FC2ブログ

アンドラ~スペイン・ボイ村

2015/10/09 (3日目)

7:00 アンドラセンターの朝食、ビュッフェなんですが、なんとスパークリングワインのボトルまで置いてありました。せっかくなので朝から一杯頂きます。アンドラの首都は標高約1400m、朝は10℃を下回り、上着が必須という気温です。

8:15 バスでホテルを出発し、スペインの世界遺産に登録されているボイ渓谷へと移動します。
数分走った所で車窓には円柱の鐘楼が特徴的な教会が見えます。アンドラの少ない観光スポットとして紹介されているサンタ・コロマ教会です。これから行くボイ渓谷でロマネスク教会を見ますが、ここのは塔が円柱というのが珍しいです。

アンドラのサンタ・コロマ教会


昨日と同じ道を通り、スペインとの国境まで走り、8:35 スペインに入国します。アンドラ入国時には一時停止のみでしたが、ここではトランクチェックがありました。違法な移民などが入って来ないかチェックしているのでしょうか。

その後は峠越えになります。緑いっぱいのピレネーの景色、今日もいい天気になりそうです。

アンドラからボイ渓谷への道の車窓風景


時々、周りの山の上に小さな集落が見えます。アニメの舞台になりそうな天空の村といった感じでとても素敵です。

スペイン北部ピレネー山間の村


9:40 峠を越えて下り途中、Sortの町の手前にある高台の休憩スポットでトイレ休憩です。トイレチップ50セント(もしくはお店で何か買う)。

ソルト手前の休憩スポット


なかなかの見晴で、ちょっと気分が悪くなりかけていたのですが、気持ちのいい空気とこの景色ですっきりします。

ソルト近郊の景色


トイレの窓から見た景色もこの通り。なんとなくモロッコ南部のオアシスの景色にちょっと似たものがあり私の好みの風景です。

ソルト近郊の美しい景色


10:05 再び出発し、また峠越えです。長いドライブですが、時々見える小さな町や村の景色は
見逃すにはおしいものがあります。

スペイン北部の景色


El Pont de Suertを通り、いよいよボイ渓谷(バル・デ・ボイ)へと入っていきます。このボイ渓谷に点在するカタルーニャ風ロマネスク様式教会群が世界遺産に登録されていますが、9つ登録されている教会のうちいくつかは高台の小さな集落にあり今回は訪れません。

ボイ村に行く道沿いで唯一見れるのがバルエラ村のサン・フェリウ教会です。
車窓ですが、道路に近く周囲に建物があまりないのでよく見えます。石造りで、小さめの教会、塔も高くなくこれといってあまり特徴がありません。

バルエラ村のサン・フェリウ教会


11:40 ボイ村に到着です。ESGとミートし、駐車場から世界遺産の教会サン・ジョアン教会へと歩きます。山間の村で、すごくいい雰囲気です。世界遺産があると言っても、観光客向のお店のようなものも見当たらない素朴な村です。

ボイ村の景色


こちらがサン・ジョアン教会、先ほど車窓で見たサン・フェリウ教会に比べると塔が立派です。元は11世紀の建築、当時は木の屋根だったそうです。鐘楼は12世紀に改修、その後も何度かの修復があったようです。

ボイ村のサン・ジョアン教会


このブラインドアーチがカタルーニャ風ロマネスク様式教会の特徴のひとつだそうです。
窓の少ない建築です。

サン・ジョアン教会のブラインドアーチ


外側の壁画は18世紀のものだそうです。ここまでガイドが説明して、12:30までのフリータイムになりました。教会内部は2ユーロで見学できますが、小さな教会に皆が入ると写真も撮れないので、少し時間をずらそうと思います。

サン・ジョアン教会の外側の壁画


教会の隣には岩場があるので、そこに上がってみようと思います。ちょっとツルツルとしている岩場で、特に道とか足場があるわけではないので注意が必要です(年寄りには勧められません)。サンダルで来てしまったので運動神経に自信のある私もヒヤヒヤでした・・・。

サン・ジョアン教会裏の岩場


ですが、村と渓谷の景色は最高です。これがピレネーの景色か、と、ボイ渓谷の美しい眺めにびっくりしました。あまり下調べしてこなかったので、ちょっとした感動を味わえました。

サン・ジョアン教会裏の岩場からのボイ村の絶景


景色を360度楽しみます。反対側の山は所々紅葉してとてもきれいです。私達のような観光客が来なければ、静かで美しい完璧な村で、自分で来ておいてなんですが、アジア人の団体客が最も似合わない場所だと思ってしまいました。

ボイ村周辺の黄葉


次回はボイ村の続きをレポートします♪

スペイン・ボイ渓谷ボイ村

2015/10/09 (3日目) 続き

12:00過ぎ、教会の裏にある岩場の上からボイ村の景色に感動していると、サン・ジョアン教会の塔に上っている人が見えました。塔に上れるなら、そろそろ岩場を下りて教会を見学しに行かなくては、と足元に気をつけながら岩場を下ります。

岩場の上から見たサン・ジョアン教会と鐘楼と山の景色


入場料2ユーロを支払いサン・ジョアン教会(Sant Joan de Boi)に入ります。ちょうど同じグループの人達とは入れ違いになりました。内部は3つの身廊があり、所々壁画が残されていますが、オリジナルは国立カタルーニャ博物館にあり、これはコピーのようです。

世界遺産のサン・ジョアン教会内部


部分的に再現されている壁画によってある程度は往時の姿を想像することができますが、白い部分があまりに多いので、教会全体が修復というよりコピーのように思えてしまいます。
右奥に鐘楼への入口があります。

サン・ジョアン教会内部は部分的に復元した壁画が残る


この鐘楼、階段はかなり急です。外に近い部分はちょっと怖いですが、両手をあけて、しっかりと手摺りを握りながら上ります。

サン・ジョアン教会鐘楼の階段


先ほど上がった岩場がすぐそこに見えます。塔に上れるなら、無理して岩場に上ることはないでしょうが、上ってみないと気が済まない性格だし、上ったからこそ言えるセリフかも知れません。

サン・ジョアン教会鐘楼からのボイ村の眺め


鐘楼の上からの景色は先ほどの岩場からとあまり変わりませんが、先ほど足元に見えた民家は岩場に少し隠れ、山が主役になります。山間の小さな村なのに、とても開けた景色です。

サン・ジョアン教会の塔からのボイ村の絶景


どちらを向いてもいろんな山が見えます。世界遺産の教会ですが、正直教会そのものよりもこの景色が一番のオススメ、必見です。

サン・ジョアン教会鐘楼からのボイ村の景色


教会を出たら後は気ままに村の中をぶらぶらしたいと思います。来た道を戻るのはできるだけ避けたいので、別の方面へ歩こうと試みます。教会の裏側にある気になる階段と通路があったので進んでみることにしました。

サン・ジョアン教会近くにある通路


通路の先はどこへ続くのか岩場の向こうまで続き、岩場の下に見えていた集落に下りるための道でした。個人の家行き止まりじゃなくて良かったです。教会と同じような石造りの家、大自然の中にせせこましく立ち並んでいます。

ボイ村の民家


迷路のようになっている集落の中の道、あえて旅ともさんと違う道に行ってみましたが、道はあちこち繋がっているようです。適当に歩いていると、水場に出ました。

ボイ村の中の水場


小さい村なのに、ごちゃごちゃっとしていてかわいらしい家並みです。静かでのんびりとした素敵な村で、同じグループの人はほとんどこちらには来なかったようで、人影もありません。

ボイ村の家並み


水場の先で旅ともさんと合流すると、小さな橋の所にでました。駐車場から教会まで歩いた時に上から見えた橋です。石畳と一体化している石橋で、小さいながら風景の中でいいアクセントになっています。

ボイ村の石造りの橋


橋から見た上の方は、最初に歩いた村の中心地あたりでしょう。橋にいたら地元のおじいさんが通りかかってはにかみながら挨拶してくれました。

石橋から見たボイ村の中心部


橋を渡った先で振り返って写真を撮ります。今通り抜けてきた集落と山、静かな風景です。
橋は水面からちょっと高い所にかかっています。橋の先は村外れで、ハイキングコースの入口になっているようでした。1時間半とか、3時間とかの標識があります。この辺りは標高差がありそうなので、歩くなら下調べが必要そうです。

ボイ村の石橋


そろそろ12:30の集合時間なので駐車場へ戻ります。
橋を戻り、斜面にある村なので坂を上がります。川の水はとてもきれいです。
ボイ村はとても美しくいい感じの村なので、世界遺産の教会より村の雰囲気と景色を楽しむのがオススメです。

ボイ渓谷の景色


次回はタウル村をレポートします♪

スペイン・ボイ渓谷タウル村①

2015/10/09 (3日目) 続き

12:35 バスでボイ村から5分ほど上がったタウル村に到着です。タウル村も山の斜面にあるので、中心部のやや高台でバスを降りて歩いて観光します。ここも小さな村ですが、まるで最近作られたおしゃれな高級住宅街みたいにきれいです。

ボイ渓谷タウル村


石畳の道を歩きます。家もやはり石造りです。天気が良く景色がいいので何もかもが輝いて見えます。

ボイ渓谷タウル村の上部


真っ直ぐ歩くと、村の上部の中心広場にあるサンタ・マリア教会(Santa Maria de Taull)に辿り着きました。ボイ渓谷のカタルーニャ風ロマネスク様式教会群として世界遺産に登録されている9つの教会のうちの1つ、1123年12月11日に献堂されたものです。現役の教会でもあるので入場は無料です。全体的にちょっぴり歪んでいます。塔も傾きが見られ上ることはできません。

タウル村のサンタ・マリア教会


中へ入るとボイ村のサン・ジョアン教会のように3つの身廊を持つ教会となっています。ガイドによると右手のフレスコ画は17世紀のもの、正面はコピーでオリジナルは国立カタルーニャ博物館にあるそうです。

ボイ渓谷タウル村のサンタ・マリア教会内部


そして入口左手に元々の主祭壇がおかれています。壁画のコピーを見せるために最も大事と思われる祭壇を入口の脇に置いちゃうというのは見たことがなかったので、ちょっとびっくりです。お蔭でいつになく近くで鑑賞できますが。

タウル村サンタ・マリア教会の主祭壇


こちらは洗礼盤、オイルなども入れたとガイドは言います。なんだか臼みたいな感じです。

タウル村サンタ・マリア教会の洗礼盤


教会を出て少し下にあるお店の所で10分ほどフリータイムになりました。蜂蜜などが売りらしいです。ボイ村と違って、レストランやこうしたお店もあるので、観光客が立ち寄り安い村かも知れません。周辺の家並みもスイスの山岳リゾートみたいで素敵でホテルというかペンションみたいなのもいくつもあるようです。

ボイ渓谷タウル村の家並み


私はこの10分で周辺を散策します。この辺りは石造りの家が密集していて、人ひとりが通れる細い道などもあり、見晴も悪いので、小さな村なのに迷子になりそうな錯覚がします。トラベルイヤホンガイドは石壁に弱く電波が遮断され、添乗員の声などもすぐに聞こえなくなってしまいます。

タウル村の石造りの家


時間に合わせてお店の前に戻ります。この辺りからは見晴がよく、村の下半分がよく見えます。と言っても、村はとても小さいので視界のほとんどは山になってしまいます。

タウル村中心部から村下方の眺め


ちょっとズームで撮ると実際の肉眼で見たのと同じくらいの大きさ、村の一番下にあるサン・クリメント教会の塔が見えます。世界遺産の9つの教会の中で最も保存状態がいいと言われている教会です。

タウル村中心から見たサン・クリメント教会周辺


集合したらサン・クリメント教会まで村の真ん中の道を下ります。ほんの200~300mほどです。

村の中心から見た景色


坂を下って村の一番下の平地にサン・クリメント教会(Sant Climent de Taull)があります。先ほど見たサンタ・マリア教会よりわずか1日早い1123年12月10日献堂の教会です。ボイ渓谷の教会群の中でも最大のもので、鐘楼も高さがあり、外観がとても絵になります。

タウル村サン・クリメント教会


入場は有料(5ユーロ)で、ツアーには含まれていないので、希望者だけ入場します。5ユーロの所、団体割引で3ユーロですが、もうすぐプロジェクションマッピングの時間だから個人払いは困ると、入口のおばさんと揉め、結局、添乗員が建て替えることになりました。皆が中に入った所で、フレスコ画のプロジェクションマッピングが始まります。

タウル村サン・クリメント教会のプロジェクトマッピング前半


なかなかの演出のプロジェクトマッピングで、最後にきれいにフレスコ画が甦ると言う趣向です。ビデオマッピングなんてして大丈夫なの?と思いますが、どうやらこれもコピーでオリジナルは国立カタルーニャ博物館にあるようです。

タウル村サン・クリメント教会プロジェクトマッピング後半


プロジェクトマッピングが終わって見ると、最初ただの白い壁に見えた壁の絵が、まるで残像を見るように色鮮やかに見えたのが不思議でした。マッピングを見た後だと、マッピングなしでもいいんじゃない?と思いますが、見たからこそくっきりと絵を識別できたような気がします。1日8回ほどしかやっていないようなので、ちょうどいい時間に来たようです。

タウル村サン・クリメント教会内部


次回はタウル村の続きをレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR