ドイツ・ミュンヘン空港内クリスマスマーケット

今回から「ドイツ・オーストリア6つのクリスマスマーケット6日間」の旅レポートスタートです。その前に未報告のヨーロッパ旅行に2本行っていますが、ただでさえ季節感のないブログなので今回は順序を入れ替えます。阪急交通社の現地係員対応ツアーに旅ともさんと参加、旅費は燃油諸税込で12万7千円弱です。

さて、この旅行ですが、出発前日にいきなり一波乱ありました。利用するルフトハンザがストで欠航の可能性が高いと連絡があったのです。11月に1週間に渡るストライキを実行したばかりなのに、またやるの?それもこんなショートノーティスってありですか?欠航になったら、旅行会社は何とかして振替便を探すというので、行けなくなることはなさそうです。夜にはスト回避の
発表があったので、結果、空騒ぎ、情報に振り回された一日になりました。

2015/11/26 (1日目)

12:50 LH-0715便、羽田発ミュンヘン行で出発。搭乗レポートはこちら
16:45 ミュンヘン到着です。イミグレも少しは厳しくなっているかと思いきや、並ぶこともなく、何も聞かれずポンとスタンプを押され、スムーズに入国でき拍子抜けです。ターンテーブルに着くとプライオリティ扱いだった荷物が既に回っていました。さすがドイツです。

税関を抜けて出口を出ますが、待っているはずの現地係員がいません。ツアー名などを書いたボードを持っているはずなのですが、いくら探してもいないのです。日本人女性がいたので、確認するとその方が現地係員でした。不慣れな方らしく、今回44人なんです、どうしよう、皆さんどうやって来られます?と明らかにテンパった状態で、こちらが面喰いました。

その後続々出てきたツアーの人達、この係員どうしても人数数えられず、こちらが気を利かして4列に並んでみたりと先が思いやられます。そして数えてみたら2人足りないことがわかりました。一旦、17:45集合となったので、皆出口付近にあるスーパーで買い物などをします。

機内で体調不良になった若い女性が車椅子で出てきて、やっと人数が揃い、いったんスーツケースをバスに預けに行きます。

18:00 まずは1つ目のクリスマスマーケット、ミュンヘン空港のクリスマスマーケットへと案内されます。ここで30分のフリータイムです。あれ、日程表上は1時間なんだけど・・・。まぁ、小さなクリスマスマーケットだし、空港だから他にいく所もないのでよしとしましょう。

ミュンヘン空港クリスマスマーケット全景


クリスマスマーケットはクリスマスイブまでの約4週間のアドベントの期間に行われるので、まさにシーズン始まったばかりです。最近は宗教的イベントというより観光地では観光化しているとも言えるので、アドベントの前後も開催していて、寒くて暗い冬に観光客を呼び込むイベントにもなっています。

ミュンヘン空港内クリスマスマーケット空港建物側入口


クリスマスマーケットはいくつもの屋台が広場に並びますが、王道なのはクリスマス用の飾りなどを売るお店です。綺麗に並べられると見るだけでもほんわかした気分になれます。ちなみに、私達はクリスマスマーケットのツアーに参加していますが、クリスマスマーケット自体にはほとんど興味がありません。雰囲気だけ楽しんで、後は観光に時間を割くのが目的です。

クリスマスマーケットの屋台の定番


とは言え、空港には観光スポットなんてないので、この初日の夜だけはクリスマスマーケットの雰囲気を味わうことに注力するしかありません。空港のクリスマスマーケットだけあって、スーツケースを引きずった人も多く見られます。

通路にゆとりがあるクリスマスマーケット


規模の小さなクリスマスマーケットでお店の数があまりないので、あまり競合した店はないようです。こちらの飾り物は遠目に見てもキラキラしていて、いかにもクリスマスマーケットの屋台、という感じです。

クリスマスオーナメントのお店


キラキラして見えたのでガラス造りのものかと思いきや、意外にも木造りの暖かみある飾りなどでした。自宅にツリーがあったら、ちょっと欲しくなったかも知れませんね。

木造のクリスマスグッズ


こちらには食べ物の屋台が並んでいます。ソーセージなどはもちろん、クッキーとかクリスマスっぽいお菓子もあります。機内食を食べた後なので、お腹は空いてなく、見るだけ、です。

クリスマスマーケットの食べ物屋台


広場の中央にはアイススケートリンクが出来ています。そこそこ広さのあるリンクで、子供たちが楽しそうに滑っています。背景に見えているのは、空港の建物で、まさにチェックインカウンターなどが並んでいる場所です。

ミュンヘン空港内クリスマスマーケットのアイススケートリンク


広場を囲むスロープに上ってみました。ここなら屋根付きだし、空港を利用する人などが立ち寄るにはもってこいの場所です。こうしてクリスマスマーケットの明かりや喧騒がなければ寂しい空間になってしまうことでしょう。

クリスマスマーケットを上から


上から見ると、一区画だけ明かりがありません。飲食店用のエリアのようです。今年のアドベントは本当は11/29からだし、まだ準備が出来てなくて出店営業してないのかも知れません。

ミュンヘン空港内クリスマスマーケットの端っこ


時間がちょっとだけ余ったので、この広場脇にあるEDEKAというスーパーマーケットに行ってみました。税関後の出口付近にも同じスーパーの小さな店がありますが、広場挟んだ方の店は品揃えも多く、値段も安いです。このスーパー空港にあっても、値段は安い方だと思います。

18:30 集合し、18:40 バスで空港を後にします。

19:20 アジミュートシティイーストという今回4連泊するホテルに到着です(写真は後日撮影)。周辺はまったく何もなく、少し歩いた所にイタリアンの店があるだけ、最寄駅まで徒歩で25分もかかる辺鄙な所にあるホテルです。

ミュンヘンのアジミュートシティイースト外観


徒歩10分内にスーパーなど商店もないので、ホテルのフロント前ではサンドイッチなどを売っています。

アジミュートシティイーストフロント周り


解散前に、44人の人数はやっぱり数えられないということで、班を作ることになりました。初めて顔合わせている客に対して、1班に入る人?、とか変な募り方です。顔覚えなくちゃいけないんだから近くの人達をまとめるとか、そういう考えもないみたい。要領とか効率があまりに悪くイラついて仕切りだす客も出てくる始末です。

部屋の設備はまぁまぁ、たまたま当たった部屋が変な形で、一瞬ベッドがないと焦りました。広めの部屋には、空の冷蔵庫有、ドイツらしくベッドは狭いタイプです。

アジミュートシティイーストの部屋


Wi-Fiは一定条件(スピード、容量)で無料、部屋番号とラストネームを入力する方式ですが、繋がらないのでフロントで聞くと、登録上、旅ともさんと私のラストネームを/で区切ったものになっていました。ありがちな話です。

2015/11/27 (2日目)

平日の朝食は6:30から(土日は7:00)、種類は結構あります。日によって多少変わりますが、最初の日は、こんな感じ。生ハム、カプレーゼ、もちろんソーセージなど。そして朝からアップルパイやチーズケーキなども並んでいます。このケーキがなかなかおいしいです。

アジミュートシティイーストの朝食


次回はニュルンベルクをレポートします♪

ドイツ・ニュルンベルク①

2015/11/27 (2日目) 続き

8:00 ミュンヘンのホテルを出発します。この時間になってやっと明るくなる感じです。
ニュルンベルクまでの道は快適ですが、車窓は霧に包まれています。途中でトイレ休憩、ドイツのトイレは有料が多く、例えば70セントで、50セントの券が出てきます。併設されているお店は高めなので、この券はまとめて(同じ系列or複数人分)使うのがポイントです。

10:30 ニュルンベルクの駅が車窓に見えます。なかなか立派な駅です。
旧市街を囲む城壁沿いの外側をカイザーベルクの裏側の駐車場まで移動します。写真撮れませんでしたが、城壁を外側から見る風景も素敵です。思っていた以上に城壁の残っている町です。

ニュルンベルク中央駅


10:40 ニュルンベルクのカイザーブルク裏のパーキングに到着です。
ここから歩いて観光、この辺りはかなり高い城壁です。旧市街の北端にあたり、城は高台にあります。

裏から見たカイザーブルク


お城の隣の建物は、DJH Jugendherberge Nürnberg、ユースホステルになっています。外観は古城ホテル、立地も抜群だし、一泊してゆっくり町を楽しめたら素晴らしいでしょう。

カイザーブルクとなりのユースホステル


さて、現地係員の先導でまずはミニ観光です。城への裏門のような所から城壁内に入り、城の展望テラスへと出ます。ここは旧市街の中で高台なので、素晴らしい景色を眺めることができます。天気がイマイチなのが残念ですが、これはこれでちょっと幻想的な感じです。塔の少ないプラハのようです。とても第二次世界大戦で約9割が破壊された町には見えません。

カイザーブルクのテラスからのニュルンベルク旧市街の眺め


テラスの先にはカイザーブルク、12世紀を起源とするお城です。内部の見学はガイドツアーだけだそうなので、今回の訪問中は無理です。

カイザーブルク


お城のテラスから下って来ました。町の内側から見たらお城はこんな感じです。神聖ローマ帝国の皇帝の居城でした。下々の目線で見ると特に素敵に見えます。

カイザーブルク敷地下からの眺め


ここからブルク通りを下って、中央広場の方へ出るようです。この町の中で、このカイザーブルク周辺は高台になっていて、坂を上らなければならないため、解散の後でもう一度この坂を上がるのは大変そうだし、そんな時間もなさそうです。

ニュルンベルクのブルク通り


という事で、こっそりグループを離れ(旅ともさんには中央広場までに追いつくと耳打ちして)、一人西へと走ります。目指すはデューラーハウスです。私は芸術に疎いので、デューラーなる画家を知りませんが、観光スポットの1つなのでついでに見ておきたいと思ったのです。お蔭で素敵な通りを歩けました。

オーベレ・シュミードガッセ


城壁沿い、門のあるティアゲルトナー広場(Tiergärtnerplatz)に出ます。ヒトラーがニュルンベルクを最もドイツらしい町として気に入っていたと言いますが、私も気に入りました。木組みの家に、城壁、塔門、中世らしさが漂うすごく好みのエリアです。

ティアゲルトナー広場


上の写真の左端にもちらっと写っていますが、写真中央、城壁沿いの角の家が、アルブレヒト・デューラーの家、ドイツらしい木組みの大きな家です。内部にはあまり興味がないし、グループを見失わないようにしなければなりませんので、先を急ぎます。

デューラーの家


ゆるやかなアルブレヒト・デューラー通りを中央広場方面目指し急ぎ足で歩きます。やさしい色合いの家並みが素敵です。

アルブレヒト・デューラー通り


聖ゼーバルドゥス教会を周りこむように中央広場を目指します。この教会は、ニュルンベルクで最も古い13世紀の建築だそうです。巨大な教会なのでとても気になりますが、中に立ち寄る時間がないのが残念です。

聖ゼーバルドゥス教会


ギリギリ、中央広場に差し掛かる辺りで、グループの最後尾を視認してやっと歩調を緩めます。
ふと振り返ると、この白い建物、角の小さな塔のような部分、かわいい顔になってますね。

ニュルンベルクのかわいい建物


中央広場(ハウプトマルクト)には、世界一有名なクリスマスマーケットと言われるクリスマスマーケットが既に開かれています。屋台ひしめくこの中に入り込まれたら、危うくグループを見つけられない所でした。写真の小屋、とてもかわいいですね。

ニュルンベルクのクリスマスマーケット


広場にびっしりと設置された屋台は200近くあるらしいです。おもちゃの町としても有名らしく、木工品も多く見られます。かわいい木組みの家のミニチュア、並べて町を造りたくなりそうですね。

木組みのミニチュアハウスを売る屋台


こちらはフラウエン教会前あたりにあるクリッペ。キリスト生誕のシーンを現したジオラマのようなものです。各町のクリスマスマーケットや、教会内に作られますが、手の込み方がそれぞれで見比べるのも楽しいです。

ニュルンベルククリスマスマーケットのクリッペ


11:10 ここでクリスマスマーケットを楽しむフリータイムです。

次回はニュルンベルクの続きをレポートします♪

ドイツ・ニュルンベルク②

2015/11/27 (2日目) 続き

11:10 中央広場(ハウプトマルクト)のフラウエン教会前で解散、12:00集合のフリータイムとなりました。各自クリスマスマーケットを楽しむ時間ですが、私たちはクリスマスマーケットに見向きもせず、広場を出て、町の南へと向かいます。クリスマスマーケットは中央広場以外、町のあちこちが会場になっています。写真はケーニヒ通りへ入る所です。

ニュルンベルクのケーニヒ通りへ


ペグニッツ川を渡ります。見えているのは隣の橋、フライシュ橋(肉屋の橋)です。

フライシュ橋(肉屋の橋)とペグニッツ川


ケーニヒ通りを歩いていくと、途中でニュルンベルクの見所のひとつ聖ローレンツ教会があります。ガイドブックを見たら日曜は13:00からというのを見間違え、内部見学を諦め、さらに南へと進みます。ケーニヒ通りで北を振り返った写真、奥にに見える塔が、聖ローレンツ教会の塔です。素敵な町並みです。

ケーニヒ通りの街並み


ケーニヒ通りをそのまま歩くと旧市街の南端に着きます。正面の塔、フラウエントーア塔のあたりに職人広場という職人の家を再現した広場があるそうで、ちょっと興味があったのですが、時間を気にしてこの辺りで踵を返すことにしました。

旧市街南端フラウエントーア塔


聖ローレンツ教会へ戻ると、中へ入っていく人が見えたので、内部を見学します。日曜でもないのに、何故日曜の時間の所を見てしまったのだろう。1270年から200年かけて建築されたゴシック建築の立派な教会です。必見は、この天井からぶら下がっているファイト・シュトース作の受胎告知の丸いレリーフや、聖体安置塔を支える作者の像(写真左下)、ステンドグラスなどです。

聖ローレンツ教会内部


聖ローレンツ教会を見た後は教会正面に伸びるカロリーネン通りへと方向を変え、ここで旅ともさんとそれぞれ買い物をさくっと済ませます。通りの前方に見えているのはヴァイセ・トゥルムという塔です。白い塔という意味ですが、白くない・・・。

カロリーネン通りとヴァイセ・トゥルム


ヴァイセ・トゥルムまで行かずに途中で道を曲がり、ペグニッツ川にかかる木造の橋、ヘンカー・シュテーク(死刑執行役人の橋)へとやって来ました。写真はその先のマックス橋から撮ったものです。川の中洲にかかる橋で、写真にはあまり写っていませんが、右側はまさに木造、ルツェルンの橋に似た感じです。

木造の橋ヘンカー・シュテーク


マックス橋から反対方向も素敵です。次の橋は教会のようにも見える建物ではなくて、その手前にうっすらと見えるケッテン橋(鎖橋)です。後一歩足を延ばしたい場所がたくさんある町です。とにかくこの周辺はとても雰囲気がよく、景色のきれいな場所です。

マックス橋から西を見た風景


それでは木造の橋ヘンカー・シュテークを渡ります。
川沿いの家並みも素敵です。

ヘンカー・シュテークを渡る


中洲の中を通り、北へ抜け、再びペグニッツ川を渡ります。川には多くの橋が架かっていますが、どれも素敵な景色を伴っています。川も静かな流れで、川面には川べりの家並みが映るほどです。

ペグニッツ川の風景


残り時間が少ないので、中央広場へ戻ります。残念だったのは、広場にある「美しの泉」が修復中だったことです。この泉の噴水の上に建てられた14世紀の塔も写真で見ると美しいものですが、周りの柵に付けられた黄金のリングを3回まわすと願いが叶うと言われているのです。

ハウプトマルクトと修復中の美しの泉


ここで旅ともさんに、ニュルンベルク名物のソーセージを買いに走ってもらい、私はフラウエン教会内部を見に行きます。カール4世の金印勅書公布を記念して建設されフラウエン教会はまさにゴシック建築、外観だけでも見ごたえがあります。

フラウエン教会とニュルンベルクのクリスマスマーケット


フラウエン教会内部です。奥行はあまりないのですが、雰囲気は聖ローレンツ教会の内陣あたりと似ています。外のクリスマスマーケットの喧騒が嘘のような静かな空間です。

ニュルンベルクのフラウエン教会


教会を出るとちょうど集合時間5分前です。ちょびっとだけクリスマスマーケットを覗きます。
やっぱり夜の方が雰囲気があっていいのではないでしょうかね・・・。

ニュルンベルクのクリスマスマーケット


旅ともさんが買ってきてくれたニュルンベルクソーセージを食べながら12:00を待ちます。
炭火で焼いた小さめのソーセージ3本をパンに挟んだもの(2.5ユーロ)、パンがかりっと、もちっとしているタイプでソーセージと合いとてもおいしかったです。

ニュルンベルクソーセージ


次回は続きからレーゲンスブルクをレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR