イタリア・カターニャ~タオルミーナ

今回からこの夏に行った南イタリアの旅レポートスタートです。
クラブツーリズムの南イタリア・シチリア周遊8日間のツアーにダンナと参加、旅費は燃油等諸費用込みで一人約23万5千円。38PAX。

2015/07/30 (1日目)

20:00成田空港集合の所、どうせターキッシュエアラインズ夜便は前倒しになるからと少し早めに空港に向かいましたが、添乗員の団体チェックイン待ちで受付を1時間半も待たされました。そして、びっくりした事に、チェックインを終えてやってきた添乗員は挨拶もろくにせずに、そこに集まっていた人相手にまとめて案内等を始めると言う行動に出ました。

添乗員付きのツアーに50回以上参加していますが、こうした対応は初めてです。通常は挨拶と現金授受、最低限の説明などを、1組ずつやるものなのです。いくら人数多くて時間がないからと言っても、挨拶もせずにいきなりまとめてお金配ったりとか、すごい人がいるものだとあっけに取られました。

22:00 TK-0053便にて、イスタンブールへ。
搭乗レポートはこちら

2015/07/31 (2日目)

4:00 イスタンブール到着。
6:55 TK-1393便にて、シチリア島のカターニャへ。時差があるので約2時間のフライトです。

8:00 カターニャに到着、着陸時にはシチリア島のシンボル、エトナ山がきれいに見えます。

カターニャ・フォンターナロッサ空港とエトナ山


入国を済ませ、ターンテーブルに向かう前に、添乗員がここのトイレを使ってくださいと案内します。ツアーの人数が多いので、自分たちだけですごい行列です。空港係員がターンテーブルの方にもあるからそちらを使ってと教えてくれたので、移動しようとすると、このトイレに行ってください、と添乗員に強制的に並ばされました。人数多いから別の場所に振り分ければいいのに、目の届かない所に行かれるのが嫌なのか、高圧的だし、先が思いやられます。

9:00 空港を出発し、タオルミーナへと向かいます。今回カターニャは観光なしです。車窓から見たカターニャはシチリアにしてはかなり栄えているという印象です。

カターニャ


タオルミーナに近付いて来ました。カステルモーラでしょうか、断崖の上に集落が見えます。

タオルミーナ近く


10:10 タオルミーナのパーキングに到着です。ここで現地の専用バスに乗り換えて、町中へと向かいます。日差しがとてもきつく、気温は35℃くらい、暑い季節に暑い所に行くというのは覚悟の上でしたが、これは厳しいです。日傘を持ってきたので早速さしますが、人の多い所では目に刺さるなどのトラブルを避けるため閉じるようにと添乗員に注意されてしまいました。

タオルミーナバスターミナル


細いクネクネ道を上がって、町の北東でバスを下ります。この町は各自散策という事なのですが、再集合の場所まで添乗員が案内するという事で、まだ解放されません。

メッシーナ門近くのバス停より


メッシーナ門をくぐり賑やかな通りを歩くと、広場に出ます。右手はサンタ・カテリーナ教会、ここから海岸線の方へ左に曲がった先に有名なギリシャ古代劇場があります。興味ある人はこの後自由散策の間に行ってください、という事です。

サンタ・カテリーナ教会の周辺


町のメインストリートであるウンベルト1世大通りを歩きます。リゾート地だけあって、おしゃれなお店やお土産屋などばかりです。

タオルミーナのメインストリート、ウンベルト1世大通り


ウンベルト1世大通りはほぼ平坦ですが、脇道はどちらを向いても坂になっています。大通りに比べると入り組んでいて楽しそうです。

タオルミーナの町並み


こんなに細い道もあります。ちょっと太めの人ははまってしまいそうな横幅、そして階段も急です。斜面の町なので、生活は大変かもしれません。

タオルミーナの細い階段道


4月9日広場に出ました。町の中心広場と言ってもいいでしょう。サンタゴスティーノ教会や時計塔などに囲まれた素敵な広場です。ここが再集合の場所ということです。バスターミナルからまっすぐの分かりやすい場所です。

4月9日広場


4月9日広場は、反対側がテラスになっています。そこからは素晴らしい海の眺めが・・・。海の色がとてもきれいです。

タオルミーナの4月9日広場テラスからの海の眺め


10:40やっと解散になりましたが、11:15集合とのことで、たったの35分しかフリータイムがありません。いろいろ見所があるのにあまりに時間が無さすぎます。集合場所を先に言ってわからない人だけ案内すればよかったのに、それに各自散策なのに、地図の1枚もくれないというのも添乗員としてはどうなんでしょう。

海があまりにきれいだったので、少ない時間で海岸に行ってみたくなりました。
ウンベルト1世大通りを戻り、海岸に下りるロープウェイ乗り場の方へ急ぎます。時間があればギリシャ劇場テアトロ・グレーコにも行きたかったですが、どこか一か所くらいしか行けなさそうです。素敵なお店が並ぶメインストリートですが、ものすごい数のツバメが飛んでいるツバメ天国です。

ウンベルト1世大通り


メッシーナ門に戻ってきました。私の足では広場から5分です。団体で歩くとその倍かかるので、やはり早く解放してもらいたかったですね・・・。この門は中世の城壁に19世紀に再建したものだそうです。

メッシーナ門


門を出て、曲がった先に、マッツァーロ海岸へ下りるロープウェイ乗り場があります。残念なことに15分間隔の運行で、次は11:00発だと分かりました。時間内に戻って来れないので諦めるしかありません。

マッツァーロ海岸へ下りるロープウェイ乗り場


仕方ないので、町中へ戻ります。最初の観光地でいきなり出鼻をくじかれ、しかも暑い中早歩きで来たこともあり、ここで急にテンションが下がりました。ロープウェイ乗り場まで坂道を下ってしまったので、戻りは上り坂です。町はタウロ山の中腹にあるため、こうして見るとすごい場所にあるのがわかります。

タオルミーナは山の中腹の町


これからギリシャ劇場に行っても、劇場まで行って走って帰れるかどうかなので、きっぱり劇場も諦め、文字通り町の中を散策することにしました。ウンベルト1世大通りの下の方へと脇道に入り、迷路のような道を気ままに歩きます。街並みも素敵ですが、民家のベランダなどもおしゃれです。

タオルミーナ民家のベランダ


次回はタオルミーナの後半をレポートします♪

イタリア・タオルミーナ

2015/07/31 (2日目) 続き

タオルミーナの町をブラブラと歩いていると公園に行きあたりました。手元のガイドブックで地図を確認すると、市民公園です。この公園からの景色は抜群です。

市民公園から見るタオルミーナの海岸


海岸へ下りられなかったので、うらめしい気持ちのまま海を見下ろします。この距離で見ても透明度の高さがよくわかります。タオルミーナはリゾート地として名が通っていますが、そもそもシチリアの海岸がこんなにきれいで澄んだ海だとは思ってもいませんでした。

タオルミーナの透明度の高い海


そしてこの市民公園からはエトナ山もきれいに見る事ができます。エトナ山はヨーロッパ最大の活火山、かすかに雲のような噴煙が見えます。

タオルミーナから見るエトナ火山


さらに右手、タオルミーナの町の上、タウロ山の山頂には、カステッロ、城塞が見えます。
あそこからなら町や海岸が一望できるのは間違いないですが、今回のような超短い時間では、例えタクシーを飛ばしても行って帰ってくるのは無理です。

タウロ山頂のカステッロ


市民公園は思ったより広さがあります。景色がいいし、集合場所から遠くないのでここで時間いっぱいまで奥に行ってみます。ブーゲンビリアなどのお花も咲いていて、気持ちのいい公園です。

タオルミーナ市民公園


公園は町の真ん中あたり、つき出すような位置にあるので、振り返ると、タオルミーナの街並みも見る事ができます。この辺りは、山の中腹なので、海岸まではかなりの高低差があります。

市民公園から見たタオルミーナ


公園の奥の方まで行くと、大砲とか、ちょっと物騒なものが展示されていました。このタオルミーナは紀元前からの町で、紀元前にはアテナイやカルタゴによって占領された歴史もありますし、中世にも戦いの拠点になるなど古くから戦いに巻き込まれてきたようです。現在の平和そうな観光地としての姿からは想像もできません。

市民公園の武器


そろそろ時間なので、集合場所へと向かいたいと思います。市民公園の一番奥からは、映画「グラン・ブルー」の舞台にもなったイゾラ・ベッラという小島もちらっと見えましたが、遠くからだったので美しさはわかりませんでした。それよりもすぐ近くに見える海の色が本当に美しく、シチリアにいる間に絶対海で泳ごう、と誓いました。

イゾラ・ベッラ近くの海


地図を見ながら4月9日広場に戻ろうとすると、ありがちな失敗をしてしまいました。広場はこの中央の建物の上、屋上部分がテラスで広場になっていたのです。この建物に下に入口は見当たらず、地図的には目的地にいながら、戻って遠回りする羽目になりました。高低差のある町では地図だけではわからない実状というのが多々あるものです。

タオルミーナ4月9日広場の下


最寄りの上へ行く道まで戻り、残り時間5分を切った中、長い階段を慌てて上ります。
当たり前ですが、添乗員が時間厳守だときつめに言っていたのでいきなり遅れるわけにはいきません。

タオルミーナは階段がいっぱい


11:15 ちょうどの時間に集合場所の4月9日広場に戻ってきました。暑い中急いだので息が切れ、汗だらだらです。

タオルミーナ4月9日広場


自由散策の時間を35分と短く設定されて、結局ブラブラしただけで終わってしまい悔しい思いをした所だったのに、なんと、ランチのレストランの場所が分からないということで、店の人に迎えに来てもらうと言われ、10分以上待たされました。時間厳守とか言っておいて、自分はレストランの場所のチェックなど事前準備をしていないなんて・・・。ウンベルト1世大通りを更に西に進みレストランへと向かいます。

ウンベルト1世大通り


11:30 ウンベルト1世大通りからちょっと上がった所にあったランチのお店は、小さなカフェといった感じのお店でした。添乗員合わせて39名の人数が入るわけない、と思ったその店内、通常なら20人程度が定員じゃないか?と思う規模で、椅子を引くのも大変なくらいぎっしりと詰め込まれます。それでもやはり足りなくて、入口脇の外の小さな席も使うことになりました。

急な坂にあるカフェ


今日は夕飯は遅くなるので、しっかり食べておいて下さいと言われたのに、楽しみにしていたウニのパスタはえ?これだけ?日本のおしゃれなお店だって、こんなに少ないのは見たことないという量です。後ろのビールは小瓶です。パスタはたったの4,5口、隣の人と腕をぶつけながらあっという間に平らげてしまいました。

ウニのパスタ


パスタの茹で加減もやわらかすぎで、ソースはおいしいけどあまりに量が少ないパスタ。ちょっとだけ残っていたらしく、お代わりが早い者勝ちで数人分だけ。ランチはこのパスタとグリーンサラダだけ。これまで海外旅行のツアーで出た食事の中で、ダントツ量が少なくあっけに取られました。

12:30、店を出て、バス停へと皆で戻ります。今朝飛行機で着いたばかりで、おやつなども皆持ち合わせがないので、移動がてらの道でパンなどを買おうとしていた人がいましたが、添乗員に怒られ断念していました。あの量で買い食いもダメって、それはひどいと思いました。
私は後ろの方を歩いていたので、添乗員に見つからないように、さくっとジェラートを買って、バス停に着くまでに証拠隠滅しました。ピスタチオ(3ユーロ)、後味もすっきりでおいしかったです。

すっきりのピスタチオジェラート


バス停でしばしバスを待っている間、周辺をちらっと見て回るとすぐ下に遺跡のようなものがありました。その奥のサン・パンクラツィオ教会もギリシャ時代の神殿の基礎の上に建てられていると言います。この町の観光名所はたくさんあるのに、そのほとんどを全く見ずに去るのはとても残念です。いつかまた来る機会を設けようと思います。

タオルミーナのメッシーナ門外のバス停周辺


12:55 町の専用バスでバスターミナルに戻ります。5分くらいで到着です。ここのパーキングの公衆トイレでまた時間を取り、その後ツアーバスで出発です。トイレの時間だけで1回最低15分、大人数のツアーでは致し方ない事ですが、観光時間よりトイレ時間の方が長いのは工夫が必要ですよね。

次回はカルタジローネをレポートします♪

イタリア・カルタジローネ①

2015/07/31 (2日目) 続き

13:15 タオルミーナを出たバスは、カルタジローネへと向かいます。車窓には、珍しいリュウゼツランの黄色い花があちらこちらで見られます。リュウゼツランは暑い地域でよく見られますが、花が咲くのは枯れる前の一度だけ、10年以上かかるので、花を見る機会が少ないのです。途中で工事中?で道が封鎖され、Uターンして迂回を余儀なくされました。

リュウゼツランの花


15:55 カルタジローネのパーキングに到着です。ここは自由散策の予定ですが、町の中心まで歩くと時間かかる、時間がないし、暑い中歩くのは大変、という理由で、ほとんど強制的にパーキングから全員でプチトランに乗って観光となりました。強制的なのに一人5ユーロ徴収です。自由に散策したかった人(私とか)の気持ちは全く無視で、強引にプチトランを呼び、不満の声も多かったのに、添乗員は一切聞く耳持たずです。

カルタジローネのプチトラン


プチトランはローマ通りを走り、最初に広大な市民庭園の横を通ります。カルタジローネはイスラム支配時代の陶器作りが今も受け継がれている町として有名で、この市民庭園の壁も、びっしりとタイルや壺が使われています。

カルタジローネ市民庭園


そしてこの庭園の一角に現れたのは、州立陶器博物館。かつては劇場として使われていた建造物を利用したものだそうです。

カルタジローネの主率陶器博物館


そのままローマ通りを進むとサン・フランシスコ教会のある広場。ちょっと寂れた感じがいかにもイタリアっぽいです。

カルタジローネには教会が多い


そしてそのまま進むと、陶器のタイルで飾られたサン・フランチェスコ橋を渡ります。1666年に造られた橋だそうです。この橋を渡るとお店なども多くなり、旧市街の中心地という感じです。(写真はプチトラン最後尾から撮ったものなので市民庭園方面)

タイル装飾の美しいサン・フランチェスコ橋


16:05 大聖堂前でいったんプチトランを下車します。青緑のクーポラの色が映えるどっしりとした外観の大聖堂ですが、後で通りがかりに中を覗いた所、白ベースの大聖堂にしてはちょっとシンプルなきれいな内装でした。

カルタジローネ大聖堂


大聖堂前からは歩きで、スカーラ(階段)の近くまで行って、16:35までのフリー散策となりました。トイレ休憩込でわずか25分でプチトランに戻らなくてはいけません。この町一番の観光スポット、スカーラに焦点を絞るしかなさそうです。遠目に見てもすごい階段があるなぁというのがわかります。

市庁舎前から見たスカーラ


スカーラ(階段)の下に立つと、上る気が失せるほどの急な大階段です。
町を象徴するような存在で、マヨルカ焼きのタイルがびっしりと飾られています。

陶器タイルの美しいスカーラ


実際に上ってみると、段差はかなりあるものの、一段一段は幅が広いので、休みながら上っていくことができます。とは言っても、時間がないので、休憩している場合ではありません。
段数的には142段ということなので大したことないと思うのですが、実際は結構きついです。

段差も奥行きもある階段


そして、階段脇には、何本もの横道があります。これらの道がまた下町っぽくて素敵な雰囲気です。階段の両脇はお店が多いですが、空いているお店は限られています。まだシエスタなのでしょうか。

スカーラの脇道


リズムを崩さないように階段を上り続けても、途中で太ももが悲鳴をあげます。もちろん、息切れも・・・。結局、一気には上れず、写真を口実にプチ休憩。タイルの絵柄は段毎に違い、カラフルなものが多いのに、色合いがやさしいからか、とても綺麗な階段に見えます。

スカーラのタイル


5分ほどで一番上に到達です。そこにはご褒美のように、12世紀建造のサンタ・マリア・デル・モンテ教会が建っています。

スカーラの上にあるサンタ・マリア・デル・モンテ教会


ここも見所のひとつなので、もちろん内部も見学させてもらいます。白と淡いブルーを基調としたとても綺麗な教会です。いくつもの古い、けれどとてもきれいなマリア像があるのが印象的でした。とてもやさしい顔をしたマリア様が多かったです。

サンタ・マリア・デル・モンテ教会内部


ファサードを振り返った所にはきれいなステンドグラスがありました。こちらも歴史がありそうです。絵付けや、ガラスの色合いがとても良く、絵画のような仕上がりです。

サンタ・マリア・デル・モンテ教会ファサードのステンドグラス


次回カルタジローネの後半をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR