スペイン・バルセロナ~アンドラ・ラ・ベリャ

今回から約半年前に行ったヨーロッパの旅レポートスタートです。
クラブツーリズムの「手つかずの自然ピレネー山脈とスペイン・フランスの美食バスク10日間
」のツアーに旅ともさんと参加、旅費は燃油諸税込で一人約24万5千円です。29PAX。


2015/10/07 (1日目)

21:20 TK-0053便、成田発イスタンブール行にて出発です。搭乗レポートはこちら

2015/10/08 (2日目)

3:10 イスタンブール着、6:30集合の解散となったので、いつも通り自分達で搭乗時間にゲートへ行くと申告してからCIPラウンジに向かい、シャワー浴びたり朝からケーキ食べたりとまったりと過ごします。

8:35 TK-1853便、イスタンブール発バルセロナ行で移動です。
11:25 バルセロナ到着です。
12:35 バスにて空港を出発、今回はバルセロナは素通りですが、また3か月後に来る予定です。

バルセロナ


車内では添乗員が地図を配って今回のツアーの行程を詳しく説明してくれます。どこでどれくらい時間かかるとか、ランチの時間がどれくらいになりそうとか、私達のような隙があれば自由に行動しようとしている人にも有難い情報も多いです。
モンセラットの近くを通ります。崖の真ん中あたりにある修道院もなんとか見えます。

車窓で見るモンセラット


モンセラット(モンセラート)はキリスト教の聖地、ツアーだとバルセロナの半日自由行動でOPになっていることも多い場所ですが、私は何度もバルセロナに来ているのに一度も行ったことがありません。結構長い間車内から見えているので、じっくりと眺め、いつか来る時もこんな天気だったらなと空想します。

モンセラット


14:25 長いトンネルを抜けた先の休憩スポットでトイレ休憩に立ち寄ります。トイレと売店、カフェテリアがあるくらいですが、ゲレンデがすぐ近くにあるらしく、レンタルスキー設備などがありました。

バルセロナからアンドラの間で一度休憩


今回のツアー、ミニハイキングが3回組み込まれていますが、1か所はシーズンオフに入りリフトが運休していて途中までしか行けない場所があります。それなのに何故この日程を選んだかと言うと、暑い中ハイキング嫌というのと、紅葉を期待してのことでした。さっそく見事な紅葉が見れてちょっと期待が高まります。ちなみに気温は20℃はないくらいだと思います。

休憩スポットで見た紅葉


14:50 再びバスに乗り一路アンドラへと向かいます。バスは川沿いを走るので、風景がとてもきれいです。ヨーロッパの場合、黄葉と言えばいいですかね、黄色く色付いた木々がぽつぽつ見られます。

ピレネーの景色


15:30 スペインからアンドラ公国へと国境を通過します。一応ゲートがあって、一時停止くらいの感覚で進みますが、特に手続きはありません。アンドラは言わずと知れた小国、国境から20分ほどで首都アンドラ・ラ・ベリャの中心部に入ってきました。山に囲まれていますが、近代的な街並みです。

アンドラ公国の首都アンドラ・ラ・ベリャ


15:55 アンドラ・ラ・ベリャのホテル、アンドラセンターに到着です。旧市街の中心近くで立地はかなり良いと言っていいでしょう。チェックインにパスポートが必要です。

アンドラセンター


部屋は少し広めで使いやすいタイプです。冷蔵庫の飲物無料(水2本とジュース2本)、アメニティとして歯ブラシもありますがこれも無料。Wi-Fi無料(パスワードはフロントで)。

アンドラセンターの部屋


17:00集合で添乗員が町の案内を片道だけするということですが、地図ももらったし自分達で先に行きますと16:25ホテルを出ます。空港も鉄道もない小さな国の首都、首都と言ってもそう大きくないので、すぐそこに山が見え、中低層の建物が並ぶちょっとした山岳リゾートのような感じです。

アンドラセンターの前


まずはすぐ近くのサン・エステバ教会へと向かいます。ホテルからせいぜい100mあるかないかの距離です。町はちょっとごちゃごちゃした感じもありますが、品があるように見えます。特に古い町並みでもなく、また新しすぎる町並みでもありません。

アンドラ・ラ・ベリャの旧市街近く


旧市街の一角に建つサン・エステバ教会です。一部は石造りの素敵な教会です。中は割とシンプルで装飾もほとんどないので、外観が売りの教会と言えます。

サン・エステバ教会


サン・エステバ教会の脇の道から旧市街を散策します。石畳の入り組んだ狭い道、ここだけ別世界のようです。

アンドラ・ラ・ベリャ旧市街


小さな旧市街の小さな広場、かわいらしいオブジェが置かれています。静かな空間です。

アンドラ・ラ・ベリャ旧市街の中の小さな広場


素敵な小路を進むと、こちらは古そうな水場。旧市街付近にはこうした古い水場がいくつか残されているようです。旧市街の中は小さなお店が多いです。

アンドラ・ラ・ベリャ旧市街の古い水場


次回は続きをレポートします♪

アンドラ・アンドララベリャ①

2015/10/08 (2日目) 続き

アンドラ・ラ・ベリャ旧市街を奥へと入っていくと見晴しのいい広場に突き当たります。
背中を向いても山、なのに目の前にも山、ピレネーの山の中の小さな首都だということがよくわかります。ここは旧市街南の突き当りで、眺めのいいテラスになっています。

カサ・デ・ラ・バル前の広場


旧市街は高台になっているので、テラスからは新市街を見下ろす事ができます。高さの揃った近代的な建物がぎっしりです。この広場の脇には、エレベータが設置されていて、下と行き来ができるようになっています。人型のオブジェがいくつも立っているのが見え、変にモダンな部分があるのが何だかおかしいです。

カサ・デ・ラ・バル前の広場から見た新市街


そしてこの広場の前に建つのが、石造りの素敵な建物、カサ・デ・ラ・バルです。
後で調べたら、1580年建立の建物で、世界最古にして最小の国会議事堂だそうです。内部は見学できるようでしたが、予約制でツアーのみのようです。

カサ・デ・ラ・バル


他にはこれと言って観光スポットがないアンドラ・ラ・ベリャ、特にプランもなく歩くことにします。カサ・デ・ラ・バルの向こうに城壁っぽいものが見えたので、階段を上ってみます。特に何があるという訳ではなく、ちょっと高台から景色が見えるというだけでした。カサ・デ・ラ・バルの裏側には塔のようなものがあります。こうして見ると山に囲まれている感が更に増します。

カサ・デ・ラ・バル裏手の高台からの景色


旧市街には他に見るべきものもなさそうなので、サン・エステバ教会の所まで戻ります。教会の隣には、市庁舎があります。茶色く四角い建物で、市庁舎というより、図書館か銀行とかそんな感じに見えます。

アンドラ・ラ・ベリャ市庁舎


良く見ると市庁舎の壁、ピンクのハイヒールがたくさんついています。
時々訳の分からないアートを感じる、それがアンドラ・ラ・ベリャに対して私に植え付けられたイメージになりました。

市庁舎の壁にピンクのハイヒール


市庁舎からは町のメインストリート、メリチェル通り(Av. Merixell)を歩きます。
振り返ってサン・エステバ教会方面、この一角は旧市街の入口みたいな所なので、少し古い感じの町並みです。ホテル(アンドラセンター)はこの先100mほどの所です。

メリチェル通り旧市街入口付近


メリチェル通りは川の方面へとなだらかに下っています。アンドラと言えばタックス・ヘイブンの国として有名なので、この通り沿いは空港にあるような免税店のようなお店がずらずらと並んでいます。

アンドラ・ラ・ベリャのメインストリート、メリチェル通り


そのままメリチェル通りを下っていくと、ピレネーという総合デパートがあるので立ち寄ります。文字通り何でも売っていますが、表示上の2階へ行くと大きなスーパーが入っています。20:00まで開いていて、品揃え豊富ですが、他のスーパーに比べるとちょっとお値段お高めです。

アンドラ・ラ・ベリャの総合デパートピレネー


坂を下りきるとそこは川の上、ロトンダ広場という町の中心部につきます。
広場とも橋とも感じないような場所なので、どこがロトンダ広場?と一瞬探してしまいます。
ちなみに、日向は暑く、日蔭は肌寒いという感じなので、半袖からダウンの人までいろんな格好の人が歩いています。

ロトンダ広場


広場には印象的な不思議なオブジェが・・・。何を表現しているのかさっぱりわかりません。
ひとつ先にはカーブした変わった形のパリ橋がかかっているのも見えます。中途半端にアートな町です。

ロトンダ広場のオブジェ


そのままメリチェル通りを進むと、大きなスーパーマーケットUがあります。消費税がないといっても物価はそれほど安くないです。でも、こちらのスーパーは2点買うと2点目は半額とかそんな安売りなどもしていて、ピレネーのスーパーよりは安く食品など買うにはオススメです。

アンドラ・ラ・ベリャのスーパーU


もらった地図の範囲である、メリチェル通りの外れまで歩きます。道沿いはお店だらけです。
地図は表はガイドブックと同じ日本語の地図でしたが、裏は恐らく公用語であるカタルーニャ語の地図で、いくつかのマークがあったので、そのマークが指すものを確認するといった目的ができました。

ショッピングストリート、メリチェル通り


メリチェル通りの最後まで行ったら、バリラ通りを北上します。その道にも大きなショッピングセンターがあってスーパーも入っていました。小さな町なのに、どれだけ消費の需要があるのか、大規模商業施設がいっぱいあるのにはびっくりです。

アンドラはショッピングセンターがたくさん


地図上の少ないマークを追って、Unio交差点に行ってみました。なんてことはない、大きな交差点の真ん中にまた不思議なオブジェがあっただけでした。恐らく見所ですよというマークなんですが、この町は観光じゃなくて買い物をする町らしいと言う事がよくわかりました。

アンドラ・ラ・ベリャ町角のオブジェ


今度は教会マークを目指しますが、分かりにくい所にあり、普通の素朴な教会でちょっとがっかり・・・。スーパーUを通り、曲がった橋、パリ橋を渡ってメリチェル通りに戻ります。

次回は続き、夜の旧市街などをレポートします♪

アンドラ・アンドララベリャ②

2015/10/08 (2日目) 続き

メリチェル通りをまっすぐ上がればホテルのすぐ近くに出ますが、帰る前にもう一か所寄ってみたい場所があります。地図上の教会マークの場所ですが、どうやら高台にあるようでこの階段をまずは上らなくてはなりません。この先も階段が続いていて、一気に上るのには見栄を張る必要があります。

アンドラ・ラ・ベリャ町中の階段


階段を上りきると上の道に出て、さらになだらかな坂道を上がっていくとこれかな?とお思しき小さな古い石造りの教会が建っています。現地に建っていた簡単な説明書きによると、聖アンドレ教会(Sant Andreu)、11世紀からのロマネスクの教会です。鍵がかかっていて入れませんが、小さな隙間から覗いてみると壁にはフレスコ画がある模様です。残念ながら暗くてはっきりわかりませんでした。

アンドラの聖アンドレ教会


かわいらしい小さな古い教会だったので中が見れなくてちょっと残念でした。でも、そもそも高台にあるので教会の近くからはアンドラ・ラ・ベリャの新市街の町並みが一望できます。ちょうど日も暮れ、いい雰囲気になってきました。キレイに高さの揃ったグレー系の屋根、ここから見えているほとんどの建物がお店だとは思えないほど整然としていて美しい町並みです。

聖アンドレ教会近くの高台から見たアンドラ・ラ・ベリャの町並み


そろそろ足も歩き疲れて痛くなってきたので、ホテルに帰ろうと思います。途中までは上ってきたなだらかな坂道を下ります。この辺りは高級住宅街、というか別荘地のように見えます。
基本的に横断歩道のある所など信号がない場合は人優先が徹底されていて好感が持てる町です。

アンドラ・ラ・ベリャの高台にある高級住宅街


そのまま道を下り、メリチェル通りに合流すると、先ほど通った時には見逃した地図上の最後のマークを確認します。どうやら、この十字架がそのマークの元のようです。側のプレートによると16世紀の十字架だそうです。町中には観光スポットらしきものは本当に少ないのだとよくわかりました。

アンドラ・ラ・ベリャの街中にある見落としそうな古い十字架


19:20 ホテルアンドラセンターに帰着し一休憩します。
20:00 ホテルのレストランで夕食です。ビュッフェでいろいろありますが、海鮮スープが具もたっぷりでとてもおいしかったです。

アンドラセンターの夕食バイキング


20:40 夕食を食べ終わったらそのまま旧市街の夜の散策へと出かけます。旧市街の小路は裸電球がぶら下がっているだけなのに妙に雰囲気があります。

夜のアンドラ旧市街


BAR以外のお店は閉まっていて静かな時間、カサ・デ・ラ・バルの前まで来ました。
明るい時に見た景色とは全く違う景色、よく見ると山の中腹にもいくつかの集落があるようです。ちなみに妙な人型オブジェはカラフルに点灯していました。

アンドラ旧市街から見たアンドラの夜景


カサ・デ・ラ・バルも幻想的なライトアップに照らされています。町をいろいろ歩き回ってみて、このカサ・デ・ラ・バルとサン・エステバ教会が主な観光スポットというのも頷けました。観光よりショッピングで訪れる町で、実際観光で来る人は少ないようです。

ライトアップされたカサ・デ・ラ・バル


しかし夜の旧市街の雰囲気は何があるわけではないのに、ぐっと来るものがあります。
きれいで安全、観光客もほとんど歩いていない穴場の場所、昼間来るよりもいいかも知れません。

良い雰囲気のアンドラ・ラ・ベリャ旧市街夜景


小さな広場のオブジェクトも先ほど見た時とはまるで違うものに見えました。

夜のアンドラ・ラ・ベリャ旧市街の広場


サン・エステバ教会の脇に出ます。こちらの入口からも入れますが、この夜はコンサート会場として使われていたようでした。

夜のサン・エステバ教会の脇入口


夜のサン・エステバ教会、実は古そうな塔のある方面の方へ回ってみると全然違う建物に見えます。写真的にイマイチだったので、入口側の写真を採用しました。夜の撮影はテクニックのない人には難しいのです。

夜のサン・エステバ教会


サン・エステバ教会の近くに先ほどは見過ごしてしまった遺構のようなものが見えました。
この辺りは確かに古くから町があったようです。

サン・エステバ教会前にある遺構


夜の市庁舎、私にはこの建物がアンドラ・ラ・ベリャを代表する建物に見えました。ちょっとだけ古い要素の中に、妙なアートがある不思議な町なのです。この後、町中にあった地図のマークを辿ってみたらそれは水場でした。あちこちに水場が残っています。

夜のアンドラ・ラ・ベリャ市庁舎


水場周りをしたらシアターの方を周ってホテルへと戻ります。夜は1枚上着が必要な気温です。
アンドラ・ラ・ベリャは一度は来たかった場所ですが、一度来れば十分かなという町でした。

次回はアンドラ~ボイ村をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR