スイス・チューリッヒ~シャフハウゼン(ラインの滝)

今回からGWに行ったヨーロッパの旅レポートスタートです。
阪急交通社の「花の島マウナウ島と美しきアルザス地方・黒い森を巡る8日間」のツアーにダンナと参加、旅費は燃油等諸費用込みで一人21万円弱。36PAX。

2015/05/01 (1日目)

10:25 LX-0161便にてチューリッヒへ。搭乗レポートはこちら。
約1年ぶりのヨーロッパということもあり気持ち的に油断があったのか、機内で体調が急激に悪化、トイレに駆け込み嘔吐を繰りかえす羽目になりました。思いがけない旅のスタートとなりお蔭で気が引き締まります。

16:00 チューリッヒ到着。イミグレは空いていたので、シェンゲンでは珍しく滞在日数とか旅程について聞かれます。でも、周囲の人は1つ目の質問で終わっていたので、言葉が通じるかどうかで質問の量が違うように思います。これはアメリカでもよくある傾向です。

16:55 空港を後にします。今回スイスには滞在が短いので、両替は案内なしです。前回の残りのスイスフランを持ってきているので、小銭が必要な時はそれで済みそうです。
残念ながら外は小雨です。

17:05 空港のすぐ近くのホテル、モーベンピックエアポートに到着です。空港からは車で5分ほどの距離で、空港への無料シャトルが15分おきくらいに出てきます。

チューリッヒ空港近くのモーベンピックエアポートホテル


部屋は広めで使いやすく完璧です。湯沸しポット、ミニバー(施錠)、ドライヤー、バスタブあり。Wi-Fiは無料で、スピードも良好です。ブータンのホテルの後だと別天地です。

モーベンピックエアポートホテルの部屋


この時期外はまだまだ明るいので、チューリッヒ中央駅まで行こうと思っていました。天気が悪いし、飛行機降りてだいぶ体調戻ったとはいえ、胃を空にして体力気力がすっかり落ちているので、付近の地図を調べて近所のスーパーマーケットまで散歩することにしました。閑静な住宅街を大通りまで歩きますが、途中、木の切断面にかわいい細工を見ました。スイスらしいです。

住宅街で見た切り株細工


大通りに出るとバス停があります。モーベンピックエアポートホテルは空港と同じエリアなので、中央駅までは往復13.2フラン(約1700円)もかかります。交通運賃はエリア制で、移動するエリアが多くなるほど高くなります。電車、トラム、バスは共通切符です。

大通りを空港と逆に少しだけ、ホテルからは10分弱程歩くと、スーパーマーケットが3軒あります。ですが、全てお休みです。そう、今日はメーデー、祭日なのです。これじゃチューリッヒ中央駅まで行ってもお店も全部閉まっていたでしょう。明日の朝の開店時間だけチェックし、ホテルへ戻ります。

18:10 ホテルの無料シャトルで空港へ行きます。空港なら祭日でもお店が空いているからです。ターミナル2・3にはお店がいっぱいあり、小さなCOOPや大きいMIGROS(ミグロ)といったスーパーマーケットまであります。ですが、値段は町の店に比べやや高めです。

ミグロの前に有名なスイスチョコのSprüngli(シュプリングリ)があります。前回来た時に現地在住の日本人ガイドが一押ししていたので、オススメのトリュフチョコを買ってみる事にしました。量り売り、7つで11フラン、高級チョコとしては、それほど高くはありません。

チューリッヒ空港のシュプリングリ


17:00のシャトルでホテルへ戻り、早めに体を休めて体調の回復に努めます。


2015/05/02 (2日目)

6:00過ぎに朝食へ。おいしい焼きたてクロワッサン、ハムやサーモン、コーヒーなんでもおいしい大満足の朝食です。アジアの後でなくても、さすがスイスと感じる高品質の朝食です。安いツアーで、こうした朝食が食べられるのは本当に嬉しいです。

モーベンピックエアポートホテルの朝食


食後は7:30の開店時間に合わせて昨日休みだった近所のスーパーへと出かけます。私の大好きなスイスチョコレートをお土産に買うためです。リンツを置いてるCOOPで、リンツを含め、板チョコ15枚、19.5フラン(約2500円)を購入しました。スイスの板チョコは1枚100gあるし、日本で買う半値以下だし重いけどコンパクトだしオススメです。空港のCOOPよりも安かったです。

モーベンピックエアポートホテルに近いCOOPなどがある街角


8:30 ホテルを出発します。バス車内では水ボトル1本500mlを1ユーロで販売していますが、これは良心的な方です。ちなみに私は飲物はできるだけ日本から持ち込みます。水代がバカにならないというのもありますが、帰りにはこれがワインに変身する(置き換わる)のです。

いったん国境を越えてドイツへ入り、またスイスへ戻り、と車窓の店などが変わるのを見ながら、国境近くを走ります。

9:15 ラインの滝に到着です。着いたら、昨日から降っていた雨がちょうど止みました。
ヨーロッパ一の水量を誇る滝です。

ラインの滝


10:00出発の自由見学となったので、前回来た時と同じように遊歩道を歩きますが、今回は奥に見えている橋の方まで時間の許す限り行ってみることにします。ツアーの場合は、地図の中央下に駐車場があり、左側を歩いて滝の端まで行って戻ってくるのがお決まりです。

ラインの滝の地図


昨日の体長不良は嘘のように回復しています。快調に歩いて、滝の脇まで来ました。間近に勢いある水の流れを見る事ができます。奥に見えているのは対岸のラウフェン城、近くに鉄道駅があり、入場料を払って展望台から滝を上から見る事ができるそうです。

ラインの滝真横から


歩くと結構暑く、半袖にパーカーだったのですが半袖だけでも良い状況になってきました。前回引き返したポイントで時計を見つつ、先に進みます。写真真ん中の小山に作られた階段を上っていくのです。

ラインの滝上流の橋への道が続く階段


階段の後、人もほどんどいない道をそのまま道なりに進むと、目指していた橋が見えてきました。どうやら、橋まで行けそうです。

ラインの滝上流の橋


橋は滝の上流になり、鉄道も走っています。渡った先にラウフェン城がありますが、今回はそこまで行って展望台に行くほどは時間がありません。

ライン川を渡る橋には鉄道も通っている


橋の中央付近まで行って、滝を上流から眺めます。落差は23mしかありませんが、幅が150mもあるので、眺めは圧巻です。その割に上流の流れは穏やかに見えます。

上流の橋から見たラインの滝


来た道を戻ります。戻りがてら、小さな展望スポットに立ち寄っては間近に滝の迫力を堪能します。この滝はおよそ15000年前にできたものです。大きな滝の少ないヨーロッパにしては、夏は毎秒60万リットルという水量を誇ります。1965年にはその倍にあたる毎秒125万リットルを記録したそうです。水質も良く、川はきれいです。

間近で見るラインの滝の迫力


戻ってきて全景をゆっくり眺めます。遊覧船で、滝の真ん中の岩場に行くこともできますが、時間に余裕があり、ボートの時間があえば行ってみたいものです。ツアーじゃほぼ無理かな?

ラインの滝全景


10:00 ラインの滝を後にし、スイスでの短い滞在を終えドイツへと向かいます。

次回は花の島マイナウ島をレポートします♪

ドイツ・マイナウ島(低地編)

2015/05/02 (2日目) 続き

10:00にラインの滝を出発したバスは一路ボーデン湖へと向かいます。春のヨーロッパは緑がきれいですが、菜の花畑があちこちに見られ、とてもきれいです。せっかく上がった雨、このまま天気が悪化しない事を祈ります。晴れ女をいい事に傘を持ってきていないのです・・・。

スイスとドイツの国境付近


10:55 国境を越えドイツへ入ります。今回の旅で訪れるのは国境近くの場所が多いので、何度も国境を越えますが、現在ではシェンゲン圏内ではもちろん出入国検査もなく、一時停止することすらありません。

11:25 マイナウ島に到着です。ボーデン湖に浮かぶ花の島として、日本人観光客の間でも近年人気の島です。こちらは陸からの入場ゲートです。一般の入場料は19ユーロ、グループチケットだと14.9ユーロ、今回のツアーに含まれる唯一の入場観光です。

マイナウ島入場ゲート


マイナウ島はボーデン湖に浮かぶ45haの島で、島全体が庭園のようになっています。各自自由見学になるので、まずは島の地図をチェック。日本語はありませんが、英語の地図をもらうことができます。陸路の入口は左上です。

マイナウ島地図


見学の前に、ツアーにはランチがついています。そのレストランが島の一番奥という事で、そこまで添乗員が案内します。食後は自由行動になるので、各自駐車場まで戻ってくる必要があるし、簡単に島の案内があった方が皆安心でしょう。入口からしばらく歩くと湖畔が見えてきました。白鳥が羽を休めています。

ボーデン湖と白鳥


そしてやっと橋を渡ります。この先がマイナウ島です。45haの規模感が掴めませんが、結構歩くことになりそうです。

マイナウ島に渡る橋


マイナウ島に入ると、花壇に大きなヒマワリのオブジェ。地図にもヒマワリの絵が描いてあり、ミーティングポイントとしての役割を持っているようです。

マイナウ島入口付近の花壇


南寄りの低地の道を進みます。道沿いにはお花畑のような花壇が続き、テンションが上がります。とりあえず、レストランまで行きますから写真は後にしてついてきてくださいね、と添乗員は言いますが、皆気持ちを抑えきれないようです。

マイナウ島低地


今回は36名という大所帯ですが、ヨーロッパは何度も来ているという人がほとんどなので、迷子は心配しなくて良さそうです。分かれ道、湖畔コースとお花畑コース、添乗員はどちらから行こうか迷ったようですが、お花畑コースを選択しました。花に気を取られる人がいても、そちらが近道なのです。

マイナウ島湖畔の道


かわいい花のオブジェ、地図上の絵とあっているので、どのあたりにいるのかとてもわかりやすくなっています。

マイナウ島花のオブジェ


ミニ動物園もあります。

マイナウ島のミニ動物園


その先は花で溢れた花壇が続きます。美しい色の氾濫に、ついつい皆の足が遅くなります。オランダのキューケンホフ公園と通じるものがありますが、チューリップの季節のキューケンホフはもっと人が多いので、私はこちらの方が好きかも知れません。

マイナウ島低地の花壇


季節柄、チューリップが多いようです。色の組み合わせ方とかが奇をてらったものではなく、同系色でまとめていたりするのでとてもきれいです。

マイナウ島のチューリップ


花と緑と、そして湖、この島の観光に3時間も予定されているのが頷けて来ました。
入口から奥まで行って帰って来るだけでも1時間くらいと思われるので、島中くまなくいろいろ見て回ったら3時間はあっという間かもしれません。

マイナウ島は島全体が庭園


イタリア式花の階段(滝)です。圧巻です。ここで高台がかなり高いことに気付きます。
上からも眺めて見なければと頭の中にメモします。

マイナウ島のイタリア式花階段


こちらは花で描いた湖です。ボーデン湖にある島の場所などがプレートで示されています。
実物はかなり巨大な花壇です。

湖を現した花壇


12:05 マイナウ島の一番奥にあるレストランにやっと到着です。船着き場の前にあるレストランです。パンケーキスープと魚料理、イマイチでしたが自由食だったらかなりお金かかったと思うので、腹ごしらえとしては感謝。写真の飲物はRadler(ビールをレモネードで割ったもの)、3.2ユーロです。昨日の体長不良は何だったかと思うほど元気になりました。

マイナウ島レストランでランチ


次回もマイナウ島をレポートします♪

ドイツ・マイナウ島(高台編)

2015/05/02 (2日目) 続き

マイナウ島のレストランでランチの後、会計など済ませて準備の出来た人からフリータイムです。15:50駐車場集合、レストラン前の船着き場から出ている船にだけは乗らないで、と注意されます。フェリーはコンスタンツ他複数の行先が提示されていました。ボーデン湖クルーズも気持ちいいかも知れません。

マイナウ島の花壇とボーデン湖


13:00過ぎ、レストランを出たら、まず高台へ上ることにしました。レストラン(写真右下)の脇から高台へ上る道があります。高台にはマイナウの城とも言える宮殿が建っています。
島全体がベルナドッテ伯爵家のもので、現在も宮殿に住みながら島の維持をしているそうです。

マイナウ島港付近から見た宮殿


食後には辛い上り坂をなんとか上がると城壁というか砦のようなものが見えてきました。いかにもヨーロッパのお城っぽくていいです。

マイナウ島高台に残る城壁


島の北東、高台に出ると素敵なレストランがあります。席は人で溢れています。この反対側にはもっと気軽に軽食などが食べられるオープンカフェのようなお店もあります。

マイナウ島高台のレストラン


宮殿への門を兼ねたようた建物へと向かいます。脇にもたくさんのチューリップが植えられていてとても華やかです。

マイナウ島高台の花壇のチューリップ


門をくぐると広場の先に宮殿と教会が見えます。土曜日だった事もあり教会では結婚式が挙げられていて入ることはできませんでした。

マイナウ宮殿と宮殿教会


宮殿はコの字になっていて、中央には紋章がデカデカと飾られています。こちらがベルナドッテ伯爵家の紋章でしょうか。

マイナウ宮殿の豪華な紋章


宮殿内には、右側のドアから入ることができます。中も素敵ですが、現在も伯爵家の方がお住まいらしく、2階などへ上ることはできません。

マイナウ宮殿内部


1階の一部はお土産屋とカフェとして解放しているようです。お土産と言っても観光客向けのものではなく、おしゃれなインテリアなどです。角に素敵な城カフェがあったのですが、まだお腹がいっぱいなので後で時間があれば来てみたいと思います。

マイナウ宮殿内のお土産屋


宮殿から南側のお庭の方へ出てみます。テラスの下はイタリア式バラ園ですが、まだお花の季節じゃないので、何も咲いていません。テラスの手摺りなどに寄せ植えがあちこちにあるのですが、とても素敵です。

テラスとイタリア式バラ園


宮殿とバラ園の間にはパームハウスという名の巨大な温室があります。巨大なヤシの木など南国ムードです。

パームハウス内部


そしてこのパームハウスにはたくさんの蘭類が育てられています。一角では販売もされていました。このパームハウスからも城カフェに入ることができ、温室内にテラス席のようなものもあります。

パームハウスの蘭


次はバラ園を突き抜け、下から見上げたイタリア式花の階段の上までやってきました。
湖も見え、とてもいい眺めです。元々、城の庭園としてある程度の基本的な要素があったものを活かして、再生したお庭と言えるでしょう。かつては貴族が独占した眺めを、今ではたくさんの人が楽しめます。脇から下へ降りる事もできますが、勿体ないのでまだ高台を楽しみます。

イタリア式花の階段を見下ろす


島は土曜という事もあって観光客でものすごくいっぱいで、場所によってはキューケンホフ公園よりもすごいというほどの賑わいですが、幸い自分たち以外の日本人を見かけなかったのが救いです。時に人の少ないエリアではかつての貴族同様、静かな所できれいな景色を眺めることができます。

高台から眺めるマイナウ島の庭園とボーデン湖


高台を西に進むと円形に花壇が配置された場所に出ました。溢れるほどの花を見ながらたくさんの人たちが足を休めています。犬連れの人も多いです。

花咲き乱れるマイナウ島


次回もマイナウ島の続きスプリングアベニュー~蝶の家をレポートの予定です♪
(パレルモからの更新でした)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR