダです。ちょっと雨が降ってきました。パンダは雨なんて全く気にするそぶりはありません。私は自前のポンチョを持っていましたが、雨が降ってきたのでPandapiaスタッフがビニールのレインコートをくれました。用意がいいです。

成都パンダ基地幼年園木の上にいる七巧


珍多は起きて毛竹の相手を始めました。2日前に他の男の子2頭が行ってしまう前から2人は仲がいいので、2頭の仲間がいなくなったことに気付いていないかも知れません。パンダがじゃれ合う姿は子供のうちしか見られません。とはいえ野生のパンダは同級生と遊ぶことはないと思うので、飼育環境ならでは、ですね。

成都パンダ基地幼年園


私の大好きな七喜は相変わらず残飯あさりをしていますが、時々まるで写真撮影に応えるかのように見学者に顔を向けます。タケノコおいしいよーと言っているようにも見えます。
七喜はお顔が丸くて毛が長いので、とてもぽっちゃりとして見えます。

成都パンダ基地幼年園タケノコがおいしいとアピールする七喜


パンダは目があまりよくないそうですが、匂いや手探りで、食べられるタケノコを探しているようです。タケノコは食べるときに上手に皮の部分をはぎます。ですので、たっぷり残っているように見えて実は食べカスばかりがあるのです。

成都パンダ基地幼年園食べられるタケノコを探す七喜


七喜は大人しい子ですが、いろんなポーズを取ってくれます。次は寝食いポーズ撮る?そんな感じです。えへへ、という感じの顔がかわいくて大好きです。私はこの子が生まれた時から知っている訳ではなく、昨年末ライブカメラに映るようになってからファンになったのですが、とにかくマイペースで他の子とは違う挙動をしてくれるので目が離せなくなったわけです。

成都パンダ基地幼年園寝食いする七喜


もう食べるのが無くなったのか、どこかへ行くようですが、その途中でおトイレです。
パンダはどこででもトイレします。大量に食べるのでたくさんします。尻尾をピコンと上げるのですぐわかります。手前向いているのが尻尾ですが、パンダの尻尾は黒くないのでお間違いなく。ちなみに、あちこちフンだらけですが、動物園にありがちな匂いはしません。

成都パンダ基地幼年園おトイレ中の七喜


七喜がパンダ舎の方へ行ってしまったので、七巧を見るとあれ、隣の木もどきに移っています。もう眠くはないようですが木を下りる気分でもないようです。喧嘩をしていた男子2人は奥の茂みに消えていきました。

成都パンダ基地幼年園場所を移動して寝ている七巧


七喜はパンダ舎の壁の窪みにはまっていました。そこで寝ることもありますが、今はもう寝る気分じゃないようです。穴に頭を突っ込んでいましたがすぐに出てきました。

成都パンダ基地幼年園パンダ舎の穴から出た七喜


よいしょと窪みから下ります。パンダの足は短く見えますが、それは黒い部分のせいです。黒い部分はひざ下みたいな感じでしょうか?実際の足はもっと長いようですね。

成都パンダ基地幼年園意外と足が長いところを見せようとする七喜


七喜はその後、お水を飲みに池に行きます。大きな台の裏側にあります。こうした池で水を飲む他、水浴びもします。主に暑いときでしょうけど、風呂好きなパンダもいて、そういう子は季節を問わないようです。七喜は水を飲んだ後、奥の方へと行ってしまいました。

成都パンダ基地幼年園池に水を飲みに行く七喜


では代わりに私がと七巧が起きます。動かなかったらぬいぐるみじゃないの?と思うくらいかわいいパンダです。ちなみに2歳の雌パンダはだいたい60㎏前後の体重ですから結構大きいです。野生のパンダはもうちょっと痩せているかも知れません。

成都パンダ基地幼年園木の上でのんびりする七巧


奥に行ってしまったと思った七喜、すぐに戻ってきました。七喜は広い庭の奥の方へはあまり行かず、いつもこの大きな台の周辺にいるのが好きなようです。ここはお客さんも多いし、ライブカメラにも映ります。自分たちがアイドルパンダということを知っているかのようです。

成都パンダ基地幼年園茂みから戻ってきた七喜


七巧・七喜の双子はとても仲が良いです。七喜は上にいるお姉ちゃんに気付いているのでしょう。手をかけて登りたそうにしていますが、結局は登りません。なぜか、この木のオブジェには七巧しか登らないのです。

成都パンダ基地幼年園木に登りたそうな七喜


しばらくしたら七巧が降りてきてくれました。一緒に残飯を漁ろうとしますが、どうやら可食部分はもう残っていないようです。こうして並ぶとどっちがどっちか見分けられる人はぐっと少なくなります。左が七巧、右が七喜です。

成都パンダ基地幼年園仲良しの七巧・七喜姉妹


子パンダの一日は朝お庭に出てエサを食べたら、ちょっと遊ぶなりして午前中は寝ることが多いです。そして昼ごろ通称パンダ釣りと呼ばれるおやつの時間があります。今はパンダも私たちもパンダ釣りを待っています。その時間に合わせて私たちはその様子がよく見れそうな場所に陣取ります。今日は特別にそこでパンダ釣りをしてくれるそうです。

七喜はそのパンダ釣りが好きなので、いつもこの近くで待っているのかも知れません。呼ばれるとすぐに駆けつけます。寝てたい子とかは出てこない子もいますが、七喜は毎日ほぼ必ず参加しています。まだかなぁという感じにこちらを見ています。

成都パンダ基地幼年園パンダ釣りを待つ七姉妹


次回は幼年園パンダ釣りをレポートします♪
(コスタリカのモンテベルデからの更新でした)

中国・成都パンダ基地幼年園(パンダ釣り)

2016/09/22 (2日目) 続き

12:37 幼年園のベテラン飼育員譚(たん)さんがパンダ釣りの準備をしてやってきました。Pandapiaスタッフがこの辺でお願いしますと私たちの所に誘導してくれます。Pandapiaはパンダ基地の協力の元、普段からパンダの撮影などを行っているので、今回のイベントのためにもいろいろと基地の協力を得てくれています。

ごーらーい(过来、おいでという意味)!大きな通る声で譚さんが叫びます。初めてこれを聞いた昨年、なんて大声で不謹慎なと思ったその呼び声です。そしてパンダの名前を呼びます。
待ってましたと七喜(チーシー)が最初に譚さんの前に座り、それを見て七巧(チーチャオ)もやって来ました。七喜はお座りして譚さんを見つめています。

成都パンダ基地幼年園パンダ釣りを待つ七喜と七巧


名前を何度呼んでも他の3頭のパンダが来ません。七巧・七喜は子犬がクンクン言うような鳴き声でしきりにアピールしています。パンダも2歳になると子供とはいえ危険な動物なので飼育員さんは直接庭に行っておやつをあげるような事はせず、釣りのようにしておやつをあげるのです。

成都パンダ基地幼年園パンダ釣りを待つ七姉妹


珍多(ジェンドゥ)と毛竹(マオジュー)、毛笋(マオスン)は何度呼んでも来ないので、七巧と七喜におやつをあげることにしました。長い竹棒の先に通称パンダケーキと呼ばれる穀類を使って焼いた月餅型の食べ物をあげます。先に七喜が取り、七巧が今口で加えようとしています。

成都パンダ基地幼年園パンダケーキをもらう七巧と先にもらって食べてる七喜


双子姉妹が仲良くパンダケーキを食べている所に、毛竹(マオジュー)が僕にも頂戴とやってきました。つい2日前に移動してしまった成就(チェンジュウ)と双好(シュアンハオ)がいた時は、おやつ争奪戦が激しかったのですが、今は他の子のを奪うことなく平和なおやつタイムです。

成都パンダ基地幼年園七姉妹のパンダ釣りに途中から加わった毛竹


パンダケーキを食べ終わると、次はみんなが大好きなりんごをもらえます。七喜、立ち上がってりんごをゲットです。このパンダ釣りはパンダの後ろ足の筋力トレーニングにもなってます。

成都パンダ基地幼年園パンダ釣りでりんごもらう七喜


もっと小さい頃はりんごも飼育員さんからの手渡しですが、七喜は幼年園に来る前はもらったりんごをほぼ毎日仲間に奪われていました。幼年園に来てから飼育員さんのうまい采配もあってあまり取られなくなりました。おいしいよーと叫んでいるかのようです。七巧はパンダケーキを食べるが遅いのでまだケーキを食べています。ケーキもおいしいよと言っているようです。

成都パンダ基地幼年園パンダ釣りでおやつを楽しむ七姉妹


七喜はりんごを満喫していますが、こうして手に持ったりんごを高々と持って食べるのが七喜の特徴です。ここに他の仲間がやってきた場合、簡単に奪うことができます。おいしそうにりんごを食べます。

成都パンダ基地幼年園りんごを堪能する七喜


パンダケーキを食べ終わった七巧と毛竹もりんごをもらいました。仲良く並んで食べています。真ん中の七喜はもう食べ終わったようですが、まだ口の中のりんごを味わっているようです。これが他の子なら先に食べ終わったら仲間を襲って奪おうとしますが、七喜はやさしい子なので他の子のりんごを取ったりすることはありません。

成都パンダ基地幼年園平和なパンダ釣り風景


そしてりんごの余韻を大事にします。胸元に落ちたりんごの破片や、手についた汁を丁寧に舐め続けるのです。毛竹は七巧のお腹に落ちている破片を拾い食いしています。

成都パンダ基地幼年園りんごの余韻を楽しむ子パンダだち


飼育員の譚さんは毛竹にりんごをあげた後、庭の奥の方へと現れなかったパンダを探しに移動しました。見物人たちも後に続いて行きます。このパンダ釣りは、大人のパンダにもやりますが、幼年園のパンダ釣りはとても人気があるのです。しばらく大好きな七喜が手を舐める姿を見た後私も後を追います。幼年園の一番奥、朝毛笋が寝ていた近くで丁度毛笋が釣られる所でした。

成都パンダ基地幼年園奥で一人で釣られる毛笋


しっかり立ってパンダケーキをキャッチしています。足腰が弱いと将来繁殖に参加できないのです。マオスンは雌ですが、特に雄は頑張らなければいけません。

成都パンダ基地幼年園パンダ釣りの毛笋


毛笋、邪魔する仲間もいないところで一人でパンダケーキを堪能します。残る珍多の名前をずっと呼んでいますが、どこにいるのか影も形も見当たりません。実は珍多はパンダケーキがあまり好きじゃないのかおやつに出てこない日が多いのです。

成都パンダ基地幼年園パンダケーキを食べる毛笋


毛笋、りんごもしっかりと立ってキャッチします。なかなか理想的な釣られ方です。
珍多は散々呼んだけど、結局出てこなかったのでおやつはなしです。目を凝らしてもどこにも見えませんでした。そういう意味ではパンダにはいい環境かも知れません。

成都パンダ基地幼年園パンダ釣りの毛笋


毛笋の釣りを見に行ってパンダ舎の近くへ戻ってみると、七喜たちはまだりんごの余韻に浸っていました。10分は同じ光景みたいですね。このまま放っておけば、七喜は30分くらいは手を舐めていると思います。

まだりんごの余韻に浸っている七喜たち


12:53 譚さんがタケノコを持ってきて、庭に投げ入れます。りんごの余韻時間の終わりです。

成都パンダ基地幼年園お昼のタケノコ追加


おいしそうにタケノコを食べ始めました。手元口元を見ずに、外側の皮を歯で抑えてすっと抜き、中身だけを食べていきます。細いタケノコなので食べる部分は少ないかも知れません。次から次へと口に運び、お腹の上には剥いだ皮が積もっていきます。

成都パンダ基地幼年園タケノコを食べる七姉妹と毛竹


次回はパンダカフェでランチ~浜家族巡り(14号別荘)をレポートの予定です♪
(コスタリカのサンホセからの更新でした)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR