アイスランド・ケフラヴィーク(オーロラ鑑賞)

今回から9~10月に行ったアイスランドの旅レポートスタートです。
阪急交通社の「アイスランド紀行7日間」にダンナと参加、旅費は諸税込で1人約30万5千円です。36PAX。

2016/09/28 (1日目)

11:40 SK-984便にて、成田からコペンハーゲンへ。飛行機の搭乗記はこちら
16:00 コペンハーゲン到着です。セキュリティの後、入国、アイスランドはシェンゲンに加盟しているので乗継地のコペンハーゲンでの手続きのみになります。

今回の参加者は36名、私たちもかなり早く申し込みましたが、キャンセル待ちからの参加でした。時期的にお得な値段だったので人気だったようです。添乗員さんは脱サラした年配の男性だったせいか、この人数を数えるのにも難儀し先が思いやられます。ですが、相当に旅慣れた客層だったので、添乗員は頼りないくらいの方が人数多い時はうまく行くかも知れません。

19:45 FI-213便にて、アイスランド首都近郊のケフラヴィーク空港へと向かいます。アイスランド航空、機材は757-200、写真は復路に撮影したものです。

アイスランド航空機


座席配列はABC-DEFの3-3配列。フード、ドリンクとも全て有料です。

アイスランド航空エコノミーの座席


個人用のモニターもありますが、この時間睡魔に襲われるので必要ないかもしれません。こんなオーロラが見れたらいいなぁ・・・、と思っていたら、到着1時間前くらいに右の窓からオーロラが見えました。私は左側の通路でしたが、その席から右の窓を見ても見えるくらいはっきりとした緑のオーロラでした。飛行機では昔も一度見た事があるのでこれで二度目です。

アイスランド航空エコノミーの個人用モニター


21:00 ケフラヴィーク到着です。日本語ガイドとミート、空港で両替の案内もありましたが、公衆トイレですらクレジットカードでOKというので、現金は一切持たないことにしました。
22:00 バスで空港を後にします。日本語ガイドは4日目までずっと一緒に周るそうです。

アイスランドのケフラヴィーク空港


22:15 ケフラヴィークのホテル、パークイン バイ ラディソンレイキャビクに到着です。アイスランドには大型のホテルが少ないため、この日含めて2か所で分泊になります。後半に申し込んだ11名が日本語ガイドさんと一緒にこちらのホテルに泊まりますが、もう一軒のホテルもすぐ近く(100mくらい)です。

ケフラヴィークのパークイン


部屋はいかにも北欧らしい簡素な感じですが、機能的で使いやすいです。
シャワーのみ。Wi-Fiパスワードなし無料。

ケフラヴィークのパークインの部屋


日本語ガイドさんによると、今日から3日間オーロラ予報が6(0~10のうち)と出ているので、かなり期待できるし、今日は22:00-23:00はレイキャビクはオーロラのために電気を消すことになっていると言います。アイスランドはオーロラがよく見えることで有名ですが、このような予報は珍しいそうです。元々、30日が新月と、月齢も考えてこの日程を選んでいたので、ちょっとは期待していました。さくっと上着などを着こんだら、面倒がるダンナを引き連れて早速外へ出てみます。

外は3℃くらいかな?それほど寒くないです。添乗員さんたちが泊まっているホテルの方が海辺だといういので、灯りの少ないそちらの方へ歩いて行きました。ほんの200mくらいかな?天の川と思われる星空の下を海辺まで行きます。海辺に出るとかなり暗いです。すると、早速、緑のオーロラがぐわーっと動めくのが見えました。えっ、待たずに、目を凝らさずに、こんなに簡単に見れていいの?

アイスランドのレイキャビク近郊ケフラヴィークで見たオーロラ


あまりにあっけなくオーロラが見えたので、ちょっと拍子抜けです。するとオーロラがどんどん発展して空に絵を描き始めました。ゆらゆらとどんどん形も色も変わっていきます。赤系の色も見えました。爆発的に広がっていきます。この写真は1万円以下で買ったコンデジで三脚なしで撮ったものです。こんなすごいオーロラ見れるとは思いませんでした。(注:写真はコンデジ素人写真をリサイズしたものなので、本物は比較にならないくらい凄いです)

アイスランドに着くなりホテルの側で見たオーロラ


まだ同じツアーのグループの人たちはまだ来ていませんでした。いったん拡散したオーロラが弱まっていきます。それほど寒くないけど、足先などは冷たくなってきます。あまりにあっさりオーロラが見れたので、ダンナにはありがたみがなかったのか、もう寒いから帰ろうと言いだします。トロムソで延々オーロラ出るの待ったことがある私としては、こんなラッキーないからもうちょっと見ていようと言いますが、早く帰りたいとうるさいのでホテルへ向かいました。

すると続々皆さんが前から歩いてきて、ガイドさんにも会いました。また強くなりそうだと言うので、ダンナはホテルへ返し、私は残ることにしました。すると、またどんどんとオーロラが濃くなってきました。今度は周辺に他の外国人観光客など人がいっぱいいたので歓声があがります。

オーロラは弱くなったり強くなったりどんどんと形も色も変わっていく


大きく形が変化していき赤紫の色も出ます。隣にいる人が誰だか全然わからないくらいの薄暗さ、でも皆で歓声を上げて楽しみます。こうして見ると、それほど真っ暗でもない、町中でこんなオーロラが苦も無く見れるなんてかなりついていると思います。

町の中で見れるオーロラ


オーロラの撮影は素人には難しいですが、肉眼でかなりはっきり見えるものなら、なんとオートでも写るのでびっくりです。夜景モードとかはイマイチでした。側にいた誰かのアドバイスでISOをちょっといじったくらいです。段々薄くなってくると雲と判別が難しくなります。

各国から集まった大勢の観光客がオーロラは楽しむ


薄くなりながらもオーロラはずっと出ている状態で、きりがないので、23:30ごろ引き上げることにしました。町の明りの下でも、雲とオーロラの区別はつくくらいはずっと見えています。上面の白い部分は雲、その下の右上がりのグリーン系のスジがオーロラです。

町の中でも見分けられるオーロラ


部屋に帰って、カップラーメン食べながら温まりました。9月末はオーロラがちょうど見え始める頃、夜もそれほど寒くなくて良かったです。(このツアーは夏のコースなのでオーロラチャンスをうたったツアーではなく、9月はオーロラシーズンですと小さく書いてあっただけ。日照時間も長く昼間の観光とオーロラ両方楽しめるので9月末オススメです。)

2016/09/29 (2日目)

ホテルの朝食、サーモンや、焼きたてワッフルなどおいしかったです。レストランのスタッフにそこそこ日本語話せる人がいてびっくりしました。(あいさつだけじゃなくて、ワッフルが焼けたら席に持っていきますから、など)

パークインの朝食


8:05 バスでホテルを出発します。今回人数が多いからか全席指定です。
夕べは真っ暗でどんなところかわかりませんでしたが、こんな感じの所でした。日本の北の海とちょっと共通するような寂しい印象が残る風景です。

ケフラヴィークの海辺


次回はレイキャビクをレポートします♪

アイスランド・レイキャビク市内観光

2016/09/29 (2日目) 続き

8:05 ケフラヴィークのホテルを出発、バスでレイキャビクへと向かいます。
ケフラヴィーク周辺は高層の建物はほとんどなく、ほとんどが平屋か2階建て程度の建物です。こちらの変わった建物は教会ですね。北欧諸国と同じく現代的でおしゃれな教会です。

ケフラヴィークの教会


10分ほど走ると遠くに白い煙のようなものが見えます。世界最大の露天風呂として有名なブルーラグーンのある地熱発電所のある所です。私たちの行程では他の観光地を周ってきてからツアー最後の観光ポイントとして組み込まれています。後日のお楽しみ、しばらくは荒涼とした大地を走ります。

ブルーラグーン周辺


アイスランドの人口は約33万人、その2/3がレイキャビクと近郊に住んでいるそうです。30分走り、やっと住宅らしき建物が見えてきました。思っていた以上に、自然が閉める割合が大きい国です。

レイキャビクの端


だんだん家が多くなってきました。ちなみにアイスランドの森はほとんどが植林で、元々自生しているのは白樺だけなのだそうです。起伏の少ない平らで雄大な土地です。写真の中央に小さく見える不思議なドームがあります。ペルトラン、巨大な温泉タンクで、各施設にお湯を供給しています。

アイスランドの町


レイキャビクの中心部に来ました。ここには数えるほどですが、高層ビルもあります。でもごちゃごちゃした都会的な印象は全くありません。

レイキャビク中心部


8:57 最初の観光ポイント、ホフジハウスに到着です。1909年にフランス領事のために造られた建物ですが、1986年レーガンとゴルバチョフの会談に使われたことで有名です。現在は町の迎賓館として使われているそうです。かわいらいしい外観の建物、ぽつんと建っているのが印象的です。

ホフジハウス


ホフジハウスは一般公開はされていないので、中は見ることができません。すぐ裏は海で、横には詩人の像があります。世界最北の首都は静かな寒々とした感じですが、実際はさほど寒くはなく、清々しい空気を感じます。

ホフジハウス周辺


バスで移動し、9:12、トイレ休憩と港見学を兼ねて、コンサートホールHARPAに立ち寄ります。2007年から建てられた新しい近代的な建物で、ここまでするかくらいのガラス造りです。

レイキャビクのHARPA


この建物の裏側にはレイキャビク漁港があります。首都の港と言っても、田舎町の小さな港といった風情です。

レイキャビク漁港


でもよく見たら軍艦みたいな大きな船も停泊しています。これ必要なのかな・・・。

HARPAから見たレイキャビク漁港


HARPAは多目的ホールのような建物、観光客向けのアイスランドの紹介みたいな映像もありました。4Kだったかな、映像がとてもきれいでこれから周るアイスランドの特徴を予習できます。

HARPA内で見たアイスランド紹介映像


9:30 再びバスに乗り今度はハトルグリムスキルキャ教会へと向かいます。本当は歩いても大した距離ではありませんが、市内の車窓観光を兼ねています。海沿いの風景、レイキャビクの辺りは入り江になっているので、対岸や、間にある島などが見えています。

レイキャビクの海岸風景


9:40 ハトルグリムスキルキャ教会に到着です。舌を噛みそうな全く覚えられない名前です。街中の観光スポットが少ないレイキャビクにおいて、ランドマーク的な存在です。こうして横から見ると、まぁまぁ教会には見えます。塔がちょっとロケットみたいな感じですが、流れるマグマをイメージしたデザインなのだそうです。

ハトルグリムスキルキャ教会


30分のフリー見学となりました。教会らしい重厚な扉から中へ入ります。後日、終日フリータイムの日にまた来ることもできますが、旅は何が起こるか分からないので、早速塔に上がってみようと思います。塔の入場チケット900ISK(アイスランドクローナ、日本円とほぼ等価なので、900円くらい。物価高いです。)をクレジットカードで購入します。

ハトルグリムスキルキャ教会の門


次回、続きをレポートします♪

アイスランド・レイキャビク(ハトルグリムスキルキャ教会)

2016/09/29 (2日目) 続き

ハトルグリムスキルキャ教会、まず塔に上がるチケットを買ったら早速入口にあるエレベータで8階まで上がります。エレベータ降りたら階段を上がります。教会の塔にありがちな「階段」のキーワードは時として私に恐怖をもたらしますが、通常のビル内の階段のようなものでほっとします。

ハトルグリムスキルキャ教会の塔の階段


教会は高台に建っていて、他に高い建物がない中で、74.5mの高さがあります。ですので、この塔の上はレイキャビクの一番の展望スポットと言えるでしょう。しっかり首の高さまで塀があり、踏み台に乗って窓から外を眺められます。北西のHARPAの方面、レイキャビクで一番賑やかな辺りです。なんてかわいい町でしょう。

ハトルグリムスキルキャ教会塔から見たレイキャビク中心部


正方形のような展望台には各辺にいくつかの窓があるので、一通り覗きながら景色を楽しみます。こちらは北東ホフジハウスの方面です。見えている範囲がほぼレイキャビク中心部、歩いて周れるほどの小さな首都です。

ハトルグリムスキルキャ教会塔から見たホフジハウス方面


今度は海と反対の南東の方です。中央やや右に温泉タンク、ペルトランが見えます。

ハトルグリムスキルキャ教会塔から見たペルトラン方面


ズームします。巨大なタンクですね。いろんな施設に温水を供給しているそうです。

ハトルグリムスキルキャ教会塔から見たペルトラン


そしてこちらは南西方面、チョルトニン湖と呼ばれる池があります。この左手に国内線用のレイキャビク空港があり時折小さな飛行機が離発着する様子が見られます。
私はこの方面の景色がとても気に入りました。

ハトルグリムスキルキャ教会塔から見た池方面


少しだけズームすると、家々がとてもカラフルなことがわかります。積み木を並べたようなおもちゃみたいな町です。アイスランドらしさ、として印象に残る町並みです。

カラフルなレイキャビクの街並み


住むなら池の周辺がいいかな?かわいらしい色の屋根に紅葉した木々、裕福そうな人が住んでいそうな気配が漂う素敵な風景です。町全体を見渡すのにちょうどいい場所に建っているこの教会、塔のチケットは高いですが、他にこの景色を見るチャンスもないのでオススメです。

レイキャビクの街並み


塔から降りたら残り時間は教会内部を見学します。内部はとてもシンプルです。
装飾も何もない現代的な空間です。1945年から約40年かけて建てられたまだ新しい教会です。

ハトルグリムスキルキャ教会内部


その中での見所は入口側にある5575本のパイプオルガン、ドイツから贈られたもので15mもあります。きれいな音色が流れています。

ハトルグリムスキルキャ教会のパイプオルガン


このモノトーンのガラス製のものはチェコからの洗礼盤だそうです。上のガラスの部分がやさしい花びら型に彫られています。

ハトルグリムスキルキャ教会の洗礼盤


最後に外に出て外観をチェックします。正面から見るとまるでスペースシャトルのような独特な形をしています。これがマグマが流れて固まった様子、なのだそうです。教会前に建つのは、レイフ・エリクソンの像、コロンブスよりも500年も早くアメリカ大陸を発見した最初のヨーロッパ人で、アメリカから贈られた像だそうです。

ハトルグリムスキルキャ教会正面の独特のフォルム


教会前からはなだらかな坂道がHARPAの方面へ向かって伸びています。この辺りは観光の中心地、おしゃれなレストランなどがたくさんあります。

ハトルグリムスキルキャ教会前の町角


塔の上から見た家並み、地上で見ると全然違うものに見えます。清潔感を感じる町並みです。

ハトルグリムスキルキャ教会前の街並み


10:10 ハトルグリムスキルキャ教会を出て、バスでレイキャビクを出発しゴールデンサークル観光へと向かいます。レイキャビクを出て東に向かいますが、天気がよくなってきました。車窓に見えるのはテーブルマウンテンのエーシャ山です。

エーシャ山


次回はシンクヴェトリル国立公園地球の割れ目ギャウをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR