FC2ブログ

中国・成都パンダ基地パンダカフェ~浜家族巡り14号別荘

(本日コスタリカから帰国しました)

2016/09/22 (2日目) 続き

幼年園でパンダ釣りの見学をした後はランチのため移動しようとしますが、飼育員の譚さんと写真を撮りたいと言う人がいて写真タイムになりました。譚さんは有名な飼育員さんでパンダファンには絶大な人気があります。一見強面な譚さん、満面の笑みで写真撮影に応じます。あまりに人気なので、集合写真も撮りました。

幼年園の前はすごい人だかりになっています。人気があるので人が多く、人を掻き分けないとパンダが見えません。でもこの基地は好きなだけ好きな場所にいて、柵やガラス越しでなくパンダを見れるというパンダ好きにはたまらない場所です。

成都パンダ基地幼年園見学者が一番多い場所


ランチに移動する前に、もう一目だけ七喜(チーシー)を見ようと人の少ない脇から見ます。どうやら奥でパンダ釣りされてた毛笋も合流したようで、4頭でタケノコを食べています。珍多(ジェンドゥ)はまだどこかで寝ているようです。

成都パンダ基地幼年園タケノコを食べる七姉妹と毛兄妹


今日のランチは軽食で、パンダカフェでとるそうです。少しだけ入口方面へ戻ります。
成都パンダ基地内の道はこんな感じで竹林に囲まれています。以前聞いた話だとこれはパンダが食べる種類の竹ではなく、鑑賞用、つまり雰囲気のための竹らしいです。

成都パンダ基地内の道


13:06 少し歩いたところにパンダカフェはあります。この上にある建物がそうです。トイレは階段の下です。

成都パンダ基地パンダカフェ


パンダカフェの中は昔の喫茶店みたいな感じですが、パンダ満載です。壁の大きな絵のパンダはとてもかわいく、そして本物みたいに描かれています。ここで、サンドイッチ、お菓子、りんご、と飲物を頂きながらしばし休憩です。

成都パンダ基地パンダカフェのパンダの絵


私が一番好きなパンダは幼年園にいた七喜ですが、他の参加者にとっても幼年園は特別な場所になります。なぜならPandapiaを通して毎週、生まれた時から成長を見守ってきたパンダの一期生が14年生まれのパンダだからです。その幼年園のパンダを見てテンション上がっているので話も弾みます。パンダカフェにはパンダのぬいぐるみも多数おいてあります。

成都パンダ基地パンダカフェ


14:10 パンダカフェを出たら次は浜家族巡りです。フリータイムも選べましたが全員参加します。浜家族とは、和歌山の白浜アドベンチャーワールドで生まれたパンダ達を指します。名前に浜が付いていて、日本でつけられた名前のまま(読みは中国読み)この基地で生活しています。

まずはパンダカフェに近い14号別荘に行きます。ここには隆浜(りゅうひん)がいます。住んでる場所には、このようにネームプレートが掲げられています。隆浜は2003年生まれ、梅梅が産んだ雄の双子の1頭です。現在お隣には2007年生まれのシャンビンという雌が暮らしています。

成都パンダ基地隆浜のネームプレート


お庭に周るといました、隆浜。私は白浜に行ったことがないので特別な思い入れはありませんが、日本のパンダファンの多くは浜家族に特別な感情があるようです。よく動いて写真が撮りにくいです。庭はこの右手の方にも広がっていて結構広いです。

運動場をうろうろする隆浜


しきりにパンダ舎の方へと行きます。何しているんだろう?

パンダ舎にちょくちょく近付く隆浜


パンダ舎の室内を見にいってみたら、なるほどそういうことですか。雌のシャンビンとガラス越しに交流しているようです。お互い意識しているのでしょうか。今は繁殖シーズンではないので、その気はないと思いますが、お互いの存在を確認しあっているかのようです。

成都パンダ基地14号別荘隆浜とシャンビン


シャンビンがこちらを向いてくれました。お、私好みの丸みを帯びたかわいいパンダさんです。

成都パンダ基地14号別荘シャンビン


シャンビンはりんごをもらい一度部屋の奥へ行きました。それでも時々、しつこいくらいに隆浜が覗きに来ます。この部屋は狭く、暗い感じです。どうやら隆浜と庭を共有していて一日交代で庭に出ているようです。

成都パンダ基地14号別荘シャンビンが気になる隆浜


しばらくしたらシャンビンがまた庭に面した窓際に行きました。しきりに何か相談しているかのようです。顔近いですよ、お二人さん。血筋的には問題ないと思うので、春になったらカップルになれればいいですね。

成都パンダ基地14号別荘話し合いしている隆浜とシャンビン


20分ほど隆浜の様子を見学したら次へ移動です。道をパンダ基地の業務用車両のようなものが通りました。パンダ柄です。ん?痛恨のミスです。尻尾が黒い・・・。

成都パンダ基地を走る業務用車両


次は亜成年園に向かいますが、その途中で幼年園と成年園の間の道を通ります。この基地の中はどこを向いても同じような景色、道も曲がっているのが多く、簡単に方向を見失います。慣れないと迷子になりそうです。

成都パンダ基地幼年園と成年園の間


通りがかりに成年園の端にいる美蘭(メイラン)を見ることができると思ったら、背中を向けて寝ていました。アメリカ生まれの美蘭は、私の大好きな七喜のパパパンダです。まぁ、パンダと言えば、寝ててなかなか顔が見れない、そういうイメージ通りです。でもここはパンダ基地、寝ているパンダがいても、周辺に他にいっぱいパンダがいますからここへはまた後で来ましょう。

成都パンダ基地成年園で寝ている美蘭


次回は浜家族巡りの続き、亜成年園をレポートします♪

中国・成都パンダ基地浜家族巡り亜成年園

2016/09/22 (2日目) 続き

14:38 亜成年園と呼ばれるエリアの一番端にやって来ました。一番端の庭の台の上で寝ているのは日本生まれの雄パンダ、永浜(エイヒン)です。2008年、梅浜(メイヒン)と双子で生まれ、2013年に梅梅(メイメイ)ママの故郷である成都基地へ帰りました。お顔が見えません。この時間眠いのは人間もパンダも同じようです。

成都パンダ基地亜成年園の永浜と愛浜


よく見ると隣の庭(奥)にも寝ているパンダがいます。永浜のお姉さんにあたる愛浜(アイヒン)です。愛浜は2006年生まれの雌パンダ、2012年に双子の雄パンダ明浜(メイヒン)と一緒に成都基地へ帰りましたが、明浜は現在柳州市動物園で暮らしています。寝がえりをうつ際にちらっと顔が見えましたが、見学通路から遠い距離で、肉眼では顔を見ることはできません。

午後のお昼寝タイムの永浜と愛浜


その愛浜ですが、今年5月初め自身初めての赤ちゃんを出産しました。世界でも今年最初の出産で、その模様は世界中にネットでライブ中継され、私もその瞬間を眠い目をこすり見守りました。その赤ちゃんは、わずか4日後、突然亡くなりパンダファンに大きなショックと悲しみをもたらしました。以来、この亜成年園で静かに心の傷をいやしているようです。元気ならいいのですが・・・。

14:55 さらに奥にある亜成年B区に来ました。お庭(運動場)が工事中で、見学者から見えない室内にいる秋浜(シュウヒン)に会わせてもらうため、特別にパンダ舎に入れてもらうことになりました。靴カバーを付けた上、2班に分かれて中へ入ります。まだ新しくきれいな建物です。

成都パンダ基地亜成年B区のパンダ舎内


写真撮影もOKをもらいましたが、危険なので柵から少し離れるようにと念押しされます。
秋浜はちょうどお食事中、バキバキ音をさせて黙々とタケノコを食べています。柵にピントがいってしまいなかなかきれいに写真が撮れません。

ひっそりとパンダ舎の部屋でタケノコを食べる秋浜


ズームで柵を外して撮ってみました。秋浜は、2003年生まれの雄パンダ、14号別荘にいた隆浜は双子の兄です。そして複数の子持ちでもあります。パンダの場合、パパパンダは出産育児に何の協力もしないので、自分の子と過ごす事はないようで本人にパパとして認識があるかどうかは疑問です。

タケノコを食べる秋浜


生まれた時から大勢の人間に見られて育ってきたせいか、見学者が近くにいても全く気に留める様子はありません。かなりじっくりと間近で見ることができました。

見学者を気にせず近寄ってきた秋浜


15:20 次は亜成年B区の奥の庭にいる幸浜(コウヒン)を訪ねます。坂になっている通路に沿った運動場になっています。台の上で大の字のあられもない姿で寝ています。パンダの寝姿というのはいろんなバージョンがありますが、本当に無防備です。

成都パンダ基地亜成年B区で過ごす幸浜の寝姿


飼育員さんがやってきたのを察知してかむっくりと起きました。幸浜は2005年生まれの雄パンダです。生まれた時は双子でしたが、生後すぐに弟は亡くなったようです。今回紹介した浜家族は、全員同父母の実の兄弟姉妹で、梅梅と永明(エイメイ)の子たちです。他に雄浜と梅浜がいますが、次回以降に紹介します。

なんか人いっぱいいると思ってる?幸浜


飼育員さんが追加のタケノコを持ってきて、投げ入れてくれます。
通路から見るとこのくらいの距離感で、近すぎず遠すぎず。
朝外に出す前に置いてあったタケノコは食べ尽し、お代わりはこうして投げ入れたりします。

幸浜にタケノコを投げ入れる飼育員さん


幸浜はタケノコを食べるために台から降りてきました。おいしそうに食べ始めます。
顔が細長く、ちょっと痩せ型なので、もし白黒じゃなかったら熊に近い外見です。
パンダはどちらかと言うと雌の方が顔が丸めで所謂パンダらしい顔をしています。こうして何頭か見ると、パンダにもいろいろ顔の違いがあることがわかります。

タケノコを食べる幸浜


そのまま亜成年B区の運動場脇を上がり太陽産室方面へ戻ります。人間が使う道以外は緑でいっぱいです。そして起伏もあり、より自然に近い環境が保たれています。そのせいか、蚊もたくさんいます・・・。飼育員さんの案内で見学できるのもPandapiaのイベントならではです。

成都パンダ基地の亜成年B区の周り


15:30 先ほど通った亜成年園の永浜の横を再び通りかかると、永浜が起きてタケノコを食べていました。あれ?愛浜のようにも見えますが、永浜も顔が丸いし、そもそも姉弟なので私には区別付きません。でも愛浜はアイパッチ(目の周りの黒い部分)の脇がもっとはねてるかな?見る角度でも違って見えるので初心者には見分けが難しいです。

成都パンダ基地亜成年園でタケノコを食べる永浜


その後、幼年園の横を通って太陽産室へと向かいます。皆の目を盗んで幼年園にちらっと寄り道したら、七巧(チーチャオ)、七喜(チーシー)の双子姉妹が台の上で一緒に遊んでいました。手前が七巧、後ろが七喜です。浜家族と近い親戚(七姉妹の祖母が今回紹介した浜家族の姉)ですが、顔の頬毛の豊かさは父方譲りのようです。

幼年園の七巧と七喜


仲良しの双子姉妹、お昼寝せずに仲良く遊んでいるようです。パンダは双子で生まれても、ママの所に行くときはどちらか一方だし(両方一緒に面倒みさせる動物園もありますが)、ママの所以外では他の同級生たちと一緒なので、自分たちが双子だと分かる機会はないように思うのですが、本能で双子だと分かるのでしょうかね。

仲良しの七姉妹


後ろ髪を引かれる思いで、皆を追いかけ太陽産室へと向かいます。そうしたら16:15集合の自由見学となったので、先に近くのトイレに行っておくことにしました。この基地にはパンダの他にレッサーパンダも飼育されていますが、それ以外でよく目にするのは孔雀です。飼っている訳ではないみたいですが、我が物顔で暮らしています。孔雀さん、偉そうに見学者を案内して歩いているかのようです。

堂々と道の真ん中を歩くクジャク


次回は太陽産室をレポートします♪

中国・成都パンダ基地太陽産室

2016/09/22 (2日目) 続き

15:40 太陽産室を見学します。成都パンダ基地には2つの産室があり、もう一か所の月亮産室は月の形、こちらの太陽産室は太陽の形の建物からそう名付けられたそうです。その建物(パンダ舎)から時計周りに庭の周りを歩きます。最初のエリアは幼稚園と名付けられた所です。
今日外に出ているのは奇珍(チージェン)、浜家族を築いた梅梅(メイメイ)が日本に来る前に産んだ双子姉妹の姉です。幼年園にいる珍多(ジェンドゥ)等のママです。

成都パンダ基地幼稚園の奇珍


幼稚園は北川(ベイチュアン)という野生から保護されたパンダも暮らしており、奇珍と1日交代で庭を使っています。結構広い庭です。以前は名前の通り幼稚園クラスのパンダたちが集団生活していたようですが、現在は妊娠の可能性のある雌パンダが使っています(奇珍も北川も結果的には今年出産しませんでした)。

成都パンダ基地太陽産室幼稚園の庭


太陽産室にはパンダ舎を囲むように7つの庭があります。幼稚園の隣の庭には浜家族の梅浜(メイヒン)が暮らしています。先ほど亜成年園で見た永浜(エイヒン)とは双子、2008年生まれです。梅浜は今年5月末に初めての出産をしました。子供の世話をしない時間にはこうして外に出ているようです。でも、パンダ舎に張り付いていてお顔が見えません。

成都パンダ基地太陽産室の梅浜


梅浜のお隣は成績(チェンジ―)というママパンダがいます。こちらもパンダ舎の方にいてなかなかお顔が見えません。成績が産む子は、赤ちゃんのうちの数か月、通常黒い部分がグレーのグレーパンダになることで有名です。今年も1頭の雄パンダを出産しました。

成都パンダ基地太陽産室の成績


さらにその隣には奇縁(チーユェン)がいます。幼稚園にいた奇珍の双子の妹で浜家族のお姉さんです。奇縁も子だくさんのベテランママで、私の大好きな七喜(チーシー)たちは彼女の初孫です。奇縁は今年雌の双子を産んでいます。まるで、パンダの敷物を干しているかのように寝ています。

成都パンダ基地太陽産室の奇縁


太陽産室の庭はパンダ舎から傾斜した形になっていて、見学通路のある外側に向けて坂になっています。両端にある幼稚園と母子園の庭はどちらかと言うと横幅がありますが、挟まれている5つの庭は奥行がかなりあります。パンダがパンダ舎の方にいれば、なかなか見ることは難しいです。

成都パンダ基地太陽産室の庭


奇縁の隣は喜蘭(シーラン)とあります。どこだ~?いたいた、なぜか溝で寝ています。

成都パンダ基地太陽産室の庭の溝で寝る喜蘭


ズームしてもお顔が見えません。喜蘭は雄パンダです。2008年アトランタ生まれ、私の好きな七喜のパパの弟、つまり叔父さんです。頬毛がフサフサした丸いパンダで、まるで雌パンダのようなかわいさ、中国でも絶大な人気があります。

溝で寝ている喜蘭


喜蘭のお隣はネームプレートもなく、パンダもいませんでした。そして一番端は母子園です。
母子園という名前ですが、天気のいい日には現在赤ちゃんパンダたちが日光浴に使っています。今日は午前中ちょっと雨が降って地面が濡れているからか赤ちゃんパンダは出ていないようです。

成都パンダ基地太陽産室母子園の庭下側


パンダ舎に近い側から撮った母子園の庭です。結構広い庭です。昨年末から4月末までは2014年生まれの子パンダたち5頭(成就、双好、七巧、七喜、珍多)がママと離れて共同生活をしていましたが、彼らが幼年園に移動してから、七喜たちのママ奇福(チーフ―)が暮らしています。奇福は今年雌雄の双子を産み七喜もお姉ちゃんになりました。
ここはライブカメラに映る場所なので、24時間見守ることができます。

成都パンダ基地太陽産室母子園の庭上側


そして、パンダ舎の方へ行くと、外側から一部の室内をガラス越しに覗くことができます。
こちらが太陽産室で今年生まれた赤ちゃんパンダです。ベビーベッドで寝ています。
生後3か月くらい、ぬいぐるみみたいです。

2016年生まれの赤ちゃんパンダたち


顔がはっきり見えないので誰だか判別が難しいです。この太陽産室では今年赤ちゃんパンダが10頭生まれていますが、夭折した愛浜の子以外の9頭が無事に成長しています(※11月の基地の発表では25頭のうち23頭が生存、残りの14頭は月亮産室)。ここにいるのは、比較的先に生まれた子たちです。他の5頭はママの所かな?

成都パンダ基地太陽産室のベビーベッドで寝る赤ちゃんパンダ


一周しても集合時間まで少し時間が余ったので、もう一周することにしました。するとさっき寝ていたり、奥にいて顔が見れなかったパンダたちを見ることができました。
梅浜、こちらに歩いてきます。

歩いてきてくれた梅浜


手(前足)が長いです。他の浜家族と比べてもお顔が丸いでしょう?

手の長い梅浜


16:15太陽産室の入口で集合し、さっき見えなかった赤ちゃんパンダを特別に見せてもらえるのかなぁと期待していると、なんと梅浜の子、梅蘭(メイラン)と特別に記念撮影してくれるとのこと!サプライズです。

建物の中に入り、靴カバーをし、飼育員が着る青い上衣を着て、ビニール手袋をし、順番に中庭に行きます。飼育員さんが抱っこした梅蘭の隣に座り、写真を撮ってもらいます。自分のカメラは使えず、プリントした写真を帰国前にもらえるそうです。赤ちゃんパンダと飼育員さんとの3ショットです。

順番が来たら飼育員さんのすぐ隣に座ります。パンダにお触りはNGです。もうすぐ生後4か月になろうとする梅蘭はかなりデカくなっていました。私はパンダとの写真はあまり欲しくない(自分が写っているから)ので、写真を撮る間赤ちゃんパンダを間近で見たかったですが、そういう訳にもいかずカメラの方を向きます。好奇心旺盛な梅蘭も私が気になるのかこっちを向いているようです。

そして・・・、お触りNGと言われましたが、なんと梅蘭が私にお触りしてきました。私の腕をつかんできたのです。びっくりした私は思わずカメラから視線を外し梅蘭を見ました。お肉たっぷりの腕は触り心地良かったかな?しばし写真を撮られている事を忘れていましたが、気を取り直しカメラの方へ向き直します。後で見た写真、梅蘭が私を凝視し続けていました(笑)

全員の写真撮影が済んだ所で外へ出て、今日のパンダ見学は終わりです。パンダケーキの破片をもらいます。味見用に薄くスライスしたものです。おいしいものではありませんが、ボソボソとした素朴な味のものでした。

成都パンダ基地太陽産室入口とパンダケーキ味見用


みな興奮した状態で正門へと向かいます。梅蘭は日本生まれの梅浜の子で、日本のパンダファンにとっては親戚の子みたいな感覚のようです。私は特に梅蘭のファンではありませんが、写真を撮った仲なので、これからも見守りたいと思います。
こちら正門から近い所にあるパンダの銅像です。結構大きく、このパンダ基地のシンボルのような存在です。

成都パンダ基地のパンダの銅像


次回はクラウンプラザ成都パンダガーデンホテルから火鍋の夕食、都江堰のパンダ谷までをレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR