ノルウェージャンエピック・船内探検①

今回から1~2月に行ったマデイラ島とカナリア諸島クルーズの旅レポートスタートです♪
阪急交通社の「ノルウェージャン・エピックで航く大西洋の真珠マデイラ島と憧れの楽園カナリア諸島クルーズ13日間」に旅ともさんと参加、内側船室利用、旅費は燃油、空港税、ポートチャージ等諸税含め23万円ちょっとです(船内チップ除く)。

2016/01/23 (1日目)

22:00 EK-319便にてドバイへ。搭乗レポートはこちら

2016/01/24 (2日目)

4:00 ドバイ着、乗り継ぎに少々時間があるので、添乗員からクルーズ船の乗船手続きの説明、必要書類の配布と記入などがありました。

7:50 EK-0185便にてバルセロナへ。
12:40 バルセロナ着です。

13:40 空港を出てバルセロナ港へとバスで向かいます。バスに5号車とあります。なんと今回のツアー、阪急交通社の東京出発だけで5台口とのこと。ターキッシュエアラインズ組が3台、カタール航空が1台出ているそうです。一番当たりたくなかったエミレーツに当たったのは運が悪かったようです。

空港から港までは20分程度です。車窓から見えるノルウェージャン・エピックがどんどん大きくなってきました。これから10泊クルーズに出る、15万トン(155,873トン)、2010年就航の大型客船です。

ノルウェージャン・エピック


14:00 バルセロナ港到着です。荷物は鍵を開けてポーターに預け、クルーズターミナルで乗船手続きです。乗船券を見せて建物に入り、手荷物セキュリティの後、チェックインします。

バルセロナ港クルーズターミナル


チェックインには、乗船券、健康申告書、クレジットカード、パスポートが必要で、あまり並ばずに手続きできました。クレジットカードの登録と、セキュリティ用の写真を撮って、クルーズカードを発行してもらいます。チェックインできた人から各自船に乗っていいという事なので、すぐに乗船します。

手荷物が邪魔だし、まだ準備できていないかもしれないけどと思いながら自分たちのキャビン(船室)に寄ってみたらもう準備はできていてすぐに入れました。10泊お世話になる我が家、今回は費用重視で内側の船室です。12㎡と狭いですが、モダンな感じだし、寝るだけなら十分かなという印象です。

ノルウェージャン・エピック内側キャビン


ちなみに、今まで何回かクルーズ旅行していますが、お金に余裕があって陽気と景色のいい海域であれば海側バルコニー付き船室がオススメです。寒い場所に行く場合は内側でもいいし、料金差がどの程度かで決めてもいいと思います。今回は内側と海側バルコニーの差額は1人6万円でした。10泊とは言え、その分他に使う方がいいかなという判断です。それに内側の方が、キャビンにいない時間が多く、体を動かす時間が増えるのでカロリー過多を防げるかな、というのもあります。

内側キャビンの作りは当然ながら窓がありませんし、基本的に狭めです。この船の場合は、バストイレが別で、ドアの両サイドにそれぞれ設置、小さなシンクがテーブルの横にありますがとても使い辛いです。机の上には、ミニバーとTVがあります。TVは各種予約や、ルートマップ、ブリッジビューなどを見るのに重宝します。

ノルウェージャン・エピック内側船室


こちらはクローゼットです。セーフティボックスもあります。収納はたっぷりなので10泊分の荷物を全部最初に出します。スーツケースはベッドの下に押し込み、最後の夜までさよならです。ハンガーは私のきらいな取り外し式といえばいいでしょうか、使い辛いので自分でもワイヤーハンガーを持ち込みました。

ノルウェージャン・エピックの客室クローゼット


ちなみに、キャビンの壁はマグネットがくっつくのでフック付きの物掛けとか持って行くと、ちょっとしたものをぶら下げたりしておけて便利です。

こちらトイレ、スライド式の半透明の扉が何とかなく気になります。音も漏れやすいので、運動のためにトイレは公共スペースのものを使いに行くことが多かったです。

ノルウェージャン・エピックの客室トイレ


こちらがシャワー。広さはギリギリ、ボディシャンプーとシャンプーコンディショナーがあり、自前のものを置く小さな棚もあります。シャワーは取り外しがききますが水圧は弱めです。ただ、このバストイレ別というのが実はとても使い辛いものだと初日に思い知りました。脱衣スペースがないので、玄関口のカーテンはこのためかと納得、椅子とか持ってきて脱いだものなど置いたりして、シャワー使っている間は部屋の出入りもままならないという感じです。

ノルウェージャン・エピックの客室シャワーボックス


机の周りには、電源コンセントが220VのC系が2つ、110VのAが2つあります。机の上、小さなシンクの上には細々したものを置くスペースが結構あります。化粧品とか歯ブラシセットとか十分置けます。シンクの下には謎の引き出しがあり、確認したところ濡れたタオルなどを入れる引き出しでした。使用済みのタオルはここに入れておくと交換してくれます。

ノルウェージャン・エピックの客室机の上


船の中は基本的にはどちらかと言うと寒めですが、キャビンの空調はもちろん室温調整できます。ただ温度設置ではないので、丁度よくするのは難しいです。部屋ではスリッパのようなものがあるといいですが、プールサイドなどに行くためにもビーチサンダル的なものを持って行くのがオススメです。

部屋を一通りチェックしたら、早速船内探検へと出かけます。ツアーでは指定された時間に添乗員が案内してくれますが、自分たちで行く方が楽しく、覚えるのも早いと思います。それに、万一にも船内で緊急事態が起きた時には、船内をくまなく知っているかどうかで生存率はかなり違うと思うので、乗ったら最初に構造を把握するのが良いでしょう。

まずは最寄りのエレベータと階段のチェックです。マイルールですが、エレベータは特に急いでいるなど何か事情がない限り使いません。それでなくても毎日全食が食べ放題なのに運動量は減るので太ってしまうからです。それにエレベータはたくさんありますが、結構遅かったりします。

船内エレベータ


ということで階段を使います。この船では船首と船尾の両舷にそれぞれエレベータと階段があります。航海中はどっちが前だかわからなくなるので、左右の感覚もなくなります。赤と青で色分けなどされているので、自分の部屋に戻る時にどっちへ行ったらいいかの判断に利用します。

船内階段


まずは階段を下りて一番下の設備、デッキ5,6にあるエピックシアターまで来ました。乗客4100人の乗る船としては小さなシアターです。この船ではショーなどは無料のものも予約制になっています。早めにキャビンのTVから予約を入れる事をオススメします。(主なものは旅行会社が予め予約してくれています)シアターはショーをやっている時は写真撮影などは禁止です。

エピックシアター


それではデッキ5から一通り船内を周ります。こちらはアートギャラリー。通路になるような所にも作品が展示されています。何故船に乗って絵を買う人がいるのだろうと思うのですが、オークションとかあったりして結構買う人はいるようです。

アートギャラリー


インターネットカフェです。クルーズ船のインターネット接続は料金がバカ高い(1分0.95セント)上に、回線が細いので、ほとんど使い物になりません。私は特に緊急の用がなければ寄港地のカフェなどで用事を済ませます。

船内インターネットカフェ


デッキ5の中央にはレセプションなどがあります。ホテルのフロントと同じようなものですが、特に問題が無ければあまり用はありません。せっかくなので船酔いの薬をもらいます。ノルウェージャンの船酔いの薬はよく効く上、無料です。

船内レセプション


デッキ6へと上がります。広大な面積がカジノです。テーブルゲームはルールが分からないと入りづらいからかあまりやる人はいないようです。なおカジノは停泊中は営業していません。
夜になると、スロットなどで遊んでいる人は結構います。

大型客船と言えばカジノ


次回船内探検の後半をレポートします♪

ノルウェージャンエピック・船内探検②

2016/01/24 (2日目) 続き

ノルウェージャン・エピックの船内探検をどんどん進めます。この船は15万トンクラスなのに何層にも渡る吹き抜けがありません。レセプション前のアトリウムというスペースは、2階分の吹き抜けになっています。アトリウムではちょっとした船内イベントなどが行われ、ツアーの集合場所にも使われたりします。

ノルウェージャン・エピックのアトリウム上から


デッキ6にはカジノの他にショースペースやレストランなどがあります。写真は昨年まで有料だった、上海's ヌードルバー、中華料理のレストランです。今はクルーズ料金に含まれているので何でも食べ放題です。ただし詳細は後日レポートしますが、オススメはしません。

ノルウェージャン・エピックの上海’sヌードルバー


デッキ7に上がり、後ほどツアーの船内説明会が行われるラウンジに入ってみた時、阪急の5台口のひとつを受け持っていた人気添乗員さんに、添乗員と間違えられました。5人は事前に顔合わせしてなかったのかな?それともよくいそうな顔の私のような人がいたのかも知れません。添乗員に間違えられるのはよくあることですが、相手が現役添乗員の場合は客だと打ち明けるのも気が引けます。

気を取り直してデッキ7の探検です。この階には有料レストランやお店が多いです。船の中のショップは免税品店みたいなものから、船内生活や寄港地で必要そうなもの、クルーズ会社のグッズなどいろいろ売られています。セール情報などを活用するのもいいでしょう。

ノルウェージャン・エピックのショップ


有料レストランのひとつ、寿司バーWASABIです。以前にも他のノルウェージャンで試しましたが、ギリギリ許せる範囲の寿司という感じです。そこそこ人気あるようです。

ノルウェージャン・エピックの寿司バー


こちらは床屋さん。女性向けには上の方のデッキにヘアサロンもあります。おしゃれする程の船ではありませんが、長期乗っている人や、記念日などでは需要がありそうです。

ノルウェージャン・エピックの床屋


さて、この船、ひとつ残念なことは、大きな船なのにぐるっと一周できるデッキがないということです。大抵の場合、上階にランニングコースが引かれたサンデッキがあったりするものなのですが、この船の上階デッキにはそれがありません。その代わりにデッキ7の片側に長いジョギングトラック付きのデッキがあります。救命ボートで視界がだいぶ遮られているので、不人気なようです。

デッキ7のジョギングトラックのあるデッキ


デッキ8から14までは客室なので一気に階段を上がります。
14階の後方にはスパやフィットネスセンターがあります。フィットネスセンターは無料のプログラムは少ないですが、無料で使えるマシンは豊富です。デッキ7のコースをジョギングするより、海を見ながらここのランニングマシンを使う方が気持ちよく汗がかけるかも知れません。

ノルウェージャン・エピックのフィットネスセンター


デッキ15へ上がります。昔懐かしい感じのゲームセンターがあります。見学だけで、航海中に足を踏み入れることは無さそうです。

ノルウェージャン・エピックのゲームセンター


デッキ15から上はほとんどサンデッキになっています。最後尾はスクリーン付きの小さいプールがある大人用のエリアです。バーもあり、夕刻には大人がのんびりくつろぐいいスペースです。
が、1月のバルセロナの外気温はやはり肌寒いです。

ノルウェージャン・エピックの大人用エリア


ここから上は前後で行き来ができないので、船首へ行く前にまず一番上まで上がります。デッキ17にはスポーツコートがあります。若い子たちがボール遊びをしていたりします。ここも私には縁がなさそうです。

ノルウェージャン・エピックのスポーツコート


デッキ15に戻り前方へ移動します。クライミングウォールの先、この辺りはキッズアクアパーク。小さい子どもが遊ぶためのエリアです。季節柄もあって、小学生などの子どもはいないため、幼児などをちらっと見かける程度でしたが、楽しそうに遊んでいました。

ノルウェージャン・エピックの子供向け水遊び場


船の中央部分はサンデッキになっていて、プールやジャグジー、そしてデッキチェアが並んでいます。今は乗ったばかりだし、まだ寒いので誰もいませんが、カナリア諸島の方へ行けば人気のスポットになります。3種類のウォータースライダーも大きくて楽しそうです。

ノルウェージャン・エピックのウォータースライダーのあるデッキ


こちらがプール。大型客船のプールはそんなに大きくないので、本格的に泳ぐのは難しいサイズです。でも気持ちがいいことだけはきっと確かです。

ノルウェージャン・エピックのプール


デッキ15前方はガーデンカフェ、朝から晩まで何かしら食べれるビュッフェ形式のレストランへと向かいます。入口に私の大好きなものがありました。ソフトクリームマシンです。航海中セルフサービスで食べ放題です。デザートに盛るもよし、コーヒーに浮かべるもよし、もちろんそのままソフトクリームとして食べるもよしです。このためにエレベータは使わないのです。

ノルウェージャン・エピックのソフトクリームマシン


こちらがガーデンカフェです。いろんなコーナーがあり、日によってメニューは代わります。
これから毎日何度も訪れ、入り浸ることになりそうです。好きな時に好きなものを好きなだけ食べられます。サラダからデザートまでいろいろあるので、おいおい紹介します。

ノルウェージャン・エピックのガーデンカフェ


次回、航海スタート、食事や終日航海の様子をレポートします♪

ノルウェージャンエピック・バルセロナ出港&終日航海

2016/01/24 (2日目) 続き

船内探検をだいたい終えたら、出港までスケジュールが詰まっています。船のデッキから今のうちにバルセロナの景色を見ておきます。カメラを最大にズームしてやっとサグラダファミリアが見えるかどうかという感じです。冬なので、それでなくても肌寒いですがイマイチの天気です。

クルーズ船から見たバルセロナの街


15:30 旅行会社が実施する船内説明会へと出向きます。5台口なので大人数です。5人の添乗員の紹介、これからの船内生活やら今後の予定など必要な最低限の情報を共有されるので、初めてのクルーズの人でも心配がありません。

30分の説明会の後で部屋へ戻るとスーツケースが届いていました。なかなか手早いです。夜まで届かないとか、何か問題が疑われるものが入っていたりするとすぐには届かないので、乗ってすぐに必要そうなものは予め手荷物にする必要があります。

16:30 避難訓練へと向かいます。客船に乗ったら必ず行われるもので全員参加が義務です。部屋によって、ステーションと言われる一時避難場所が異なりますが、クルーズカードに記載されているので言葉通じなくても誘導されるようにできています。合図の汽笛が鳴ったら部屋を出ます。

ステーションに着いたら出欠チェックをして、放送で説明が入った後、救命胴衣のデモンストレーションを見て終わりです。船によっては部屋から救命胴衣を持って行って実際に着用するという事もありますが、ノルウェージャンの場合はさくっと簡単に、しかも座ったままで30分くらいで終了です。

ノルウェージャン・エピックの避難訓練の様子


17:30 ツアーで予約しているメインダイニング、マンハッタンに向かい夕食です。ノルウェージャンはフリースタイルなので、いつどこで食べてもいい自由度の高い船です。ですが、初日なのでツアーに付き合うことにしました。ツアーでは毎日同じ時間にテーブルを予約していて、来なかった人の分はテーブルを返却することになっています。

初日は、レストランの担当者も客も慣れていないのでとても時間がかかります。日本語メニューもあるし、添乗員にサポートを頼めば英語わからない人でも安心して日本人だけで食事できるという訳です。でも、日本語だけだと料理を正しく表現していない事もあるので英語読むのがオススメです。

前菜やメイン、そしてデザートまで、今日のメニューと毎日あるメニューなどがあります。1つずつじゃなくても、例えば前菜2つとか、メイン2つとか、好きなものを好きなだけ頼んで問題ありません。ドリンクは別払いで結構高く、ビールが小瓶で10ドルくらい。お水はサーブされます。

初日の私の一皿目は、スモークサーモンとクラブケーキ。これだとなんだかわかりませんが、こんな感じのが来ました。可もなく不可もなく、です。

ノルウェージャン・エピックの夕食前菜


メインはグリルシュリンプ。シュリンプなのでエビの大きさはこんなものです。前にもノルウェージャンに乗っているのでわかってはいますが、食事はそこそこおいしいですが、豪勢ではない、というのが結論です。

ノルウェージャン・エピックの夕食メイン


デザートにはブラウニーにバニラアイス追加してと頼んだら、ブラウニーとバニラアイスを持ってきました。まぁいいんですが、1スクープ足してくれれば良かったんだけど・・・。
初日だし、大テーブルだったせいで、デザート来る前に出港してしまい、船は動き出してしまいました。2時間半とたっぷり時間がかかりました。少しずつ慣れてきて早くはなるでしょうが、メインダイニングで日本人グループで食べるとこんなものです。

ノルウェージャン・エピックの湯蜀デザート


食後は、15Fのガーデンカフェまで行って、ビュッフェのメニューも確認、無料のドリンク(レモンスカッシュとかアイスティー)を持って部屋へと戻ります。

シャワーを浴びて早めに寝ます。今晩は時差調整があるので1時間時計を戻します(カメラも忘れずに)。


2016/01/25 (3日目)

今日は終日航海日です。船での私の生活にはある程度決まりパターンがあります。まず日の出を見に行くことからスターとです。残念ながら曇りの模様、大海原から昇る太陽を見ることは叶いませんでした。毎日の船内新聞に日の出日の入りの時間が書かれているのでその時間にはできるだけ見に行くことにします。

クルーズ船から見る地平線と見えない朝日


朝は、デッキ5にあるライブラリーにも立ち寄ります。今日の数独をもらいにいくためです。私には簡単すぎる問題でつまらないものですが、これが朝のお散歩ということです。

ノルウェージャン・エピックのライブラリー


8:00過ぎ、デッキ15のガーデンカフェで朝食です。基本的に朝食はどこで食べても同じです。だったら、目で実物を見て量を微調整できるビュッフェ形式が一番です。ノルウェージャンのベーグルやスコーンは私の大好物です。好きなものを挟んだり、添えたりできます。初日なので、自分の好みを見つけるためいろいろ試します。船首にある有料レストランが朝は席だけ解放しているので落ち着いて食べられます。

ノルウェージャン・エピックの朝食


食後、昨日探検し損ねたブリッジビューイングルームへと向かいます。
デッキ13の客室の先、船首になります。船の情報やらが展示されていて、後はブリッジが見える、というものです。この船では一般客はブリッジの見学はできないようです。

ノルウェージャン・エピックのブリッジビューイングルーム


この日は旅行会社による船内ツアーが実施されていましたが、昨日あらかた自分たちで探検したので、参加しません。昨日はやっていなかったショップなどを見て周り、デッキに出ます。まだ気温が寒いので、ジャグジーも不人気です。ジャグジー自体は暖かめですが、外出たら風邪引きそうです。

ノルウェージャン・エピックのジャグジー


後は船内のイベントなどを見て周ったりします。こちらはアトリウムで行われている寿司と鉄板焼きのデモンストレーション(兼有料レストランの紹介)です。日本式とは言い難い巻き寿司ができあがります。海苔なし巻物の上に練りワサビをまるでホイップのように・・・。仕上げにパセリ載せて出来上がり、パチパチパチ・・・。鉄板焼きは調理用具裁きをご披露。暇つぶしにはなりました。

お寿司と鉄板焼きの紹介イベント


午後も適当に休憩しながらプラプラと船内を探索します。スペイン沿岸を通っていますが、昼過ぎてもたまに少しの晴れ間があるくらいで寒いです。なのでプールサイドは人が少ないです。ちなみに陸が近いと携帯の電波は入ります。

寒い海域でのプールサイド


こちらはサンバダンスクラス、夜ダンスのショーをするプロが指導してくれますが、参加者が多いわりにスペースが狭すぎです。こうした無料のイベントがいろいろあり、興味に合わせて参加することができます。

ノルウェージャン・エピックのダンスレッスン


ちょっと遅めのランチです。24時間レストランである、オーシーハンズで、サラダとバッファローウィング、バーガーとチップスを2人でシェアします。この24時間レストランは他のノルウェージャンにも同じものがあります。バッファローウィングとハンバーガーはオススメです。

オーシーハンズのバーガーなど


旅行会社の説明会に参加して、今後の寄港地の予定を聞きます。その後は添乗員によるフランス語とアラビア語講座が始まったので離席しますが、その際、明日のタンジェ観光には参加しないと添乗員に言ったら、離団書にサインさせられました。今までこうした事、もしくはもっと大胆な離団でも離団書書かされた事はなかったので、ちょっとびっくりしました。船から出ませんって言っても書かされるのかな?

後は、明日の観光の予習をしたり、ショーの予約をしたりと今のうちにすべきことを片づけます。
ショーは何種類かを何回ずつかやっていて同じのに何回も行くこともできますが、この船では、毎日違う何かが見れるわけではありません。予約はすぐに埋まるので、早めにした方がいいです。

17:10過ぎ、サンセットを見ようと15階デッキに上がりますが、やはり曇りで見れませんでした。

17:30 今日の夕食もツアー席に行きます。既に自分たちのチームだけでも10人ほどは来ていませんでした。この海域だとクルーズ慣れしている参加者も多いようです。
前菜に寿司があったので頼んでみました。ちゃんとした寿司飯になっていますが、フォークで寿司を食べるって難しいです。

ノルウェージャン・エピックの夕食前菜の寿司


今日も時間がかかる食事を終えたら、15階へと上がります(階段で!)。
今日はシーフードビュッフェでした。こっちに来れば良かった!ということでちょっとだけ頂くことに。エビもプリプリ、ムール貝もおいしい。ビュッフェも日によってテーマがあるので、要チェックです。

シーフードビュッフェ


部屋へ戻ると午後の清掃が済んで明日の船内新聞が置いてあります。日本語版を入れてくれるのはいいのですが、たまに間違いがあります。部屋の担当に、英語版も入れてとお願いをしておきます。

少し休憩してから旅行会社が予約したショーへ行きます。20:45の開場に合わせてシアターへ下りたら、長蛇の列でびっくり。いい席に座りたければかなり早くいかないとダメみたいです。
21:30開演のショー、ダンステクニックがすごいです。競技ダンス界の立派な受賞歴を持つ12名のダンサーが主な出演者で、旅行会社からストーリーを書いたものが配られていたので内容もわかりやすかったです。写真ビデオ撮影は禁止です。

次回は最初の寄港地タンジェをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR